2017年02月21日

理想のワードローブを考えてみた(冬編:その10)まとめ&私のクローゼット写真

思っていたより長大なシリーズになってしまったこの「理想のワードローブ」ですが…
やっと最終回です。

冬物だけでこんなに書いてたら、すべてのシーズンなんて書けませんねえ。
手持ちの服はだいぶ減らしたつもりなのですが、やっぱりまだ数が多いのかも。

ミセスジーナのジーンズのように「これがばっちり、私の欲しいもの!」という服が見つかれば、そのジャンルのものはかなり減らせそうな気がしますが…
それを見つけていくのはなかなか大変そうですし、予算の関係もありますので…
これからじっくり探して行こうと思います。


この冬は「服を減らしてお洒落にする」にはどうすればいいのか…と、いろんなサイトや本などを読んでみました。
いろいろ調べて参考にはなったのですが、ひとつはっきりしたのは
「私みたいなファッション傾向の40代後半の女性は、あまり世の中にいないような気がする」
ということでした(笑)。

今までもそういう気はしていましたが…。
今年になって似合うものが変わって、甘めの要素をあまり入れられなくなったので、さらにそれが加速した感じがします。
ファッションについて書かれた本やサイトなどを見ていて「これが私のやりたいファッションだ」というものは、全くといっていいほどありませんでした。
そういう本を書いている人(=ファッションを仕事にしていたり、かなり関心がある人)はファッションに力を入れているし、専業主婦であることも少ないので、カジュアル寄りの人が少ないというのもあるかもしれませんが。


私は決して奇抜なファッションをしているわけではありません。
特に今年は服の数を絞り込んだので、むしろ「ノームコア」(究極の普通)に近くなっている気がするのですが…。
しかし「一般的な40代女性のファッション」ではないようです。
好きなアイテムがけっこうメンズ寄りだからなのでしょうか。

普通は「オシャレな40〜50代」というと、ややコンサバな、上質なスカーフを使ったコーデとか…
パンプスをきれいめジーンズに合わせるとか…そんな感じのものが多いのですよね。
でも、私のファッションにはキラキラしていたり、ラグジュアリーな要素はほぼ皆無なのです。

キラキラしていないなら「地味」か…というと、たぶん地味ではないんですよね。
実用的であることは大事ですが、実用的なだけのものは決して選びません。
見た目は非常に重視しているのですが、それが一般的にこの年代の女性が好んで身に着けるものか、というとそうではない気がします(笑)

そもそも靴が普通の女性とまず違うのです。
「オシャレに力を入れている」と言いながら、こんなに平らな靴(笑)ばかりの人はあまりいないのではないでしょうか。
しかも、けっこう若い頃からです。私はスーツを着るような仕事か、冠婚葬祭の時だけしかパンプスをはいていません。しかもスーツを着て仕事していたなんて、15年も前のことです。

この間も手持ちの靴のことを書いていて思ったのですが、ロックポートのメンズの靴を好んではいている40代女性なんて、ほとんどいないのではないでしょうか。40代でなくてもあまりいなさそうですが。
こんなの、他の女性の参考になるのかな?と思いながら書いていました(笑)。

理想のワードローブを考えてみた(冬編:その8)実際のアイテム編 ソックス、靴、小物編

私がメンズの商品を選ぶのは、レディースではサイズがない、靴は痛くてはいていられない…という要素が多分にありますが、それだけではなく、メンズのテイストが好きで、自分にそれが似合うと思っているからなのです。

見た目的にもナチュラル傾向が好きで、背が高く骨格も大きめ、考え方は男性っぽく、アウトドアやミリタリーが好きで、それに加えて暑がりだったり、扁平足だったり、天然素材が好きだったり(というか、化繊が苦手)、がっつりメイクが好きでなかったり、といったいろんな要素がからまって「今の私のファッション」を形成しているのです。

性格や趣味や考え方にしても、私みたいな人はあまりいないような気がするのですが、ファッションにもその傾向がはっきりと出ているのでしょう。
「私らしい」のは確かですが、同年代の女性に当てはまるような「オシャレ」とはちょっと乖離しているかもしれません。


ただ、メンズの服のテイストは好きなのですが、そのままでは、やはりちょっと地味になってしまうものが多いんですよね。体型的にもメンズではフィットしないものも多いですし…。
「メンズテイストな30代女性向けくらいのレディースの服」が今の私に合うのだと思いますが、なかなかそういうテイストの服は見つけることができていません。あったとしても、化繊の服だったりします。

「SM2 B.L.U.E」は天然素材中心で、私の欲しい服に近いデザインのものもあったのですが、着丈が私にとっては短いものが多かったのです。普通のレディースサイズだとどうも丈感が合わないのです。


「天然素材」「大きめサイズ」「メンズっぽいレディース服」「あまり値段が高くない」
こんな服を売ってる店、あまりなさそうですよねえ〜。
(だいたい、天然素材を売りにしている店は高いのです!)

無印良品は天然素材中心ですが、レディースはやっぱり着丈が足りないんです。
メンズは「無印」すぎて地味ですし(笑)

なので、これからどういう店で服を探すのかは模索中です。
通販のベルメゾンはサイズが豊富で天然素材の服が多いので、選択肢に入るかもしれないと思っています。




最後に、私の冬のクローゼットの様子をご紹介します。
今季初め(写真撮っておけばよかった〜)からすると、だいぶ数が減ってすっきりしました。
ただ、写真を撮るために整えたりはしていないので(これがふだんの状態です)、あまり美しくはありませんが(笑)

003_1.JPG
押入れを改造したワードローブ全体の様子。
右側が棚と引出し、左側がハンガースペースになっています。
引出しには下着と部屋着、カバン、季節外の小物、主人の服が入っています。
押入れの奥行きを全部利用した引出しなので、かなり奥のほうまでありますが、手前のほうに今使うものを入れてあります。

004_1.JPG
棚の手前にあるのが今着ているもの。
「理想」のワードローブではないものも、まだ残っています。

上段:ボトムス(とイリオモテヤマネコのぬいぐるみ(笑))
中段:部屋用のはんてん、ベスト、大判ストール
下段:ロングトレーナー、タートルネックシャツ、カーディガン

棚の奥に見えているのは季節外のものです。まだ春夏モノは数が絞り切れていないので、けっこうたくさんありますが、シーズンに入ったら減らしていこうと思っています。

最近は気候の変化が激しくて、春であっても突然夏物や冬物を出さざるを得ない…などという事も多いため、昔のように年に2回の衣替えでは対応できないですよね。
だからすべての季節の服が見える場所にあるのはとても便利です。
季節に応じて少しずつ「今使っているもの」を一番手前に出して、使わないものを奥に入れ替えています。

基本的に部屋着は引出しにしまっているのですが、スペースが空いたのと、はんてんはよく着たり脱いだりするのでここにしまっています。


005_1.JPG
ここには、シャツやワンピース、コートなどたたむとシワになりそうなものをかけています。
右側が丈の長いコートやワンピなど、左側は上下分割してあり、丈の短いシャツやアウターになっています。
前はもっとぎっしり服がかかっていたのですが、服が減ったのでストールをかけています。
ストールは引出しにしまっていたのを、すぐ手に取って使えるように出してきました。


006_1.JPG
短い丈のアウターはここに。
一番左の1着は主人のなので、私のは3着のみですね。


これで「理想のワードローブ:冬編」は終わりです。
果たして「春編」があるのか…。なんだか無理な気がしますが(笑)。

posted by はなずきん at 15:38 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: