2019年08月19日

「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。(その1)計画を立てるまでで、一苦労。

まずは、本日の一枚…いや二枚です(笑)

娘が通っている陶芸教室で作った「蕎麦猪口(そばちょこ)」です。
IMG_7412.JPG
うちの長男はそれはもう、蕎麦が大好きで。
しょっちゅう、家でそばをゆでて食べてるので、娘に蕎麦猪口を作って欲しいとリクエストしていたのです。

これは、私と娘が使うために作ってくれました。(他の家族は違うデザインです)
私が頼んだわけではないのに、富士山をイメージして作ってくれたんです。さすがわが娘です(笑)
IMG_7417.JPG
青いほうはいわゆる「普通の富士山」のイメージで、赤いほうは「実際の富士山の土の色」のイメージだそうです。

うん、確かにこういう色ですよ、富士山の土って(笑)
「富士山の地形萌え」の私の心をくすぐる、なかなかの出来です。


さて、本題に入ります!

母だけ?の剣道日誌(85)ひさしぶりの、次男の稽古参加は。 で、書きましたが…、

高校に入ってから、成績は悲惨だわ、やる気はないわ、の次男。

数学で「1」を取ったから、ショックで少しは持ち直すかと思ったら…、
夏休みに入ってからも
「やる気がない」
と、顔に書いてありましたよ…(笑)

部活に行く以外の日は、ほぼ「ゲームをやっているだけ」…、
前と、全然変わらないじゃないの!?


家族の中ではもっとも「インドア派」の次男。
外出をめんどくさがる次男は、ひとりで出かける機会自体がほとんどありません。
家族旅行に行ったとしても、次男が自ら動くことは、ほとんどないのです。

なので…、行動のすべてを自分でやらなければいけない「一人旅」に行かせてみようと思ったのです。

もう少し自由になる時間があれば、リゾートバイトみたいなのをやらせようと思ってたのですが…、
夏休みも演劇部の活動があり、空くのはお盆前後の1週間くらいしかなかったので、それはちょっと無理でしたね(^^;

いくつか問い合わせてはみたのですが、
「高校生、住み込み、短期間」
という条件には無理があったようで。
家の近くでも探してみましたが、高校生で短期間(お盆だけ)…ってありそうでないんですよね。


なので、一人旅にすることにして…、
「計画は自分で立てなさい!」と言ったのですが、
いつまでたってもやりそうにありません(^^;

「どこか行きたいとこないの?このあたりという感じでも、興味のある場所でも、なんでもいいから」
「そんなのが、全然ないから困ってるんだよ。別に行きたくて行くわけでもないし。」



お金は出してあげるって言ってるのに…(お年玉を親が貯めてたものですけど(笑))
「全然、行きたいところがない」…っていうこと自体も、どうなのよ、次男。

長男や娘だったら、お金を出してあげるなんて言ったら、嬉々として旅行に行きそうですけどね。
次男、そんなんだから、世界が狭いんですよ〜(^^;


とりあえず、「青春18きっぷを使う旅」ということは私が決めました。
私も学生時代、青春18きっぷであちこち行きましたので…。

青春18きっぷというのは…
「普通列車のみが、一日乗り放題の切符」が5枚セットになっているものです。快速は乗れますが、急行や特急は乗れません。もちろん新幹線も乗れません。
名前は「青春18きっぷ」となっていますが、年齢制限はありません。小学生も老人も、同じ値段です(笑)

お値段は5日分で11,850円。分割はできないのですが、1日あたりとすると2370円になりますね。

つまり、2370円で1日間有効。JRならどこでも乗れて、途中下車もありの切符なのです。
私は昔、東京から福岡まで1枚の切符で行ったことがあります。20時間くらい、電車に乗りっぱなしでしたけどね(笑)
現在は昔より普通列車の乗り継ぎが悪くなっているのですが、小倉まで行くことは可能なようですね。

青春18きっぷは、時間はあってお金はない、若者にはぴったりなきっぷなのですよ(笑)


あと、次男は旅先で人と交流したほうがいいと思ったので、ユースホステルを勧めました。
ユースホステルというのは、主に若者対象の安価に泊まれる宿で、世界各地にあるのですが。
年齢は関係なく泊まれますが、基本的には相部屋です。(個室のあるところもあります)
大きいところもありますが、家族経営のようなアットホームなところも多いです。
夕食の後にたいてい「ミーティング」というものがあり、他の宿泊者やオーナーと交流したりできるのが特徴です。

私が子供の頃は、YHはあちこちにあったのですけどね…、
最近は流行ってないのか、だいぶ減ってしまったようですが。


どこの地方に行くのかも、次男にはなんのビジョンもなかったのですが…、
青春18きっぷで行くとなると、関東近郊、甲信越、東北あたりがいいかなと私が考えていて…
(もっと遠くにも行けますが、相当電車に乗ってる時間が長くなるので…)

あ、そうか。東北、といえば…、
「東日本大震災の遺構を見てくる」とか、いいんじゃないだろうか!?
とふと、思いついたのです。

次男が東日本大震災を経験したのは、小学校1年生の時のことです。
次男はある程度のことは記憶にはあるようですし、大きくなってからも映像だの写真だのは何度も見ていますが…

外に出歩くことが少なく、本やネットやテレビの知識だけで”わかったような気がしている”次男には、そういう「実物体験」が必要なのではないかと思いました。
本当は、私も見るべきなのでしょうけどね…、

次男にそう言ったら
「それは、いいかも。じゃあ、そうする」
とのことだったのですが…
それ以後も、計画は遅々として進みませんで(^^;

「計画、できたの?お盆なんだから、早めに宿取らないと」
「うるさいなー!行きたくもないから、やる気にならないんだよ!
あ〜めんどくせ〜」


みたいな会話を、何回、したことでしょうか(笑)


全然、計画が進まないのにしびれを切らした主人が、次男にいくつかの案を出して…
それを取捨選択しながら、次男はなんとか計画を立てました。

いざ計画を立ててみたら、ほんの1日くらいで内容がほぼ決まったので、
「俺は、なんで今までやろうとしなかったんだろう。バカだな」
って、自分で言ってましたよ…(笑)

(続く!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 07:07 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: