2020年06月08日

母だけの剣道日誌(179)「面マスク」への反応いろいろ…。

6月4日に、全日本剣道連盟から「稽古自粛の解除及び感染防止ガイドライン制定」が発表されました。
その後、「ガイドラインに関する補足説明」も出ています。

これまで全剣連は、コロナ感染予防の観点から、「対人稽古の自粛のお願い」をしていましたが…
緊急事態宣言の解除を受けて、「感染防止ガイドライン」を守ったうえで、稽古を行っても良いという方針になったわけです。


「稽古自粛の解除及び感染防止ガイドライン制定」の内容は、とても長いのでここでは割愛しますが…
稽古前の検温や体調の把握、手洗いや消毒、などの一般的な対応から、飛沫感染防止のためにどうやって稽古をしたらいいのか…などが書かれていました。


そして剣士のみなさんが、一番関心があったと思われるのは…
「防具をつけての対人稽古の時に、どうすればいいのか」
だと思うのですが…。

全剣連が、現時点で推奨しているのは…
「面マスクの着用」「(面につける)透明シールドの着用」
なのですが…


この「面マスク」、全剣連は「手ぬぐいで自作したもの」を一例として挙げていました。
手ぬぐいを二つ折りにして、長辺にヒモを縫い付けたものです。
これを着用してから、面を装着すると、飛沫の飛散をほぼ防げるということでした。


そう…、全剣連がテストして推奨するということは、「面マスク」で飛沫防止効果はあるのでしょう。
そして、シールドを付けることによって、飛んできた飛沫も防げると…。


しかし、ほとんどの人が疑問に思ったはずです。
「これから夏なのに、これを着けて稽古ができるのか!?」
と。

これを着けて実際に稽古してないからわかりませんけど、シールドは曇りそうですし…、中に熱気がこもりそう。
面マスクも…、見るからに苦しそうじゃないですか…、(笑)
私なんて本当に暑がりなもので…、こんなの付けたら、イライラして稽古どころじゃないんじゃ…、


でも、これを装着して稽古することを前提で、もう手配している剣友会もあるようです。
ネット上でも、いろんな反響があって…、反応は人それぞれだなと思いまして。
なので、面マスクに関するいろんな方の記事を紹介してみようと思いました!

★もう一つの剣道中毒
話題の『面マスク』!同等の機能なら何でもOK?
面マスクに関するネット上の不満の声の紹介や、速乾性の素材で面マスクを作るとか、違う用途のマスクなどを使うといいのでは、などのご意見が。

★八ツ田おやじ剣道日記
どうする?面マスク
実際に面マスクの簡易版や、冷感タオルで自作されたもの、「陸上スタイル」のマスクなどを自宅で装着されて紹介しています。「陸上スタイル」はわりと涼しそうですね?

★稽古なる人生
剣道用のアイガードとフェイスガード
自作したアイガードと武道具屋さんで購入したフェイスガードを装着した様子の紹介。熱気がこもって息苦しい…という感想でした。

★おばさん☆剣道始めました☆
面マスク?
面マスクとフェイスガードをつけて稽古できる気がしない、と…。とても率直なご意見です(笑)

★人生何でも二刀流!
面 改造計画!の巻
いっそのこと、防具そのものを進化させては?という、斬新な提案です。ガッチャマンみたいな近代的な「面」がユニークです!
私は防具の構造を変えるなんて、考えもしなかったので…、目からウロコの発想でした。簡単に着脱できるのも良いですね。
これが実現するかどうかはともかく、今まで変わってこなかった部分も、これからは変えていってもいいのでは…と思いました!


ちなみに、当会の役員LINEでの反応は…
全剣連のガイドラインを読んだSZ先生が
「マスク着けての稽古が必須?」
と聞いていたのですが、SG先生は
「マスクはMUSTでしょう、もう自作しました」
という返事をしていました…。

当会は14日に役員会を行うので、それで今後どうするかを決めていくのですが…果たしてどういう意見が出ることでしょうか。
当市では特に「市剣連としてこうしてほしい」という見解を出していないようなので、同じ市内の剣友会でも対応には温度差が出てくるのではないかという気がしています。


先日、素振り会でお会いしたまたおやまあさん
「誰でも作れるような素材(手ぬぐい)で面マスクの提案をしているのが素晴らしい」
とおっしゃっていました。

F剣友会では、会でフェイスガード等をまとめて購入し、会員に着けてもらうようにしようか、という話になっていました。
個人ですでに購入した方には、その分の代金の補助をするような感じでどうかと。


で、私の意見は…ですか?

まあ、実際に装着して稽古してみてないから、なんとも言えないのですが…、
「コロナが収まるまで、対人稽古はしなくてもいいんじゃ?」
っていう、超、いい加減な…(笑)


だって「面マスク」、暑くて苦しそうなんですもん…、
「打ち込み台君」へ打ち込む程度でも…全く稽古できないよりは、いいんじゃないかと…、

すみません!コロナ休みの間に腑抜けになってしまったようです(笑)

私は三段審査が終わったばかりだから、呑気なんでしょうね…、
これから審査とか大事な試合などがある方は、「そんな悠長なこと言ってられるか!」って感じでしょうけど(^^;


でも…冬ならまだいいんですけど。
最近は本当に暑いですから、夏の間は、普通の面付けの稽古をするのだって厳しいくらいなのに。

せめて「手ぬぐい+ヒモ」じゃなくて…、もっと涼しくて通気性のある素材で、ずれないような…、そんなものがあればいいんですけどね。
でも私は無精なので「手作りしてみよう」という気も起きていません…、(笑)やる気のある防具屋さんとか、「これを使ったらよかった!」というような皆様の情報に、期待したいです…、


最後に、本日の一枚です。

本日の我が家の夕ご飯「竜田揚げ」です。
なんだか美味しそうに撮れたので(笑)
IMG_9454_1.JPG
長男のリクエストで作ったのですが、子供たちに好評でした〜。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:35 | Comment(7) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見しました。
コロナ収束まで対人稽古なし、というのは一つの手だと思います!

ただ小学生のことを考えると、ワタシのところは7月稽古再開予定なので、すでに新学期から3ヶ月がぶっ飛んでいて、高学年から始めて面をつけ始めたばかりの子にとっては、残り少ない小学校生活の四半期はとてつもなく大きいものなんじゃないかと考えてしまいます。

全剣連からも「段階的に」と言っている通り、解除!さあ対人稽古!というわけにもいきませんから、焦る気持ちを抑えつつアレコレ考えています。
Posted by 八ツ田おやじ at 2020年06月09日 08:07
面タオル&シールドはめちゃくちゃ暑そうですね^^;ただでさえ暑い時期だから、同じ強度の稽古はまず無理でしょうね。稽古はしたいけど剣道は高齢者の先生も多いからその辺も心配だし、ほんと判断が難しいなあと感じています。
Posted by nico at 2020年06月09日 12:31
コメントありがとうございます!

八ツ田おやじさま>
確かに剣道を始めたばかりの高学年の子にとっては…、この半年のブランクは大きいかもしれませんね…。当会の子供は小学1年3名、中学2年2名しかいないので…、そこまで考えていませんでしたが(^^;
そうは言っても、元のように普通に稽古、というわけにもいかないのが難しいところですが。
でも、剣道は柔道みたいな、直接接触系対人競技でないだけ、まだいいのかもしれません…。柔道なんて飛沫を気にしたら、ほぼ稽古できなさそうですよね。

nicoさま>
そう、剣道は高齢者の先生が多いのですよね…、
当会も大人のメイン指導者は70歳の先生なので、当面は、直接対人稽古をする指導は控えていただいたほうがいいんじゃないかと感じています…。でも、先生の性格上、こっそりやりかねないという気もしますが…、(笑)
Posted by はなずきん at 2020年06月09日 16:06
登場させていただきありがとうございます!

はなずきんさん、甘いです。
剣道は面を着けてなんぼです。

とかなんとか偉そうな事を言って、僕は基本稽古が嫌いなだけです(笑)

面そのものの作りを変えるのはすぐには難しいですが、面の中はただでさえ暑い…
あれを伝統するにも、限界があるようにも思います。

早川健、分かってくれる方がいて良かったです!
ギターも茶色にしちゃったし、馬にも乗ってませんし、顔も似せられませんが、雰囲気押しで正解でした(笑)

僕も怪傑ズバットは大好きで、フィギュアをどこでも持っていっていたのを覚えています。
内容は…幼すぎて覚えてなかったりしますが(^^;

チッチッチ…は、いま見るとお笑い以外何物でもないですね(笑)

Posted by ピーマン肉詰め隊 at 2020年06月09日 16:34
ピーマン肉詰め隊さま

すみません私、コロナの間にすっかり緩くなってまして(笑)
まあ、確かに面を付けて立ち会うことこそ剣道なんですけどね〜。
でも、私は基本稽古もけっこう好きなんです(笑)

でも今回のことで、防具そのものの見直し…みたいなものも進むといいのですけどね。
温暖化が進んでることもありますからね…。

「快傑ズバット」は、私にとってわりと因縁のある作品で…、
リアルタイムでは全く見ていなかったのですが、高校の時に付き合っていた彼氏が好きだったりとか…ダンナもそうですし…(オタクな彼氏しかいなかったんですね!(笑))
私は、快傑ズバットを初めて見たのは高校生の時ですから、突っ込みどころ満載すぎて大笑いしながら見ていたのですが、それでも早川健はカッコイイと思っています(笑)
Posted by はなずきん at 2020年06月10日 10:37
初めまして、です。
ウチの会長とまったく同じことを仰っていたので、思わずプッと吹き出しコメントしたくなりました。
皆さんそれぞれ事情があると思いますので、何が正解かは分かりませんが、
新型コロナのワクチン、治療薬などができれば、マスクをつけなくても稽古できる日がくると思います。
それまで「待つ」も一つの手ですね!
Posted by Rush at 2020年06月11日 13:16
Rushさま

はじめまして、コメントありがとうございます!
Rushさんの会長さんと全く同じこと、書いてたんですね(笑)

ひとくちに剣道をやっている人といっても、そこに人生をかけている人もいれば、健康体操程度のつもりでやっている人まで…老人も大人も学生も子供も…いろいろいますしね。
どういう対応がいいか、はなかなか難しいですよね。
私の剣友会の中でもいろいろ意見がありそうな気がしています。
私は下っ端ですから、基本的には上の先生の方針に従うことになりそうですが…、(笑)

当会の方針が決まったらまた書きたいと思っています。
Rushさんの会もどういう方針になったか、また教えていただけましたら幸いです♪
Posted by はなずきん at 2020年06月11日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: