2018年04月19日

春夏物買い替え第1弾。ライトオンで「G-star raw」のジーンズ購入。カッコイイです。

以前、購入した「ミセスジーナ」のジーンズ。
気に入ってヘビロテしていましたので、膝が白くなってきてしまいました。
それなりに高かっただけあり、使用頻度のわりには傷むのは遅く、十分元は取ったと思われます。

理想のワードローブを考えてみた(冬編:その7)実際のアイテム編 ボトムス


私はジーンズはとてもよくはいているので、2着は必要です。
次のジーンズを買わないと…と思い、今もはいている、ベルメゾン「Kcarat」のジーンズをまた、買おうと思ったのです。
このジーンズ、すっきり見えてかなり気に入っているので、同じものの色違いを買い足そうかなと。

ミニマルなワードローブ目指して(その2)この秋冬に買ったもの ボトムス編



ところが…全く同じものの色違いを頼んだはずなのに…
なんかサイズ感が合わないんですよね。

手持ちのものと比べてみたら、長さも微妙に違うし、カッティングもすこ〜し違うような…
なんだかもたついて見えてビミョーにカッコ悪いので、返品しました。



なので、最近ジーンズの新調のたびに行っていた、近所のライトオンに行ってみることにしました。


ここのライトオンは、店員さんが優秀でして。
いつも、私の要望にぴったりのジーンズを探してくれるんです。

他の店舗ではそうでもないので、ライトオン全部がそうってわけじゃないんでしょうけど(笑)


ベルメゾンの「Kcarat」のジーンズをはいていき
「これと同じような感じものが欲しいんです」と告げて…
いくつか、近いものをピックアップしてもらいました。


最初にはいた「ブラッパーズ」のテーパードのジーンズは…
シルエットは悪くないのですが、丈が短かったのです。
私はフルレングスのものが欲しかったのですが、これは足首が見えるか見えないかくらいのビミョーな長さで、どうもすっきり見えません。


その次にはいたのがエドウィンの「ジャージーズ」という、カットソー素材でらくちんだけどジーンズ見え…みたいなシリーズのものです。
私は夏物でこの「ジャージーズ」を持っていますが、色落ち加工が本格的なので、かなりジーンズっぽく見えるのです。
その分、お値段もそこそこしますけれども。


ジャージーズは、最初にはいたものは少し大きかったので、サイズを下げてみたら、まあ、なかなかいいんじゃないか…という感じだったので、これしかはいていなかったら、たぶんこれにしたと思います。



しかし…店員さんがもうひとつお勧めしてくれたものがあり…
それが「G-star raw」というブランドのジーンズだったのです。

これはなんと「オランダ」のジーンズブランドで、表参道などにショップがあるそうです。
「3D立体裁断加工」をしているそうで、きれいに足に沿うようになっているのだとか。


私は全然、知りませんでしたが、世界的にも有名で旬なジーンズブランドなのだそうです。

いま最も旬なデニムスタイル|G-STAR LAW(ジースターロウ)を要チェック



しかし…オランダで、ジーンズ?
まったく、イメージが湧きません(笑)



私が買ったことのある海外製の服と言ったら、アメリカ、イギリス、フランスあたりでしょうか。
オランダの服なんて、買ったことないかも…。


今、調べてみたのですが、オランダの女性は「ロックでスポーティなファッション」がわりとフツーらしいです。
寒いからなのかスカート率は低く、パンツをはいている女性が多く、レザーパンツやジーンズがポピュラーなのだそうで。




ちょっと前に、ここのジーンズを別のライトオンで見かけて
「カッコイイな〜これ…」
と手に取ってみたのですが、
「でも、高いし、細そうなので入らないかも」

と思って、試着はしなかったのです。



しかし、はいてみると、やっぱりカッコイイのです!
形ももちろんですが、色落ち具合もいい感じです。
店員さんいわく「色落ちの加工方法が他のブランドとは違うので、より自然な感じ」なのだとか。


私には意味がよくわからなかったのですが
「普通のジーンズは、サンドペーパーなどでこすって色落ちさせているんですけど、
ここのは、霧吹きでシュッシュッってやって色落ちさせているそうですよ」
と店員さんが言っていました。

霧吹きで何を吹くと色落ちするのか、よくわからないのですが…。
まあとにかく、デニムの加工方法にかなりこだわっているブランドのようです。



私はあまり色落ちしていない濃いめの色のものを選びました。
濃いめのものを選んだほうが、長持ちするし、ややきれいめな席でも使えそうなので。

ノンウォッシュのデニムだと、ちょっとのっぺりしてしまいがちですが、ここのジーンズは濃い色でも立体的にほのかに色落ちしていて、細身に見えるんですよね。


細そうに見えてもけっこうストレッチ性があるし、”3D立体裁断加工”のおかげもあってか、全然きつくありません。
サイズも「いつものサイズ」にしたらゆるかったくらいなので、ひとつ下げてちょうどいい感じです。


しかしお値段は12000円(税抜)くらい…
「ジャージーズ」も安くはないですが、7-8000円くらいです。
それに比べてもけっこう高いですが…

店員さんいわく
「G-star rawのショップ以外では、ライトオンでしか売っていないんですが、
ライトオンのほうが、「G-star raw」のショップで同じものを買うより安いんですよ。」
だとか。
※この話については、「G-star raw」の通販で同じモデルが探せなかったので、検証不可能でした。



そして、このモデルは「ボタンフライ」だったのですが…
(ボタンフライとは、前がジッパーではなく、ボタンで止め外しするタイプ)
私、ボタンフライのジーンズなんてはいたことがありません。

トイレなどがめんどくさそう…と店員さんに言ったら
「全部外さなくても、上のふたつくらい外せば、なんとか脱ぎ着できますよ」
と言われ…


ボタンは4個ついていますが、ふたつ外すくらいならそこまでめんどくさくはありません。
実際にやってみましたが、ストレッチが効いているので、上の2つを外せば脱いだりはいたりできました。




値段の高さと、ボタンフライというところでちょっと迷いましたが、でも…
やっぱり、「G-star raw」のほうが、かなりカッコよく見えるのです。


服を減らしてからは、ほぼ、ジーンズばっかりはいている私なので…
”決まる”ジーンズを買えば、それだけでもけっこうオシャレに見える…はずです(笑)




いまどき、ジーンズなんて、ユニクロやジーユーで2990円とか3990円くらいでも買えますし、それなりのクォリティもありますが。
ユニクロのジーンズはお値段よりは良く見えますが、やっぱり高いブランドのものは「おっ」と思わせる何かがあるんですよね。


それに、私くらいの年齢と体型だと、安いボトムスで良く見せるのはなかなか難しいものがあります。
私にとっては、ジーンズはヘビロテする「要」のアイテムなので、ここはケチってはいけないと思いました…。



あと、「G-star raw」は
「これ、丈夫で長持ちするんですよ」
とライトオンの店員さんが言っていました。
私はこれを買ったら、けっこうガンガンはくだろうと思われたので、それも決め手になりました。


というわけで…
結局、「G-star raw」を購入してしまったのでした!


私が購入したのは
「3301 スランダースリム」
というものでしたが、ネットでは同じものは見つけられませんでした。



さっそくはいて出かけましたが、やっぱりこれはカッコイイです!

私の「生足」は、そこそこもったりしたシルエットなのですが(笑)、そんなことをほとんど感じさせないほどよい立体感があり、確実に足が長く見えますよ!
着ていて気分がいいというか、自信が持てるというか。
トップスが安いTシャツでも、それなりにカッコよく見える気がします(^^)





今回も、なかなか満足するものが買えてよかったです。
いつも、私の細かい要望をすくい取ってバッチリのものを勧めてくれる、ライトオンの店員さんに感謝です!


暑がりの私は、夏はジーンズははけないので、今のうちにガンガンはきたいです!



この日は、ユニクロでも買い物をしたのですが、それはまた次の話で。



↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション
posted by はなずきん at 12:35 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: