2019年10月21日

母だけの剣道日誌(117)YB先生の試合動画を見て。

まずは、本日の一枚です。

引き続き、母の誕生祝いの店で撮ったものです。
IMG_8192_1.JPG
いい生け花がたくさん飾ってあったのですが、生け花の写真は空間を表現するのが難しいと思いました…。

さて、本題です!

母だけの剣道日誌(107)秋の市民大会、点描(その8)打ち上げにて。 で、書いたことですが…

先日の秋の市民大会の打ち上げで、「理想の上司」ENさんに、TS会に入ったきっかけを聞いたのですが…
その話を再度ここに引用したいと思います。
TS会のYB先生は、現在は多摩市の大会には出ていないのですが…数年前は、試合に出ていたそうです。
その時に、YB先生は中段で戦っていたそうなのですが…先に一本取られてしまい、反撃に出ようというその時に、突然YB先生は、上段を取ったのだそうです。それで二本取り返して、勝ったのだとか。
(飲みの席で聞いた話なので、おぼろげなのですが…詳細が違ったらすみません)

それを見たENさんは
「すごい、カッコいい!」
と憧れて、YB先生の教えている会に行きたいと直接話して、行くようになったのだとか。
ENさんが上段を取りたいと思ったのも、それがきっかけだったようです。

中段から、突然上段を取って逆転して勝つ…、ドラマチックな試合展開ですよね…、それは確かに、カッコいいですよ〜!

でもその時はENさんは二段だったので、四段を取れるまで待っていたそうですよ。
当会のN先生は「中段もできてないのに上段なんて…」という考えなので、二段程度でやるわけにはいかないと思ったのでしょう。
そうやって今、憧れを叶えてがんばっているENさんも、カッコいいですよね。

ENさんはその時の試合動画をまだ取ってあるそうなので、今度見せてください、と言ったら、DVDに焼いてくれると言っていました。DVDを見たら、またその感想を書きたいと思います♪

というわけで…、やっと借りられたのです、そのDVDを。

稽古から家に帰って、わくわくしながらDVDをパソコンに入れました…、

YB先生と、YDさんという方の試合でした。
「正面に礼」から始まったので、すぐにこれは決勝戦だとわかりましたが…。

調べてみたら、これは2013年の秋の市民大会の、四段以上若手の部の決勝戦だったようです。
市剣連のページには過去の試合結果も載っているのですが、この部のトーナメント出場者は33名(欠席5名含む)でした。

2013年といえば、私と子供たちが、警察で剣道を始めた年で、まだ基本コースにいた頃です。もちろん私も子供も試合など出られなかったので、この大会は、私は子供たちと一緒に見学に行っていました。私が剣道の大会を見たのは、これが初めてでした。
母と子の剣道日誌(21)市の剣道大会を見てきました
その時は、子供が飽きてきてしまったこともあり、午前中の子供の部しか見なくて、成人の部は見ないで帰ってしまいました。
私はまだ全然剣道のことがわかっていない時でしたから、もし見ていたとしても何がすごいのか、わからなかったでしょうけどね(笑)。

私がその会場にいた時に、すれ違っていたであろうYB先生や当会の人たちと、今一緒に剣道をしているわけで…、
その時はまさか当会に移ってくるなんて考えてもいなかったし、ましてTS会に毎週のように行くことになるなんて、全く想像の範疇外ですが。人の縁って…面白いですよね。


さて、いよいよ試合の内容ですが。
(成人男性の試合は、3分間となっています。)

試合がはじまってしばらくは…お互い、何度か惜しい打突はありましたが、入らず。ほぼ互角に戦っているように見えます。
そして、1分30秒くらいの頃…、(おそらく)面を打とうとして一瞬居着いたYB先生に対して、相手がすかさず面を打ち、それが一本となります。

そして試合を再開して、30秒が経過した頃…、
それまで中段を取っていたYB先生は…、突然、上段を取ります!


それにびっくりして、思い切り下がってしまう相手と、すかさず追い込むYB先生。
明らかに動揺している相手は、とっさに三所避けのような構えを取ったものの…左小手につけるような構えに戻した時に、手元が浮いてしまい、そこに、YB先生がさっと中段に戻してから打った小手が入ったのです!!

ここで、「おおー、すっげー!」と、ENさんが小さく声をあげています(笑)
観衆もこの一本にはびっくりしたようで、どよめいています。
そして、誰かわからないのですが
「YBさんが上段取るの?初めて見たよ、私」
と、ENさんと会話しているらしき人の声が…。

そして、試合再開後…、YB先生はまた上段を取ります。
この時点で試合の残り時間は、1分くらいとなっていました。

このお相手はあまり上段慣れしていないのか、それとも動揺しているのか、すごく手元が浮いてしまっています。
試合再開直後、上段からいきなり小手と面を打つYB先生。それは、入りませんでしたが…、
さらに立て続けにYB先生は面を打ち…それが、勝負を決めた一本となりました!

このドラマティックな展開に、ふたたびどよめく観客。
ENさん、今度は大きな声で「うおわー…、すっげー」と、言っています(笑)

そして「正面に礼!」で、この決勝戦が終わるわけですが…

か…、カッコイイですー!


この試合動画…、めっちゃ面白かったです〜!
こんな試合展開、鳥肌立っちゃいますよね…、

突然上段を取ったかと思えば、ふっと中段から小手を打つとか…、なんで試合中にこんなこと思いつくの?って感じです。
さすが、インターハイに出ただけのことはありますね(笑)

なるほど〜。
これは、ENさんがYB先生に憧れてTS会に入って、上段を取ってしまうわけですよ(^^)

私も、YB先生は強くてカッコイイとは思ってましたが…、
めちゃくちゃ、キャラ立ってるんですね〜。
稽古中の無茶振り発言といい、面白すぎます、YB先生。(笑)

キャラが立ってるといえば…この話の「STさん」もそうですけど…
母だけの剣道日誌(103)秋の市民大会、点描(その4)凄い人が、いたんですね!(前編)

剣道をやっていると、いろんな個性のある方が見られて、すごく面白いのです。私もその「凄さ」がわかってきたのがまた、楽しくて。
しかも、そんな方に教わったり一緒に稽古できたりもするわけですから…、わくわくしますよね…。

だからやっぱり…、下手でも、剣道はやめられないんですよね…、(笑)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 00:38 | Comment(2) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも ありがとうございます。


私が当市で剣道再開する前の話なので
そんなこと、あったんだぁ〜!

興味深く拝読いたしました。


YB先生の所属されている剣友会の…

NM先生…この先生の上段は「えげつない」ですよ(笑)
きっとYB先生もその影響なのでしょうね


どちらの先生も…お強くて…参っちゃいます(笑)
Posted by またおやまあ at 2019年10月22日 17:11
またおやまあさん

またおやまあさんは、私が当会に来るちょっと前に剣道を再開されたのでしたよね?これはまだ知らない時代の話なのですね。

お会いする機会があれば、ぜひお見せしたいです!すごく面白い試合なので(笑)

NM先生も上段を取るという話は聞いたことがありますが…、まだ、見たことはないのです。「えげつない」のですか(笑)
そう聞くと、なお見たくなります〜。

たしか、YB先生は高校時代から上段だったと聞いたような気がします。
NM先生とは関係あるのかどうか?

>どちらの先生も…お強くて…参っちゃいます(笑)

私は戦うというより教わる立場なので、強い先生のほうが嬉しいです(*^^*)
Posted by はなずきん at 2019年10月22日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: