2019年07月16日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その8)2日目、赤岩八合館から頂上直下まで。

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その7)1日目、赤岩八合館の夜 より、続いています。

赤岩八合館で宿泊したその翌日は、宿でご来光を見てから頂上に向かって登ってもいいと考えていましたが…これだけ早めに宿に着いたとなると、そんなにずっと寝ているとも思えません。出発時間を早めて、頂上でご来光を見ることにしました。
この日の、ご来光の予定時間は4時38分でした。夏至から日が経っていないせいか、かなり早いですね!

ここから頂上までの見込み時間は、標準タイムで1時間半。私だったら、余裕を見ても2時間程度で行けそうだと思いました。
しかし、主人は…今日の進み具合から察するに、3時間以上かかると思われました。
同じ時間に出発したら、私の方が圧倒的に早く頂上に着いてしまうでしょう。頂上でご来光を待つのはかなり寒いと思われたので、時間差で出ることにしました。
主人が出るのは1時頃、私が出るのは2時頃にして、頂上で落ち合おうと打ち合わせをしておきました。


主人は予定通り、0時頃に起きて準備をしていて、1時ちょっと前に宿を出ました。
私も主人より少し後に起きて、まずはトイレに行って…トイレ前に人がいたので「こんばんは」と声をかけたら、それは主人でした(笑)。
私が夕方に影富士を見た後は、天気はイマイチだったはずなのですが…

その時には。

外には、満点の星空が…広がっていました。



この時は、天の川もくっきり見えていて。
北斗七星も、カシオペアはもちろん…条件がいい場所でないと見られない、かんむり座も見えました。
いわゆる、織姫と彦星を含む「夏の大三角」も天頂近くに見えました。

今年はずっと天気が悪かったので、都会でも見られる「夏の大三角」を見たのですらひさしぶりな気がしました。
そしてさそり座も、はっきりと見えました。さそり座は南の空の低い場所にしか見えないので、条件がいい時でないと、なかなか見えないのですよ。

この「天の川の見える星空」も、今回富士山で見たかったものの、ひとつでした。

私は、どれが何の星座か、というのを主人に説明していたのですが、主人には、どうもボーっとしか見えていなかったらしくて、天の川もわからないようでした。近視なのか、老眼なのか、酸素不足だったからなのか(笑)。

これが、この日の行程予定です。
富士マップ710_1.jpg
@「赤岩八号館」を深夜に出発、御殿場ルートで頂上へ(ご来光)
Aお鉢巡り(頂上をぐるっと一周)をする
B御殿場ルートを下山、七合五尺「砂走館」に宿泊する



主人はそれから間もなくの、1時ちょっと前に出発したのですが…
私は荷物の準備が終わったのが、1時頃で。まだ出るには早すぎると思い…、
スマホのアラームをかけて、寝たはずだったのですが…はっと目を覚ましたら、もう2時半くらいになっていました。

うわ、マズイ!!寝過ごしてしまいました…、

慌てて出たのですが、少し登ってから、トイレに行っていなかったことに気づいて、また戻りました(^^;
(ここから頂上まで、ひとつもトイレはないんですよ!)
なので結局、出発したのは3時近くになってしまいました。

出発時には空は曇り、星空は見えなくなっていました。
でも、暗闇の雲海の向こうには、かすかに街の明かりが見えます。
この日は、ご来光は拝めるのではないかと思いました。

でも、ご来光の時間までに、頂上に着けるかな?けっこう、ギリギリだよね…。
そして、主人には連絡しようがないことに気づきましたが…(主人は、携帯の類を全く持っていないのです)
それはもう、どうしようもないので。
とにかく、上に行くしかないんですよね。

でも、それまでちょっと眠りが浅かったのに、この時はほんの1時間半で、ぐっすりと寝られたのです。
おかげで、起きた時は体力は充実していて…出発時は、非常に元気でした。

昨年、山小屋に宿泊した後の
「ナマケモノのようなスローリーな動きしかできないどんよりさ」
とは、別人のようですよ(笑)。

周囲は真っ暗ですから、ヘルメットにヘッドランプをつけて、前を照らしながら歩きます。
昨年も1時間くらいは暗い中を登りましたが、今回みたいな本格的な夜間登山は、中学生のときに富士山に登った時以来かも。

足はとても快調に動きます。さすがに息は切れやすいですが、そんなに苦しくもありません。
この1年間、ずっと恋焦がれていた富士山に来られたことが、嬉しくて仕方なくて。やっぱり、富士山の神さまに歓迎されてるのかな(笑)、なんて思いながら、ウキウキしながら足を進めていきました。


出発時は寒かったので、ダウンを着込んでいましたが、歩き始めたら暑くてすぐ脱いでいました。
でも、4時頃…夜明け近くなったら急に気温が下がったので、またダウンを着ました。

気温が低くて、止まると寒くなるので、汗をあまりかかないように、ゆっくり、かつ止まらないように歩くようにしていました。足を運ぶペースはゆっくりでしたが、水分をとるのと、衣服調節の時以外は、ほとんど休憩しませんでした。
途中、なかなか足が動かなくなる時もありましたが、苦しくなったら、酸素を取り込む呼吸をして。とにかく小幅でもいいから、足を止めないように歩いていました。

歩みが遅くても、ほんの少しずつでも。
歩みを止めなければ、必ず上に着くのだから。


そんなことを、自分の剣道の道のりに重ねて、考えながら。
足を止めないように歩いていました…。


この日はまだ、山開き前だからなのか、登っている人がとても少なかったです。
赤岩八合館から頂上に行くまで、数人の人にしか会いませんでした。吉田ルートなら、これはあり得ないかも(笑)。
ほぼ、一人しかいない状態で登っていましたが…寂しいとか怖いとかは、思いませんでした。

ただ、御殿場ルートは途中に案内看板などが少ないんですね。山小屋も一軒もありませんでしたし…。
周囲が暗かったこともあり、今、自分がどの辺にいるのか、さっぱりわかりません。道間違いをしないように、分岐点では慎重に行き先を選びました。

御殿場ルートは、八合目の案内看板が現在地を知ることができる最後の場所で、九合目の案内はどこにもないのです。だから、いつ頂上に着くのかも…、全く読めなかったのです。

4時前後から、周囲はだいぶ明るくなってきて…ヘッドランプは必要なくなりました。

4時13分頃の様子。
IMG_7038_1.JPG

山小屋の人に、ルート上のどこからならご来光が見えるか、を確認した時に、
「頂上直下以外ならどこでも大丈夫ですよ」と聞いていたのですが。

もうまもなくご来光の時間なのに、頂上がどこなのかよくわからないし、ここが、頂上直下なのかどうかも判断がつきませんでした。

しょうがない、ここでご来光を拝んでから頂上まで行くか…と思って足を止めたのですが。
(↓これが、ご来光予定時間、4時38分の写真です)
IMG_7041_1.JPG

その時、上から降りてくる主人を発見しました。
私がなかなか頂上に着かないので、心配して降りてきてくれたのでした。

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 14:14 | Comment(0) | 富士登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: