2019年02月17日

これがホントの、山「ガール」!?

最近、娘(小6)が山登りをしたがっています。

お正月に、私と主人と娘とで高尾山に登ってきましたが…
メタボな主人&娘と、高尾山にて「登山初め」!(前編)娘も主人もスキルアップしました!

今度は、春休みに友達と高尾山に行くと言い出しました。
娘は、子供だけで山に行くのは初めてですが、そのお友達は家族で富士山の頂上まで登ったことのある子だそうだし、高尾山はまあまあご近所なので…いいんじゃない?行ってくれば?と許可しました。

それを聞いた「高尾山大好き」な主人…
娘に、どこに行きたいのかなど聞いて、いろいろアドバイスをしていたのです。
IMG_5846_1.JPG
↑主人は、高尾山の地図やガイドブックをいくつか持っています。
もう少しで全登山ルート走破できるとか。

2年前は、近所の中学校に行く坂道を上っているだけでゼーゼー言って休んでいた主人ですが…
成長しましたねえ〜(笑)
メタボな主人と、ご近所トレッキング(前編)


娘が登山したがっているのは、漫画「山登りはじめました」の影響がかなり大きいのですが…
山登りはじめました2いくぞ!屋久島編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
山登りはじめました2いくぞ!屋久島編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

最近「ヤマノススメ」というアニメを主人が見ていたので、それも娘はけっこう熱心に見ていました。
ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]
ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]

「ヤマノススメ」は、高校生の内気なヒロイン「あおい」が、幼馴染に誘われて山に行くようになり、前向きに成長していく…という話なのですが…

「ヤマノススメ」は絵はきれいでかわいいし(娘が好きそう)、登っている山の景色などは実際の風景から持ってきているようで、かなり細かいのですが、登山の知識については突っ込みどころ満載のアニメです。
原作漫画のほうはどう描かれているのかわかりませんが、アニメのほうの話はちょっとねえ〜。
「山登りはじめました」のほうが、知識的に役立つと思われます。

「山に行きたい」って気持ちにはなるかもしれませんが、登山に必要な知識はこのアニメにはあんまり入ってないですね〜
初心者がこれを鵜呑みしてふらっと登山に行ったら、けっこう痛い目に遭うのでは(*_*)

いろんなところが足りないのですが、特に気になったのは…
どんな山もたいがい天気が良く、人気の山でも人が少なく、超すいていることです。
作画の都合上なんですか?(笑)

でも、山って天気が変わりやすいものですし…雨対策をきちんとしていないと、標高の高い山は夏でも低体温症になったりするので、きちんと対策していかねばならないのですが…
このアニメ、そういう「山登りのリスクや対策」について、ほとんどフォローされていないんですよね。

富士山で、あおいと先輩が、一番登山者の多い吉田ルートの山小屋に泊まった時に、他のお客さんがほぼいなかったり!
(ここは太子館という、人が多すぎて私が酸欠になった山小屋ですよ!)

「そんなわけないデショ!」

と、テレビに向かって突っ込みまくってしまいました。
富士山は混んでいるというだけで、大変なことがいろいろあるのに…、

さらに、高山病予防のためには「ゆっくり登る」のが鉄則なんですが…
そもそも、高山病について、先輩がみんなに説明したのが五合目に来てからで…(←遅いよ!)
「みんなも無理は禁物よ!」
とか言っているわりには、結局かなりハイペースで登っているし(*_*)

あおいは、七合目あたりからすでに高山病の兆候が出てるのに、仲間は気づかずそのままハイペースで登り続け…
八合目手前で
「頭が痛い…なんかものすごいしんどい…」
とへたってきたあおいに、山経験豊富らしい先輩(高校2年)がやっと!
「高山病みたいね」
と…、

そのちょっと前から、どう見ても高山病だっつーの。
先輩、気づいてペースを落としてあげなさいよっ!!(*_*)
あおいは、最初は体力がないって設定なのに…、トレッキングポールは持ってないし(先輩は持ってる!ずるい!)、仲間が早いからつられてハイペースで登ってるし、呼吸もずっと浅くしてるし〜(呼吸を深くすると高山病予防になるというのは、このかなり後で説明してます!)

話の進行上、ヒロインを高山病にする必要はあったのでしょうが、きちんと対策していったって高山病になる人はかなり多いんですから〜。
行程やルートを把握しているのも先輩だけみたいなのに、あおい以外の二人だけで頂上に行かせるとか…、なんでこんな無計画で登る話なんですかね?
富士山だけじゃなく、どの山も、登る直前とかいざ困った段になって説明していることが多すぎです。

いやほんと山って、人が多いところだって、ちょっと油断すると死にますからね〜?
死なないまでも、遭難したり具合が悪くなったりすれば、人様に迷惑をかける可能性がけっこう高いのですよ。

高尾山くらいなら、お気軽に行ってもなんとかなりますけど…
それ以上のレベルの山の場合は、スケジュール、装備、山の常識などなど、ある程度学んでから行ったほうが絶対にいいです。無計画で行っても、大きい問題は起きない場合のほうが多いですが、何かあった場合のリスクは高いのです。
いくら「アニメだから」といっても…登山がメインテーマの話なんだから、そのあたりはきちんと描いてほしいですねえ。


まあ、それはさておき…。
そうか〜、娘も登山好きになってきたんだねえ…と考えていて

「あっ、これこそがホントの山ガールでは!!」

と、思いました(笑)

世間の「山ガール」のイメージは、20代の女子くらいかと思うんですが…
(「ランドネ」に出ているような感じですね!)
ランドネ 2018年2月号 No.96[雑誌]
ランドネ 2018年2月号 No.96[雑誌]

20代で「ガール」っていうのは、最初に聞いた時は
「本来の英語の意味から言ったらどうなのよ?」
と、思っていましたが…
(いまや「ガール」も「女子」も、かなり年寄りまで対象にして使うようになりましたけどねえ〜)

その点では、うちの娘は正真正銘の「ガール」ですね!(笑)


昨年の夏、富士山から帰ってきた後は(高山病で辛かったので)
「二度と富士山には登らない!」
と言っていた娘ですが、そのうちまた登りそうな気がしますよ〜(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 17:51 | Comment(4) | 登山よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年末にばったりお会いした者です。以前のペンネームも忘れてしまいすみません(読み返す時間なくて…)。

家は家族全員趣味がバラバラなので羨ましいです。趣味が重なっている期間は貴重!先日挙げた受験予定高は実は単願推薦で不合格になり、大慌てでT市の女子高(山岳部が有名みたいです)とその不合格になった高校をフリー受験、ダブル合格しました。娘はカリキュラムをじっくり比較して女子高に決めました。入試得点で奨学生にもなってしまいました^^;まだ一人電車無理で入試も全部付き添い待機して、入試1回でプラス5歳、計プラス15歳状態の母です。高校に通いきり大学で動物行動学を勉強したいみたいです。カリキュラム上化学基礎と生物基礎までなので(点は特進も合格でしたが総合コースを選びました。化学生物ないから農学部受験は無理か独学になるも説明しましたが、通いきり卒業を優先したいと娘が決めました)進路選択肢は少ないですが、高校が楽しみみたいでよかったです。発表出そろう前は全滅ならすぐ動けるよう二次募集も調べていたので、ホッとしています。
はなずきんさん宅にも吉報が届きますようお祈りしています!
Posted by メェメェ at 2019年02月19日 15:10
メェメェさん

娘さんの私立合格、おめでとうございます♪奨学生になるなんてすごいじゃないですか!
私立の経済負担はバカにならないので、助かりますよね〜。
高校に行く意欲もあるようで何よりです!

うちの次男は私立は併願優遇なので、合格するのは当然なのですが…「チャレンジ受験」という制度で、ひとつ上のコースに合格することができてほっとしました。
でもこれからが本番なんですよねえ。
逃避してゲームしてばかりの次男を怒るのにも疲れたので(笑)、早く都立受験、終わってほしいです。
Posted by はなずきん at 2019年02月20日 10:47
スライド合格おめでとうございます!あとは明後日ですね。

家は滅多に落とさない単願推薦で不合格でしたのでいや〜やってくれました!気になるニュースなどの小論文は書けても抱負作文や感想文が書けないため、出願して大丈夫か三者面談でかな〜り相談したのですが中学側と本人に伝わりませんでした。先生方が特性を認識しきれていなかった感が。小学校後半から中学3年間、進級時の抱負作文や行事感想文を一度も書けていないのに安易に推薦状書かないでほしかったです。三者面談後、個別相談前に一度書いて持ってきなさい、書けないなら作文ある単願推薦高校には推薦できないよ、くらいはしてほしかったですが、1月23日単願不合格通知を見た後、やはり高校には行きたいと気持ちを切り替えてフリー受験に臨んだことには成長を感じました。はなずきんさん宅にもサクラ咲きますように🌸

はなずきんさんのご長男君と娘が一昨年ご一緒していた塾(としておきますね。分かりますか?)の先生と今日面談してきました。目的は、中学までの様子や情報を提出用紙にどう上手くまとめるかの相談でした。来週にもアポを取って入学する女子高の副校長先生や養護の先生と面談してきます。作文でこだわってしまい時間内に書けないことも盛り込み予定で四苦八苦中です。

娘を受験モードにするために冬休みひかりTVに入ったり(ナショジオやアニマルプラネットが観たいとずっと頼まれていて)、長時間新聞を読んでしまうので合格まで新聞を止めたりしていました。理科と数学は大好きで言わなくても自分から勉強していて、文系の私はクラクラします。
またどこかでバッタリ会ったら声かけてくださいね。
Posted by メェメェ at 2019年02月20日 21:07
おはようございます。
次男は今朝、お弁当持って試験に向かいました!
泣いても笑っても今日で終わりですよ〜
(でも、学校の定期テストが来週にあるんですけどね…すごい日程設定です)

作文の入試は向き不向きがありますよねえ。次男も作文は苦手なのと、遅刻が多すぎて、推薦ははなから考えていませんでした(笑)

娘さん、推薦はダメでも気持ちが切り換えられたのは良かったですね。やりたいことの方向性もしっかりあるようでいいですね。
目標があると高校でもきっとがんばれますよ!

こちらもいいご報告ができることを、私も祈ってます(笑)
Posted by はなずきん at 2019年02月22日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: