2017年08月15日

母と子の剣道日誌(210)夏だ!合宿へ!(その12)合宿恒例、千本素振り

母と子の剣道日誌(209)夏だ!合宿へ!(その11)スイカ割りじゃなくて「スイカ叩き」 より続いています。


当会の合宿では「恒例」となっている「千本素振り」
いつからやっているのかわかりませんが、「ママ先生」IZさんの息子さんのMS君が入会した頃にはもうやっていたそうです。


昨年の合宿で、千本素振りをいつやるか…という話を先生たちがしていたのですが、昨年初めて合宿に参加した、大人担当のN先生が
「千本振ったって、最後のほうはグダグダになっちゃうし、あんまり意味ないんだよね。やらなくていいんじゃないの?」
と言っていたらしいのです。

でも、メイン指導のSN先生は
「今までの伝統だし、やりきった感じがあるのがいいから」
と言って、どうしてもやりたい、と主張していました。

結局、昨年は、二日目の午前中の稽古の最初に千本素振りをやったのです。
母と子の剣道日誌(141)夏合宿ハイライト(その3)きつかった、千本素振り!そして…


さて、今年はどうするか…?


SZ先生は
「千本素振り、なくてもいいんじゃないの?
だってあれ、俺が一番きっついんだよ」

と言います。

というのも、千本素振りでかけ声をかけるのは、SZ先生の担当なんです。
円陣を組んで、ひとりが10本ずつかけ声をかけて、それを何周かするという形で数を数えるのですが…
その、かけ声をかけている人の前にSZ先生が立ち、次に回すようにしているのですよね。
SZ先生は円陣の中央で「自分も一緒に振りながらみんなにやらせている」ので、絶対に途中で休んだりはできないのです。


メイン指導のSN先生は、本当は初日の夜に後から来るはずだったのですが、仕事の都合で遅れていて…初日の夜の時点で、SN先生が翌日の朝イチの稽古には間に合わないであろうことは予想がついていました。
結局、早朝に家を出て、朝食後あたりに到着したのですが。


初日の夜に、先生や合宿係さんたちで、翌日のスケジュールについて話していた時ですが

「SN先生が千本素振りは絶対やりたい、って言ってましたよね?
明日の朝、やらないんですか?」

と聞いたら、SZ先生は

一番、千本素振りをやりたがってる、SN先生がいない時にやってもねえ〜。
とりあえず、明日の朝はやらなくていいんじゃない?
SN先生が到着してから、相談してみるわ」

って…、SZ先生、自分がやりたくないだけでは?と思いましたが(笑)



そして、二日目の朝、SN先生が到着した後に話をしたSZ先生いわく

「SN先生に
”千本素振り、どうしますか?”って聞いたら、
”えっ、もう終わったかと思ってた”って言うんだよ。
SN先生も、自分ではやりたくなかったんじゃないの?(笑)」

んもう〜、先生方、
やりたいのか、やりたくないのか、どっちなんですか(笑)



というわけで…
三日目の朝食前に千本素振りをやることになり
「(着替えなくていいので)竹刀を持って体育館に集合」
ということになったのです。


私自身は昨年の千本素振りが相当きつかったので
「いや、今年はお手伝いなんで、別にやらなくても…」
と言ったのですが、合宿係さんが
「いや、その時間はお手伝いも特にやることないので、はなずきんさんもやったらどうですか?
と…。
「いや、そこは勧めていただかなくても〜(笑)」


でもまあ、せっかく竹刀持って合宿来たんですから…やるかあ。
写真を撮りながらだから、少しは休めるか、という算段もありまして(笑)


さて、3日目早朝、寝巻のまま、寝ぼけまなこで竹刀を持ったみんなが集合しました。


まずはラジオ体操から。
そして最初は
「朝イチなので、軽く準備運動ってことで」
前進後退上下振り、30本。
それから前進後退面、30本。

そしてSZ先生が
「ひとり10本ずつかけ声をかけてやります」
と言って、素振りをスタートしました。
この時、千本素振りに参加していたのは22人
つまり、一周220本です。

この時、私は写真を撮っていました。
千本、やるのかな?と思ったら、なんと一周で「やめ」がかかりました。
えっ、これで終わりなの?と思ったら…

「じゃあ、これから本番ね〜」

ええ〜!!練習だけで220本やらせたんですか〜?(^_^.)



「今日はあんまり時間もないので、あと3周、つまり660本で終わります。
かけ声をかける人が間違えたら、やり直しだから、しっかりやるように」


”そっか、今年は3周だけか…、よかった…、”

と思ったのですが〜


本番がスタートして、丸1周した時点で、さっきのように休憩があると勘違いしてしまったらしくて、かけ声をかけるはずの子が声を出さず、止まってしまいました。


「はいっ、最初からやり直し〜!」


ええ〜、この220本、無駄になったんかい〜!


それからまた何十本か振ったところで、また子供がミスってかけ声が止まってしまい。

「また、やり直し〜」


ちょ、ちょっと…、厳しいなあ…、
私は途中で写真を何回か撮っていたので、200回くらいは他の人よりは少ないですが…

本番2周目あたりからだんだん疲れてきて、かけ声をかけているスピードでは、振れなくなってきました。
10本分のかけ声で、8本くらいしか振れてません(^_^.)

でも、ゆっくりでもなんとか、振り続けるようがんばって…
自分が声を出す番になった時だけは、気合いを入れて早く振りましたよ〜。



その次からは、なんとか止まらず3周目に入り…、
あと何人かで3周が終わりそう!という時のことです。


「はなずきんさん、ちょっと」
と、合宿係さんが後ろから声をかけてきたのです。

「もうすぐ朝食の時間なんですよ。
準備、間に合わないといけないので、先に行きましょう」

ええええ〜!!!???
あと3〜4人くらいで、3周終わるところなんですけど〜??

(↑これは心の声で、実際には言っていません…)

「あと少しなのにすみません。
SZ先生のことだから、いつまでやるかわからないと思って…」

…でも、そんなことを話している間に…
終わりましたよ?
3周ちょうどで…。



そりゃまあ、確かに、SZ先生の稽古は時間が伸びがちですが…
せめて、3周終わるまでは、待ってくれればよかったのに〜…、
あとほんの数分のことだったし、朝食だってそこまで急いで食べなきゃいけないわけでは…


せっかく「もう少しで最後までやれる」って思ってたのに…
心の中ではかなりがっくりしていましたが…、
しかたなく、合宿係さんとふたりで、先に朝食の準備に行ったのです。

でも、すぐにみんな来たんですよ〜(^_^.)
わざわざ中断して、早く行った意味、ほとんどなかったのですが〜。


ここまでやったのに、私にとっては消化不良だった、千本素振りなのでした…、
まあ、参加できただけよかったの〜?
でも、昨年ほどはきつくなかったのです。

途中、写真を撮っていたり、昨年よりは体力がついたから、というのもあるのでしょうが、手の抜き方がわかったからかも(笑)
昨年は最初のほうで、真面目に振りすぎちゃったんですよね。


あと、今年は、どこまでやったら終わりか、というのがはっきりわかっていたから楽だった、とIZさんが言っていました。
いつも、どこまでやるのかわからないので…その状態だと、同じ本数でもとてつもなく長く感じるそうです。


あれ、そういえば…
SZ先生は、昨日の、午後の稽古の終わりの時に

「合宿のきつい稽古はこれで終わりです」

って言ってませんでしたっけ〜?
その後に千本素振りなんて、反則では〜(^_^.)



今年は何度もやり直したので、結果的には1200本くらい振ったようです。

「俺が一番大変なんだよ〜」

とか言ってたわりには、SZ先生は、やり始めると止まらないんですよね〜(笑)


(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:27 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: