2015年10月24日

母と子の剣道日誌(55)しっぷうどとう

先日から「剣道やる気モード」になっている私です。

とりあえず、走れる日は家の近くを走って、家の前で素振りしています。
家の中でも下半身強化の運動をしています(ちょこっとですけど)。

以前、警察で習っていた頃はよく家の前で素振りしていたのですが、なんだかひさしぶりです。
私が素振りをしているとなぜか、剣道を辞めた娘(小3)が出てきて一緒にやっています。
(肝心の息子は絶対出てきそうにありませんが(笑))

娘は辞めて半年くらいですが、下手になりましたね…(^_^.)
切り返しのやり方、忘れてるし。
まあ、もともとあんまりしっかり基本ができていなかったのですが、
それにしても、やっぱり日々やっていないと忘れてしまうものですね。

娘はちょっと剣道をやりたそうな感じですが、
むらっ気があるし、やたら私に甘えてくるので、稽古に連れていくと疲れるんですよね〜。
運動神経は悪くないのに「言われた事を直す」って事ができない子でして…
もうちょっと「幼児モード」から成長してくれないと、剣道をやるのは難しいような気がします。


で…、ひさしぶりに家でやる素振りは楽しいです。
稽古の時はなかなかできない、苦手な部分の反復練習をしたりしています。
一年前くらいに、当時の先生から「竹刀を振る時は、ヒュッと風を切る音がするくらい早く振れないとダメだ」と言われたことがあり、その時には一生懸命やってみても全然できなかったのですが…
(やりすぎて、肩が痛くなりました…)

さっき素振りをやってみたら、ちゃんと風切り音がするのです!
娘に向けて面を打って「頭の上で寸止めする」のもできました。
前より力がついたのもありますが、「剣先から振る」「打突の瞬間に手を絞って竹刀を止める」という振り方のコツがちょっとわかってきたからなのかも。

あ、でも上手い人に比べたら全然振りが遅いんですよ(笑)
早素振りの時にも体の動きに竹刀の振りがついていっていませんからね…
前よりはできるようになった、って程度ですので〜



さて、ブログのタイトルは何かというと剣道漫画のことです。
気持ちに勢いをつけるために?さらに剣道漫画を買ってみました。
「しっぷうどとう」という、20年くらい前に連載していたものですが…

Amazonでもちろん中古で買いまして、送料入れて1500円でした。
今日、届いたので11巻全部を一気に読んでしまいました。


佐倉神城高校に入学したばかりの主人公は、最初は「何もできない、勇気もない」ウダウダした感じだったのですが…
上級生からのヤキ入れに遭っている時、剣道部に入っている2年生に助けられたのがきっかけで、「自分もあんな風になりたい」と剣道部に入部します。

剣道部は以前は強かったけれども、その時は2年、3年合わせて部員4名。
その4名はインターハイを狙えるくらいの力がありながら、団体戦には人数が足りなくて出ることができません。
が、主人公が入部したので、人数合わせのためにいきなりレギュラーに入れてインターハイに臨みます。


運動経験はないけれど、中学時代に通学で毎日20キロ、自転車を漕いでいたため、下半身の力がある主人公。
今まで「逃げ続け」だった自分に決別したくて、剣道のド素人ながらも強い相手に立ち向かっていくうちに、すごい成長を見せていきます。

この漫画、主人公が剣道部に入部してからインターハイの予選の決勝まで、つまりわずか数か月の話で11巻分を使っています…。
つまり、ほとんどが試合シーンなんですが、試合シーンの緊迫感の描写はなかなかのものです。


人間関係もいろいろ書きこんではいますが、佐倉神城の剣道部員以外の話はやや中途半端な感じです。
主人公や先輩の恋愛要素も微妙にあるのに、そのあたりは途中からやや放置されてます(笑)

全体的にはなかなか面白かったですが、主人公が、ちょっと強すぎますね…
いくら「下半身の力がある」と言っても、運動経験もない子が、剣道を始めて数か月で、インターハイの県の決勝レベルまで行っちゃうなんてあり得ない(^_^.)
まあ、気力も努力もスゴイ主人公…という事なんでしょうけれども。

六三四の剣を読んだ時も思いましたが、もうちょっと等身大の話が読みたいなあ。
どちらも最終的には、全日本トップくらいのレベルになっちゃうので…
なんというか、強すぎて、自分の参考には全然なりません(笑)


作者は剣道経験があるとのことで、全体的に剣道描写はきちんとしていますが…
でも、主人公がまだ全然基礎ができていない時に、先輩が指導していた内容には「えっ!?」と思いました。

主人公は面を打とうとすると、相手の「面金」(面の前の顔を覆っている金具)に当たってしまいます。
そこを打っても一本にならないので、先輩が注意をすると「でも、届かないんですよ」と。
そこで先輩いわく
「試合ん時、相手が打ってくださいってかがんでくれるか!?とどかねーなら、届くように跳べっ!」

いやいやいや、そうじゃないでしょう〜
よっぽど身長差がある相手でなければ、面金に当たるのは「右手に力が入っていて、竹刀が立ってるから」なのです。
右手を伸ばすようにスナップを効かせて打てば、ちゃんと面の上のほうに当たるのですよ。

で、実際主人公はその後、すごいジャンピング面を打つのですが…
(そして、良かったと先輩からほめられている)
前に跳躍して飛び込み面、というのはあるのですが、上にジャンプしたまま打ち下ろすように打つのは正統派剣道ではありません。(韓国の選手は良くやってますけどね…、あれは、剣道じゃないと思います…)

ここらへんは剣道の基本中の基本なので、作者が知らないとは思えないのですが…
漫画的描写を優先したってことなんでしょうか?
いやいや、なんか違うよそこは、と読みながら突っ込んじゃった私でした。


しかしこの主人公、とにかく根性がスゴイです。
剣道をやると決めてからは、あんまり挫折もしないので、そのあたりがちょっと超人的すぎます(笑)
技の描写などもいろいろ出てはくるのですが、
結局のところ、勝てるかどうかは、成長するかどうかは「精神力」だということでしょうか。


もし私に漫画を描く才能があったら、
もっと、普通に剣道している子や大人の話を描きたいですねえ。
だいたい剣道漫画って学校が舞台になってて、普通の道場の漫画がほとんどない気がする…

いや、剣道に限らず、スポーツ系の話ってそうなりがちですよね。
全国レベルを目指す、とかじゃない、普通の人がスポーツを真剣に楽しむ話があるといいのに。

剣道がテーマのブログは「稽古メモ」みたいなのが多くて…
もっと子供の成長の事とか、「剣道あるある」みたいな話とか、試合の描写とか、実際習うとこんな感じなんだよ、というあたりを主軸にしている話があるといいなあと思います。

いい剣道ブログがあったらご紹介ください♪
タグ:剣道
posted by はなずきん at 01:28 | Comment(9) | 剣道小説、漫画、映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

剣道やる気モード、いいですねぇ。(*^o^*)

女性のやる気モードで連想するに
いろいろなことが浮かぶ私ですが、それが、剣道!?
いままでの固定観念に再考の必要ありを感じました。(^-^;)

剣道経験あり、リバ剣、などという方は
よ〜っしぃ、また、一丁、剣道がんばろっかなぁ〜、
ってこともあるかもしれませんが、
はなずきんさんの場合、おそ剣(失礼)&レディースにしては
かなりアグレッシブに取り組まれていて、感心します。

末娘の通う学校は女子大ですが、リベラルアーツ?だとか
ジェンダーフリー?だとかを標榜しているようで、
いわゆる理系だとか文系だとかの枠組み、男女の枠組みなどを
こえたお勉強を推奨しているようです。

ともすれば、女性だからとか、運動経験無しだからとか
という前提で、大人になってから始めるのは無理!と
思われがちな、剣道。

お母様方で多いのはお子様と一緒に稽古をはじめたという場合でしょう。
基本的に室内で、かつ、防具をつけて、とくに面をかぶるのは
客観的に考えても女性には気が引けるのではないでしょうか。
ま、はなずきんさんの場合、見た目の剣道姿にも相当思い入れが
あるようですが・・・。(^_^;)

しかし、見た目だけではわからない良さ、
精神的修養面での魅力、などは、そこに気づいたお母様方の
琴線に触れるところではないでしょうか。
もっと突っ込むと、私などは「剣道の理念」ですとか「剣道修練の心構え」を
見ますと、剣道こそが日本を救う!などと大げさに考えてしまうのであります。

少々話が飛躍しましたが、私も最近、剣道やる気モードです。

私は、ぃゎゅる、リバ剣組ですが、歳も歳なので、
なにもガツガツしなくても、生涯剣道!だー!ぐらいの
ペースでお稽古勤しんでおりました。

これ、はなずきんさんにも当てはまることかもしれませんが、
本来何のために剣道をやるか、体力増進、精神修養、などなど
効用はありますが、本来、剣道は命をかけて戦う、というところに
原点があると思うのです。

そういう意味では自分をそういう場面に追い込むことによって
いろいろなモノが身についてくるのではないかと思います。
そういう場面とはどういう場面?
それは稽古においてはこの一本にかける、特に初立ち一本!

さらに試合に目標を置くというのも大切なことかもしれません。
歳をとると、とか、初心者だからとか、遠慮する傾向があるように
思いますが、できることなら、一年に一度ぐらいは、立ち会いを
目標にできる機会を作ることが望ましいのではと思うところです。

話がまたまた飛躍してすみません。(_ _)

私、暮れにある大会にエントリーいたしまして
自分自身の気持ちを鼓舞しようと、かなり無理な言い回しで
試合の効用に結びつけてしまいました。

しかし、はなずきんさんの剣道への取り組みをみていますと
まさに剣道の原点を意識しておられるような気がして。
当然、モードの変遷はあるのでしょうが、
今後のはなずきんさんのご健闘をお祈りします。<(_ _)>

あ、そうでした。
しっぷうどとう、我が家にもあります。
剣道の漫画、あんまりないですからねぇ。
数年前に話題になった「武士道シックスティーン」も
ご本の時は、へー!、って思いましたが、映画は、ぅ〜ん?でしたから。

私の剣道部の同級生で漫画で成功したやつがいます。
今はけっこう売れっ子漫画家です。(代表作:ドラゴン桜)
彼はデビュー作、剣道モノだったんすけど、やっぱり剣道モノ
人気ないのかなぁ、その後、剣道のケの字も出ないっすね。


すみません、ながながと&唐突に。
なんとなく、読者になっちゃって、ここ見てるものですから。
こんなとこで、こんなこと、書いてたら、娘には

キモぉっ! って、言われそうですが・・・。(T_T)

10月も残すところあとわずか、お風邪など召されませんように。
Posted by すけきよ at 2015年10月27日 10:39
はなずきんさん

お久しぶりになってしまいました。
剣道やる気モード、羨ましいです。
今週末に日舞の発表会があるので、一応日舞モードのつもりではいますが。

しっぷうどとう、久しぶりに、ちゃんと読みたくなりました。TSUTAYAのコミックレンタルにあったので、借りてみようかな(^_^)


うちの子も、素振りに誘っても、ちっとも乗ってきません。やっと、左右に開く素振りをしたと思ったら、足が全然できてなかったので、がっくしでした(T_T)

ところで、この前お話しにあった、お揃いの面手ぬぐい、こんなのはいかがでしょうか?

『武士道』ではないのですが


http://store.shopping.yahoo.co.jp/kendo-lady/022-kht013.html

または、はなずきんさん、桜柄がお好きでしたよね?
というわけで

月下桜
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kendo-lady/168-120191.html

どうでしょうか?

素振りをしばらくサボっていて、久しぶりに再開したら、肘が痛くなってしまいました。そろそろ、冷えてくる季節なので、よくウォーミングアップしてからじゃないとダメですね。

先日の稽古、子供の用事で一時間しか参加出来なかったのですが、昇段審査のための形の稽古をつけてもらいました。バックハグや手を握る先生なので、周囲がどう見ているやら、心配になりながらでしたが (^_^;)

前からちょこちょこ言っている、こじれた仲間と会うストレスが大きくて、剣道やる気モードが下がってしまいます。さっさと仲直りすればいいのでしょうけど。

あ〜あ。早く解決して、審査に向けて、剣道やる気モードを上げていきたいです。(*^_^*)
Posted by 麻子 at 2015年10月27日 15:05
すけきよさん、こんにちは。
ずっとこんな駄文をお読みいただいているようで、ありがとうございます。

私はたぶん、普通の女性とは入口がちょっと違うんですよね…
私は昔から「ひとりで戦う女性」に魅かれていましたし、
戦闘機が好きになった、というのも、
戦いの前の高揚感が好きだったからというのが強いです。

それに加えて、江戸時代の武士、剣術などに興味を持って、剣道をやりたいと思ったのです。

目指すは武士、ですから、最初から「武士道ありき」でして。
男性は、そういう方もけっこういそうですけれども。

昔からあまり人目を気にしない私ですが、
さすがに、子供しか習っていない警察で始めるのには
少し躊躇がありましたが…

でも子供がやっているのをずっと見ていたら、
「私もやりたい」といううずうずした気持ちを、どうしても抑えることができなくなっちゃったんですよね。
何か、私の心の奥底には戦いの血が流れているのかな〜と思います。

でも、気持ちはそうでも、体の動きは全然武士ではなく(笑)
そこに近づきたい…という想いでなんとか続けてきた、という感じですが。
幸いそういう「大人からの剣道」を理解して、それに見合うような教えをして下さるN先生に出会えた事は本当に幸運だったと思っています。


すけきよさんは長くお稽古されてきているんですよね。
飽きっぽい私は、それだけでも素晴らしいと思うのですが…
継続して「やる気モード」を維持されているすけきよさんこそ、アグレッシブに取り組まれているのではないかと思います。

試合は私はまだ数回しか出たことがありませんが、
あの胃がキリキリするような緊張感…
まだ慣れていないということもあり、
かなりいろんなプレッシャーもあるのですが、
それを乗り越えた時の爽快さ、というのが忘れられません。

某掲示板では「試合偏重」を叩く方もいらっしゃいますが、やはり「試合に立ち向かう」という緊張感があるからこそ、稽古にも身が入るのではないか…と思っています。

試合稽古と試合では、やっぱり気持ちが違いますよね。
試合は「負けたら後がない」という緊張感があるからでしょうか。

ベテランになってもなお、気持ちを鼓舞して
試合に参加されるすけきよさんの姿勢を
私も見習っていきたいです。




ところで「武士道シックスティーン」は漫画しか読んだことないのですが、原作も面白そうですね。あれも、読むと燃える話です(笑)
映画は確かに「んー??」な感じでしたが…、

ドラゴン桜の作者さん、剣道部仲間だったのですね!
「空を斬る」をネットで一部試し読みをしてきましたが…

かなりリアルな剣道部体験、って感じですね。
学生さんの稽古は本当にキツイのでしょうね〜
私みたいな悠長な事は、言ってられないかと(笑)
学生時代剣道をされていた、っていうだけでも「根性あるんだな〜」って思います。
やっぱりリバ剣の方は、同じ年でも動きが違いますよねえ。


これからもまだいろいろ書くかと思いますが…
また、遊びに来てくださいませ。
Posted by はなずきん at 2015年10月27日 15:41
麻子さん

おひさしぶりです!
日舞の発表会は今週末なのですね。がんばってくださいね♪

しっぷうどとうは「剣道とは」というテーマにけっこう斬り込んでいるので、その点では評価できる作品だと思います。
ただ、試合でケガしたり死んだり…という描写がたまにあって、そのへんが重いのが難点ですかね。
あとは、やっぱり主人公があまりにも短期間に成長しすぎです(笑)
読んだら感想聞かせてください!

面手拭ですが…私もその後探してみましたけど、あんまりいいのがないんですよねえ。
手拭いもいろいろありますが、本染めのでないと、ごわごわして使いづらいんですよね。(プリント系はフィットがイマイチなんです)

実は「月下桜」のほうは持っています。
でも使ってみたら長さが足りなくて…今はハンカチ代わりに使っております。
「道」はちょっとシンプルすぎですかね…

こちらは↓今使っているのと同じものです。
http://item.rakuten.co.jp/kendouya/te-t641/

普通の手拭は、頭に巻くにはちょっと長さが足りないんです。(剣道用は長さ100cm程度です)
お祭り用とか、踊り用の頭に巻く系の手拭は大きさは大丈夫だと思うのですが、剣道の場合「後頭部」しか見えないし、柄が横向きでないと訳がわからないしで、わりとデザインを選ぶんですよね〜。

女性っぽいのもいいかな〜と思うのですが。
こんなのはどうでしょう?
★テッセン柄
http://item.rakuten.co.jp/kendouya/te-t930?s-id=bookmark_pc_normal_item_image

★梅柄
http://item.rakuten.co.jp/kendouya/te-t759/


ところで麻子さん、昇段審査って…
段を取られるのですか?1級はもうお持ちなのでしょうか。

会の人間関係はめんどくさいですね〜
そのストレスの原因を解決できるといいですね!
Posted by はなずきん at 2015年10月27日 17:07
はなずきんさん

いえいえ!今度受けるのは一級です。
先生方が、『昇段審査』と言うので、そのまま書いちゃっただけです(^_^;)
Posted by 麻子 at 2015年10月27日 17:31
はなずきんさん

こんにちは(*^_^*)

昨日、日舞の発表会でした。
初舞台でしたが、実はそれほど緊張しませんでした。
素の自分を出すわけではないし、着物と化粧で、別人格に成り切れてしまうので…
ただ、檜舞台ではなくて、普通の市民会館の床だったため、つるつる滑ってしっかり踏みしめることが出来ませんでした。転ばなくてよかった〜というところです。

さて、これからは、12月の昇級審査に向けて、ギアチェンジです(^_^)

テッセン柄、なかなか素敵ですね。
プリントのものは、フィット感が違うんですか〜なんか、うまく装着出来ない時があると思ったら、そういうことなんですね。

剣道にしても、日舞にしても、伝統芸能は奥が深くて、面白いですね〜
Posted by 麻子 at 2015年11月02日 12:11
麻子さん

発表会終了、おつかれさまでした。
今回が初舞台だったとは。
もっと長くやっているのかと思っていました…。

剣道も床のコンディションが影響してきますけど、
日舞も滑る床はやりづらいのですね〜。

滑りすぎたり、逆に全然滑らない床ですり足すると、なんだか疲れますよね〜


麻子さんは12月に1級を受けるのですね。
私は1月です。お互いがんばりましょう♪


お揃い手拭いは、テッセンにしますか?
それぞれで購入したほうが早いですかね。

プリントものは、印刷するので生地の目が詰まってて、
それに加えて、インクがガサガサするというか…、
やっぱり剣道専用の本染めのものが使いやすいんですよね。

うちの長男は(ハンカチとして)手拭いを愛用しているのですが、
やっぱりプリントものは使い心地がイマイチだそうで、「あれは手拭いじゃない」と言っております(笑)
Posted by at 2015年11月03日 02:21
はなずきんさん

こんにちは〜(*^_^*)

はなずきんさんは一月なんですね〜頑張りましょうね〜

床のコンディション、大事ですね。でも、そんなこと関係なく出来るように稽古しないといけないんでしょうかねえ(^_^;)

何と、私、一ヶ月以上面をつけていません(^_^;)
ずいぶん落ちちゃったかもしれません。いろんなスキルが…

お揃い手拭いは、テッセンにしましょう❤
そうですね。それぞれで購入の方がいいでしょうね。

ハンカチなどもたまに水を吸わないものがありますけど、そんな感じですかねえ。

そうそう、最近リポビタンDのCMに、Tノ内選手と剣道場が出てきてますが、講習の時はあそこでやってるんですよ〜
CMの度に、「ママ、あそこで剣道してるんだよ!!」と家族に言って、はいはい、何回も聞いてますよ、という対応をされてます(^_^)
で、10月末に学生選手権で彼らは優勝したのですが、その団体戦の選手の中に、例の史上最強のイケメンくんが入っていました。
Y下選手で、弟くんのほうですね。補欠?なのかな?
イケメンなだけでなく、そんなすごい選手にマンツーマンで教えてもらったなんて、超ラッキーなことだったんですね。
Posted by 麻子 at 2015年11月05日 13:27
麻子さん

1か月稽古なしだったんですか…
私も夏休み、3週間くらい出られなかったのですが…
ひさしぶりにやるといろいろきついですよね〜。
審査に向けてリハビリしましょう(笑)

手拭いはさっき楽天で注文してきましたよ〜
離れてお揃い、なんてなんだか楽しいですね(^^)

リポDのCM、掲示板で話題になってたので、
私も大正製薬のサイトで見てきました。
(ふだんテレビ見ないので気づいていませんで…)

うちの剣友会でもあれは話題になってましたよ!
録画して保存した、という方もいました(笑)

いやー、カッコイイですよね〜
あんな風に剣道を撮ってもらえると、ファンも増えるかも〜。
今年は日本で世界選手権があったせいか、
ふだんよりは注目度が上がってる気がします。

例のイケメン君は実力も凄かったのですね!
また教えてもらえるといいですね!
Posted by はなずきん at 2015年11月06日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: