2019年10月22日

母だけの剣道日誌(118)剣道でつながる、親戚の縁。

まずは、本日の一枚です。

引き続き、母の誕生祝いでの写真です。母のデザートを、お祝い用に盛り付けてくれました。
IMG_8196_1.JPG
この店で使っている器は、センスがいいものばかりなんですよね。
ロビーなどには魯山人の器とか美人画とか飾ってあって…、ここのオーナーの文化人っぷりが伺えました。

さて、本題です!

私の母は、熊本出身なのですが…母と仲が良かった従妹の「HKさん」が結婚した相手は、剣道の先生でした。
剣道の先生といっても、本業は自営の薬局で、ボランティアで少年剣道を教えていた方なのですが。

その剣道の先生は、もう亡くなってしまいましたが…HKさんのほうはご健在で、現在は老人ホームに入っているそうです。

先日、福岡に住んでいるHKさんの娘さんが、私の家の近くの老人ホームにいる、母のところに遊びに来てくれたのです。
その娘さんは60代で「MHさん」と、言います。
MHさんは、小学校の時からお父さんに剣道を教わり、大学生まで剣道をやって、四段を取っています。その後も子育てなどで何度かのブランクを経ながら、少年剣道の指導にずっと携わってきたそうです。

そして、MHさんが大学時代から付き合っていたご主人は、高校の教師で…、九州の剣道強豪高校の、剣道部の顧問だったそうです。
今回、MHさんと一緒に母のところに来てくださっていて、私は初めてお会いしたのですが。ご主人は顧問になった時に40代で初めて剣道を習い、二段まで取得されたそうです。強豪校ですから、顧問の仕事は相当、大変だったそうですよ…。


私が小さい頃はMHさんは熊本にいたので、会うことはめったになかったのですが…
私が結婚するまで、年賀状のやりとりはずっと続いていました。私がもらった年賀状に、剣道の防具を着けているMHさんとお姉さんのイラストが描いてあったのを、よく覚えています。女の子で剣道をやっているなんて、すごいな、カッコいいな〜、と思っていました。

私の母と、母の従妹のHKさんは、年齢は2歳違い(母が上)で家が近くて、小さい頃からよく遊んでいたそうです。
母たちは、戦時中も、もちろん大変だったようですが…
戦後にお互い、家のことですごく大変な時期があったそうなのです。そのときに、ふたりで慰めあって、励ましあって過ごしてきたのだとか。
だから、HKさんは母のことをすごく大事に思ってくれていて、娘であるMHさんにも
「〇〇さん(私の母)には、足を向けて寝たらダメ」
とよく言っていたのだそうです。

私の母はその頃、寝たきりの自分のお母さん(私にとっては祖母ですね)の看病をつきっきりでしていたそうです。
しかしそのお母さんが亡くなったので、東京に出てきたのだとか。

母はしばらく独身でしたが、37歳の時に職場で知り合った私の父と結婚しました。結婚後、東京と千葉で暮らし、私が生まれてからは今の実家の場所である、葛飾区に住んでいたのです。私は28歳で結婚するまで、ずっと葛飾の実家にいました。

その間…、自営で薬局をやっていたHKさんからは、よく小包が送られてきていました。
中身は、たくさんの薬だったり…(笑)、熊本の食べ物だったり、とにかく盛りだくさんの内容でした。
だから実家には、買わなくてもいいくらい、たくさんの薬がいつもあったのです(笑)。

MHさんに聞いたところによると、HKさんは店に買い物に来る人にもいろんなものをあげていたのだとか。
自分がもうけてもしょうがない、人に喜んでもらいたい、という方なのだそうです。



私は結婚後は、HK家の方とは直接、連絡は取っていなかったのですが…
6年前に私の父が亡くなった時、葬儀にMHさんが参列してくださって、ひさしぶりの再会をしました。
この時、次男は地元の剣友会で剣道を習っていたので、その話をしたような気がします。(よく覚えていないのですが)
そしてたしか…、この時に、メールアドレスを交換したのです。

父は3月に亡くなったのですが、その直後の4月に、次男は警察剣道に移り…、私もその秋から剣道を始めました。なので、メールでそのことを書いたと思います。

その後はときどき、メールやLINEでお互いの近況や、母の様子、そして剣道の話をしていました。
MHさんも、とても剣道が好きな方なので…、私もいろいろと話せて、楽しかったのです。


MHさんは長いこと少年剣道の指導をしてきたのですが、今現在は膝の調子が悪く、ちょっと剣道から遠ざかっているそうです。でも、また再開したいと言っていました。


私の母の父は戦前にガンで亡くなり、母の母は病気で戦後まもなく亡くなり…
母は7人兄弟の末っ子なのですが、母の兄弟はすべて、だいぶ前に亡くなってしまいました。だからもう、熊本には母の直系の親族は、ほとんどいないのです。

母の従妹であるHKさんは、熊本に住んでいて健在な方では、ほぼ唯一と言っていい親族なのです。
HKさんと母が親しかった、ということもあるのですが…、私とMHさんが連絡を取ることが多いのは、「剣道」という共通項があるからなのかもしれません。


ところで…、歌手のASKAさんが10月20日に行われた、東京都北区の剣道大会の一般男子60歳以上の部で優勝したのだそうですが…
ASKA 剣道大会で優勝! 本名で参加、鮮やか四段の剣さばき

その話を、私が最初に聞いたのはMHさんからでした。
というのも、子供の頃のASKAさんに剣道を教えた方が、MHさんの先生のお知り合いなのだそうです。

ここで、ASKAさんのことを書こうと思って調べていたら…、
思ったよりボリュームのある内容になってしまったので、それは次回の話で書こうと思います。


私とMHさんとは、剣道の話でいろいろとつながっています。
ちょっと前にMHさんに紹介されて読んだ「宮本武蔵は、なぜ強かったのか?」という本も、なかなか興味深い内容でした。

一般的な武蔵のイメージと、実際の武蔵は全然違うのではないか、武蔵の強さは、体がゆるみきっているところから来ているのではないか…、というような話でした。
宮本武蔵は、なぜ強かったのか? 『五輪書』に隠された究極の奥義「水」
宮本武蔵は、なぜ強かったのか? 『五輪書』に隠された究極の奥義「水」

MHさんは、また東京の娘さんのところに来ることがあるので、その時は、私の稽古を見せてほしいと、言っていました。
私は下手なんで、稽古を見られるのは恥ずかしいんですけど…、(笑)
それでも、剣道でこういう交流があるのは嬉しいことなんですよね。

私は、剣道をやっていることで、本当にいろんな縁とつながっているんだなあ…、と、感じています。
年齢も立場も性別も、住んでいる場所も違う人たちが、「剣道」という共通項でつながれるのが、剣道のいいところ、なのですよね。


しかし、私の生活と剣道が、ここまで深く関わってくることになるとは、思っていませんでした…。
実は、長男の大学受験についても、私の剣道関係の縁がらみの話があったりするのです。それはまた、長男の話の時に書きますね。


次回は、ASKAさんと剣道の話について書きたいと思います!

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:48 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: