2019年07月19日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その11)2日目、日本最高地点、到達!

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その10)2日目、浅間大社奥宮と、私の「火口の地形萌え」 より、続いています。 

剣ヶ峰に登っていく道は、けっこうな急勾配で、通称「馬の背」と言われている場所です。お鉢巡りの中でも、けっこうな難所だと聞いていました、が…

これが少し離れたところから見た「馬の背」です。
IMG_7082_1.JPG

これが登りながら撮った「馬の背」です。確かに急勾配ですね。
IMG_7089_1.JPG

確かに、ザレ(砂や小さい岩の混じった)道ではあり、一歩一歩しっかり踏みしめて登らないと、かなり滑りやすいのは確かでしたが。
IMG_7088_1.JPG

トレッキングポールがあれば、滑っても踏ん張れるので、そんなに大変ではありませんでした。しばらく天気が悪かくて地面がやや湿っていたのもあって、私が歩いた時はそこまで滑らなかったんですよね。
(ポールがなくて脚力がない方だと、ちょっと大変かもしれません。)

距離も、想像していたより短かったので、え、もう終わり?と思いました。
私は馬の背の下から登り始めてから、途中写真を撮りながらでも10分で上に到着できました。
「馬の背は大変だろうな」と覚悟してきたのですが、実際は「楽勝」だったのです。

「馬の背」が終わり、石積みの階段で登れる場所です。
IMG_7090_1.JPG

そして…正真正銘。 

やってきましたよ、「トップ・オブ・剣ヶ峰」(3776m)に!


IMG_7123_1.JPG

大人になって頂上まで登ろうと決意してから。3年間かけて、やっとここまで来れたのです。
中学生の時に頂上に登り損ねた時から考えると、実に40年越しの目標達成ですよ。

日本最高地点に登った気分は…最高でした!

私の大好きな富士山の、一番高い場所にやってきたんだ。
何度も写真やgoogleマップで眺めていた場所だけに、めっちゃ気分上がりましたよ!

IMG_7091_1.JPG

思っていたより、「剣が峰」の上の部分は狭かったです。でもそんなにたくさんの人はいなくて、すぐに記念写真を撮れました。外人さんが非常に多かったです。
↓どこの国の方だかわかりませんが、こんな旗持ってきてる方がいるんですね(笑)
IMG_7092_1.JPG

主人も、私の後からやってきまして…ふたりで写真を撮りました。
主人はだいぶ疲れていたようですけど、さすがに、剣ヶ峰まで来れたことは嬉しそうでしたね。
なんたって「3度目の正直」ですから。

IMG_7119_1.JPG

前回もそうでしたが、私は富士山の頂上にいる時は、かなり元気になるようなんですよね。
一番空気が薄いはずの場所なのに、なんででしょうか。私にとっては、パワースポットなのかも(笑)

最初は主人と一緒に下山しようかと思っていましたが…、まだ時間は朝6時くらいなんです。これから、この日宿泊する宿に下って行ったら、朝8時くらいに着いてしまうでしょう。
まだ時間はたっぷりあって、私は超元気だったので…、やっぱり、お鉢巡りはしたいなと思ったのです。

主人にそう告げて、私だけお鉢巡りをすることにしました。そして主人はやっぱり疲れているので、そのまま山小屋に戻ることにしたのです。
剣ヶ峰で主人とは別れて、私は時計回りにお鉢巡りを開始しました。

ところで。
剣ヶ峰はずっと来たかった場所だったこともあって、私は地形をほぼ覚えていたのですが、実物を見るとさらにいい感じで。
気象庁の測候所がドーンと建っているのを含めて…どこから見てもカッコイイのですよ、剣ヶ峰って。(笑)
お鉢巡りをしている間も、あちこちのアングルから剣ヶ峰を撮影していました〜。

剣ヶ峰の斜面には、まだ雪が残っていました!
IMG_7078_1.JPG

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:13 | Comment(0) | 富士登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: