2005年07月04日

近頃の長男(前編)幼稚園に入ってからの様子

幼稚園に入って、意外と周囲の子と仲良くやっているらしい長男。
最近はどんな様子か…というのをつれづれに書いてみようと思います。

長男(4歳になったばかり)は1歳〜2歳頃にかけては、あまり私に関心がないように見えました。
もちろん困った時、病気の時や痛いときなどは「おか〜ちゃ〜ん」となるのですが、それ以外の時は私がいなくてもケロっとしていたものです。

確か2歳の頃、理由はなんだったか忘れましたが、寝る間際に私がすごく怒って
「それならひとりで寝なさい!」
と言って自分は2階に上がってしまったことがあります。
(ふだんは1階に私と長男とふたりで寝ていました。ダンナは2階で寝るのですが、夜勤なので夜はいないのです)

当然、長男は許しを求めて2階に上がってくるものだろうと思っていたのですが…いつまで待っても来ないのです。下に戻ってみたら、そのまま寝てしまっていました。
いつも一緒に寝ている母親がいないのに、平気なのかこの子は?とあきれるやら、腹が立つやら…。
確かこの頃、何かやっぱり怒ったときに
「お母さんがいなくなってもいいの!?」
と聞いたら
「うん」
と肯定され、愕然としたこともありました。

この子はずっとこんな感じなのかなあ…こんなんでずっとかわいいと思えるかなあ…とその時は心配になったものです


ところが、次男が生まれたからなのか、ちょうど甘える年齢になったからなのか、2歳半を過ぎた頃から長男は私にべったりしてくるようになりました。

私が家にいる限りは一緒にいないと寝たがらないし、何かと
「お母さん、好き!」
を連発するようになりました(笑)。

最近は「お母さんがいなくなってもいいの?」と聞くと「だめだめ!」と泣きべそをかきかねないくらい、真剣に嫌がるようになりました。
変われば変わるものです。嬉しいやら、ちょっと困ったやらですが、こんなに「好き好き」言われることはそうあるものではありません。これは母親ならではの特権でしょうか。

まあ、そのうちに「お母さんは来なくていいの!」なんて言い出すんでしょうけど。


先日、長男は4歳の誕生日を迎え、幼稚園ではじめての「お誕生会」がありました。
保護者も招待されたので行ってきたのですが、今までじっとしていることができなかった長男がかなりおとなしくしているではありませんか。

お誕生月が6月の園児だけ舞台の上に上がって、先生にどんな子か紹介されてインタビューをされて、お祝いの絵本を受け取って…ということをやるのですが、総勢20名のお誕生日の子のやりとりが終わるまで約30分、長男はいちおう舞台の上の同じ場所で座っていたのです。
(ときどき椅子の上で飛び跳ねたりはしていましたが…。)
今までの長男からはおよそ考えられない「おとなしさ」でした。

インタビューの内容は
「お母さんが作る料理で一番おいしいものは何?」
だったのですが、他の子が「ハンバーグ」とか「カレー」とか言っているのに、長男は「かぼちゃ」。おいおい、それは料理じゃなくて素材名でしょう…(笑)。
まあ、長男が好きなのはかぼちゃ料理全般なのでそういう言い方になったのでしょうけど。

そして「あとね、手紙」と言うのです。

手紙…それは私がお弁当につけている「メモ」なのです。
なんでそんなものをつけているかというと。
子供向けのお弁当にはノリやらふりかけで絵を書いたりしますよね?お弁当が始まった当初に
「今日は何が描いてあったかわかった?」
と聞いてみたのですが、毎日
「わからなかった」
という返事がきたので…じゃあ、絵の解説をつけるかということで、メモを書くことにしたのです。

ちなみに長男はひらがな、かたかなは全部、漢字は100文字くらいは読めます。(漢字は教えたのでなく勝手に覚えてしまったのです。ほとんど電車関係の文字ですが…。ロゴ好きの長男には漢字のほうが覚えやすかったみたいです。)

メモには
「きょうのえは、ひこうきとくもです。のこさずたべようね。」
なんてことを書いているだけなのですが…、それが長男は嬉しかったみたいなんですね。

周囲の子供や先生にも見せびらかしているらしい、ということは先生から聞いて知っていたのですが…こういう公の場(お誕生会)でそのことを言われるとは全く思ってなくて、ちょっとびっくりしました。と同時にほろっときました。

何気なくつけていただけの手紙なのに、そんなに楽しみにしててくれたんだなあと。
長男の成長を感じたとともに、その気持ちが嬉しかった私でした。


でもそれも、料理じゃないんだけど。
そんなに私の料理は印象にないのだろうか…?(笑)。

posted by はなずきん at 06:31 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: