2019年11月02日

母だけの剣道日誌(126)人の情けが、身に沁みます。

まずは、本日の一枚です。

昨日朝7:00頃 西湖・樹海カメラからの一枚です。
西湖の上に虹のようなものが映っています。
IMG_8274_1.JPG
富士山と虹の取り合わせ…どちらもラッキーでいい感じですね♪
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

さて、本題です!

先日、水曜日の稽古では…、例のごとく、子供時間は形稽古で終わってしまいました。
この日形をやったのは、11月に初段を受けるSNちゃんからのリクエストだったのですが、私としては、子供時間に基本稽古もやりたいんですけどねえ…。

そして、大人稽古の時間となりました。
この日は審査前のわりに珍しく、大人もすごく少なくて…、当会の人も合わせても7人しかいませんでした。月末でしたから、みなさん仕事がお忙しくて来なかったのでしょうか。

この日は、SWさんは仕事の関係でお休みだったのですが…ちょうど最初にSG先生が空いていたので、相手をしていただきました。

SG先生と切り返しをしてから、私の今の一番の課題である「小さい面」の練習をさせていただきました。
また、SG先生いわく、三段くらいになってくると、普通の小手面はなかなか入りづらいので、下からの小手面も練習したほうがいいということで…
「面→面→下から小手面→下から小手面」
を連続で打つ、というのもやりました。

そんな感じでSG先生と一通り稽古をしてみたものの…、自分では、小さい面がちゃんとできているかどうかがよくわからなかったので…、
ふたたび、録画をしてみることにしました。


その時は全員、立ち合いをしている最中だったので…、誰に相手していただこうかな?と思って待っていたら、ちょうど一組の立ち合いが終わり、その時に空いたHDさんが「やりましょう」と声をかけてくださいました。

六段錬士のHDさんは、ツワモノ揃い、男性ばかりの…当市内の「T剣友会」の方です。
七段審査を何度か受けていて、残念ながら何度か不合格だったようですが…、いつも、とても熱心に稽古をされています。

当会の自由稽古には、だいぶ前から頻繁にいらしていますが、私が稽古をつけていただいたのは、つい最近の1回しかなかったような気がします。
でも、HDさんは以前から私のことを気にしてくださっているようで、だいぶ前にですが「いつもがんばってますね!」って言われたこともあった気がしますし(その当時は誰だかよくわかっていませんでしたが、たぶんHDさんだったのでしょう)、ちらっとお話をすることは何度かありました。

今回は、最初は普通に地稽古をしていたのですが…、途中から、私の面打ちでできていない所を教えてもらい、直してやり直す、みたいな個人レッスンのような形になりました。
私が、指摘されたのは…

「手を引き付けて打ってしまっている」←やっぱりどうしても出てしまうんですね、この癖…、
「手元が先に上がっているので小手を打たれやすくなっている」
「一拍子の打ちではない」
「右足が上に上がりすぎている」
「面を打った後に頭が下を向いてしまう」→「それを直そうとしたらちょっと後傾気味になって、体が戻るようになってしまった」→「若干前傾気味にしたほうがいいが、あごを引いて前を向くようにするように」
「面を打った後、左手が上に上がりすぎて、竹刀が寝てしまっている。
左手の親指をぎゅっと中に入れ込むイメージで、もう少し竹刀を立てるようにしたほうがいい」

など、私の姿勢を実際に直していただいたりと、だいぶ丁寧に教えていただけました。
その動画をさっき、見直してみましたが…、最後のほうは、指摘された部分はそれなりにできていた気がします。

あと自分で動画を見て感じたこともあって
「なんとなく動きが遅い」形を気にしすぎるあまりゆっくりになってるのかも?
「手首の動きが硬い」つまり、手の内が効いてない?
「右足を出すのが遅い時がある」手のほうに意識が行き過ぎている時は、うまく体重移動ができていないのかも。


要するに、どこかに気がいくと他がおろそかになりがちなのですね。
つまり、考えなくても動けるようになるくらい、たくさんやらなければならないのでしょうけど…。
私は大きい面の時はそこそこできている気がするのですが、小さい面は…、ほんと難しいです(^^;

しかし、他の会の方なのに、とても親身に教えていただいて…、HDさんって、いい人だな〜と思いました。


HDさんとの立ち合いが終わって、今度は「アスリート」HSさんにお相手していただけました。
これも、最初は地稽古だったのですが、やっぱり途中から「小さい面」の打ち方レッスンになりまして(^^;
やっぱり、手を引き付けてしまっている時があるようです。
相当、何度も打たせていただきましたね…。

それで、大人稽古の時間は終わりとなりました。


審査前だからなのでしょうか、最近、いろんな人が積極的に私に教えてくれようとしている気がします。
みなさんのその気持ちが、とてもありがたいと思いました…。


そして、稽古終了後のモップかけは、またダッシュで!やりました。
「アスリート」HSさんも、ダッシュでモップ掛けしていました(笑)

モップがけ後、ごみを集める時にHSさんと話をしていたのですが…、
HSさんは、当市で毎年行われているロードレースの大会にいつも出ているのと聞いていたので、その話を詳しく聞いたのです。大会は毎年3月にあって、10キロと5キロコースがあるとのこと。

それを聞いてて…、私、5キロなら走ることができるんじゃないか?と思ったのですよね。
全くの平地なら5キロは走れると思うのですが、ちょっとアップダウンのあるコースらしいのが、ビミョーかなと思いましたが…。

私は、マラソン大会のようなものに、大人になってから出たことは、1回もありません。高校行事でマラソン大会をやったのが最後じゃないかな…。
剣道を始めてからランニングはよくやっているとはいえ、ふだんは1キロちょっとしか走っていませんし、たまに足を延ばした時でも2キロくらいなのですが。

でも…、このロードレースは、制限時間(70分)内に完走すればいいのですから、5キロくらいならいける気がするのです。
つまり1キロを14分で走ればいいんですから…、それ、ふだん私が歩いている速度くらいですよ(笑)。

でもいちおう、三段審査が終わったら、ロードレースと同じところを走ってみて…走れそうならエントリーしてみようかな…、とか考え始めてしまいました(笑)

しかし、自分がこんなに体を動かすのが好きになるとは…、思っていませんでした(笑)
山もしばらく登ってないので、来週あたりに行ってきたいところです!


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 09:12 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: