2019年10月19日

高機能自閉症の長男が「普通以上」に成長するまで。(その12)高校に入学してから。

高機能自閉症の長男が「普通以上」に成長するまで。(その11)中学3年…とても楽しかった、学校生活。 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

今日は、94歳の母の誕生祝いで、とある懐石料理のお店に行ってきたのですが…
このお店は本当にセンスのいい店で、料理も美しくておいしくて、飾ってあるものもすべてが素晴らしかったのですが…これは、そのお店で撮影したものです。
IMG_8173_1.JPG

さて、本題です!

高校受験では、第2志望とはいえ都立に合格できた長男。
中学より自由になるであろう高校生活をとても楽しみにしていて、意気揚々と、高校の入学式に出たのですが…

長男は、入学式の日の夕方から腹痛を起こして…しばらく様子を見ていたのですが、夜になっても腹痛は増すばかり。
なので、救急病院に連れて行ったところ「腸捻転の疑い」ということで、即入院となってしまいました。
でも、実は腸捻転ではなく…、「ひどい便秘」だったことが後からわかったのですが…、退院できたのはそれから1週間後のことでした。
長男の腹痛(前編)長男の腹痛(中編)長男の腹痛(後編)

長男は、小さい頃から「緊張すると下痢を起こすタイプ」でした。しかしときどき、便秘っぽくもありまして。
性格的にもやや神経質なところがあり、いわゆる「過敏性腸症候群」ではないかと思われます。いつ下痢を起こすかわからないので、いつも「ストッパ」(水なしで飲める下痢止めの薬)を持ち歩いているという…。


入院する以前からそんな感じではあったのですが…、中学の頃は、食欲にまかせて夜中にお菓子をガッツリ食べたり、夕飯とは別に買い食いをしたり…なんてことが多くて、やや太っていた長男だったのですが。
この時の苦痛がよっぽど堪えたのか、これ以降の長男は「あまり食べない」ようになってしまいました。胃腸の調子が悪くなるのを恐れてか、肉をあまり食べたがらないのです。
育ち盛りの男子高校生としてはあるまじき?食欲の薄さなのです…。

焼肉が嫌いな男子高校生って、どうなのよ?(^^;

あまり食べなかったせいもあったのか…、長男は、高校に入ってからは身長もほんの少ししか伸びませんでした。
それまで明らかに「ちびっ子」だった次男のほうが、中学の間にめきめきと身長が伸びて…、今や、次男のほうが背が高くなってしまいましたよ。次男は長男ほど筋肉質ではないので、へろっと背が高い感じですけど。

長男と次男と私はだいたい同じ身長(165cm前後)なのですが、現在は「次男→私→長男」の順になっています。
次男はまだ伸びそうですが、長男はもう伸びなさそうです…。


中学の頃はむっちりぷくぷくしていた長男ですが…高校の間に、だいぶ「細マッチョ」になってしまいました。
運動部でもないのに、もともとの体質なのか、わりと筋肉質ではあるのですが…
数か月前、お風呂上りにパンツ一丁の姿を見たら…、なんか、微妙にあばら骨が出てるような?
「あんた、やせたんじゃないの?」
と、体重を測らせたら…、体重も微妙に減っていたうえに、体脂肪率が9%しかありませんでした!!

確かに通学では、よく歩いているけれども…。
特に鍛えているというわけでもないのに、「体脂肪率9%」って…、少なすぎでしょう?(^^;

今年の3月に次男が中学を卒業したので、いちおう取っておいた長男の中学の制服のズボンを処分しようと思って出してみたら…
めっちゃ、太かったんです。その時の長男にはかせてみたら、ブカブカでしたよ(笑)。


長男の高機能自閉症のこととは、ちょっと話がそれてしまいましたが…でも、
「緊張で下痢をする」「よくお腹をこわす」「それを気にしていて、あまり食べられない」
というのは、長男の神経質さをあらわしているのですよね…。
常に胃腸の調子が悪いような感じで、将来的にもこの部分はやや問題が出そうな気がしていますが。

長男は…、中学で友達関係で問題を起こして以降、そうならないようにと気にするあまり…、
「周りに気を遣いすぎる」
ような部分も出てきてしまったのですよね。


それはさておき。

入学早々、1週間入院するはめになってしまった長男。
新しく友達を作ろうと意気込んでいた時期に高校に行けなかったわけで、ちょっとがっかりしていましたが。
逆に…、入学早々に1週間休んでいたことで、治って登校した時は注目を浴びたようで…、クラス全員が長男のことを覚えてくれたんじゃないかと思います(笑)。その後はそれなりに、なじんでいくことができたようですよ。

長男は中学の時に人間関係に問題があったので、高校の入学前にもいちおう相談はしたのですが…、そのおかげで、ベテランの先生の担任のクラスに入れてもらえたようです。
この担任の先生も、とてもいい人で…、何かと長男のことを気にかけてくださっていました。
長男は高校では特に問題があったわけではないのですが、たまたまなのか、2年の時も同じ担任の先生になり、3年ではクラス替えがなかったので、中学に引き続いて、3年間同じ担任の先生となったのでした。

こうやって振り返ってみると、小学校高学年以降の長男は担任の先生に恵まれてきましたね。
通級の先生も含め、面倒見のいい先生ばっかりだったなあ…。



ところで…。
高校に入ったら部活に入る!と長男は楽しみにしていました。

私も主人も、中学高校と部活を楽しんでいたほうなので、子供にはぜひ部活に入ってほしいと思っていましたが…、長男は中学の時は、帰宅部だったのです。

運動が苦手な長男は、運動部系の部活は最初から除外していたので、文化部系しか考えていませんでした。

長男の中学校は、文化部系の部活が3つしかなくて。
「吹奏楽部」「美術部」「自然探求部(←理科系列のことなら何をやってもいい部です)

長男は音楽が好きだったので、中では吹奏楽部が合っているんじゃないかと思い、私や主人に勧められたこともあり、中1の時は吹奏楽部に入ったのですが…
中1の時の長男は人間関係が上手くいっていませんでしたから、女子ばかりの吹奏楽部でやりづらかったこと、長男には楽器演奏の経験がなくて、経験者の多い周りとの引け目を感じてしまったこともあり、1年の途中でやめてしまったのですよね。

長男は「絵は描けない、絶対無理」なので美術部は論外。
そして理科全般に興味がないので、自然探求部もちょっとね…、という感じで。
結局、吹奏楽部をやめてから入れる部活がなかったので…、帰宅部になってしまっていたのですが…
長男は、やれるものさえあれば、部活自体はやりたいと思っていたようなのです。


長男は高校に入る前は、文芸部に入りたいと言っていました。
長男は、わりとポエミーな文章を書くのが好きでして…何かに悩んでいる時、ポエム的なものを書いたメモ用紙が放置されているのを見かけたことは、何度もあります(笑)。
わざわざ見るつもりはなかったのですが…、部屋を片付けようとした時に、見えるところに放置してあったら見てしまうじゃないですか?(笑)


しかし、高校で文芸部に見学に行ってみたら…、ほぼ活動していなかったようで。
じゃあ、違うところにするか…ということで、あちこち見学に行ったようです。

そして、たぶん、先輩にわりと強く勧誘されたからだと思うのですが…、
長男はなぜか、「茶道部」に入ったのでした!

確かに長男は、和風なことが昔から好きではあるのですが…、茶道部という選択にはちょっとびっくりしました。
茶道部って、女子ばかりなんですよ。長男が入った時は、男子は2名しかいませんでした。
中学の部活では女子との距離感が上手くとれなくて、苦労したんじゃなかったの…?

そして、茶道部の活動日が週3日しかなかったからなのか…、
長男は「写真部」もかけもちすることにしたのです。

中学までの長男は、特に写真を撮りたいという感じでもなかったので…、その選択もちょっと意外でした。
「絵は苦手」と言い張っていましたし、長男が自分で作る作品は私もあまり見たことがなく…
長男に美術的なセンスがあるのかどうかも…本人にも、私や主人にもよくわかっていませんでした。


私にとっては「意外な選択」だった二つの部活。
しかし、長男の高校生活は…、この部活を通じた人間関係を軸として、広がっていくことになるのです。


(続きます!)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 18:20 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: