2004年08月31日

私のパソコン歴

私のパソコン歴は結構古く、いわゆる家庭用パソコンが初めて発売された頃に遡ります。

この手のものが好きだった兄(私は兄がふたりいますが、下のほう)が購入した、NECのPC-6001が私のいじった最初の「マイコン」(当時はパソコンではなく、マイコンと呼ばれていました)でした。
1981年に発売とありますから、かれこれ20年以上前のことですか…。(当時私は中学生でした)

この頃のコンピュータはハードディスクなどというものはついておらず、プログラムを読み込む時はカセットテープを使っていました。”ぴーげろげろげろ”という読み込み音が懐かしいです。


その何年か後、兄がマシンを買い換えました。シャープのMZ-2500というものです。これもPC-6001同様BASICで動くマシンで、私も多少いじらせてもらったと思います。

この頃(私は大学生でした)我が家の兄弟は無線にはまっていて(もちろんみんな免許を持っています。一番簡単な電話級ですが)、パソコン通信を無線でやっていました。
兄の無線仲間でチャットや掲示板などをやっていたのですが、無線なので電波状態が悪いと送信したものが通らなかったり、と思って何度も送信するとあとで何度も出てきたり…なんて今では考えられないようなチャットでした。
兄弟3人で、同じ家の隣の部屋で無線チャットで会話…なんてこともありましたねえ(笑)。

しかしこの時、私がなんのパソコンを使っていたかがどうしても思い出せません。下の兄はMZ-2500を使っていて、上の兄はOASYSというワープロを使っていたことは覚えているのですが…私は自分ではパソコンを買っていないので、誰かから借りていたのでしょうか。


その後大学を卒業して就職して、1年半で転職して入社したのが知る人ぞ知る、倉庫販売を最初に始めた某有名電器店でした。今はその電気店はもう、ありませんが。

私はこの頃は仕事でパソコンを使ってはいましたが、自分のパソコンは持っていませんでした。
会社では主にPC-98を使っていて、入社当初はワープロソフトや表計算ソフトを使っているという程度だったのですが、周りにいろいろ詳しい人がいたので自分でもいじりたくなり、MS-DOSを勉強しはじめました。

そして会社の「システム部」に希望して異動し、まだ当時はあまり一般的でなかった社内LANを組んだり、まだ発売されたばかりの初代「Windows」を使わせてもらったりと貴重な経験をさせてもらいました。
初めてMacを使ったのも会社の仕事ででした。たしか漢字Talk7.1の頃だったかなあ…。

そしてこの頃、初めての「マイマシン」として購入したのがディスプレイ一体型の「Performa575(Machintosh)」です。
このマシンでは主にニフティでパソコン通信や、アクアゾーン(デスクトップで熱帯魚を飼うソフト)なんかをよくやっていました。
某有名電器店に勤めて3年ほど経った頃、私は結婚をしたのですが…
結婚式を挙げた翌日に出社したら会議室に呼び出されて、いきなりのリストラ宣告ですよ。
その前から着々とリストラは進んでいたので、そろそろ来るかなとは思ってましたが、あまりのタイミングに驚きました(笑)。


そして転職。今度は本格的にパソコンを仕事にしよう、と思い、某シンクタンクの系列会社に就職、シンクタンク内の社内パソコンサポートをすることになりました。
この時の環境はパソコン好きにとっては天国のようでした。

なにせ全社員に「ひとり一台」パソコンがあり、すべてが社内LANでつながっていて、インターネットにも接続している。社内連絡などはすべてパソコン経由。

いまやこんな会社はさほど珍しくありませんが、この当時(1996年)ではこんな環境の会社は日本にいくつもなかったことでしょう。
まだ、個人でインターネットに接続するのはかなり敷居が高かった時代です。会社では常時接続できるインターネットの便利さに愕然とし、しばらくして安いプロバイダが出現しはじめた頃、わが家でもインターネット(ダイアルアップですが)を導入することにしました。

会社では最初はMacが主流だったのですが、徐々にWindowsがその座を奪って行き、サポートの仕事ではWindows95と98を使っていました。

ホームページを作る勉強をしたのもこの頃で、私はサポートセンターの社内ホームページの更新を担当していました。
この頃iMacが発売され、私はそのフォルムにひとめ惚れ。5色のiMacが出た時に、アップルストアで安く出ていた「ライム」を購入しました。
そしてそれをきっかけに自分のホームページを持つことになったのです。


そして5年ほど勤めた頃、諸事情あって会社を辞め、その後妊娠して出産。
ADSL1.5Mを導入したのは長男を妊娠している時だったでしょうか。
その間ずっとiMac(ライム)を使い続けていました。

ところが!ついこの間(2004年7月)、そのiMacのHDDがいかれてしまい、全く起動しなくなってしまいました。修理することも考えたのですが、もうかなりスペック不足になっているiMacを治すよりも新しいマシンを導入すべきだと判断。
ダンナがWindowsを使っていて、LANでつながっているのにあまりメリットがなかったことと、経済的な問題もあり、私もWindowsマシンに鞍替えすることになりました。
そして購入したのが、DOS/Vパラダイスというアキバのショップのオリジナルパソコンです。今回は外見よりスペックを重視したので、筐体は安っぽくて真っ白、ふた昔前の冷蔵庫のようです(笑)。
そして我が家初の液晶ディスプレイ(三菱の15インチ、RDT-158V-N)を導入。(←これ、2019年現在も使っているという…長持ちですね…)
ダンナと同じ環境にすべくWindows2000を入れました。

なおiMac時代に使っていたライム色のエプソンのプリンター、PM-770Cはまだ健在です。
問題はせっかくWindowsにしたのにダンナのマシンがネットワーク上に見えていないこと…。
近日中になんとかしたいものです。

しかしこうして書いてみると、パソコン歴は私の歴史なのですねえ。
が、私が今後パソコン関係の仕事をすることはおそらくないでしょう。なぜならあまり使っていると目が疲れて、極端に視力が落ちてしまうことがわかったからです。
すでに強度の近視である私は、これ以上目が悪くなったら暮らしていけないので、これからはあくまでも”趣味”としてパソコンと付き合っていくつもりです。

posted by はなずきん at 02:10 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: