2005年04月15日

ぐったりの親子登園日

今日は幼稚園の「親子登園日」でした。
お母さんの顔合わせやクラス委員などを決めるものだったのですが、息子が幼稚園で何をしているのか…もちらっと見てきました。

…どうも、けっこういろいろやっているような気がします…。
私が行った時点でスモックと帽子は脱いじゃってるし、靴下も「お着替え用」のものになっています。スモックにはなにやら点々とシミがついているのですが、泥には見えないし、まだお弁当も始まっていないのに、いったいこの茶色いものはなんなのだろう…。

教室の中に水道があるのですが、息子はしばらくそこに張り付いて、水を飲むようなしぐさで口の中に水を入れています。でも、飲んでいないようです(笑)。
いつまでもやっているので「もういい加減にしなさい」と言ったのですが当分離れませんでした。
昔から息子は異様に水が好きだったのですが(他のお子さんよりも明らかに、です)家ではもちろん自由に水道などいじらせていないのですが(そんなことしたら水道代が倍になってしまいます!)園の水道だと先生の目が届かないのをいいことにしょっちゅう遊んでいる…ような気がします。

親たちが教室で話をしている間、子供たちはホールでアンパンマンの映画を見ていたのですが、戻って来た息子は上履きをはいていません。
「どこにやったの?」と聞いたら「あっちに置いてきた」と…。
ホールに戻ったらそこにいた先生が上履きを渡してくれました。

ホールでも、どうやら近所の子にちょっかいをかけていたらしく、あとでそのお母さんから「注意しといて!」と言われてしまいました。
ホント頭が痛いのですが、息子への注意はひと筋縄では通用しないんですよ〜。
優しく言っても厳しく言っても、とにかく話が頭に入ってないというか、もう次の瞬間には同じことをしています。次から次へと止めなければならないようなことばかりするので、親が怒るのにも限界があるのです。

それをなんとかしたいから、プロに預けたんですが…う〜ん、本当に変わってくれるのかなあ、心配になってきました…。
年少さんの4月というのは本当に大変なありさまで、先生の目が届ききっていない…というのもあるのでしょうけれども。
年齢とともに落ち着いていくとは思っているのですが、しばらくの間は息子はやっぱり「問題児」なんでしょうね…。

しばらくしたら家庭訪問があるのですが、先生に何を話されるのか、今からもうドキドキものです。
posted by はなずきん at 23:39 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: