2020年07月17日

24年ぶりの就活!!(前編)まずは、履歴書から…

こちらのブログでも、何回か書いていますが…
私は、20年の長きにわたった専業主婦生活に終わりを告げるべく、先日から就活(パートですが)をしておりました。

私が最後に「就活」をしたのは…、28歳の時です。
大学を卒業してから、私は3回会社を変わっていますが…
現在19歳の長男の妊活の際に会社を辞めて、わりとすぐ妊娠しましたが、そこからずっと専業主婦だったのです。

我が家は、そんなに経済的に余裕があったわけではないし、何度か働こうとしたことがあったのですが、そんな時に限って父が病気になったりとか、まあいろいろとありまして…。でも、長男も大学に入り、もはや、家計のために働かざるを得なくなってきました。
本当は4月から働こうと思っていたのですが…コロナのあおりで、今になってしまったのです。


さて、私にとっては、とてもひさしぶりの就活だったのですが…
私、実は若かりし頃、会社の人事部にいたことがありまして。

採用広告を出したり、パートさんの面接をしたり、入社テストの分析をしたり、就業規定を作ったり…そんな仕事をやっておりました。
だから、採用する側の気持ちというか、都合というか…
面接や履歴書で何を見ているのか、みたいなことは、だいたいわかっていました。


正社員ならともかく、パートであれば、採用しないのは
「採用したい職種の内容や時間の条件に合わないから」
ということがほとんどなのです。
たまには「人間的にヤバそうな人」とか「長く続かなそうな人」みたいな部分で落とすこともありましたけれども。
でも、正社員にしても、「会社側として都合のいい人」を採用するわけで、職種によっては、必ずしも能力が高いことが求められるわけでもないのです。今までいる人になじめそうかとか…、そういう観点もありますし。

だから、「採用されない=だめな人」というわけではないということはわかっていましたので、就活に挑む際も、ひさしぶりのわりに、そんなに気負いはありませんでした。

とはいっても、私は52歳で、仕事のブランクは20年。
他に競合相手がいたとしたら、あまり有利なわけではありませんが…。


単に家計のことだけを考えるのなら、スーパーでもコンビニでもなんでもよかったわけですが…
私は、せっかく働くのなら、自分が興味のある職種で働きたいと思っていました。
とはいえ、働けるのは主に昼の時間帯のみで、週2〜3日程度で、時間も長くはない。となると、チェーン店系の飲食店になりますよね。

私は、珈琲や紅茶を飲むことも、淹れることも好きなので…、ずっとカフェで働いてみたいという気持ちがありました。
自分自身がカフェという空間が好きだし、人に珈琲を淹れることも好きなので、提供する側になってみたいと思っていたのです。
それも、できれば「コメダ珈琲」「星乃珈琲」のような、座席のゆったりした、インテリアも落ち着いたようなお店で。

私の家の最寄り駅の近くに、星乃珈琲があったので…
まずはそこに応募してみようと思いました。


さて…まずは応募の前に、履歴書を用意しなければなりません。
昨年、高校3年生だった長男が「初めてのバイト」をしたのですが…
長男に、その際に使った履歴書の残りをちょうだい、と言ってもらったのですが…。

でも、その履歴書を見てびっくり。
「パート・アルバイト専用履歴書」
というものだったのです。
職歴の部分が、パートやアルバイトの経歴を書く欄しかないという…今はこんなのがあるんですねえ。

アルバイトなんて学生以来していない私が、この履歴書では、職歴のアピールが全くできないので、普通の履歴書を買うことにしました…。
で、近くの大きい文房具店に行ってみたらば…置いてある履歴書の種類の多いこと!!20種類くらいあって、何がどう違うのやら?

付録として、職務経歴書、西暦と和暦の比較表、面接に挑む際の注意事項が書いてある用紙がついていたりとか(笑)
B4判と、A3判があったり…、プリントアウト用か手書き用か、転職用と新卒用とか…、今は、こんなに細分化されているのですね…?


そして、今度は証明写真を撮ることに。
パートの面接は書類審査なんてありませんから、そこまできちんとした写真が必要とも思えなかったので、街に置いてある「証明写真機」で撮影することにしました。新卒の就活だったら、写真屋さんで撮ってもらったほうがいい気がしますね〜。

自分が人事をやっていた頃、稀にですが「スナップ写真を切って貼ってくる人」なんてのもいたのですよね…もちろん、それだけでもう、不採用ですよ(笑)。そこまで常識を知らない人は、さすがに採りませんでしたね〜。(でも、本当にそういう人、けっこういたりするんですよ…)

すごく久しぶりに証明写真機を使いましたが…だいぶ、進化しているのにびっくりしました。
写真写りの悪い私は「何度でも撮り直しができる」のが、とてもありがたかったですね!

写真屋さんだと、うまい人はうまいですが…、たまに変な顔の写真でも撮り直ししてくれないところもあるんですよ…、
(次男の高校受験の時の写真を撮った写真屋さんが、2軒とも下手だったという…)

私が使った証明写真機は、「美肌補正」ができるモード(1000円)、そうでない普通モード(900円)があり、100円違いましたが…
私は「美肌補正」ができるモードにしてみました(笑)

一回の撮影につき、2枚写真を撮り…
気に入ったものがあれば2枚のうちの1枚を選びます。
どちらも気に入らなければ、撮り直しができます。

私は結局、3回撮り直ししました!
何回撮っても文句を言われないので、心行くまでできるのがいいところです(笑)


最初は、上にあるカメラのほうを見ないで、正面に顔が映っている画面があるので、ついそっちを見てしまい…視線がおかしかったのでやり直し。顔も、ほんのり微笑む(口角を上げる)ほうがいいようですが、それもできておらず。
次は、カメラのほうを見て、口角も上げてみたのですが…、今度は、顎を引くのを忘れました(笑)
そして3回目で、やっと「まあこれでいいだろう」という感じのが撮れたのです。

そして、決めた1枚の写真について…
顔の位置にポイントを打ち、背景の色を選びます。背景の種類はけっこういろいろありましたが…、履歴書に貼る写真なら、青無地が無難でしょうね、どう考えても。他の背景を選ぶ人なんているんだろうか…。

そして「美肌補正」では、顔の色ムラを消し、明るさも調整できます。
どちらも、あんまりやりすぎると、プリクラみたいになってしまうので…(笑)ほどほどの補正にしておきました。
それでも、原版の写真に比べると、やや若くなるんですね(笑)
若く見えるかどうかっていうのは…、こういうところが違うんだな〜と思いましたよ…、

そして、必要な写真のサイズを指定したら終わりです。
写真データをスマホに送るのには、+400円とありましたが…、ちょっと、高すぎません?
まあ、そんなにたくさん写真はいらないだろうと思ったので、データは買いませんでしたが。

結局、撮り始めから撮り終わるまで、10分以上かかりましたが…いや、なかなか面白かったですね…。


履歴書の書き方も、いろいろとこつがあるんですよね…
ふつう、きれいな字で書くことは当然だと思うでしょう?
でも、殴り書きみたいな人もたまにいるんですよね…。

あと「書いたほうがいい情報」と「書かないほうがいい情報」というのがあります。
それも、自分が希望する職種によっても違うのですけれども。

資格はたくさん書いたほうが有利、かと思いきや…、あまりにたくさんの資格を取っている「資格マニア」みたいな人は、やや敬遠される傾向にあります。その人が、何がやりたいのかよくわからないからです!
持っている資格の数が少ない場合は全部書いてもいいと思いますが、たくさん資格を持っている場合は、自分の希望する職種に関係のあるものや、個性をアピールできるものだけに絞ったほうがむしろいいでしょう。

あと、「英検4級」「漢字検定5級」みたいな、あるレベルをクリアできていないものも、書かないほうがいいです(笑)
英検や漢字検定なら2級以上の場合だけ書いたほうがいいでしょう。

パートやアルバイトなのか、正社員なのかによっても書くべきことは違いますしね…、このあたり、ネットで調べてみると、いろいろ書いてあるかと思います。


私は、24年前に書いた履歴書を引っ張り出してきて…(ちゃんと保管してありましたよ〜)
それを参考にしながら、新しく履歴書を書くことにしました。


だいぶ長くなったので、次に続きます〜。


最後に、本日の一枚です。

2020/1/14 9:58 朝霧高原 職業訓練センターより。富士山の上に「彩雲」が浮かんでいます!これはなかなか大きいほうかと…。
IMG_9662.JPG

↓こちらは、にほんブログ村の読者登録ページにジャンプします。
はなずきんの日記帳 - にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:00 | Comment(0) | カフェのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

母だけの剣道日誌(185)4か月半ぶりの稽古!(後編)面マスクの検証…

母だけの剣道日誌(184)4か月半ぶりの稽古!(前編)想像していたほど…、大変じゃなかったです より、続いています。

今回は、防具をつけていない状態でも、ずっとマスクをつけたままの稽古だったのですが…
私と、「理想の上司」ENさんが「剣道用のマスク」を着用していましたが、ほとんどの方は、通常生活用(?)の不織布マスクや布マスクをしていました。

ENさんがしていたのは、地元の武道具屋さんで買ったという、「全剣連スタイル」に近い面マスクでした。今、ネットで調べてみたのですが…たぶん、これですね。
武州一 剣道面マスク 「藍麻流」

ENさんは、前回書いた通り…、ケガされて途中で帰ってしまったので、これを防具をつけて使った感想は聞けませんでした。
でもこういうタイプは、立体縫製ではないので…、面を装着すると顔に張り付いてしまうような気がしますね〜。


で、私はというと…、またおやまあさんがブログで紹介していた、その名も
「忍者NINJA」
という剣道用マスクが、よさそうだと思って購入してありまして。昨日の稽古中は、それをずっと着用していました。
→剣道(リバ剣)と病(心臓 S-ICD)と稽古とおやじブログ にんにんでござる

このマスクを販売している武道具屋さんは、こちらです。
→東京武道衣
面インナーマスク「忍者NINJA」アゴ汗とり+メッシュタイプ 日本製 吸汗 速乾 制菌 冷感
(手作りなので、納期がかかります。現在は10日ほどだそうです)

うちの次男にモデルになってもらいました(笑)
IMG_9651_1.JPG

後姿。見づらいですが、ゴムは後ろで交差しています。
IMG_9652_1.JPG

生地はさらっとしているのですが、覆う面積が大きいから、暑いかな〜?と思いましたが、昨日は冷房もあったせいか、さほどではなく…
口元に空間があるのと、メッシュ生地なので、汗で濡れても貼り付きませんし、呼吸が普通のマスクに比べるとだいぶ楽です。
ヒモも、耳にかけるタイプだと面をつけた時に痛いらしいのですが…これは、後ろで交差させるような感じになっていて、そのあたりは気になりませんでしたね。
防具をつけて稽古しても、短時間で区切れば…、そんなにマスクのことが気にならないレベルでした。

またおやまあさんも、昨日、稽古で着用して、よかったと…、ブログに書いていらっしゃいました。
→剣道(リバ剣)と病(心臓 S-ICD)と稽古とおやじブログ やっぱりいい!


そうそう、面につける、透明のアイガードやフェイスガードは…私は持っていないのですが…
SZ先生が「あれをつけると本当に熱がこもって苦しいらしいから、なくていいでしょう」と言っていて、誰もつけていませんでした。
全剣連のテストでも、面マスクだけでもけっこう飛沫防止効果があるらしいですからね。
またおやまあさんも、すぐにアイガードが曇ってしまって相手が全く見えなくなるから外した、と書かれてましたね(^^;


SZ先生は、防具をつける前は…ウレタン製の普通のマスクをして稽古していました。ウレタンマスクは、普通の状態だと不織布などに比べて呼吸は通りやすいそうです。
しかし、防具用には…、K会のWB先生の武道具屋さん(S武道具、私が今の防具を買ったところです)オリジナルの「面内側マスク」(たぶん、名前はまだないのかな?)を使っていたのです。

SZ先生は、ちょっと前にWB先生に、S武道具に呼ばれて「これ、使ってみて!」と買わされたそうなのですが(笑)

これが、なかなかよさそうな感じでして!
マスクとは書きましたが、自分の顔に装着するわけではありません。
(写真撮っておけばよかったな…、、、)

立体的(やや箱状)に作られた布の、左右のベロを面の内輪(の外側)に差し込んで固定するような感じです。
面をつけると、口のすぐ前に布は来ますが、口にはほぼ接触はしないので…これだとだいぶ楽なようです。面に取り付けているわけですから、耳にヒモをかけなくてもいいので、そういう点でもよさそうです。
SZ先生と他の数名は、1週間ほど前にこれをつけて稽古したけれど、ずれたりもしなかったと言っていました。
全剣連のマスクの検証でも「口の前に布があればいい」みたいなことを書いていましたので…おそらくこれで、飛沫防止効果もあると思われます。

私はこの「面内側マスク」を付けたSZ先生と稽古したのですが…
普通のマスクよりも、顔が見えない面積が大きい気がしまして。
「目はかろうじて見えるけど、口元が全く見えないので全体的に表情が読みづらく、これまで以上にいつ打ってくるかわからない」
と、感じました(笑)

SZ先生は
「ウレタンマスクのほうも、稽古に使えるか検証する!」
と言って、ウレタンマスクで、防具をつけて稽古してみていましたが…
汗をかくとマスクが口にぴったりくっついてしまって、口が開けられなくなったそうです(^^;
「これは、面をつけない時はいいけど、つけたら使えないね〜」とおっしゃっていました。


あと、すごく久しぶりに来た…(コロナの前からだいぶ稽古を休んでいた)NT君は、普通の不織布のマスクで、防具をつけて稽古してたんですが…めちゃくちゃ、苦しかったそうです(^^;


全剣連では「声は出さず稽古してください」と、推奨していましたが…
そんなん、できませんわ!(^^;

いつもよりは控えめにではありましたが…、やっぱり声は出しましたよ(笑)
最初は「なんか、声出ない!?」と思いましたが、やっているうちに出るようになりました…。

やっぱり、剣道って…、声を出すから、スッキリするんだなあと…あらためて感じましたね(笑)


素振りするだけでも、楽しいことは楽しいのですが…、
やっぱり、防具付けの稽古が、楽しいのですよね…、


そういえば、最後に、防具をしまう時に…、
「垂」と「胴」の合体のさせ方を忘れているのに気づいて、愕然としました…(笑)

私の「垂」と「胴」の合体のやり方は、今の防具を買った時に、武道具屋さんの店員さんに教えてもらったやり方で…普通のやり方とはちょっと違うのですよね。
でも、もう2年近くそのやり方でやってたのに…、4か月空いたら、忘れてしまうとは(^^;
なんとなく手癖でやってみたら、最初に教わった、十字にヒモをかけるやり方でやりそうになり…、いやこれは違う、と。
あれ?どうだっけ?と、いろいろやっているうちに、なんとか思い出しましたが…、(笑)

手ぬぐいの巻き方は、忘れてなかったですけどね!(笑)


そして…、稽古後の家での夕食では、ビールをちょこっと飲みました。
やっぱり、身体を動かすと、ビールが美味しいですね〜!!

稽古する前は、こんなにサボり癖がついちゃって、また剣道をやる気になるんだろうか?なんて思ってましたけど…(^^;
やっぱり、稽古は楽しかったです〜♪

次回の稽古は、8月ですが…、今度は、楽しみですね。(笑)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:35 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

母だけの剣道日誌(184)4か月半ぶりの稽古!(前編)想像していたほど…、大変じゃなかったです

今日は…当会の、コロナで中止した後の、はじめての稽古でした!

いや〜…、やっぱり、稽古は、楽しいですね…、

でも、実は…、行く前はほんのり気分が重かったのです。

ご存じの通り、私は2週間前に肩の激痛に襲われて、1日寝込みまして…、
数日前からだいぶ調子が良くなったとはいえ、まだ本調子という感じでもなかったですし…肩が痛かったせいで、ここ2週間ほど、ランニングも素振りも筋トレもしていませんでしたから。
ひさしぶりに昨日、家の周りを走ったら、なんか身体重かったし…、(コロナで太ったわけではありませんよ?)

そして、暑がりの私が、マスクつけて稽古なんて…、できるんだろうか?というのも、心配でしたし。私は、ふだんから…、人がそばにいない屋外ならば、ソッコーでマスクを外すような感じですから(笑)
(みなさん、人がいないところでもちゃんとつけてますよね!?私は無理です〜)

それでも、ひさしぶりに道着を出して、着替えたら…、なんか気分、上がってきましたよ〜!
ああ、やっぱり、道着はいいわ〜。


あ、でも…、私はいつも、クローゼットの一角に道着を置いているのですが、2月末に最後の稽古が終わって洗って、それを置いたままだったのです。何気なくそれを着て、冬用のものだったことに気づき「これじゃ暑い!」と、夏用の道着を慌てて引っ張り出してきたのでした。
コロナの間に、季節は冬から春を通り越して、夏になっていたのですよね…。


今日は、ひさしぶりということで、わりと軽めの稽古だったこともあり…
そして稽古場所が、いつもと違う「市の武道館」で…、冷房が効いていたこともあり、さほど苦しいとか、暑くて死にそう、というような場面はありませんでした。
ふだん使っていた小学校の体育館は、9月まで借りられないから、仕方なく武道館を借りたのですけど…マスクをつけている状態だったので、冷房があるのは、いつも以上にありがたかったです。(換気のために窓は空いていましたけどね!)


コロナ後として、今までの稽古と違うのは…、7、8月は大人(と希望者の中学生)のみとなっていること。
「常にマスク着用」「来た人の名簿記入(名前と体温を本人に書いてもらう)」「入室時の手のアルコール消毒」「退館時に、使用したものの消毒」
くらいだったでしょうか。(床は武道館のほうで清掃してくれます)

あと、いつもなら4月に集める、今年の会費徴収用の封筒を、やっと配れたのですよね。

ひさしぶりなので、懐かしく感じるかな?と思ったのですが、役員の面々は役員会でも会ってましたし…、
わりと「いつものメンバー」だったので、そんなに「うわー、ひさしぶり〜!!」みたいな感じでは、なかったですね(笑)


そうそう、あと…、市剣連のほうから
「座礼はしないで、立礼のみであいさつするように」
という指示があったようで…
だから、黙想がなかったんです!これはちょっと寂しかったな…。

でも、はだしで歩いていること自体は何も言われないのに…
座礼をしないということに、どれほどの予防効果があるのでしょうかね…?
マスクして、距離さえとっていれば、座礼したっていいのではないか?と思うのですが…。


今日は、みなさん、各自が持参したマスク着用のままずっと稽古していましたが…
マスクのことについては、後編で詳しく書きたいと思います。


さて…、今日の稽古内容ですが。

まずは、素振りからでした。

みなさん、運動自体がひさしぶりな方が多いので、軽めにということで…すべて30本ずつ、ゆっくりやりました。
@前進面A前進後退面B前進後退左右面C踏み込み素振り


そのあとは、すり足です。
先生の掛け声と一緒に、ゆっくりやるのを1往復。
普通のスピードで一往復。
次に、後ろ向きにゆっくり一往復。後ろ向きに普通のスピードで1往復。

と…、ここで、「理想の上司」ENさんが…、後ろ向きに、武道館の窓部分にぶつかってしまい…
窓サッシの溝の鋭利な部分で、足の親指をケガしてしまったのです。
けっこう、血がダラダラ出るくらいのケガをされてて…、救急箱に入っている包帯だのテーピングだのでぐるぐる巻きにして止血していたのですが…
ケガしたあと、ENさんは血が出ているのに気づかずに、すり足で一往復していて…床に血が広範囲についてしまったので、私はそれを拭いていて…その後の「横向きすり足」をやり損ねてしまいました。

ENさん、ひさしぶりの稽古で張り切ってたのに…、途中からできなくなってしまって、残念そうでした。

市の武道館は改装が終わったばかりで、はじめて新しい床での稽古をしたのですが…湿気もあったせいか、ちょっとすべりづらかったです。
ただ、私は家でもすり足はちょこちょこやっていたので、そんなに大変ではありませんでした。
おそらく私以外の女性陣は、コロナ休暇の間、剣道に関する運動はやっていなかったのではないかと思われます。すり足も、だいぶぎこちない感じになっていましたね〜。


そして今度はまた、素振りです。
今度は20回ずつ、前進面、前進後退面、前進後退左右面をやりました。
素振りも一気にやると身体に負荷がかかるから、間にすり足をはさんで、分けてやったのでしょうね。


それが終わったら、今度は形稽古です。

最初は、太刀の7本をやりまして…
打太刀役の先生がひとり前にいて…、生徒は、それに合わせて仕太刀役の動きをするという感じでやりました。
(打太刀と仕太刀の距離は取っているので、相手を直接は打ちません)
それを2回繰り返して、今度は打太刀と仕太刀を交換して、さらに2回やりました。

私はわりと忘れっぽいのですが(笑)、コロナの間…、形もちょこっと復習していたので、まあまあスムーズにできましたよ。

その後は「3段以上」と「それ以下」に分かれて、三段以上の人は小太刀の形をやりました。
私は、小太刀はちょこっとしかやったことがなく…、しかも太刀側(打太刀)のほうはほとんど覚えてなかったので…
今日は、打太刀側の動きを教えてもらいました。

私はもともと、形稽古って好きなので…今日はじっくり形ができて、楽しかったですね〜。
まだ、かなりぎこちないながらも、小太刀の3本の打太刀側の動きはなんとかできるようになりました。


結局、全体では2時間、稽古して終わりにしまして。
その後、希望者のみ、30分ほど防具付けの稽古をしました。

私は、肩のほうが心配だったので、防具付けはやめておこうかな…、と思ったのですが、SZ先生が「マスクをつけた稽古を検証しないと」と言っているのを見て…
そうか、私のマスクも、実際に防具をつけたらどうなるんだろう?というところに興味が沸いて、結局、防具付けの稽古もやりました(笑)

私、以前、
「マスクをつけてやるのは苦しいだろうから、しばらく防具をつけなくてもいいんじゃ…」
って、ブログに書いたかと思うのですが…

今日、防具付けの稽古をして…、
「やっぱり、これは楽しいわ〜」
と、思いました(笑)

確かに、マスクをつけると、つけていないよりは遥かに苦しいです。
でも…、冷房がある環境なら、短時間で区切って休み休みやれば、なんとかできないことはないかも…と思いました。
私のしていたマスクの通気性能が、わりといいせいもあるかと思いますが…。(マスクについて、詳しくは次回に〜)


でも、今までの感覚で、ぶっ続けで稽古してたら…、確実に苦しくなるでしょうね。
まして、冷房がない環境だったら…、相当、苦しいだろうと思われます…。

私は本当にひさしぶりに、防具をつけた人を打ちましたけど…(笑)
4か月も間が空いていたわりには、そんなに動きを忘れてなかったかな…?という感じでした。



今日は、稽古の負荷が全体的に軽めだったせいか、そんなにきつくはなかったです。
肩のほうも、たぶん…、大丈夫だったと、思います…、(^^;
本当に大丈夫だったのかは、しばらく経ってみないと、わかりませんが…今日は丁寧にストレッチしておこうっと。

(後編に続きます〜)


最後に、本日の一枚です。

6/29 4:52 朝霧高原職業訓練センターより。夜明けのさわやかな富士山です!
IMG_9575.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

↓こちらは、にほんブログ村の読者登録ページにジャンプします。
はなずきんの日記帳 - にほんブログ村

posted by はなずきん at 21:28 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

母だけの剣道日誌(183)私は「戦う男装の麗人」が好き、みたいです(笑)

今回は、剣道の話というより…、「戦う女」の、話でしょうか(笑)

最近、ネットでちょこちょこと無料漫画を読んでいるのですが…
新作もあれば、昔読んだ懐かしい作品もあり。

そんな私が最近読んでいるのが「ベルサイユのばら」です。
連載当時は読んでいなくて、大人になってから読んだと思うのですが…二十年ぶり以上ですかね、読み返すのは。

いや〜、やっぱり名作ですね〜。
フランス革命前後という、実際の歴史の中に、「オスカル」という架空の人物を配し、いい具合に史実と虚構をからめた壮大なストーリーなのです。
作者の池田理代子さんが、この作品を書き始めた時はまだ25歳というのを知って…、これまたびっくりですよ。

以前読んだときは、オスカルという人物にさほど思い入れはなかったような気がするのですが…
読み返してみたら、その「男気っぷり」に惚れてしまいました(笑)

オスカルは、貴族の家の、姉妹ばかりの末っ子の女の子として生まれました。どうしても男の子が欲しかった父は、オスカルを男性のように育てます。そうして育ったオスカルは、外見の美しさもさることながら、剣術、体術の腕前もかなりのもので。そしてピンチの時でも腹が据わっています。
マリー・アントワネットに信頼され、近衛隊長として仕えていますが、マリーが皇太子妃として相応しくないことをした時には、身分の上下にとらわれず、直言したりするような毅然としたところがあります。
貴族としての誇りを持ちつつも、貴族と庶民との生活の差を革命派の男に指摘され、なじられた時には
「貴族とは恥ずかしいものだな…」
と、率直に非を認めるような謙虚なところも素晴らしいのです。

マリー・アントワネットと恋仲にある、スウェーデン貴族のフェルゼンに、オスカルは激情に近い恋慕を持っていますが、それは決して表面に出さず、あくまでも「親友」のスタンスで接し続けます。
一回だけ「女性」として(オスカルとは知らせず)フェルゼンとダンスを踊るシーンがあるのですが…その時にフェルゼンにその女性が「オスカル」であることと、その想いを気づかれ、のちに訣別することになるのです。
そして、幼い頃から、オスカルを女として慕い続けていた、アンドレとの関係もまた切なく。

この「強さと、女性としての弱さ」が同居しているところが、オスカルの魅力なのかもしれませんね。


そして、あらためて考えてみたら…
私が惚れこむキャラクターって…、なんか、似たような感じの人が多いのですよね〜。

「剣客商売」「佐々木三冬」

江戸後期の老中、田沼意次の妾腹の娘、という設定の架空の人物です。
女だてらに男装して剣術をたしなみ、通っている道場の「四天王」と言われるほどの腕前。
登場当初は「こじらせ系」の「男っぽい美女」ですが(笑)、主人公の一人で剣術の達人「秋山大治郎」と恋仲になるあたりから、がぜん女らしくなってきまして…大治郎と結婚してからは男装もやめて、子供も産んで、だいぶ柔らかくなりました。
私が剣道をやりたくなったのは、この「三冬」に憧れていたから…、だったりします。

「ハートキャッチプリキュア」「明堂院いつき」(キュアサンシャイン)★

主人公つぼみが通う中学校の、学ラン姿の品行方正の生徒会長なのですが、実は女の子。家が空手の道場で、体を壊して跡を継げない兄の代わりに、男として生活しています。学園の生徒には女性と知られていて、女生徒のファンも多いのです。
本当は可愛いものが好きで、カワイイ服も着たいのに、それを表に出してはいけない…と、部屋の押し入れにひそかにカワイイグッズを隠し持っていたりします。
空手道場の跡継ぎ候補だけあって、プリキュアに変身後もめちゃくちゃ強くて冷静なのです。初めてプリキュアに変身した時に、女の子らしい衣装に喜んじゃってるような部分がかわいらしいのです。

★「スケバン刑事」の「麻宮サキ」

受刑中の母を人質のようにされて「学生刑事」を引き受けたスケバンの主人公、麻宮サキ。
さまざまな学校で起きた事件の真相を探るためにいろんな学校に「派遣」されるサキは、当初は「仕方なく」その役目を果たしていますが、内面は義侠心に溢れています。

どんなピンチも切り抜ける冷静さ、圧倒的な強さ。
弱者に対するやさしさ。弱者を蹂躙するものへの憎しみ。
戦う敵すらも惹きつけてしまうような懐の深さが、サキの魅力です。


ふだんは男のような乱暴な言葉遣いながらも、捜査のために変装した時は知的でおしとやかな雰囲気すらあり。
記憶喪失になった時には、好きな男性の言いなりになってしまうような、か弱い女子の一面も見せます。

そしてサキの活動を見守る弁護士「神恭一郎」とのすれ違いの恋。
ふだんなら冷静で無敵のサキも、神のこととなると冷静さを欠いてしまいます。そういう面もまたいいのですね〜。

★「武士道シックスティーン(剣道漫画)」の「村浜部長」

原作小説のほうではなく、少年漫画版のほうの「村浜部長」が私は大好きです。キリリとした「漢気」を感じる美人です。
主人公の一人、香織は入部当初の初対戦時に、村浜部長のことをこう評しています。
「さすが東松の主将、身体はデカいのに速くて上手い。何より腹が据わってる。こういう大将がいるチームは強い。選手が安心して戦える。」

剣道の腕はインターハイのトップレベル(この設定は漫画の中には出てきませんが…)、いつも冷静で、癖のある部活の後輩たちの長所も欠点もちゃんとわかって指導できる先輩です。
勝利のためには反則技も辞さないような、やんちゃな「香織」に対して、締めるところは締めつつも、わざとケガをさせられたこともさらっと流し、部活からはみ出し気味だった香織のこともちゃんと許して受け入れる、懐の深さが素晴らしいです。


どうやら、私は…、
「男性と渡り合えるほど強く、美しく、包容力があり、正義感が強く、優しい女性」
「好きな男性の前では弱さを見せるが、男性に頼り切ることはない」
ような女性に、憧れてしまうようですね…。(笑)


もちろん、これは「絵空事」である、漫画やアニメや小説の中のキャラクターですから…
こんな人物に、実際になれるわけはないのですが…(笑)


私は剣道を始める前から、そういう女性になりたいという、漠然としたイメージを持っていました。
でも、それまでの私は、精神的にはともかく、身体的には「戦う女」ではなかったのです。だからずっと「本当に戦える人」になることに、憧れがありました。

そして、私の剣道のレベルはともかくとして…(^^;
剣道を続けてきたことで、「戦える人」に少しでも近づけたのは確かで、それが、私にはとても嬉しいのです。
そして、その次に目指したい「自分」は…

自分のことは、もちろん自分で守ることができて。

自分より強い相手であっても、大事なものや人のためには、身体を張ってでも立ち向かうような勇気があり…

どんな時でも、落ち着いた対応をすることができて。

話すと楽しいけれど、おしゃべりすぎず、この人なら何を話しても大丈夫だという信頼を持ってもらえて。

包容力があるけれど、YESとNOをはっきりと言える毅然さがあり。

この人になら、安心して仕事を任せられると感じてもらえて。

周囲の人の意見をきちんと汲んで、納得させられる行動をとれて。

そして、何歳になっても、その年齢に応じた「女性の美しさ」を持ち続けられるような…。


そんな人に、私はなりたい…のです。
(ちょっと、ハードル高すぎですか?(笑))


まだまだそうなるのには、私は経験が足りていないし、経験を積んだとしても、なれるかどうかもわからない。
でも、何歳になっても、成長を続けていたい。
今までの「自分の殻」を破って、そんな人に少しずつでも、近づいていきたい。

まあ、実際に…、そこまでできるか、わかりませんけど(笑)
剣道に限らず…いろんなことから逃げずに、丁寧に向き合っていきたい。

ひさしぶりに「ベルサイユのばら」を読んで、そこから、こんなことを考えてしまった…私でした(笑)


最後に、本日の一枚です。

先日、高尾山に登ってきたときの「スミカテーブル」のカフェからの眺め。
このカフェは、風が通って、気持ちよかったです〜。
IMG_9609_1.JPG


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:32 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

母だけの剣道日誌(182)エアコンクリーニングと、剣道…

エアコンの中って…カビますよね…。

先日、遠隔授業で家にこもっている長男から…
「俺の部屋のエアコンがカビ臭くて使えない、クリーニング業者頼んで!」
という、依頼が来ました。

長男の部屋は…我が家で一番日当たりのいい、2Fの南西側にあります。
最近は少し涼しい日が多かったとはいえ…もうすぐ暑くなるのは目に見えています。
真夏になると、長男の部屋は(無人にすると)40度近くなったりするのですよ(^^;

我が家では以前にも、エアコンのクリーニングを業者さんに頼んだことがありました。自分で買ってきたスプレーでやったりするのでは、ほとんど汚れなんて取れないのですよ〜。
そんなわけで、ネットで業者を探して、クリーニングを依頼しまして…その方が今日、来たのでした。

って、これがいったい、「剣道」と何の関係があるのかって…?


その、エアコンクリーニングの業者さんが…
「剣道三段」
だったのです(笑)



我が家の玄関には、私が家での素振り用においてある竹刀があります。
ふだん稽古に持って行っている竹刀袋も、そこに刺さっています。

それを見た業者さんが
「あっ、剣道やってるんですか?」
と聞いてきたので…

そこからだいぶいろいろと、剣道の話をしました(笑)


最初は、話のネタに振ってきただけで、ちょろっとやっただけなのかも?と思ったのですが、案外本格的にやっていたようで…
小学校低学年(警察剣道)から、高校生までずっとやっていたのだとか。(今、28歳だそうです)

大阪出身の方だったのですが、部活(中学?高校?どっちだったか)の顧問が、大阪体育大学出身の先生で…けっこうガッツリ教えられたのだそうです。
その業者さん自身が、大阪府の強化選手にもなっていたのだとか!

まったく剣道とは関係ないところから、なかなか凄い人が来たもんだ、と思いました(笑)


防具にも凝っていたそうで…手刺しの防具を持っていたとか。模様なんかにも凝っていたそうですよ。
でも、ずっと実家に放置しているので、もうカビちゃっただろうな〜と言っていました(もったいない…)

「剣道っていいですよね。礼儀とか身に付いたし…
小さい頃はイヤでしかたなかったですけど、やってよかったな〜って思ってます」

「そうなんですか…最近は大人から再開する人も多いんですよ、やったらどうですか?前、そんなにできてたんだったら、すぐうまくなりますよ〜」


みたいにプッシュしたんですけど…
お仕事のほうが忙しそうで、今はやりそうにはなかったですが…(笑)


我が家の合計4台のエアコンのクリーニングをお願いして、次男の部屋のエアコンもやってもらったのですが、次男の部屋に置いてある、私の防具もしっかりチェックしていたようです(笑)


この方、アフロヘアーで、乗ってきた車が世田谷ナンバーのミニクーパーで…(最初は、業者さんの車とはわかりませんでしたよ!?)
なんか、エアコンクリーニング業者さんとは思えないセンスの方だったのですけど(笑)


IMG_9643_1.JPG

だいぶいろいろと話したりしたので、クリーニングが全部終わってから、私のハンドドリップのアイスコーヒーを淹れて、飲んでいただきました♪長男も交えて世間話なんかもしました。私の山登りの話もしました(笑)

この方、高校の3年間はガッツリ遊んでしまって、卒業の時は成績が学年最下位で…
そこから1年浪人して、予備校で友達も作らず勉強して、京都の立〇館大学に入ったんだそうです!
なんですか、その挽回っぷり…!(笑)
なかなか、面白い人でしたねえ〜。


こういう風に、見知らぬ人と話をする時でも…

「剣道を一生懸命がんばってた」
「剣道が好き」
「段を持っている」


というだけでも、その人の、ある程度の背景がわかるというか…
真面目でちゃんと努力をする人なんだろうな、と感じますよね〜。

「剣道」って、世界の共通語なんだな、と思います。

そして、私は剣道が好きな人が…、好きなんですよね(笑)


きっと、この方と私が会うことは…、もうたぶん、ないでしょうけれども。
お互いにこの日のことは、記憶のどこかにほんのり残るのかもしれない、と思いました。
それが、剣道をまたいつか初めてくれるきっかけになってくれたりしたら…
嬉しい、かも。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

↓こちらは、にほんブログ村の読者登録ページにジャンプします。
はなずきんの日記帳 - にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:50 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする