2019年04月03日

母だけの剣道日誌(34)K会への出げいこでの出来事(前編)初心者女性に会った話

春休み中、当会の稽古はお休みなのですが…
先週の土曜日、また「K会」に出稽古に行ってきました。

前回は女性は年配のSA先生しかいらっしゃらなかったのですが…
今回は私以外に5名の女性がいました。ひとりはSA先生ですが、あとの4人は…

1)K会の合宿で2回一緒になったTGさん
40代前半くらいかな?学生の時にやっていた「リバ剣」さんでかなり強い人です!昨年4段を取りました。
すごく小さいのに動きが早くて、男性相手でもひけをとりません。ママさんサッカーをやっていて脚力もスゴイ!
とっても人懐こくてカワイイ方です。

2)UB(母)さん
ご主人と娘さんと一緒にやっています。現在3段です。
K会では何度か一緒に稽古させていただいています。

3)UB(娘)さん
高校生です。確か高校から剣道を始めたと言っていたような。
たいていお母さんと一緒に来るので、やはり何回か一緒に稽古をしています。

4)WNさん
40代くらいの初心者女性です。前に一回見たような気がするのですが、その時の印象は薄くてよく覚えていません。
息子さんが高校で剣道部に入っていて、その親の会で剣道を始めたそうですが、月に1回しか稽古がなく、それも全部出られているわけではないのでなかなか上達しなくて…(と言っていました)
息子さんの防具を買いに、K会の会長さんがやっている防具店に来たら誘われて入ったそうです。
(K会はこういうパターンの大人の入会がよくあります!(笑))


WNさんは「防具はなんとかつけられる」のですが、いろんなことが不慣れそうでした。まだK会に来るのは2回目だと言っていて、会の様子もよくわかっていないようです。
そういう私も、K会の通常稽古に参加するのはまだ4〜5回目くらいなので、ローカルルールはよくわからないところがありますが。
(合宿や、公式の出げいこも入れると、10回以上は一緒に稽古していますが。)

「手拭いを忘れちゃったんで、今日は面をつけないで稽古しようかと…」
とWNさんが言っていたので、「ええっ!」と思って、私の手拭いを貸してあげたのです。
手拭いなんて、WN先生に言えば貸してくれると思うのですが、そのあたりもまだよくわかってないということですね。


K会では、初心者でも、そんなに付きっ切りで指導するわけではないようで…
WNさんはいちおう防具をつけられていたからなのかなあ。

私と組んで稽古していたのですが…まず、面からして、あんまりちゃんと打てていません。
上手い下手とかいう以前に、どこで声を出して、どこで竹刀を振り上げて踏み切って打つのか、というのもよくわかっていない感じです。

切り返しも「やったことありますか?」と確認したら「やってみます」というので受けたのですが…いや、ほぼ、わかってなかったです(^^;
やるのを見たことはあっても、ちゃんと教わったことはないのでは。

もっと基本的なところから教えたかったのですが、どんどん稽古メニューが進んでいってしまうので、やらざるを得ず…。
そもそも「基本的な面打ち」ですら、ほぼできていなかったので、応用稽古をやってもあんまり意味がないのでは。
私の所属している会なら、まだ防具をつけて他の人と一緒に稽古できるレベルではない…と判断されると思います。

お子さんが今高校2年生だそうなので、月1の稽古を約2年間で、全部出てないとなると、稽古回数は10〜15回くらいでしょうね。稽古の間が空いているから、稽古のたびに前のことは忘れているとも言っていましたし。
WNさんは全くの初心者スタートで、運動経験もあまりなさそうな感じです。
それで防具をつけて、いきなり他の段持ちの人と稽古…って無理がないですか(^^;

これは一人の先生が付きっ切りで、面の打ち方を教えなければならないくらいではないかと私は感じました。
後から、地稽古の時間にWN先生が来て教えてはいましたが…


私はK会の人間ではないので、なんだか「もやもや」しながら相手していましたが。
もう少し基本を身に着けておかないと、かなりやりづらいと思いますし、なかなか上達しないんじゃないのかなあ。うちの会の初心者コースに入れてあげたい!と思いました…(-_-)

K会はふだんはほとんど女性もいないですし、男性ばかりの中に入ったら萎縮しちゃうと思うんですよね。
私が稽古の相手をしているような…「3段以下の初心者スタートのK会の男性」は、相手が女性でも、ガンガン打ってくる方が多くて、全般的に荒いというか…。
K会の稽古だと私、擦り傷を負うことが多いんですよね(^^;。この時もヒジが相手の小手に当たって擦れちゃって、気がついたら流血していました(笑)。

初心者スタートの方でも、当会のように「きっちり基本を教わっている」という感じはあまりなくて、自己流っぽい方が多いので、女性の初心者を教えながら相手するということも難しいのではないかなあと思います。
WNさんが今の状態で他の人と稽古させられても、やや苦痛なんじゃないでしょうか…。

う〜ん、当会を勧めてくれればよかったのになあ、WN先生。
(以前、WN先生の防具屋さんに行ってうちを勧められた、という方が当会に見学に来たことがあったのです)


私は、今週は予定があってK会には行けないので、稽古後に
「当分来れないですが、また時々来ますので、よろしくお願いします」
と言って帰ろうとしたのですが…

その時にWNさんが
「連絡先交換してもいいですか!?」
と言ってきたので、LINEのIDを交換しましたが。
やっぱり、初心者女性がひとりなので、不安なのでは…、と思いました。


どこの会でもそう感じるのですが、初心者に対しては、もう少しきめ細かいフォローをしてあげたほうがいいんじゃないかと…。
剣道って「剣道にしかないルール」が多くて、最初のうちは何が何やら、よくわからないんですよね。
道具についてや、剣道の内容そのものも、ですが、「稽古の前後に何をどうやって振舞ったらいいのか」すら、よくわからないと思うのです。


剣道の先生は「子供の頃からの剣道の経験者」であることが多いので、どうもそのあたりがわからないんじゃないかなあ…と感じます。
私はそういうところ、もっとフォローしてあげたいのですが…、WNさんは違う会の人だし。

そもそも私の所属する会ですら、そのあたりはやや不親切だと思っていますが、あんまり親切にすると怒られることもあるという…よくわからないところがありまして。「大人なんだから、自分でなんとかしてくれないと」というような感じなんです。
でも、初心者は何がわかっていないのかも、わからないのに。
いくら剣道の会でも、いまどき「根性論」で通すこともないだろうに、と私は感じてしまうのですが。


と、まあ、そんなことをいろいろ考えてしまったのでした…。


出稽古のことで、それとは別のことがあるので、まだ続きます。

(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:24 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: