2019年11月01日

母だけの剣道日誌(125)何か新しいことを覚える、人に教える、ということについて。

まずは、本日の一枚です。

だいぶ前のですが、今年の5/7に、富士山ライブカメラの河口湖撮影分から私が保存していたものです。
とても綺麗な逆さ富士でした(*^^*)
IMG_6463.PNG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。


さて、本題です!

私が先日から、ロシア国歌を覚えている話は何度かにわたって書いていますが…
@歌いたいブームらしいです。
A歌いたいブームらしいです。の、つづき。ロシア国歌動画いろいろ。
Bロシア語、ビミョーに話せるようになったかも…?

私は家事をしながら、やや適当に歌っている時が多いです。
まだ、細かい発音はよくわかっていません。

ロシア語は、日本人からすると、区別のつきにくい、似たような音がいくつもあるのですが…
長男は、私がそこを区別しないで歌っているのが気になるようで。
数日前に「なんでちゃんと文字を覚えて、発音しないの?」と、突っ込まれました。

でも…、私はやっと、ロシア国歌だけの歌詞を覚えたという程度です。キリル文字の発音は、まだ正確に覚えていないのですが、キリル文字の一覧も印刷して、たまに確認していました。印刷したものがいっぱい増えたので、ファイルを作って入れたところです。
そして最近は、時間がある時はキリル文字を見ながら歌うようにしていたので、少しずつ覚えてきてはいました。
まだ発音は不正確なのでしょうけど、それでも、歌えるようになったから私は楽しかったのです。


そして、私が新しく「攻殻機動隊」の歌を、カタカナを見ながら下手に歌っていたらですね…、

長男は「新しい歌を覚えるなら、まず、キリル文字を覚えてよ」と、強固に主張するのです。
いや、長男の言いたいことは、理屈ではわかりますよ。
英語と違って、ロシア語はほぼ文字通り発音するのですから、そりゃまあ文字を覚えるのに越したことはないのでしょうけど。でも、キリル文字はほぼ文字通りに読むとはいえ、変則的な読み方もあるので、私はまだカタカナを見ないとわからないのです。


私は、これからロシア語を覚えたいとか、ロシア人としゃべりたいとか思ってやっているわけではないし…、今はただ、歌を歌いたいだけなのです。
3週間、ロシア語の歌を聞いて、やっと耳が慣れて、日本語にはないような細かい発音が聞き取れるようになってきたところで…まだ、口の形もロシア語の発音通りには動かないので、そのあたりは適当に歌っていました。


そのことを巡って、長男と言い合いになりました。
私は
「いいじゃん、最初は適当でも。覚えてきたら細かいところを直そうと思ってるんだから」
と言っても…
「もう、そこまで覚えたなら、カタカナ見て歌ってるんじゃダメだよ。先に文字を覚えて、発音を覚えてからやるべきだ」
と主張する長男。

言い合いをしながら…、ああ、この会話…、何かに似てる、と思ったのです。


そう、私が剣道を習い始める前に、子供と一緒に素振りをやっていたころの…
私と主人の喧嘩の内容にそっくりだと思いました。

今思えば相当、下手でしたけど、それでも楽しくて夢中で素振りをやっていた私に…、
剣道の経験者であった主人は
「お前はまだ全然素振りが上手にできてないのに、それでいいと思ってるのか」
と、言ってきたのです。

もちろん、その時点でちゃんとできてるなんて、私は思ってなかったですけど…、
憧れだった剣道っぽいことを自分がやっているのが、そして上達に向かって努力をしているのが、楽しかったのです。


その「楽しさ」があるからこそ…、
私は下手でも6年も剣道を続けてきて、いちおう二段も取って、少なくとも前よりはマシになっているのですから…
「最初にきちんとできているかどうか」
は、さして重要ではない、と私は思うのです。


長男にそう言ったら
「俺も、後から自分でそう(お父さんの言うことに似ていると)思ったよ」
と言っていました(笑)


もちろん、ちゃんとこれから何かを習得しよう、と思っていることであれば…、きちんと基礎からやるべきでしょう。
剣道であれば、礼法から、すり足や、防具をつけないでの素振り、などからまずやらなければなりません。
剣道を学びたいという意思を持ってやり始めた大人だったら、地道な努力でも我慢してやるでしょうけど…

剣道が好きかどうかもまだわからないような子供が、最初に体験に来た時に
「こぶしを額の上に持ってきて、45度の角度で竹刀を振り上げて」
なんてところを、何度も注意したりはしませんよね。

もちろん、竹刀の握り方や構えは最初に教えるでしょうけれども、最初はなかなかできないですよね。
でも「できていないところ」を最初に指摘するよりも…、まずは竹刀を振らせて、叩かせて。
「なんか剣道って楽しいかも」
と思わせてからはじめて…、どういう構えがいいのかとか、竹刀操作を教えたほうが、やる気になると思うのですよ。


で、ロシア語の話に戻りますけど。

私はほぼ「ゼロ」の状態からはじめて…、やっと、ロシア国歌が(微妙に発音が違うにせよ)歌えるようになっただけで、キリル文字も、まだ半分くらいしか覚えてないです。
でもまだ、国歌を歌いはじめてたったの3週間ですよ。
しかも私は、ロシア語を話したいとか習得したいとか思っているわけではないのですから。

途中で長男にキリル文字の読み方を教わっていたとはいえ、あとはほぼ独学です。
他の家族は、ロシア語会話みたいなのは少し覚えていますが、誰もキリル文字は覚えていないですよ。

私はただ歌いたいだけだったので、長男がキリル文字を覚えろ、なんて言わなければ、全くやらなかったと思うのですが…
それなのに、ここまでやろうとしているのは、むしろ褒めてほしいくらいなんですけど(^^;


これが楽しかったら調子に乗って、ロシア語をちゃんと覚えてみようとか思うかもしれないじゃないですか。
今の時点では、そうなるのかならないのかもよくわかりませんけど。


長男には
「私だったらこのくらいはできるだろう、やってくれるだろう」
という期待値があったのでしょうね。
だから、そこまで要求してくるのでしょうけど。

むしろ私は、外国語は苦手なほうなんですよ…、
大学で、第二外国語で取ったドイツ語もろくにできてませんでした(^^;


私は、国語なら得意なんですけどね。国語は、文法なんて覚えなくてもできるから。
私は小さい頃に、とてもたくさんの本を読んだので、
「この文章は合っているか合っていないか」「この文章は何を表現したいのか」
というのは理屈ではなくて感覚でわかるのです。
漢字も好きだったから、覚えるのは全く苦ではありませんでした。

でもそれは、私には最初からそういう能力がある程度あったのでしょうし、本を読むのが好きだったから自然に習得できたことです。
運動が得意な人が、ちょっと教わっただけでも上手く体を動かせるのと似ているかもしれませんね。

外国語ならなんでも大好きな長男からすると、私が外国語が苦手なのを「なんで?」って思うのでしょうけど…、
(でも長男も、英語は最近まで好きじゃなかったんですよ!英語はロシア語をやるのにもどうしても必要だということがわかってから、やる気になったようですけど…。)
人には、向き不向きがありますからね…、(^^;


長男はその後…
「俺が言ったことは悪かった」
と、謝ってきました。
「そういえば、俺もキリル文字を覚えるのに1年くらいかかってたかも」

そうでしょう、そんなものでしょう?
自分がある程度習得してから、できていない人を見ると、
「ここまでやってほしいのに」
と思うかもしれませんけど…

まだ「やり始めた事が楽しい」というさなかの人に、そこまで要求してはいけないと思うのです。
それはむしろ、やる気をそいでしまうから。


もちろん、やる気になっている人、ある程度の習得をした人には、時には厳しい指摘も必要でしょう。
でもそのさじ加減は…、なかなか難しいですよね。特に、子供が相手の時は。
ということをいろいろ考えてしまったのは、自分もこれから子供に剣道を教える立場になるかもしれない、と思っているからなのですが…、


剣道については、自分も教える立場になったりもするでしょうし、私自身も上達したいですから、いろんなことをきちんと身に着けていかなくてはならないと思っているのですが…


でも、ロシア語については…、「好きにやらせてほしい」と、思いました。
現時点では「ただ歌いたいだけ」ですし。

でもあらためて、キリル語の発音を確認してみました。すぐには覚えられない気はしますけど。
ある程度のアドバイスは、聞くつもりですけどね…、
下手でもとりあえず、歌わせてほしいですよ?(笑)


しかし…、今回のことで、人に何かを教える、覚えさせるって、難しいなあと思いました。

特に子供相手の時は、ただ理屈を教えるだけでなく「やる気にさせなければ」いけないわけですから。そして、「適切な時に適切な内容を教え」なければ、上手く吸収してもらえなかったりもしますし…
そして、人としてまず好きになってもらわなければいけない、というところまで含みますし(^^;

ほんとに、私に指導者なんてできるのかな?(^^;
でも…、自信はないけど、やるべきなのかなとも思っています。

50歳過ぎて、子育ても半ばになっても、まだまだ…、学ぶことって多いですよね…。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 06:15 | Comment(4) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
攻殻機動隊大好きです。
Posted by 五十五 at 2019年11月02日 20:13
五十五さん

攻殻機動隊、好きなのは、漫画ですか、アニメですか?両方?

攻殻機動隊は主人が好きなので、歌をよく聞かされていたのですけど…主人はもともと原作ファンで、テレビアニメのほうはそんなに見てなくて、曲が好きなだけらしいです。

私は映画の「イノセンス」はすごく好きなのですが、それ以外はさほど詳しくありません(^^;
(一般の人よりはだいぶ知ってるとは思いますが…)

しかし、まさか、五十五さんから攻殻機動隊の話が来るとは思っていませんでした(笑)
Posted by はなずきん at 2019年11月02日 22:04
アニメですわー。
一通り全部みました。

ロシア語のあの歌を歌った歌手は亡くなったんですよね。

もとこーー!!
大好きだーー!!
Posted by 五十五 at 2019年11月03日 18:44
五十五さん

攻殻機動隊はアニメがお好きなんですね。
そして、素子さんがお好きなんですね(笑)

彼女も、戦う女ですからね…、私もそういう意味では好きですね。

私、イノセンスの「素子登場」のシーンには、相当ぐっと来ました。
姿はあんなんでしたけど(笑)

あの歌を歌っていたのはロシア人の「Origa」さんですね。
素晴らしい歌唱力の人だったのに…、若くして亡くなられて非常に残念でした。
あの曲、ロシア語部分がカッコいいので、ぜひとも全部歌えるようになりたいですが、まだ、覚えきれていません(^^;
(私が歌っても、ちっともかっこよくはないのですが…(笑))
Posted by はなずきん at 2019年11月04日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: