2005年07月05日

近頃の長男(後編)長男の好きなテレビ番組。オタクの子はオタク?

私の「キャラ嫌い」は何度か書いていることなので、みなさんご周知のことと思います。
ちなみに、テレビもあんまり好きではありません。

自分でつけるテレビといったらほとんどNHKで、民放の番組は数えるほどしか見ていないのです。昔はアニメもよく見ていましたけど、大学を出てからはさっぱりです。ダンナがチェックしているのを見て、面白そうなのだけ見るくらい。

そんな私なので、子供にも積極的にテレビを見せようという気はありませんでした。
電車の番組だけは例外で(ものすごく喜びますし、見ている間は静かだし)のりもの系のものは録画して見せていましたが…。
本人が見たいという番組は見せてもいいのですが(下手に禁止すると余計見たくなるものだし)そもそも今まで長男には「どういうテレビ番組があるか」という情報自体が入ってこなかったわけなので、何が見たいと言い出すこともほとんどなかったのです。

でも幼稚園に入って、何かの機会で見たのでしょうね。
「アンパンマンが見たい」
と言い出したのです。
私は「まあ、アンパンマンならいいかな」と思いつつも、その時間にテレビをつける習慣がないし、録画するのもめんどくさいのでほおってあったのですが、ダンナが録画をしておいてくれたので、先日それを見せてみたのですが…。

途中まで喜んで見ていた長男が、突然泣きながら怒り出して
「これはもう見ない!」
と言うのです。涙ながらに
「もう消して!見ない!録画してあるのも消して!」
とえらい怒りようです。
「なに?いったい何がいやなの?」
と聞いても要領を得ない返事しか返ってこないのですが、どうやら私が推測するに、バイキンマンがみんなに意地悪をする場面がすごくイヤだったようなのです。
しょせんお子様向けのストーリーの中でする「悪いこと」ですから、オトナの目から見るとたいしたことじゃないんですが、長男はそれが許せなかったようです。
長男は自分では今まで、他人にさんざん悪いことをしてきたんですけどねえ(笑)。


そういえば、長男は特撮系もあまり好きでないようで、特に仮面ライダー(我が家で流れているのは、ダンナが見ている昔のものです)のおどろおどろした怪人などが出てくるとテレビの前から消えてましたっけ。

長男が大好きな「となりのトトロ」にはそういえば「悪いヤツ」は出てこないし、以前よく見ていた「ラピュタ」も、後半のムスカ(悪の親玉)が出てくるところになると「もう見ない」と消していましたっけ。
あ、電車番組でも、中で登場人物が怒る(もちろん冗談でなんですけど)話は見たがらなかったなあ…。

幼稚園の先生に聞いた話だと、先生が他の子を叱っていると
「だめだよ!怒ったら!」
と泣きながら止めにくることもあるんだとか。
意外とピュアなところがあるようです、長男は。

そんな彼の最近のお気に入りの番組は「タモリ倶楽部」だったりします。
タモリ自身が電車マニアなため、ときどき「タモリ倶楽部」の中でマイナーな電車特集などをやったりするので、マイナー好きの長男にはよかろうと、いくつか録画して見せていたのです。(もともとうちの夫婦はタモリ倶楽部が好きなもので…。)

最初はその中に出てくる電車を喜んで見ていただけだったのですが、年齢が上がるにつれて、
「タモリたちがしているオトナの電車マニアの会話」
が楽しくなってきたらしく、頻繁に「見せて」というようになってきました。
長男は、その会話の内容を突然よその人に話したりしていますが、もちろんさっぱり通じていません(笑)。

しかも電車とは関係ない「空耳アワー」も気に入ったみたいで、おそらくあんまり意味がわかっていないと思われるんですが、それでも空耳の部分になるとタモリたちと一緒に笑っています。
最近は再現ビデオ?の真似をするようになり、弟がそれをわけもわからず覚えて一緒にやるようになり、ふたりで「空耳ごっこ」をやっています…。

電車の特集だけが好きなのかと思っていたら、最近はタモリ倶楽部全般が好きになってきたようで、録画してある違う特集の番組まで「見たい」と言い出すようになってきました。
長男はタモリ達の話を半分も理解できてないと思うんですけど…
この番組のだらだらとして、しかも知的なオタクっぽい雰囲気が好きなんですかねえ。

ああ、やっぱりこの子は「生まれながらのオタク」なのだ…。しかもサブカル好きとは、さすがこの夫婦の息子ですよ(笑)。
「オタクのサラブレッド」と(オタクな)仲間うちに期待される長男の未来は、果たして…?
posted by はなずきん at 01:36 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: