2019年07月20日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その12)2日目、お鉢巡り前半、剣が峰〜吉田口まで。超、楽しいです!

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その11)2日目、日本最高地点、到達! より、続いています。

私は、剣が峰を降りたところで主人と別れ、時計周りにお鉢巡りを開始しました。

7月初めころは、頂上付近の残雪のため、お鉢巡りコースの一部が通れなくなっている…という情報があったのですが。私たちが行く直前に、山小屋に電話して確認したら「もう、通れるようになったらしい」と聞きました。
これも、ラッキーな出来事のひとつだったのですよね。


剣ヶ峰の斜面は、まだ雪が残っていました。誰か、雪に落書きしてますよ?(笑)
IMG_7125_1.JPG

ところで。
何度も書いていますが、私のパソコンのロック画面は「富士山の山頂部分の空撮映像」になっています。

↓下記の写真がそれなのですが。
YAMA HACK「富士山の絶景画像厳選34!高画質で壁紙にもおすすめ!」より拝借しています。
add91af71dcd4f47ee9a3fc483069b5f.jpg

私はこれを、ほぼ毎日眺めていたのと、頂上付近の模型もよく愛でては地図と比較したりしていたので、頂上付近の地形は、ほぼ頭に入っていました。

もう、私、富士山の地形が、可愛くしょうがなくてですね〜。

えっ、意味がわからないですか?(笑)
でもですね〜、私、本当に富士山の地形を見るだけでドキドキするんですよ…(←なんでやねん!)

その、いつも見ていた「お鉢巡り」をするのですから、私が楽しくないわけがありません。ウキウキして火口付近の地形を眺めつつ、あちこちで地形を激写しながら、歩いていきましたが…
こんなにお鉢巡りを満喫しまくっている人も、珍しいと思います〜(笑)

剣ヶ峰の先、西安河原の近辺は眺めがいいです。雲海の向こうに山が見えます。
IMG_7127_1.JPG

↓下記の写真は、横のほうからしか見ることができなかった「大沢崩れ」。
富士山で唯一、斜面が大きくバックリと縦に割れている場所なのです。もっと近くで見たかったな〜。
IMG_7132_1.JPG

頂上付近の火口の真ん中が「大内院」(3537m)と呼ばれる禁足地なのですが、こちら↓の火口は「小内院」と呼ばれています。
頂上付近では特徴的な地形のひとつで、私の萌えポイントです(笑)
左上のカクカクしている岩は「釈迦の割れ岩」と呼ばれるものだそうです。このあたりは”白山岳”なのですが、それが昔釈迦岳と呼ばれていたためだそうです。

IMG_7136_1.JPG

奥のぽっこりしている盛り上がりが、剣ヶ峰の次に高い「白山岳」(3756m)です。
IMG_7147_1.JPG

東京から見た場合、右寄りのほうに一番高く見えるのがこの「白山岳」なのですが。
東京から見るとけっこうとんがって見えるのですが、近くで見ると案外丸いんだな…、と思いました(笑)。
(一般の方には、どうでもいいポイントですね!(笑))

頂上で水が湧き出るというスポット「金明水」を横目に通り過ぎます…。
IMG_7138_1.JPG

そこを過ぎると、スタートからほぼ半分の地点の「吉田口頂上」です。
私は昨年、こちらのほうから登りましたので、このあたりは見覚えがあります(^^)

吉田口の登山道は、昨年のスゴイ台風の時に頂上の下の道が崩れ、修復をしているところでした。
吉田口は本来は7月1日が山開きだったのですが、この日(10日)にやっと道が開通したようです。
IMG_7142_1.JPG

こちらには「浅間大社の奥宮の末社」である「久須志神社」があります。
お守りなどの置いてあるものは、浅間大社奥宮とほぼ、同じなのですが…
こちらには、頂上から湧く「ご霊水」である「金明水」を買ってしまいました。

金明水のボトル。普通だったらご霊水なんて「ガラス瓶」とかに入れそうなものですが…さすが頂上だけあって、超そっけないプラスチックボトルに入っています(笑)。
頂上まで運ぶことを考えたのと、リュックに入れて持ち歩くわけだから、壊れては困るわけですよね。
IMG_7403_1.JPG

私は「飲用」にできるのかと思って買ったのですが…

「御神前、書道、華道等でご使用ください」
※飲料水ではありません。


と、外箱に書いてありました(^^;
うちはそんな使い道、ないんだけどなあ(笑)。何に使おうかな…。


御殿場口、富士宮口のほうは山小屋はまだ開いていませんでしたが…吉田口のほうは、いくつかが開いていました。
ちょっと疲れてひと休みしたかったので、私は山小屋「山口屋」に入ることにしました。

奥のほうに見えるのが「山口屋」です。
IMG_7145_1.JPG

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村



posted by はなずきん at 19:50 | Comment(0) | 富士登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: