2017年04月03日

メタボな主人と、家族で高尾山登山!(前編)

ご無沙汰しております。
3月は怒涛の月でした…忙しかったです〜。
4月も忙しくなりそうですが。

ところで「今年の目標を考えてみました」で、「家族で富士山に登頂する」と書いたのですが…

この時書いた通り、足慣らしというか、体力確認のために、先日、家族で高尾山に登ってきました。


運動そのものはわりと得意なくせに、かなり無精者の主人。
キャンプには行きますが、家族のレジャーで運動をしたことなど、数えるほどしかありません…。
海水浴とかプールは行っていますが…あと、旅行の時にパターゴルフをしたくらい?
それ以外で、運動が目的で出かけた事はほぼないと言っていいでしょう。

主人の普段の生活は、不健康を絵に描いたような感じです。
通勤もバイクなのでほとんど歩きません。
近くに行くのにもバイクを使おうとするし、夜勤なうえに生活は不規則、アルコールは好きだしカロリーが高いものを食べ過ぎです。
身長168センチなのに、体重は100キロよりはちょっと少ない…という超肥満です。

ちょっと前に糖尿病になりかかりと診断され、多少は食事の改善はして血糖値の数値も改善されたものの、喉元過ぎればなんとやら…
いつのまにか糖尿病の医者に行くのはサボってるし、健康診断は受けてないし。
もっと運動するようにしろ、と言ったはずなのに、ほとんど生活は変わっていないのです。
この間もそれで怒ったのですが〜。

まあ、そんな無精な主人に運動させるには、動機をつけてあげるしかありません。
それが目的で富士山を登るわけではないのですが、富士山に登山すると言えば少しはやるだろう…という気持ちもあったのは確かです。

主人は、富士山に登ると決まってから、私が付き合うなら剣道をやりに行ってもいい、とか言っていたのですが、私のほうが忙しくて時間が取れず…(私は欠かさず稽古に出ているのですが、主人はうちの会の稽古には出たくないようです…)
結局、高尾山に登るまではほぼ何もやっていなかったようです…。



高尾山といえば、東京では小学生の遠足の登山の定番。
私も主人も小学生の時に登ったことがありますし、長男、次男も小学校5年の時に登っています。(子供たちはケーブルカーを使ったようで…小学校高学年なのに甘いんじゃ…)

小学生が登れるくらいですから、登山としてはかなり初心者向けのコースです。
装備もそんなに山登り!という感じでなくてもいいようなので、水筒とお弁当とおやつ、レジャーシート、手袋くらいしか用意しませんでした。

子供はふだん履いている運動靴で行くことにしました。
しかし主人は運動系の靴は何ひとつ持っていなかったので(スニーカーすら持っていません)、富士山登山も視野に入れて、登山靴を購入しました。(といっても、安い物ですが…)
子供も富士山用には登山靴を買ったほうがいいと思っていたのですが、夏までにサイズが変わる可能性が大きいので、今回は運動靴にしたのです。

私はというと、数年前の「アウトドアファッションブーム」の時に買った登山靴があるので…それを履いて行きました。
この靴、アウトドアの時や雨の日に履いていったことはありますが、登山に使うのは実は今回が初めてなのです!やっと本来の目的に使えて嬉しいです(笑)。


ところで、うちの家族には、「運動が好きで得意で仕方ない」なんてメンバーはひとりもいません。

主人…体格がっしり、子供の頃は少年野球やら剣道やらを習わされていて、運動は得意なほう。
大人になってからは超運動不足で体力低下気味、もちろん登山なんて数十年ぶり。
私…運動神経はイマイチ、剣道を始める前はよく歩いてはいたがハードな運動は難しかった。
剣道を3年休まず続けてだいぶ体力はついたはずだが、しっかり登山するのは子供の時以来。
長男…中学に入って、何も運動してないのに体つきががっしりしてきた(主人似?)。
体操系は私に似て苦手だが、致命的に運動神経が悪そうな感じではない。しかし本人は運動には苦手意識があってほとんどしていない。
中学のマラソン大会では毎年最下位に近い…。とはいえ育ち盛りの男子なので、短距離なら私より走るのが早くなってきた。
次男…小柄で、中二になろうという今でも小学生で通用するサイズ。昔から絵を描くのとゲームが好きで出不精なインドア派。
剣道は小学校3年から続け(させ)ているが、いつもめんどくさそう。最近は週1回しか稽古に出ておらず、(一緒の会の)小学校低学年の子より持久力がない。
中学校のマラソン大会ではやっぱりかなり後ろのほうらしい。
長女…外遊び大好き。落ち着きがなくいつも無駄に動いているので、体格は細めだが筋肉はまあついているかも。
運動神経は悪くなさそうだが、頭を使っていないので、球技などはそんなに得意ではない。
運動系の習い事は今はしていない。精神的にお子様なので我慢が足りないのもあり、持久力はあまりなさそう。


こんな感じのメンバーで家族で富士山登山しようというのですから、今回はみんなのお手並み拝見といったところです。



我が家は、自宅から高尾山口の駅まで、40分もあれば到着する場所でして…
駅の近くの蕎麦屋やまんじゅう屋さんには何度も来ていますし、ケーブルカーを使って登山したことは今までも何度かありました。
しかし今回は体力の確認が目的なので、もちろん全行程歩きで行くことに。


自分でルートを決めて行くのは今回が初めてなのですが、登りは「一番登山らしい」という稲荷山コースで。下りは薬王院に行きたいということで、1号路にしました。
高尾山登山ルート


3月29日、登山当日は曇りでした。
そしてここ最近ずっとそうですが、3月としてはけっこう寒い日でした…。最高気温は12度くらいだったでしょうか。
登山道には雪が残っていまして、そのせいかところどころぬかるんでいました。
数日前にかなり寒かったので、その時に降ったのが残っていたのでしょう。
我が家のあたりでは雪は降りませんでしたが、山のほうは降ったんですねえ。

高尾山口の駅に降り立ったら、かなりたくさんの人がいました。
最近、駅が改装してすぐ隣に温泉ができたのですが、改装してから来たのは初めてかも。
平日だったのですが、さすが春休み、人が多いです。…そうは言っても、ファミリーよりもご年配の方のほうが多かったような気がしますが…。
ミシュランで高尾山が選ばれてからかなり人が増えましたよね。
電車が到着した直後は、駅の女子トイレは混み混みでした。

駅を出てすぐの案内所で登山コースの地図をもらい、出発です。

まずはケーブルカーの駅方面に向かいます。ここまではよく来ていたのですが…
稲荷山コースに向かうのは、ケーブルカーの清滝駅の左のほうからでした。

もう、いきなりけっこうキツイ階段ですよ。
もはやこの時点で主人は、ちょっとめげています(笑)

登山道はそんなに広くないので、縦一列で登らねばなりません。
最初の階段がひと段落するところまで登った時点で、だいたいみんなのペースがわかったのですが、早い人が遅い人に合わせて登ると疲れるので、早い順に並んで登ることにしました。
次男→長男→私→長女→主人 の順にしました。
分かれ道があったら、そこでは必ず最後の人が来るまで待つ、というルールで自分のペースで登っていいことにしました。
最後が主人なので、誰かが迷子になることもないでしょう。

(続く)
posted by はなずきん at 21:34 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: