2005年06月12日

ふたたび、キャラものの話(前編)

以前も書いたことがあるネタなのですが、現在のベビー・子供用品というのはほとんどが「キャラクターもの」で、私はそれがとっても気に入りません。
子供が欲しがっているのを与えるのならともかく、今は他に選択肢がほとんどないために、大半の親は「キャラものの中で好きなものを選ぶ」のが当たり前になっているようです。

長男は4月から幼稚園に入ったのですが、幼稚園に入るにあたり、いろいろ揃えなければならないものがありました。
手作り指定だったカバンなどは、長男の趣味に合わせ思い切り凝ってみた(凝りすぎて疲れました)のですが、市販のものを使わざるを得ないお弁当箱などは長男の好きな電車柄(デフォルメ新幹線が描かれたもの。サンリオの「シンカンセン」ではありません)のものをやっと1つ探し出して購入。箸箱もそれとお揃いのものを買いました。
コップは同じシリーズで小田急のロマンスカーが描かれたものです。
厳密に言うと長男はあんまり新幹線に興味がないので(通勤電車のほうが好き)、本当はもっとフツーの電車のものが欲しかったのですが、そんなお弁当箱はどこにもなさそうなので妥協しました。

電車好きなら「トーマス」や「シンカンセン」でもいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、「顔がついている」という時点でこれは「電車ではない!」のです。

実は長男はそれでもいいと言うんですが、私がイヤなんです(笑)。
だってなんか顔のついている電車って子供っぽい…と思うのです。しかも「オトナの押し付ける子供っぽさ」を感じてしまいます。
「子供らしい」のはいいけど「子供っぽい」のはイヤなんですよ。本人が心の底から好きなものならキャラものでもいいんですけど…そこまで好きなわけじゃなさそうだし。

電車本来の魅力と、「シンカンセン」や「トーマス」の間にはどうも溝があるような気がします。
「シンカンセン」には「ホンモノの新幹線のかっこよさ」がどこにもないし、トーマスの話の内容も、なんか仲間同士の妬みとかそういう話ばっかりで…これでは汽車そのもののの魅力がちっとも出てないじゃん!という気がします。メカを出すのにメカの話が「おまけ程度」じゃなあ…とメカ好きの私は思ってしまうわけですよ。
電車そのものが描いてありさえすればそれでいいはずの長男に、わざわざ「顔付き」のものを与えるのが私はどうもイヤ、なのであります。
でも安さと品数の豊富さにつられて、シンカンセングッズはぽつりぽつりと持ってはいるのですけどね(笑)。

さて、話を元に戻して…。
幼稚園で最近必要になったものとして、水遊び関連のグッズがあります。
長男の幼稚園は水着はいらないのですが(白パンツで遊ぶらしいです)タオルとビーチバッグを用意せねばなりません。
タオルは普通のバスタオルでもいいのですが、長男が「巻きタオル」が欲しい!というので、子供向けのものを探したらば…案の定キャラものばっかりです。
キャラものでないものというとスポーツブランドのものがあるんですが、実は私はスポーツ嫌いなので(笑)(動くのがイヤとかそういう意味ではなく…なんというか、体育会系のノリがダメなんですかね)、スポーツブランドものもあまり持たせたくないんです。
女の子向けだと、キャラもの以外でも花柄とかポップ柄とかいろいろあるんですけど…男の向けの雑貨というのはなんでこんなに種類が少ないんでしょうねえ。
でもこれはあちこち探したら、ホームセンターにノンブランドの電車柄のものがあったので(電車に顔はついているんですけど…(笑))まあこれでいいか、と買いました。350円という激安なのもよかったです。
(明日に続きます)
posted by はなずきん at 01:31 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: