2019年09月04日

ブログを書く、続ける、ということ。(後編)剣道とブログは、私の両輪なのでしょう。

ブログを書く、続ける、ということ。(中編)「自分の人生の主人公は、私自身なのだ」という観点。 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

やっぱり最近、空が好きです。(笑) これは8/31の夕方の空ですね。
IMG_7868_1.JPG


さて、本題です!

私がブログに剣道のことを書こうと思った時に…既存の剣道ブログとは違う視点から書きたいと思っていました。
そもそも、私の「剣道好き」の視点自体が、普通の人とはだいぶ違う気もしてましたが(笑)

子供に剣道を習わせるようになって、警察に移ってから…
教えてくれていた先生の稽古がすごくユニークで、それを見学するのがものすごく楽しくて、その様子をまず紹介したいと思ったのが、剣道のことを書き始めたきっかけでした。

そのころ、私はあちこちの剣道ブログを見てみましたが、そもそも剣道のことを書いている人が少なかったうえに…

リバ剣おじさんが淡々と稽古の内容を綴っているような「稽古日誌」
すでに悟っている高段の先生が書いている「剣道論」みたいなもの
小さい頃から剣道を続けていて、当たり前に剣道が上手い人が書いているもの。

そんな感じのものがほとんどで、私が読んでいて楽しいと感じられるようなものはほとんどなかったのです。

そのうちに、自分も剣道を始めたので、同じような立場の人はいないだろうか…と探してみたときに、稀に、初心者から始めた人が書いているブログもありましたが…、そういうのはたいてい、途中で終わっていたり。

私が剣道を始めた時は、剣道をやっている大人は周囲に全然いなくて、私が剣道について語りたくても語る相手がいなくて、でもそのことを話したくてしょうがなくて…、(笑)
だから「剣道に恋している」私が、剣道への愛を綴る「ラブレター」みたいなブログを書こう…、そう思ったのです。


私が剣道をはじめようと思った時に…、考えていたことがあります。
母と子の剣道日誌(59)武士道シックスティーンを読んで…私にとって剣道とは?(後篇)で、書いたことなのですが。

剣客商売や鬼平犯科帳を読んだ時も、どんなピンチの時でも勝つ主人公たちをカッコイイと思っていました。
小説を読んだり、映画やドラマを見てそういう高揚感を感じる事はよくありました。でも、実際に自分が「戦って」勝つような事はほとんどしてこなかったのです。
小説の登場人物の、平蔵や三冬たちは「好きだけど、遠い存在」だと思っていました。

でも私は、剣道をやりたい…と思った時…自分が「応援している側」ではなく「応援される側」になりたかった、のです。
小説のヒーローたちほど強くはなれないのは確かですけれども、それに近づきたかったのです。
そして今は、その一歩を踏み出すことができている、のです。


未経験で、上手くいく見込みが低いものを45歳から始める…ということは、非常にハードルが高いことでしたけれど…
でも、いつでも自分は「今が一番若い」わけですから…
すごくやりたいと感じていることを、やらないで後悔するよりは、やってダメで諦めるほうがまだいい、と私は思ったのです。

小説のヒーローやヒロインたちに近づきたいという想い。
それこそが前回も書いた
「自分の人生は、私自身が作っていくものなのだ」
という、気持ちの現れだったのでしょう。

「剣道をしていくということ」がやや困難な道だったからこそ、私はそれをより、はっきりと自覚していったのではないかと思います。

実際には…、いつまでも下手くそで、ちっともかっこよくなくて、ヒロインどころではなかったのですけど(笑)
最近になってようやく「かっこ悪くないという程度になれた」くらいなんですけどね。


私のそんな剣道に対する想いは、ブログの執筆をしていくことでなお、強化されていたと言っていいでしょう。
ブログに書いた思いを剣道につなげ、剣道で感じたことをブログに書いて…

時には昔の記事を読んで初心に返ったり。
いろんな人からコメントをもらって気づきがあったり。


そして、長年努力してきたにもかかわらず、なかなか上達できないのに疲れて…私が剣道をやめたいと思ってしまった時にも。
私を救ってくれたのは、ブログでつながっていた人たちだったのです。
本当に、このブログなくして、私の剣道人生はなかった、と言っていいのかもしれません。




剣道小説のヒロインは、たいてい剣道が上手いのですけれども…
このブログでは、ちっともかっこよくなくて、下手でも必死にあがいている私のことを書くことこそ、リアルなのかなと。
それはそれで、読んでいる人に何かを感じてもらえるのかな、と思っています。

初心者スタートでも、センスがあって、さして苦労をしなくても上手くなっていく人もいますけれども…
もし私がすぐに剣道が上手くなってしまったら、こんなにたくさんのブログを書くこともなかったのかな、と思います(笑)


剣道を全くの初心者から始めて、その上達(あるいは挫折?)の過程をこれだけ詳細に、長期間にわたって書いてあるブログは、他にないと思います。
当初はそれを意識して書き始めたわけではなくて、ただ私が剣道をやってきたうえで、書きたいと思ったことを綴ってきただけなのですが…

その蓄積こそが「私にしか書けない」ことなのだ、と。最近あらためて自覚をしたのです。

初心者から剣道を始める大人は決して多くはなく、剣道人口全体から見たら、まだまだ少数派です。だからこそみんな、私と似たような苦労をしているのではないかと思うのです。
だから、特にそういう人たちに、何かを伝えることができたらいいな。最近は、そう思って書いています。


私のブログでは、剣道の技術的なことはあんまり書いていませんよね。
それは、自分ではあまりできていないから、というのもありますけど(笑)
私にとっては、たぶん「技術そのもの」よりも…

剣道に向かっている自分、剣道で接する先生や剣友たち、剣道で感じる楽しさ…

そういうものを表現したいのですよね。


私のブログを読んでも、剣道はうまくならないと思いますけど(笑)
剣道が楽しい、面白い、そういう気持ちを、みなさんと共有していけたら…
それが、私にとって、うれしいことなのです。


めったにコメントをもらえることはないのですけれども(もらえると大変うれしいのですが…!)
アクセス数、ブログランキングという形で、私のブログを楽しんでくれている人がいる、と感じられるから、私はブログの執筆を続けられるのだと思っています。


これからも、このブログをご愛読いただければ、幸いです。


「ブログを書く、続ける、ということ。」の話は、これで終わりです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 04:54 | Comment(12) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
38歳で息子とともに剣道を初心者として始め、歴2年半になります。リバ剣の方や小中学生はどんどん上達するのに、私の方は一向にうまくならず、稽古のたびに「もうやめようかな…」という考えが頭をよぎります(たかだか2年半程度の経験で何を言うか、とおしかりを受けるかもしれませんが)。はなずきんさんのブログを読んで「…もう少し続けよう。やめるのはいつでもできるから」と気を取り直しています。
Posted by Mex at 2019年09月04日 12:12
Mexさん、はじめまして!
コメントいただき、とても嬉しいです♪

Mexさんも大人から剣道を始めたのですね。
そして苦戦されているのですね…、よくわかります、そのお気持ち。
リバ剣の方や子供と比べると、圧倒的に上達が遅いのは、ある意味仕方ないのです。
でも…38歳スタートなら…まだまだ、お若いですよ?(笑)

初心者から始めて2年半というと…、人にもよりますけど、これまで運動経験の少ない方だと、やっと体ができてきたかな?というあたりだと思います。
剣道は姿勢がとても重要なので、体幹ができていない人は、先生の言う通りにしようと思ってもなかなかできないのです。私はそれが最近やっと、わかったのです(^^;

でも、2年半、がんばってこられたのですから…
それなりの力はついていると思います。
ここでやめてしまうのはもったいない、です。

真面目に稽古しているのに上達できないとしたら「何か、足りない部分がある」のだと思います。それはただ稽古をこなすだけではなく、自分で工夫をしていかないといけないのです。
おそらく、体のどこかの筋肉が弱いか、姿勢に問題があるのではないかと思います。

その「足りない部分」が何なのかは、自分ではわかりづらいと思うのですが…
先生にじっくり相談してみたり、過去記事にもあるように、整体などの体のプロに聞いてみたりするといいのではないかと思います。
また現在の段位や「何がうまくできないのか」を具体的に教えていただくと、多少はアドバイスもできるかもしれないです。

Mexさんが、私のブログを読んで、やめるのを思いとどまってくださっていると聞いて、ブログを書いてきて良かった!と思いました。まさにそういう方のために書いているブログなのです。
もっとみなさんで、ここで情報交換できるといいんじゃないかとも思っています。
またどんどん、コメントください♪
Posted by はなずきん at 2019年09月04日 12:39
はなずきん様
お返事ありがとうございます。
6月に二段をいただきました。しかし中学生やリバ剣の方の二段とは程遠い腕前です…。
今の課題は、「左足に乗って打つ」ことでしょうか。面打ちで飛び込む時はどうしても重心が早く前に出てしまい、上体も崩れるし、右足が早く着地してしまいます。先輩や先生には「もっと左足に乗って」と言われます。たしかに諸先輩方を見ると、左足はギリギリまで離床せずに打っている。でも打ったと思ったらすぐに前に引き付けているので姿勢が崩れないみたいなのです。利き足ではない左足に体重をかけて安定した姿勢を保つことは今までの人生でほとんど経験のない動作なので、すごく難しく感じています。
Posted by Mex at 2019年09月04日 22:16
Mexさん

お返事ありがとうございます。
二年半で二段なら…、普通に順調に昇段されているではないですか。初心者スタートの方としては早いほうだと思いますよ。
きっと私が二段になったばかりの時点より、上手なのではないでしょうか。

もちろん、中学生やリバ剣の二段の方とは、今は圧倒的な実力差があると思います。それは、やっている年数もやり始めた年齢も違うのですから、当然なのです(^^;
体が柔軟なうちに体で覚えた人とは、大きな開きがあるのは仕方ありません。
そこを基準にしてしまっては、いけないのですよ(笑)

おそらく同じような剣道歴の方が身近にいないから、ご自分だけができていないような気がされているだけではないか、と思います。

左足に乗って打つなんて、大人から始めた人には相当、難しいですよ。
二段に昇段した時点では「できなくても当然」と言っていいくらいかと思います。まだこれからじゃないでしょうか。

私もついこの間までほとんどできてなくて…、自分の足裏のアーチが崩れていたのでうまくできなかったのだ、ということがわかって、足裏のマッサージをされてから、なんとか改善されたんですよ。今でもあんまり左足に乗れてない気がしますよ(笑)

私自身があんまりできてないので、具体的なことは言えないのですが…、
私にアドバイスをいただいた、定点観測人さんにも、改善の方法があるか聞いてみていいですか?きっと役に立つアドバイスがもらえると思います。少々お待ちいただけますか?
Posted by はなずきん at 2019年09月04日 23:50
私もはなずきんさんのブログに励まされている一人です。やめるというお話が出たときに、びっくりして「やめないで!」のコメントを書いたのですが、コメントはそのときしかしてませんでした。これからはもう少しコメント書くようにします!

私はアメリカで息子とともに42歳で剣道を始め、現在2級です。週に1回しか練習していない(息子がいやいややっている状態なので週2回、3回連れ出そうとするとやめちゃいそうなのです)のもありますが、日本の大人で始める方の昇段の速さには驚きとあこがれを感じます。私の所属する会では、大人も子供も6級からのスタートですので、半年に1回の昇級試験を受け続けたとしても初段まで4年は確実にかかります。私は2年目くらいから受験し始めて、でもたぶん秋の昇級試験での1級の受験は見送ると思います。とてもそこまでのレベルに自分がなっていないと思うので、、。その前に先生に受験をOKしてもらえないと思いますが、、。

私も全然上達せず、先生にはいつも同じことを言われて落ち込むばかりなので、似たような悩みを書いていらっしゃったこのブログは本当に励みになりました。はなずきんさんみたいに、稽古の日以外の普段の地道な練習やトレーニングが必要なんだと思うのですが、なかなかできない自分が情けないです。

でも、気長に続けていつかは初段!というのが目標です。これからもこのブログを楽しみにしています!
Posted by kero at 2019年09月05日 03:28
Mexさん
横から失礼いたします。
はなずきんさんから紹介?いただきました。

私も同じく現在二段です。大人から始めて3年過ぎました。
剣道は不規則な体の動かし方をするため意識しながらじゃないとなかなか難しいかと思います。
ただはなずきんさんも書かれているように、年齢と経験期間と昇段のご様子だと悲観する必要ないかと思われます。
上手くいかなくても少しづつ普段の稽古で意識していくと徐々に改善していきますので根気強くやっていきませんか。

懸案の「左足に体重を乗せる」という打ち方はそうそう出来ないです。まだ時間が必要でしょう。書いている内容で推察するには今年いっぱいの期間で徐々にクリアしていっても良いと思います。

当たり前の話として全体重を左足に掛けてしまうと始動が遅れてしまいます。たった1本の足で数十キロの体重を動かすのですから。
だから私の今試している考え方として書かせてもらいますね。
(私は先生じゃないので、あくまで私の見解です)

(1)
先生などから言われた通りの足幅で構えた時に、左足のひかがみはなるべくピンと伸ばしておくこと。これは左足つま先で床を蹴る時に膝が曲がってしまうと力のロスが生じるからです。前後の足幅はあまり広げすぎないで良いでしょう。
左足のつま先で床を蹴る(押す)力が左足を伝わり、左足の付け根からお尻、つまり上体を前方に押すイメージになります。

(2)
また押し出す前に右足膝を軽く曲げておくこと。これは重心を下げることと、左足付け根(太ももとお尻の接続部)と上体をくっつけやすくできるため、押し出しがしやすくなります。足と上体がしっかりくっついていないと先ほどの話のように左足で床を蹴りだした時の力がロスしてしまいますから。
ですがあまり体重が左足にばかり掛かってしまうと始動が遅くなります。
体重は両足で支えつつ、若干左が多く支えているイメージで。

(3)
これで構えてみて、左足のつま先に少しだけでも力を入れたら上体が前に動くような立ち姿・構えがベストです。
やや前目に重心を置くと軽い力で前に移動しやすくなります。

(4)
左足のつま先で床を蹴って(押して)前に移動します。この動作は「飛ぶ」のではなくて、地面にある水たまりを「跨ぐ」という感覚でいいです。
この時左足先で生み出された力が足を伝って左足付け根(太ももとお尻の接続部)で押す感覚です。左足が棒で、その棒で上体を斜め下から前方に「押し出す」感じになります。これが言われている「左足に乗る」になるでしょう。
つまり、あくまで下半身が先に始動してそれにつられて上体も移動すことになります。
上体が下半身より前に行ってしまうと「崩れ」の形になります。打ちたい気持ちは腕に力を入れてしまい上体を流れやすくしますから腕は力まないように。

打突は背筋を使う必要があるので、あくまで背中は床に対して垂直が望ましい、そのまま平行に前方に移動するイメージで。
「跨ぐ」歩幅は慣れないうちは短くていい、慣れだしてから距離をかけていけばいいです。

(5)
上記のやり方で打つことができれば、右足の踏み込み時に大きな音が出るようになります。これは重心が右足に移動したことを示しています。
また上体が床に垂直のまま打つことができれば自然に左足の引きつけは自然な動作で行えます。
左足の引きつけが悪い、足が残ったようになっているのは、上体が前方に寝ているからです。
上体を立てて打つと左足の引きつけは意識しなくとも自然に行えるはずです。

また打突より先に右足が付いているのは、打ちが遅いのだと思われます。
恐らく書かれているのは早い面打ちだと思いますが、その場合左足を蹴ってから腕を自然に前方に伸ばして手首だけ前に倒してコンパクトに動作してください。
腕の伸ばしは素早く。力んでしまうと動作が遅くなるので力まず伸ばすのがコツです。

打突の原理を文章にするととても難解になってしまいます。
これだけでも分からないと思いますし、ご自身のコツを掴むヒント程度にしていただければ。
Posted by 定点観測人 at 2019年09月05日 06:11
keroさん

おひさしぶりです。っていってもそんな前じゃないですけど(笑)
いろいろあったので、私にとってはすごく前な気がしてますよ〜。
コメントいただき、うれしいです。

私のブログを楽しみにしていただいているとのこと…、光栄です♪
ますますがんばって書かないと(笑)

keroさんのブログもちょっと拝見しました。(以前URL書いてましたよね)
2007年からブログを書いているのですね!私とけっこういい勝負ですね(笑)


でも、剣道をやる人って、私みたいに力入れてる人ばかりでなくていいと思うんです。よっぽど好きで暇でない限り、普通は無理ですよ(笑)
大人はそれぞれみなさん、いろんな事情があるでしょうし…。
どんな人でも、楽しんで剣道をやれるような環境が整っていくといいなと思っています。

このやりとりをしていて思いついたんですけど…、
初心者スタートの方専用の、交流掲示板があればいいんじゃないかなと思ったんですよね。日本ですらもそういう方って、ひとつの会で数人いれば多いほうで…まして海外だと剣道人口自体が少ないですからね(^^;
他に大人がいなかったりとか、いたとしてもリバ剣の方とのレベルの違いに、孤独感を感じている方も多いのではないかと想像しています。

コメントのやりとりだけだと、連続性がないのが難点なんですよね。掲示板なら複数の人でひとつの話題をやりとりできていいんじゃないかなと思うのです。
私も他の方の「初心者スタート剣道事情」をもっと知りたい気がしますし…。
近日中にそういう掲示板、作るかもしれないです。
Posted by はなずきん at 2019年09月05日 10:13
定点観測人さん

お呼びだてしましてすみません。アドバイス、ありがとうございます!
私だと技術的な話があまりできないので、とても助かります♪

上で書いたように、初心者スタートの方限定の掲示板を作ることも考えています。
そこの専属顧問になっていただきたいくらいなんですけど…(笑)
Posted by はなずきん at 2019年09月05日 10:20
はなずきんさん。

掲示板というのは、いちに会の大人初心者板のようなものですかね?
たしかにどの位のニーズがあるかは分かりませんが運営にコストが掛からないなら良いかと。

でも私は顧問なんて大層な肩書きは苦手です(^^)同じ初心者出身としてアドバイスは何か出来るかもしれないです。
Posted by 定点観測人 at 2019年09月05日 12:48
お返事ありがとうございました。
私のほとんど更新しないブログもご覧になってくださったとは、恥ずかしい限りです、、。

定点観測人さんのコメントも、本当に勉強になります。

掲示板、、そこまで考えてくださって、本当にありがたいですが、ふだんはほとんどコメントしないので、どうでしょう、書き込む方がたくさんいらっしゃるのかどうかは未知数ですね。私みたいな大人初心者の仲間がいることが分かったら嬉しいかもしれないですが。はなずきんさんのご無理のないように、掲示板を作るかどうかをお決めくださいね。
Posted by kero at 2019年09月05日 13:03
keroさん。
横から失礼します。

週1回の稽古ですか、、、条件が厳しいですね。
それで稽古で毎回同じことを言われ続けると、誰でも疲れて足が重くなってしまいますよね。

もし上手くなりたいと思い、その労苦をある程度厭わないのだったら、できれば週2回稽古に足を運んでみてください。
上達はどうしても稽古量に比例する部分があるからです。

アメリカと日本では昇級するスピードが違うようで、それも大変でしょうけれど、時間を有効に使って1回でも多く稽古を重ねてみてください。
できないことは恥でもなんでもありません、先生に細かく聞いてみるのも手です。

そうして、今まで費やした時間分の喜びを是非手にしてください。
Posted by 定点観測人 at 2019年09月05日 18:27
定点観測人さん>

>掲示板というのは、いちに会の大人初心者板のようなものですかね?

そうですね、そんなイメージかと。

>たしかにどの位のニーズがあるかは分かりませんが運営にコストが掛からないなら良いかと。

無料掲示板で探すつもりです。

>でも私は顧問なんて大層な肩書きは苦手です(^^)
>同じ初心者出身としてアドバイスは何か出来るかもしれないです。

肩書きは別に顧問じゃなくてもいいのですが(笑)
大人初心者スタートで、定点観測人さんほどの技術的なアドバイスができる人は、なかなかいないので…、

子供の頃から剣道をしている人には、なかなか大人から始めた人の苦労する点がわからないですからね…、定点観測人さんがいてくださると、大変心強いです。


keroさん>

>私のほとんど更新しないブログもご覧になってくださったとは、恥ずかしい限りです、、。

海外をあちこち引っ越しされているのに、ブログは脈々と続けられていてすごいなと思まいした。

>掲示板、、そこまで考えてくださって、本当にありがたいですが、ふだんはほとんど
>コメントしないので、どうでしょう、書き込む方がたくさんいらっしゃるのかどうかは
>未知数ですね。私みたいな大人初心者の仲間がいることが分かったら嬉しいかも
>しれないですが。はなずきんさんのご無理のないように、掲示板を作るかどうかを
>お決めくださいね。

ニーズがあるかどうかは、私もよくわかりません。
でも、私のブログを読んでいる方は、それなりにいるようなので…
たとえ10人くらいでも、同じ立場の人が語り合えたら心強いと思うのですよね。なにしろ私たち、少数派なので(笑)

私は以前、せっけん関係の掲示板も運営していたことがあるんですよ。だから、そんなに苦ではないと思っています。
あまり流行らないようだったらやめますので、ご心配なく(笑)
Posted by はなずきん at 2019年09月05日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: