2006年01月04日

私は「甘辛党」?

先日コーヒーのことを書きましたが、その時ふと考えたことがあります。
私はコーヒーも好きですが紅茶も好き。緑茶も烏龍茶もそば茶も、お茶類はけっこうなんでも好きです。
お茶やコーヒーを淹れる時も「すごく凝っている」とまではいきませんが、茶葉や豆を買う時も考えて買いますし、それなりに温度や注ぎ方などおいしく淹れるように考えています。

でも、コーヒーが好きな人ってたいてい紅茶を凝って飲まないのでは。
紅茶が大好きという人もやっぱりあまりコーヒーを飲まないような…?紅茶好きな人はお店ではコーヒーを飲むけど、自分で豆を買って飲むという人は少ないような気がします。
おおまかに分けると、紅茶は女性が好き、コーヒーは男性が好き、という感じがします。
(もちろんコーヒー好きの女性も、紅茶好きの男性もいますが…。)

その流れで考えたのですが…。
私はいわゆる「スウィーツ」(甘味)も好きですが、お酒も好きなんです。
これまた世間的には「甘いものを食べる人はあまりお酒を飲まない」ような気がするし、逆もまたしかり。
甘味好きにしても「和風が好きな人はあまり洋風が好きでない」(逆も)ことが多いような気がします。

とすると、私の食の好みというのはわりと守備範囲が広いのではないか、ということに気付きました。
私は「すごくグルメ」というわけではないのですが、食べるものにはそれなりにこだわりがあります。けれども「これは食べられない、食べたくない」というものはそんなにありません。安いものも高いものも、甘いものも辛いものも、和風も中華も洋食もアジアンも、けっこうなんでも好きなんです。
地味な和風の煮物も好きだけどマックのポテトだって大好き。懐石料理も好きだし(予算の関係でほとんど食べる機会はありませんが…)ラーメンだって食べる。お菓子にしても和菓子も洋菓子も、スナック菓子でもなんでも食べます。
ただし、あまりにも甘すぎたり脂っこかったり素材の味がまずいものは食べられませんが。

私のダンナは私よりも舌が肥えていて、食へのこだわりも強いですが、あまり甘味には興味がありません。(好きなお菓子はありますけど。)
紅茶もコーヒーも、きちんと飲むというときは味わって飲んでいますが、ふだんは細かいことはあまり気にしていないようですし、自分でこだわって淹れるということは皆無です。
ダンナの料理は一般的に見ても「上手い」と言えるレベルだと思いますが、お菓子を作ったりお茶の類を淹れるのは絶対にまかせられません。(笑)

そして私の女性の友達は甘味や紅茶は好きな人が多いですが、お酒を飲む人はほとんどいません。
ですから、お酒を一緒に飲むならダンナと、甘いものを食べるなら友達と…ということになってしまうのです。
全部まとめて一緒に行ってくれる「食べ&飲み友達」がいれば楽しいのになあ、と思うのですが、なかなかそういう方は見当たりません…。まあ、いたところで今は外食をする時間もお金もないのですけどね(笑)。

こんなことを考えていたら、私は食の好みだけでなく趣味なども「両性的」あるいは「中性的」であるのではないか…ということに思い当たりました。
ファッションも好きだけどメカも好き。
かわいいものにも惹かれるけどかっこいいものも好き。
身体的には女性そのものなのですが、私の脳の働きは男性に近い部分もあるような気がするのです。もしかすると女性ホルモンが足りていないのかもしれません(笑)。
posted by はなずきん at 00:18 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: