2005年05月17日

群れない女 つづき?

先日の日記「群れない女」に、さっそくおふたりの方からコメントをいただき嬉しかったです。
実は、ひそかに「私の日記を読んでくださるような方は、同じようなタイプの人が多いのではないか…」と期待して書いてみた内容だったりします。
類は友を…と言いますから。(笑)

私はもともと少数派…という自覚はありました。

かなり小さい頃から(幼稚園頃?)、私は周囲のおおかたの人とはなんか違うなあ、と思っていました。しかも、それがたいして苦痛ではなかったというか、むしろ「それがいい」と思っていたのです。(今でもそうです)
幸い、学生時代は友達に恵まれ、中学高校大学それぞれに、今でも連絡を取り合っている人が何人かずついます。
会社員時代はそんなに気の合う人は多くありませんでしたが、休日などに気の合う友人と会えばいいわけですから、さして気にしていませんでした。

が、母になるとそうもできないんですよね。

専業主婦となると、特に子供が小さい頃は、ふだん接することができるのは自分の子供とその友達、その親だけ。気がつくとオトナとほとんど会話してない…なんて日もときどきあります。
もちろん昔の友人に会うヒマなど、ほとんどありません。というか、ヒマはあるんだけど会いに行くことができないんです…。(なので遊びに来てくれると大変嬉しいのですが。独身のみなさん、遠慮は不要ですよ〜!)

しかも人に会えないだけでなく、自分のやりたいこともほとんどできない。人並み外れてちょろちょろする長男を連れていると日々の買物すら困難なのに、まして趣味のものなど見たりすることはほとんどできませんでした。長男が3才頃になるまでは、長男が寝たときだけが唯一のオアシスタイムであったのです。
で、やっと長男の手が少し離れた!と思ったら今度は次男がちょろちょろ…。やっと長男がひとりで遊べるようになったというのに、今度は次男につきっきりです。

その状態で「ママ友が全然できない」「子供を気軽に預けられる近所の人がいない」(他の人は預けあっているのに、です)という状況は、ひとりに慣れっこの私にもややツライものがありました。

だから、長男が幼稚園に入れば「知り合い」程度の関係から脱却できるんじゃないか…という期待を抱いていたんです。でも、近づいてみたらかえって距離があることがわかってしまったんですよね。
そこでいろいろと考えて、出した結論が先日の日記のようなことでした。

でもこのことに気づくことができたのも、長男が幼稚園に入ったから…には違いありません。これからは他のお母さんとも接する機会が増えるだろうし、ひとりやふたりは気の合う人もいるかな、と思っています。


こうして自分のことを考えていて、もうひとつわかったことがありました。
私がこんな性格ですから、ダンナも似たようなところがあり、やっぱり人との付き合い方には独特の距離感があります。
となれば、ふたりの子供である長男の性格もそれに近い…のです、たぶん。

今までは「長男が嫌われるのは、乱暴だし意地悪だから当然だ」と思っていたのですが、中にはあまりそういうことを意に介さないというか…うまい具合にかわしてくれる子もいないわけではなかったのです。
きっとそういう子が、長男と合う子なんですね。

私が「合わないな」と感じている人の子供と、私とダンナの子供である長男が合わない(だから嫌われる)のは当たり前なのでは…ということに先日はたと気づき、私にママ友ができないことや長男が嫌われるのを全部長男のせいにしていて悪かったなあ、とちょっと反省しました。

そうそう、長男ですが、思ったより幼稚園で暴れていないみたいで…。

先生に「お母さんから聞いていたほど、乱暴したりうろうろしたりしないですよ」
「ちゃんと座ってお話を聞いてますよ」
と言われてびっくり。自由時間には、幼稚園の中をずいぶんうろうろしているようですが。

むしろ悪いことをしている子を止めたりしているらしいんです。(それはそれで、うるさい性格だとは思うんですけど(笑)。)
それを聞いて、昔長男と同じようなタイプだった(らしい)ダンナいわく、「意外と集団のルールには従うものなんだよ」だそうで…。

意外と他の子と仲良くやっているみたいで、送り迎えの時に
「あっ、○○(長男)だ!おはよう!」
と寄ってくるような子や、わざわざ
「○○君、ばいばい」
と挨拶しに来る女の子がいたりするのが少し驚きでした。

でも、後で長男に
「あの子は誰?同じクラスの子?」
と聞いたら
「そんな子いた?」
みたいなリアクションで…
人には覚えられているけど人のことは覚えていないんですね、長男ってば。

でもそういえば、私もダンナもそういうタイプかも…。
う〜む、蛙の子は蛙、なんですかね〜。(笑)
posted by はなずきん at 02:12 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: