2008年04月01日

で、初節句はというと

先日の日記をアップして、後から気付きました。
娘の初節句というタイトルなのに、初節句そのもののことを何も書いていなかったことを…。
雛人形のことしか書いてないじゃん(笑)。

我が家は3人子供がいますが、実はうちで初節句を催した?のはこれが初めてです。
長男、次男の時はダンナの実家でやってもらっていたりします…。
っていうか、子供の行事ごとのほとんどをダンナの実家でやっていたりするんですが。

長男はダンナの実家にとっては初孫で、義母はとても可愛がってくれていて、行事ごとにけっこう力を入れているのでそれをいいことにほとんどおまかせしてしまっていたわけですが…
さすがに3人目だし、雛人形を買ったのは私の実家だし、ダンナと話して今回はうちで開催しようということになりました。
でもおもてなしの料理を作ったのはダンナです(笑)。
(義母もいくつか料理を持ってきてくれました…)
私は何やってたの?というと、部屋を掃除して雛人形を飾って、娘の子守りしてただけだったりしますが…。今は娘が「おか〜ちゃ〜ん」状態なので許してください(誰が?)。

料理&おもてなし上手の義母の息子だけあって、ダンナはお客さんが来た時の料理を作るのが好きです。お客さんを呼ぶという話があると「何を出そうかな〜」と嬉しそうに考えています。
私なんかは腕に自信がないので、お菓子以外のものを作って出したことがほとんどありません…。(お菓子ならいくつか得意なものがあるんですが。でも簡単なものばっかりだけど)
ふだんの生活でも、料理だけは苦もなく作ってくれるんですよね。(でも他の家事は一切!やりませんが…出産時に入院生活から帰ってきて部屋の惨状に呆れましたよ(笑))
私にとっては料理というのはネタを考えるだけで大変な作業なんですよ〜。

まあ、それはさておき、
双方の両親を同時に我が家に呼んだのはこの家を新築したとき以来だったか…。
さすがのダンナも、年配の人向けの食事はあまり得意分野でないので(和食にあまり愛がないので。でも私よりはよっぽど料理のバリエーションがありますけど)今回はちょっと疲れたようです。
でも双方の家族とも楽しく過ごせたようなのでよかったです。

しかし娘は3人兄弟の中で一番甘えっ子です。
ダンナに預けると、私が見えなくなってしばらくはワンワン泣いて、もうしばらく帰ってこないということがわかるとおとなしくなるそうです。で、私が帰ってくるまでは寝てるかそれなりにおとなしいらしい。
で、私が帰ってくると顔を見るなり(いや、私の足音が聞こえたら?)泣きます(笑)。
私がいる間は甘えん坊で、ちょっとイヤなことがあるとギャーギャー騒いでいます…。
最近2Fの室内物干しのところに出した扇風機がイヤでしょうがないらしく(花粉の季節なので、部屋に干して扇風機で乾かしているのです)物干し場に連れていくだけでギャーギャー大騒ぎで困っています。扇風機を回してなくても見るだけで泣きますからね…。
扇風機を布で覆ってみましたがやっぱりその存在が気になるらしい。
昨年の夏には扇風機なんて恐がりもしなかった(むしろ触っていたくらい)なのに〜。
洗濯物を干す時に1Fにひとりで置きっぱなしにもできないし、かといって連れて行くと大騒ぎだし困ったものです。

全然別の話題ですが…
あとひとつ気付いたことがありましたよ。
卒園式の話も、卒園式そのものについて何も書いてなかったことを(笑)。
でもね〜、あんまり書くことなかったんです。
「年少の時はしょっちゅう登園拒否してたのに、年長では楽しくなってよかったなあ。成長したもんだなあ〜」とか「3年間よく通ったな〜」とかいちおう感慨には浸ってみましたが、下のふたりをあと5年間も送り迎えしなければならない…と思うと全然「これで終わり」って感じがしなかったんですよねえ。
ご近所の幼稚園なので、同じ小学校に行くお友達も多いですし。
息子もそんなに「悲しい〜」って感じでもなかったですし。
自分の卒業式の類でもほとんど泣いたことのない私なので、淡々とした卒園式でした…。
posted by はなずきん at 01:52 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: