2019年10月26日

母だけの剣道日誌(121)10/23の水曜稽古(後編)「小さい面」で悩んでいます。

母だけの剣道日誌(120)10/23の水曜稽古(前編)ねんりんピックとASKAさんの話が出ました。 より、続いています。

さて、話は当会の稽古に戻りまして…。
子供稽古は、準備体操と素振りのあと、面付けの稽古をしました。

大人のほうは、大人の5人だけで回っていたのですけど…
途中から来た大人担当のN先生が、その後ろでずーーっと私を見ていてくださってですね…、
(三段審査が近いので、このままじゃイカンと思って見ていただいているのでしょうね…)

子供担当のSZ先生は、小さい面の打ち方として「刺し面」的な小さいものを教えています。N先生も基本的には同じやり方で教えているのですが、
私は打ちが弱いので、N先生から
「少し左こぶしを上げてから、面の上から竹刀の先を落とすように打つように」
と、ちょっと前から言われていたのです。


でも、私はその「左こぶしを少し上げる」小さい面を練習する機会がなくて、やり方をあまりよく理解できてないのと…とっさの時にはいつもやっている「差し面」的な打ち方をする癖がついていて(^^;
この日は、何度もN先生につかまって注意されたり、後ろから檄を飛ばされていました。
相面を打つ稽古の時も、「重心が前にかかってないので、すぐ出られてない」と注意されました。

小さい面の打ち方については、それぞれ別の先生に3種類のやり方を教わっていて…、
私はどれにするべきか悩んでいました。

その後の大人の自由稽古の時間に、SWさんと一緒に基本稽古をしたときに、N先生に言われた通りの小さい面をやってみようとしましたが、どうも今ひとつコツがつかめなかったのです。


そして、この日はN先生に
「小さい面の打ち方が、どっちつかずになっているから、僕のやり方ではなくてもいいから、どれかにしないと」
と、言われてしまいました。

と、言いながらも…、「左手を押して打つようなやり方はよくない」とも言っていて。
「TS会ではそのように習っているんですけど」と言ったら
「だったらそんなやり方をする会じゃなくて、別の会に行ったほうがいいな」
とか、言われてしまいました…

つまるところ、やっぱりN先生のやり方でやってほしいってことなんですよね?(^^;

とはいえ、そのやり方を練習する機会が、今までなかったのですよね…。
水曜日の稽古終了後にSZ先生に
「N先生に左こぶしを上げて打てって言われているんですが」
と相談したら、SZ先生が私と一緒にN先生からやり方を聞いてくれたので、これからは子供時間にも、そのやり方で練習させてもらおうと思っています。


また、この日の稽古で、またおやまあさんからは、
「小手面を打つ時に、右足を踏み込む場所が右のほうに寄っているので、相手の足の間くらいの位置に踏み込んだほうがいい」
と教えていただきました。



私はこの日の大人の自由稽古の時間に、ひさしぶりに自分の稽古動画を撮りました。
自分の小さい面の打ち方の、何がいけないのかよくわかっていないので、撮って自分で見ないことには話にならないと思ったのです。

SWさんとやった基本稽古の時の、小さい面打ちを見てみると…
確かに、打ちが弱いし、物打ちが面布団ではなく面金付近に当たっています。
N先生に言われている通り、もう少し上に竹刀を上げて、落としたほうがいいのかもしれません。それを意識してやっていたので、何度かに一回はそんな感じで打ててはいたのですが…、もうちょっと練習しないといけませんね。

面を打つ時の姿勢は、前よりまっすぐになっている気がしました。
むしろ、SWさんのほうが前傾気味なのですが…、それでも、ちゃんと打ててるんですよね…。

また、SWさんと相面状態の時に、私のほうが打ち遅れることが多いのですが…
動画をスロー再生して研究したら、私が竹刀を上に振り上げすぎて遅れていたり、あるいは下のほうを狙いすぎてうまく当てられなかったりしていることが多いようでした。

最後にSG先生とした地稽古の時にはだいぶ意識していたので、SWさんとやっている時よりは小さい面がうまくできていましたが。

あと私は、小手打ちの時に、視線が下がってしまっていて、打った後の体が前傾しています〜。
もっと上体を起こした状態で、打ち切らないといけないですね(^^;


でも、動画を見たときに、以前ほど「見るからに下手くそ」ではないのだけは、ちょっと救われました…、(笑)

前は見ていると恥ずかしくて、自分の動画を見るのが苦痛でしたから(^^;
今も上手くはないのですが、まあまあ、剣道には見えます(笑)


そして、大人の自由稽古の時間には、先週もいらしていた、K会の元自衛官の「STさん」がまたいらしていました。
先週は地稽古をしたときに、打たれっぱなしでしたが…今週は私からもちょっと打てていたようです。
STさんは自分の稽古動画を見たことがないので、録画したものを欲しいと言われまして、あとでLINEでお送りしました。STさんは暇なのでまた来ます、とおっしゃっていました(笑)


そして昨日は、整骨院の先生にSWさんと稽古した時の動画を見てもらいました。
それで言われたのは、小さい面を打つ時の、上半身と下半身の動きがうまく連動していないということでした。腕で打つほうに意識が行ってしまって、重心移動がうまくできていないようだと。
それを直すためには、胸を張って、胸から出るようなイメージにすると、自然に足が出てうまく重心移動ができる、と。

あとは、少し肩が丸まっているけれど、私の姿勢は全体的には悪くなくて、打ち方にもそんなに問題はないので、胸を張ることと、重心移動に気を付けてみてください、ということでした。


私の最大の課題である「小さい面」、三段審査までにもうちょっと改善したいです!


最後に、本日の一枚です。

10/23 9:30 初冠雪の翌日の、忍野八海からのベストショットです。
忍野八海からの富士山は、形のバランスが取れていて美しいのですよね♪(どこから見ても富士山は素敵なんですけどね!(笑))
IMG_8241.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 06:22 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: