2019年09月10日

高機能自閉症の長男が「普通以上」に成長するまで。(その5)小学校6年生、微妙な年ごろ。

高機能自閉症の長男が「普通以上」に成長するまで。(その4)幼なじみのこと より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

近所の川にはカルガモ(ですよね?)がよくいます。
季節によっては子供が親の後をくっついて泳いでいて、ほほえましいのですよね(*^^*)
IMG_7872_1.JPG


さて、本題です!

幼稚園年長の頃から、小学校4年頃までは、大きな問題がなかった長男ですが…
小学校5年の頃から友達関係が微妙になりはじめ、6年の時はだいぶナイーブになっていました。5年から6年にかけては成績もだいぶ下がり、勉強に集中できていなかったようです。

小学校の5年、6年は、大ベテランの女性の先生が担任で…
だいぶ根気よく、広い心で接してくださったので、本当に助かったのですけれども。


通知表の担任からのメッセージと私の返信は、こう書いてありました。

【1学期】
(担任より)
学校生活の様々な場面で、自分自身を振り返っている姿をみかけました。そんな時の言葉の端々に、思春期の入り口にいることを感じさせられます。仲間とは多くの場合、一緒に活動することの楽しさを感じているようですが、落ち込んだり混乱したりする場面もあり、自分の気持ちをコントロールしようとがんばっていました。
学習については、どの教科も高い能力を感じますが、気持ちに波があって集中できなかったこともありました。
自分の役割には忠実で、責任をもって遂行しようと努めています。これからも、いろいろな場面で(長男)君の思いにそった行動ができるよう、支えていきたいと思います。

(私より)
夏休みはのんびりさせたかったのですが、案外スケジュールが多く、やや慌ただしいものになってしまいました。
が、私の母に戦争の時の話を聞きにいったりしたのは、楽しかったようです。

【2学期】
(担任より)
自分の興味や関心を、学習や行事の中でも追及する楽しさや、それを仲間と共有することの楽しさを感じていました。
意欲にあふれ、真面目に物事に取り組むこともよくありました。
半面、うまくいかない時や気持ちが沈むときは、自分の行動を振り返りながら過ごしていた長い時間もありました。抑えきれない自分の感情に揺れ動く様子に、(長男)君の苦しさを感じることもありますが、あせらずに少しずつ成長していってくれたらと思います。
音楽会でのセリフを語る声やお囃子の太鼓を叩く姿は、頼まれたことには精一杯取り組む(長男)君らしさを感じ、印象深かったです。

(私より)
いろいろあったようですが、1学期と比べると少し落ち着いたようでほっとしました。太鼓は本当によくやっていたと思います。ここまでできるんだな、と感心しました。

【3学期】
(担任より)
卒業文集への取り組みでは、これまでの小学校生活での自分の姿を見つめ、成長しようとしている様子を感じました。
これからの学校生活の中でも、周囲との関わりに悩むこともあるかと思います。その経験が、(長男)君を大きくしていってくれることを期待しています。学習や役割に向き合う態度は、たいへん真面目です。特に算数や社会など、よく理解し考えていました。送る会での劇や卒業式の呼びかけには、堂々と頼もしいものがありました。意欲に波はありますが、興味や関心のあることを中心に、一層深く追求していってくれることと思います。


このように…、長男は、6年生の1学期から2学期にかけては、友達とのトラブルも多く、学校生活は平穏ではなかったようです。
ただ、家ではそんなに変わった様子はなかったので、私はそのことには気づいておらず…たしか、夏休みにあった、個人面談で私ははじめて聞いたのですが。

長男は、教室にいられなくなって、教室から出て行ってしまうことがよくあったそうです。
友達との間の何かが気になったのか、それとも自分の中で何かがあったのか…、そこはわからないのですけど。


確か一回だけ、校門の外に脱走しまったことがあったようで…
その時はちょっと、騒ぎになったようです(^^;

担任の先生はそれを大目に見てくださり、長男が「行ってもいい場所」をいくつか設定してくれて、(図書室とか、校長室とか)そこで気持ちを落ち着けてから戻ってくればいいよ、と言ってくださっていたようです。


長男は、小さい頃から、年齢よりも大人びた性格なのですが、そのわりには子供っぽい衝動的な部分も持ち合わせていて…
この頃は、思春期の暴力的な衝動も加わっていて、精神のバランスがうまく取れていなかったのでしょうか。



それでも、1学期に比べれば2学期はやや落ち着き、卒業の頃はすごく大きな問題はないかな…、と思っていました。

でも、これから思春期真っただ中になるわけで、中学校で問題を起こす可能性がないわけではない、と思ったので、中学校にはあらかじめ長男の問題点を伝えて、注意して見てもらえるようにというお願いをしました。
この対応をしていたおかげで、ベテランの先生が担任をしていただくことになり、それでだいぶ助かったのですが。

つまり…、中学校では、やっぱり、問題が起きてしまったのです…。

それは、次回のお話で。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 18:47 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: