2020年10月20日

母だけの剣道日誌(192)新・五段の剣道…(後編)またおやまあさんとの立ち合い。

母だけの剣道日誌(191)新・五段の剣道…(前編)またおやまあさん、合格! より、続いています…。


「合格祝い」である「立ち切り稽古」が終わったあとに…地稽古で周り稽古を行いました。

私はその時、またおやまあさんと当たったのですが…
またおやまあさんの、さっきの立ち合いを見た興奮が冷めやらず…、
「私も、自分にできる精一杯の気力を持ってかかろう」

と、思ったのです。

またおやまあさんと、対峙したとき…、私は、いつもよりも気力をこめて…精一杯の気合声を出しました。
またおやまあさんが、私に向けて気合声を出したのを聞いた時は…、
なんだか、ゾクゾクしてしまいました…。


私は自分より上手の人と地稽古をする時…、自分では精一杯攻めているつもりでも、どこか身体が引いてしまったりしていることが多いようなのですが…(と、よく注意されるのです)このときの地稽古は…、自分から積極的に攻めることができたような気がしています。

またおやまあさんの「気合の波動」が…私の魂に、直接伝わってきたような気がしました。それが、私の闘志を沸き立たせてくれたのかもしれません。

またおやまあさんからも「前よりだいぶ、良くなりましたよ!」と、言っていただけました…。


昨年秋の三段受審が終わってから、燃え尽きて、少し気が抜けてしまった私は…、
稽古をしていて、血が沸きたつような気持ちになることは、最近はあまりありませんでしたが。
昨日、またおやまあさんの「情熱」を分けていただけたような気がしています。

これが剣道の「醍醐味」なんだと…あらためて思いました。
ただ打ったり打たれたりするだけではない「本気のやりとり」が…心を熱くするのでしょう。

「傍で見ているだけ」でも、その気合は伝わってくるのですけれど…
立ち合いで直接、強い相手と対峙して「気」を受け取った時の興奮は…
自分でやっているからこそ、味わえるものなのですよね。


どんなに実力差があっても、勝てそうにない相手でも…
真剣に、精一杯、かかることで得られるものが…あるのだと。

いい立ち合いを見せていただいて、稽古をつけていただき…、
ありがとうございました!!



稽古が終わったあと、またおやまあさんの奥様と、ちょっと雑談をしました。
私のブログもご覧になっているようで…
「最近、全然更新してませんよね?」
と、言われてしまいました(笑)

まあ、剣道のほうは…、上でも書いたように、すごくやる気のある状態ではなかったんですよね。
稽古は現状では週1回ですが、休まず楽しくやっていましたし、ある程度の上達は自分でも感じていましたが…まだ「一本が取れる」ような感じでは、ありませんでしたしね。私は、こういう気持ちの時に、無理に一生懸命、自主稽古をする必要はないかな…と思っていました。

仕事のほうも忙しかったし、かなり足を使って疲れるしなので…家での素振りやランニングもだいぶお休みしていました。
でも、ふくらはぎはかなり締まってきましたし(笑)、汗もものすごくかいていましたし…万歩計をつけてやってみたら、一回の仕事(4時間位)で一万歩も歩いていることがわかりました(笑)
働いている時間帯的に、お昼ご飯を抜かざるを得ないので、コロナ&更年期で増えていた体重も、だいぶ戻してきました。
またおやまあさんの奥様にも、「なんか、ほっそりされましたね?」と、言っていただけましたし(笑)

きっとまた何かのきっかけで、剣道のほうもやる気が起きるんじゃないかなと。
だから、やる気がさしてない時に、無理することはないと…
「一生懸命やってないからこそ」
見えてくるものも…あるような気がしていたのです。


一見、何もやっていないようですが…充電期間、だったのかと。
でも、またおやまあさんとの立ち合いで、お休みしていた「やる気」に、ちょっとスイッチが入ったような…気がします(笑)


あと、仕事については、いろいろ書きたいこともあるのですが…それはまた次の話で書こうと思います。


またおやまあさんの奥様(呼び方が長いですよね…何か短縮形を考えたほうが…?(笑))とは、今回、一緒に稽古することはできなかったのですが…(まだ、奥様は防具をつけていないような状態なので)
いつか、当市の大会で対戦できたらいいな!と、ワクワクしています。

「今日は、はなずきんさんとお会いできて話せてよかったです!」
と、言っていただけて…
こんなへなちょこ剣士でも(いや、へなちょこだからこそ?(笑))稽古の場にいるだけで、同年代の初心者女性には安心感を持ってもらえるのかもしれないな…と思いました。


あと、今回、周り稽古で組んだ、1級受審前の高校生の女の子との稽古では…
高校生ですが初心者だったので、対峙した時に、なんとなくおどおどとした感じで。いつ打っていいのか迷いながら、面を打っていたようだったので、自分が剣道を始めてまだ間もない頃のことを思い出したのですよね。
そういえば、初心者を相手に稽古したのは…、なんだかひさしぶりでした。最近、自分より上手い人としかやったことがなかったので(笑)

私も、最初の頃はこんな感じだったのだろうな…。(いや、もっと下手だったかも(笑))
今だって、そんなにうまくなったわけではないですけれども…、それでも、その頃に比べたら、だいぶ上達はしたんだなと思いました。

人より歩みは遅いかもしれないけど、それでも私は、少しずつ前に進んできているのだと。そのことも、あらためて感じた…出稽古、だったのでした。
最近は、さほどやる気もなかったり、コロナのからみもあるし、出稽古に行くことはほぼ、なかったのですが…たまには、自分の会以外に行くのも…あらたな発見があっていいものですね。


私が45歳で剣道をはじめてから…7年が経ちました。
その間、いろんな方との出会いがありました。
私が、剣道をやる中で一番楽しいと感じているのは、剣道を通した人とのふれあいなのかもしれません。

またおやまあさんとの縁も…、私にとってはある意味、転機だったような気もします。
これからも、どうぞご指導と、情熱のおすそ分けを賜りますよう…
よろしくお願いいたします(笑)


本当に、本当に…、
合格、おめでとうございました!!



あっ、そういえば昨日、審査の様子がブログにアップされていました〜。
→剣道(リバ剣)と病(心臓 S-ICD)と稽古とおやじブログ (四)五段審査1



最後に、本日の一枚です。

次男が高校の授業で描いた、点描の…「吉田茂」です(笑)(ぜひ、拡大してご覧ください)授業で描かされたものとはいえ、このセンスと根気…、我が子ながら凄いと思います。(点描で絵を描いたことは、この時まで、ほとんどなかったようなんですよ…)
IMG_9998_1.JPG
次男は近代史が大好きなので、こういう題材セレクトになったんでしょうね…、(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 08:13 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきん さん


いつも ありがとうございます。

いゃぁ素敵な話ですねぇ
少し誉めすぎにも見えますが…
とはいえ読んでいて
なんとも胸が熱くなるお話…

きっと、その方にとっても
特別な日になったことでしょうね。


わたしも、その方に是非にお会いして
稽古してみたいものです。(*`艸´)ウシシ




Posted by またおやまあ at 2020年10月20日 17:25
またおやまあさん

ええ、素敵な話でしょう?
ひさしぶりに、ブログをどうしても書きたくなって夢中で書いてしまいました。

その方も、審査とはまた違った…、感慨があったのではないでしょうか。
でも残念ながら…またおやまあさんが稽古することは、絶対ないんじゃないかと…(笑)

いや、真面目な話…、(笑)
本当に迫力のある声でしたよ!
以前よりも凄みが増したように思います。

情熱はおすそ分けしてもたぶん減らないので(^^♪
どんどんいただきたいと思っています!
Posted by はなずきん at 2020年10月20日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: