2019年10月18日

母だけの剣道日誌(115)水曜日夜の稽古(後編)胴打ちの稽古&私とSWさんのつながり。

母だけの剣道日誌(114)水曜日夜の稽古(前編)通しの形稽古&ひさびさの面付け基本稽古 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

10/9 17時頃、本栖湖からの撮影です。ほんのり赤い雲に囲まれる富士山は、幻想的な雰囲気ですね。
IMG_8093.jpg
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

さて、本題です!

子供稽古の時間に胴打ちをやるはずだったのに、やり損ねたので…
大人の自由稽古の時間は、最初にちょっと胴打ちをやる…つもりでした。

他にも小さい面の特訓をしようと思っていたので、SWさんと私でちょっと稽古したら、終わりにするつもりだったのですが…
そこに「壮年剣士」SG先生が通りかかったので
「さっきの稽古で胴打ち、やるといったのにやりませんでしたよね(笑)」
と、言ったら…、SG先生が私たちを見てくださると言い出しまして。

SG先生に教えてもらいながら何度もやっていたら…、胴打ちだけでけっこう時間を使ってしまいました…(^^;
SG先生、レクチャーを始めるとけっこう長くなっちゃうのですよね…。(笑)

まず最初は「抜き胴」をやりました。
元立ちのSG先生が面を打つのに対して、右に抜けながら胴を打つのですが…
掛かり手は、相手が面を打つかどうか?くらいの、ややフライング気味くらいのタイミングで打つのがコツだそうです。

私は、打ち始めるタイミングは悪くなかったようですが、
「振りが遅い(大きすぎる)」
と、言われました。
胴に当たってはいるのですが、振り下ろすのが遅いせいか、やや「おなか」の位置に当たってしまうのです。

「基本通り、ひじから切り落とすようなつもりで打つと、ちょっと大振りすぎるんですよ。
中段から小手を打つようなつもりで胴を打つと、最短距離で早く打てますから」


と、言われてやってみたら…
確かに、今度はいわゆる「胴」の打突部位(相手の右わき腹あたり)に当てることができました。


抜き胴は、私もSWさんのふたりとも、まあまあ打てるようになったのですが…
「返し胴もやりたいんですけど」
と、SG先生に言ったら…

「返し胴ね〜。あれは、よっぽど早く振れないと…、なかなか当たらないですよ?
試合では、めったに使えないですけど…」

「ええ…、でも、SN先生とか、すごく上手いじゃないですか」
「あれはですね〜、やっぱり若い頃の経験があるから…、すごく早く振れるんでしょうね、パパーンと」
「そうなんですね…、でも私、返し胴も、やりたいんですよね…」(←私は他の技よりも一本が取りやすいような気がしてます…気のせい?)
「そこまで言うなら、やりましょうか(笑)」

ということで、やっぱりやることになりました(笑)

SG先生に教わって何度かやったのですが…、確かに、面を受けてからちゃんと胴の打突部位に当てるのは難しいのですよね。
相手の竹刀が邪魔になったり、横ではなくお腹部分に当たってしまったり。
「どうしても相手の面を待っちゃうような感じになるから…、試合の時は、よっぽど面ばっかり打ってくるような人でないと、なかなか使えないですよ!」
と、SG先生は力説していました。

しかし、SG先生の稽古が終わってからも…、私はSWさん相手にもう一回面返し胴の練習をさせてもらったのです(笑)
だって、面返し胴って集中して稽古する機会がなかなか、ないのですけど…、SWさん相手の時は、同じものの反復練習を遠慮なくできるものですから…


何回もやってみてわかったのは、ただ「竹刀を前に出して受ける」よりは、やや「擦り上げ」に近いやり方のほうが、相手の竹刀が邪魔にならず打てるのではないか、ということでした…。

あと今、検索してみたのですが…、
「左足を左横に移動してから面を受けると、懐に余裕ができて胴を打ちやすくなる」
ということが、一の太刀さんのサイトに書いてありました。


→一の太刀 剣道ブログ
「面返し胴」は懐にゆとりをもって返す!抜き胴と違った足運びをしていました

面返し胴って、面を打ってきた相手の竹刀が邪魔になって、上手く胴を打てないことが多いのですよね。だからこれはなるほど、と思いました。自分でこれができるかどうかは、わかりませんけど…、今度また試してみよう…。

私は「小手返し面」とか「面すりあげ面」とかの応じ技ってまだほとんどできてないんですけど…、面返し胴だけは好きなんですよね…、(笑)
(実際にできているかどうかはともかく、やるのが好きなんです!)


そして、胴打ちの稽古が終わってから、SWさんと地稽古をやりました。
SWさんと互角にできるようになったら、三段合格に少し近づけるだろう、と思い、この間よりもいろいろ考えながら立ち合いをしていましたが…やっぱりSWさんのほうが上手(うわて)ですよね(^^;。
私からも少しは打てたものの、やっぱり打たれている回数のほうが圧倒的に多かったです。

この間の「模擬審査稽古」の時もですが…こっちが必死になっている時でも、SWさんは全く手加減をしないのです。SWさんは何回も有効打突的なものを取っていたのに、私は一本たりとも打たせてもらえませんでした(^^;

そういえば、最初の1級審査の時も、一人目はSWさんと当たったのですが、全然私のほうは打てなくて…それで、落ちたのでした…。
私だったら、自分のほうが圧倒的に優位だったら「相手にも打たせて合格させてあげようか」なんて思ってしまうのですけど(笑)。実際に、二段審査の時はそんな感じだったのです。

1級に落ちた時は「SWさん、審査の時くらい少しは打たせてくれればいいのに〜」って密かに思ったのですけど(^^;
それが私の修行?にもつながったのですから…私にとってSWさんは乗り越えるべき壁のような存在なのかもしれませんね(笑)。


誤解のないように書いておきますけど、SWさんと私はけっこう気が合って親しいほうです。さばさばして、意見がはっきりしたところが私と似ていて、話していて居心地がいいのですよね。
役員も一緒にやったので連帯感がありますし、SWさんが当会をやめていた間もときどき連絡を取っていて、私は何度も「また来てくださいよ〜」と誘っていたのです。
稽古の時も、そんなに大きなレベルの差がないので(立ち合いとなると絶対にSWさんのほうが強いですけど…)お互い遠慮なくできるので、とてもやりやすいのです。

SWさんは、私が入会したころは「子供が一緒にやりたいというからしょうがなくやっている」という感じだったのですが…、私があまりに稽古熱心だったので、引っ張られてやるようになったと言っていました。
今は「稽古しないと体の調子が悪くなるから」というのが剣道を続けている主な理由のようですが(笑)。
でも、最近、勤め先の近く(家も近いのですが)でも、女性だけの剣道の会を見つけて入会したのだそうです。SWさんがこんなに剣道を続けてくれるとは、私は思っていませんでしたね…(笑)。

だから、稽古の時にSWさんに容赦なくやられるのも…、嫌ではないんです。がっくりはしますけど(笑)
なんとか、ついていきたいものですよ…。


ところで…、この日は、合同大人合宿をいつもしている「K会」の男性が2人、出稽古にいらしていました。
一人は「TIさん」という方で、ちょっと前にもいらしてました…、何段か覚えていないのですが、段審査が近いと聞きました。

あと、当会には初めていらした「STさん」。STさんは陸上自衛隊の方で、私より年上だったはずです。
私と同じ二段で、11月に三段を受けるそうなので、会場で会いそうですね。段位が同じだったので、今までも組んで稽古することがあって、私の好きな自衛隊員だということもあり(笑)、雑談もしていたのでそこそこ親しい方なのです。

STさんは同じ三段受審者なので、立ち合いの相手にちょうどいいと思い、地稽古をお願いしましたが…大人から始めた方とはいえ自衛隊の男性ですから、やっぱり上手いですよね〜。
ちょっと前にケガをしていて、稽古していなかった時期があったからなのか、年のせいなのか(^^;、私の前にした稽古のせいでちょっとお疲れ気味だったようで、やや息が上がっていました。
だから、動きはあまり早くなかったのですが…それでも、的確に私の隙をついて打ってくるのですよね…。
けっこう私は「打たれっぱなし」で…、同じ二段とはいえ、互角ではないな〜と思いました…。

そして最後に…、N先生にかかりに行きました。

N先生には、いつも同じことを注意されてしまうのですが…、そこは、私がなかなか意識できてない部分なのでしょうね…、
まず、「小さい面を打つ時には、「刺し面」よりも、ある程度振り上げたほうがいい」と言われました。それと…
「相手の竹刀に必ず竹刀を付けて抑えること」(←これは前からよく言われてます!)
「足を動かしすぎ(リズムを読まれてしまう)」
「打ったら必ずある程度抜けて、振り返った時にすぐに打てるように構えること」

などのことを言われました。

小さい面については…、教えてくれる先生によって微妙に方式が違うので…、私はどれにしようか悩み中なのですが…
どれも使えればいいのでしょうけど、不器用な私は、どれにするのか決めたほうがよさそうな気がしています(^^;

この時はN先生式の小さい面を打とうとしていたのですが、なかなかうまくできず(^^;
(手を手前に引きつけてしまう癖が、出やすいんですよね…)
他の方がもう稽古を終わっている中、みなさんに見守られて?何回もやり直させられていました…(笑)
やっとそれらしいのができて、終わりにしていただけましたが…。

そして最後のモップ掛けは…、ダッシュでやりました!この日は最初のランニングをしませんでしたから。
私、体力は、ついたんですけどねえ〜(笑)


なんにせよ、この日も、稽古は…楽しかったです(^^)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 11:27 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: