2008年04月14日

こ、腰が…(汗)

またしばらくご無沙汰しておりました。
実は腰をちょっと悪くしていまして…。

3月始め頃、ある朝起きたら体が曲がらなくなっていました。
前屈をしようにも120度(つまり直角にすらならない)くらいのところで止まってしまいます。で、以前(16年前…)ヘルニアの時に痛かったももの裏側あたりが痛い。
ちょっとこれはヤバイんでないの?と思ってしばらくおんぶもしないでやや安静にしていましたが、2週間くらい経っても治る気配がないのです。
これは自宅治療ではラチがあかない、ということで家の近くにある鍼灸(初めて行きました)の治療院に1か月くらい通ったのですが…よくなっては悪くなって、でやっぱりあまり変わりません。
はりの先生に「ヘルニアではないと思うんだけど、一度整形外科で調べてもらったほうがいいんじゃない?」と言われて近くの大病院に行ってきまして、今週MRIを撮りに行くことになっています。

家事はまあ普通にできているのですが、娘をおんぶもできないし、朝起きた時はかなり腰が痛いのです。ましてパソコンに長時間向かっていると悪化します…。
そんなわけで最近日記も書けなかったのでした。
でも鍼で教わったストレッチを始めたら少〜し良くなったような…。

長男の入学式のことも詳しく書きたかったのですがちょっとだけ。
親のファッションはやっぱり黒っぽい方が多かったですが、卒園式よりは明るめの色の方がちらほらいました。でも、卒園も入学も兼用にしている方のほうが多いみたいですね。
今度はピンクのスーツでも浮きませんでしたよ(笑)。

私はひさしぶりに「君が代」を歌いました…いったい何年ぶりだろう。
幼稚園では歌わないのでなんか新鮮でしたねえ。
そういえば子供にも君が代はほとんど教えたことなかったなあ。

卒園式よりも、むしろ入学式のほうが私は感動しました。
(私にとっては)ひさしぶりの学校、長男にとっては初めての学校。
これから新しい生活が始まるんだなあ、という期待。
入学式に参加していた2年、6年生の成長ぶりにも感心。
去年までピカピカの1年だった2年生もけっこうしっかりしてるし、6年生はさすがの貫禄です。挨拶を読んだ代表6年はほんと堂々としてて賢そうでした。
長男もそのうちこんなになってくれるかなあ、というのが嬉しかったポイントかなあ。

あと、不覚にも泣きそうになったのが「校歌斉唱」です。(笑)
(私はめったなことでは泣かないんですよ!)
幼稚園児の歌と違ってちゃんと「音楽」になってるし、長男の学校は私が昔通っていた小学校と同年代頃(昭和40年代)にできた学校とあって、歌詞が「ああ、校歌ってこんな感じ」なのが良かったんですかね。
小学校生活っていいなあ、楽しそうだなあ、と心浮き立つ入学式でした。

ちなみに肝心の長男は最近落ち着きがなくて(新一年なんてそんなものなのでしょうが)、ミョーにはしゃいでましたけど…。
でも自分で勝手に学校まで行って帰ってきてくれるのはすごく楽です。
早く子供全員小学校に入ってくれないかな〜(笑)。
今のところはまあ学校生活も楽しそうです。
posted by はなずきん at 01:09 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: