2005年04月12日

幼稚園の先生ってすごい!

今日はあいにくの雨でしたが、長男の入園式に行ってきました。
次男はダンナに預け(夜勤なので昼は家にいるのです)長男と私のみの参加。
長男は幼稚園に行くのは楽しみにしていましたから「今日から幼稚園だね!」と嬉々として園に向かいました。

幼稚園に到着して、入園式に来ているお父さんが多くてびっくりしました!
新入園児は年少、年中合わせて100人くらいだったと思いますが、保護者の男性の姿が30人くらいはいたでしょうか。ほとんどの方は会社を休んでいるんでしょうねえ…。
うちのダンナだったら会社を休んでまでは参加しないだろうな、と思いましたが、男性の育児参加は以前に比べれば進んでいるのだなあと感じました。

受付が済んだらそれぞれの教室に子供のみを預け、保護者はホールで園児の入場を待ちます。
で、いよいよ先生に連れられて新入園児入場…なんですが、最初に入ってきた年中さんはまだしも、年少児が入ってきたらもうホールの中は収集が全くつかない状態になりました。
しくしく泣いて先生に抱きかかえられている子、「おかーさん、おかーさーん!!」と泣き叫んで探しに来る子、きょろきょろと見回して落ち着きのない子。
あちこちから泣き声が響きわたって戦場のようなありさまです…。
で、我が子はどこかいな?大丈夫かな?と探したけど、子供たちが全然きちんとイスに座っていないのでどこにいるのかよくわかりません。

こんな状態で入園式などできるのか?と心配になりましたが、そこはさすが子供相手のプロ!一番最初に先生方が前に出てきて「出し物」をやってくれて、それまで怒号のように響いていた泣き声がすっと小さくなりました。すごい!
子供を産んでから、幼稚園や保育園の先生はすごく大変だろうな…とつくづく思っていましたが、子供をひきつける技には今日は心の底から感心しました。
式次第にある「園長先生のお話」だの「在園児からのお祝いのことば」だの、ちゃんとこの子たちを座らせたまま進行できるの?と思っていましたが、小1時間にもわたる式をいちおう終わらせることができたんですよね。さすがです。
で、長男はどうしていたかというと…出し物に出てきた、ドラえもんの張子(?)に抱きついていました…。(そこで所在がやっとわかりました。)笑ってしまいましたよ。
式の間立ち上がったり、先生のところにいって一緒に踊ったりなどはしていましたが、逃げ出すこともなくいちおう席の近くにいられたのは幸いでした。

何はともあれ、入園式を終えることができてほっとしています。
そして明日から私の「長い休暇」が終わり、朝決められた時間に起きる生活が戻ってきます…。
長男妊娠前から今にいたるまで、朝きちんと起きる必要がなかったのをいいことに、夜更かし朝寝坊のだらけた専業主婦生活をしていたのですが、これからは規則正しい生活を心がけるようにしようと思います。長男と一緒にがんばるぞ!
posted by はなずきん at 01:48 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: