2017年08月29日

メタボな主人と、家族で富士山登山!(その5)五合目〜六合目まで

メタボな主人と、家族で富士山登山!(その4)登山開始!&登山装備と高山病 より続いています。


五合目から六合目へ向かう道。平坦なところもわりとあります。
048_1.JPG

049_1.JPG


きのこが一杯生えている木、発見。
ぬめりがあって、なめこっぽいのですが…。
047_1.JPG

五合目近くの登山道から横を見たところ。
雨はずっと降っていました。霧で下のほうは何も見えません。
050_1.JPG


五合目から六合目に向かう道は、最初の急坂を上った後はわりと平坦ですが、それから少し下り、またずっと登ります。
そんなにキツイ勾配はないのですが、空気が薄いので、最初のうちは私もやや苦しかったです。
この登山道を、六合目の「富士安全指導センター」の車が通って行ったりしました。


だいぶ六合目に近づいてきたところに、トンネル?がありました。
(土石流よけの施設かもしれません)
長男と次男と私で、雨がしのげるここで、後続の二人を待つためにちょっと休憩です。
052_1.JPG

途中で眠くなって寝ていたらしい娘と、それに付き合っていた(&自分も疲れていた)主人が何分か遅れてここに到着したのですが、主人たちが一息つくのを待っていると体が冷えてしまいそうだったので、私と長男と次男は先に六合目に向かいました。


疲れたな〜、まだかな〜、と思った頃、やっと六合目の「安全指導センター」に到着しました。
五合目を出発したのが12時20分頃、六合目に着いたのが13時10分頃なので、だいたい50分で着いたことになります。
富士山の案内を見ると、五合目から六合目の登りは「60分」と書いてあるので、主人たちに合わせていても、そんなに遅かったわけではなかったのですね。


「安全指導センター」は休憩所もあるような施設なのかと思っていたらそうではなく…
富士山に関する情報提供をしたり、救急対応をしたり、ヘルメットを貸し出したりしているところでした。


雨をしのげる場所で休めるのかも…と思っていたのですが、あてが外れました(^_^.)
でも、たいがいの方はここで一旦休憩をしています。(雨が降っている外で、ですが)

「安全指導センター」と「富士山警備派出所」が同じ建物に入っています。
053_1.JPG

ここで休んでいたら、ツアーの団体さんが通り過ぎて行きました。
背後に見えているのが、六合目のトイレです。
055_1.JPG

トイレは女子は5室か6室くらいあったのですが、半分くらいはトイレットペーパーが詰まっていてもう用が足せないような状態でした。雨の平日なのに、トイレはけっこう使われているのですね。
ここの使用料(チップ)は200円です。
ここから先、七合目までトイレがないので、入っておきました。

富士山保全協力金を納める建物もありました。
054_1.JPG


五合目から六合目まで、ずっと雨に降られながら登りました。
そして、主人と娘はすでに高山病っぽく、ペースがかなり遅いし、けっこう疲れてきているようです。


私と長男と次男は、この時点ではまだかなり余裕があり、登山にしては物足りないなあ〜、と思っていたくらいでした。
空気が薄いことを除けば、陣馬山のほうがキツかったです(^^)
それに、後続の二人のゆっくりペースに合わせてけっこう休憩しているので、そんなに疲れなかったのですよね。

けっこうキツかった、陣馬山の登山の話はこちら
陣馬山、なめてました…(その3)いよいよ登山開始!


本来の計画では、八合目の山小屋に夕方到着して宿泊して、山小屋でご来光を見てから頂上を目指すはずだったのですが、この調子だと今日は八合目までは行けそうにありません。
しかし、せっかくここまで来たのだから、今日のうちに七合目までは行こうと思いました。

七合目に泊まって、翌日の朝の調子を見て、行けそうなら頂上を目指し、無理なら下山…という感じでいこうかと。


ややへばっている娘に「七合目までは、がんばって行こう!」と元気づけまして…
六合目を後にします。

(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:42 | Comment(0) | 登山&トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: