2005年02月25日

高いほうきを買いました

今、近くのデパートで「全国職人芸展」というのをやっています。
その中に「新井ほうき店」という東京の江戸川区にあるお店が出店をしていました。

いままで家で使っていたほうきは、確か結婚当初(9年位前)にホームセンターで購入したものです。
価格は1000-2000円程度だったかな。どこにでも売っているようなごく普通のお座敷用のほうきです。
私は特にほうき派というわけではなく、掃除機ももちろん使うのですが、食事のたびに屑をいっぱい散らかしてくれて、しかも掃除の邪魔が大好きな(掃除機が好きらしく、必ずいじりにきます)息子達がいるので、なかなか掃除機を出してくることができません。
そんなわけで手軽なほうきを使うことが多いわけですが、今使っているものは安いだけあって品質もそれなりというか…年月が経つうちにだんだんゆるんできて、掃くたびに草が取れてくるようになってしまいました。

そこでほうきを新調することにしたのですが、今度はちゃんとしたいいほうきを買おう、と考えていました。やはり安いものはそれなりだし、高いほうきは長い間もつそうですから、結果的にはそちらのほうがお得かなと。
しかし通販などではあまりそういうものを見かけないし、東京も東のほうにはほうき職人さんがいる店が多いようですが、こちら(多摩)のほうにはほとんどそういう店はありません。
なのでデパートでそういう催しがないかな?とここ1年くらいはチェックしていたのですが、やっとそういうお店に出会えたわけです。

広告には7350円のほうきが出ていたのですが、実際そのデパートの出店しているブースに行ってみると、もっと高いもの(1万5千円位)も安いもの(5千円くらい)もいろいろありました。
「何が違うんですか?」と聞いてみたら、「使っている草の質が違うし(高いもののほうが柔らかくはきやすくなっています)編み方も違う。草の量も高いもののほうが多い」んだそうです。
もちろん高いもののほうがしっかりしているし、使いやすそうではあるのですが、我が家の家計状況からいうとやはり1万5千円は高すぎ。かといって5千円くらいのものはややクォリティ不足な感じです。
コストと品質をはかりにかけて、結局は広告に出ていたのと同じ7350円のほうきを買ってきました。

正直なところ、店で見た時は「そんなにこのほうきはいいのだろうか?」とやや疑問を感じていました。そんなに美しく穂先が揃っているわけでもないし、触った感じもすごく柔らかいと感じたわけでもなかったのです。
1万を超す商品はさすがに「キレイ」な感じがしていましたが、このあたりの値段のものだとどうなんだろう…と思っていました。

でも、帰ってきて実際に使ってみたところ、今までのほうきとの差は歴然でした。
今までのほうきに比べると格段に穂が柔らかく、そのため細かいところのほこりも掃き出しやすいんです。はき残しもかなり少ない感じがします。
なんか嬉しくて家中を掃いてしまいました…。
高いけど思い切って買ってよかった、です。
あとは気になるのは耐久性です。こればかりは長期間使ってみないとわからないのですが、長いこともってくれるといいなあ。
posted by はなずきん at 18:14 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: