2018年10月01日

富士山の模型をオーダーしてしまいました

2018年、新年のご挨拶&今年の目標 で書きましたが…

今年は、富士山登頂に加えて
「富士山の写真を見ただけで、どの方角から見た富士山なのかわかるようにする」
という、どうでもいい目標がありました(笑)

そして、ブログにも書いていた模型↓はだいぶ前に買ったのです。

富士山360°立体マップ 青富士 富士観光 登山記念 富士山置物 富士山グッズ
富士山360°立体マップ 青富士 富士観光 登山記念 富士山置物 富士山グッズ

しかし…
この模型、私が想像していたよりも小さくてですね。

富士山の形の特徴が一番わかりやすいのは、頂上付近の形でして。
ここの形を覚えれば、だいたいどこから見た富士山なのか見当がつくと思うのですが…
この模型だと小さすぎて、頂上のぎざぎざの具合がはっきりとわからないのです。

もちろん、中腹にある「宝永山火口」や、「大沢崩れ」などの大きな地形も方向の判別に使えるのですが、一定の方向からしか見えない地形なので、写真に映っているとは限らないのですよね。
まして、夕方の「シルエット富士」だと、中腹の地形はよくわからないことも多いのです。

「GoogleEarth」でもある程度は方向を変えて見ることはできるのですが(眺めるだけでも楽しいので時々見ていますが)、私が見たい位置に動かせないのですよね…。
3Dデータの富士山もネットにあるのですが、これも私のパソコンの画面だとあまり大きく見られません。
3Dソフトも持ってないし、私のパソコンはスペックが低いのでいろいろと制約がありまして。

というわけで、頂上付近の地形がわかりやすい模型が欲しい…と思っていたのですが…。
しかし、市販の模型だと…そこまでスケールが大きいものは、値段が高いか、すごくデカくなってしまいます(^_^.)
なので、模型を買うのは半ばあきらめていたのですが…。


しかし!最近、とあるところで、3Dプリンタで希望の山を作ってくれるというサービスを発見したのです。
いや、それだけならネットを探すとわりと存在するのですが、普通はかなり高いのですよ!

でも私がお願いしたところ(個人のようですが…)は、
「自分の希望する範囲が選べて、スケールも自由、着色もOK」
しかも、28センチ四方という大きいサイズ(分割して出力したものを後で合わせてこの大きさにしているようです)なのに、お値段は「送料込み6000円!」だったのです。

って、フツーの方には
「それって、安いの?」
って思われるかもしれませんが…

安いんです!!かなり!!

長男には”えっ、高いじゃん!”って言われましたが、模型の価格の相場を知らないからそんなことを言うのです!
3Dプリンターの出力サービスは、プロに頼むと目玉が飛び出るような金額なんですよ〜。

これは、お願いするしかないっ!というわけで…
私の希望する条件を伝えて、山頂の形がわかるようなスケールで作ってもらいました。

注文をしてから、届く前に
「富士山の模型オーダーしちゃった〜」
って家族に言ったら
「マジ?どこに置くの!?」
ってあきれられましたが(笑)

でも、そんなに大きくないのですよ!
手に持って角度を変えて見られるような大きさ(28センチ四方)にしましたので。
001_1.JPG

実際に届いたらこの模型はかなり軽くて、片手で軽々と持てます。
なので東西南北の好きな方角から見られるだけでなく、下からあおるように見たり、上から見下ろすのも自由自在なのですよ。

さっそくネット上にある、撮影地のわかっている富士山写真とこの模型を見比べてみて
「なるほど、この角度からだと宝永山がこんな風に見えるのか」
「同じ方向からでも、高度が変わると頂上の形が変わって見えるんだ」
「やっぱり、自宅近くから見える形が一番なじみがあるなあ」
「富士山を登っている時は頂上のギザギザが見えなかったけど、かなり近づくと見えなくなるんだな」

などと、いろいろ楽しんでおります。


が、長男に
「ほらほら!家のあたりから見える形はこの方向なんだよ」
と見せたら
「そんな、富士山の細かい形なんて見てないから、”これがそうだ”って言われてもよくわからんわ」
と言う反応でした…。

でも、次男は
「ああ、そういえばこういう形かも」
って言ってましたから、長男よりは形の認識があるみたいですね。
(さすが絵描きですね〜)


↓こうして見ると、山肌に沢状の起伏がたくさんあるのがわかります。
富士山には常に流れる川はないのですが、雪解け水が流れる時に削れるのでしょうね。
宝永山火口の凹凸もくっきり見えてます!
002_1.JPG

↓頂上のギザギザもよくわかります!
003_1.JPG

よく、
「山梨側から見るのがいいか、静岡側から見るのがいいか」
などという議論がありますが、そんなざっくりした区別ではなく、いろんな方向から見るとけっこう違いがあるのがわかって面白いです。

いや〜、これがやりたかったんですよね〜。
ホント、楽しいです(^^)
6000円の価値は十分にありましたよ!



そういえば…
夏休みに、次男と高校見学に行った時に、校舎から富士山が見えるところがあったので
「ここ、富士山見えるね〜。いいね〜。」
って次男に言ったら
「お母さん、それしか見てないのか!?」
って言われました(笑)

いや、剣道部や剣道場のことも見てますよ?(笑)(←やっぱりそれしかないのか!)


そして、富士山模型を買ったら、なんか勢いづいちゃいまして…
富士山の食器が欲しくなり、メルカリで探して買っちゃいました(笑)

その話はまた長くなるので次回へ!


(続くんかい!?)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 20:27 | Comment(0) | 登山よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: