2016年11月24日

ミニマリストの精神を生活に取り入れる(その7)ファッション編(前編)

ミニマリストの精神を生活に取り入れる(その6)ネットからの情報、発信する情報も絞り込む。より続いています。


私は「服を買うなら、捨てなさい」を読んでから、服はけっこう減らしたつもりでいました。


ミニマリストブログの作者筆子さんは、「自分はおしゃれ系ではない」と断言していて、持っている服はオールシーズンで14着しかないそうです。

でも、ファッションにかなり力を注いでいる私にはさすがに「全14着」ではつまらなさすぎるし、フランス人みたいに(笑)「10着」で暮らすのも(1シーズンのトップスとボトムスだけで10着、ってことみたいですが)無理そうです。


1シーズン10着は無理にしても…
私はいったいどのくらい服を持っているんだろう?と数えてみたら、部屋着、アウター、トップス、ボトムスを合わせて、オールシーズンで200着くらいありました。(小物やバッグ、パジャマなどは含んでいません。)
春秋、夏、冬で区切るとすると、1シーズン60着くらい持っていることになります。

特にシンプルライフを心がけている人、とかでなければ、これは多くも少なくもない、くらいの数ではないでかと思います。
「ファッションが好き」と言っている人の中で見るなら、わりと少ないほうではないかと思いますが…。



「筆子ジャーナル」で知ったのですが、
「1シーズンを33点のファッションアイテムで暮らす」という「プロジェクト333」というのがあります。
これは、自分の手持ちの洋服(部屋着、下着は含んでいません)、アクセサリー、靴を厳選して33点だけを出しておき、残りはしまっておいて過ごすのです。

これでも案外おしゃれにすることはできそうな気がします。
ただ、私は今持っているモノはどれも相当考えて買ったもので、愛着もあるし使ってもいるので、「プロジェクト333」を実行してまで一気に減らそう、という気にはなりませんでした。

でも「筆子ジャーナル」基準であらためて手持ちの服をチェックしてみると、今よりは減らせるような気がしてきました。



この時点で、私がまず「これは多い」と思ったのは、部屋着の数でした。

「服を買うなら、捨てなさい」には、
外着を部屋着に回すと「外には着ていけないイマイチ服」を着ることになるので気分が上がらない。
古びた外着を着るくらいなら、ファストファッションで新品の好きなデザインを買ってきなさい。
とありました。
「フランス人は10着しか服を持たない」でも、安いものでいいから部屋着専用のくたびれていない服を用意したほうがいい、というような事が書いてありました。

しかし私は「外には着ていけない、という程度に傷んでしまったり、好きだけど微妙に似合わなくなった服」を部屋着に回していました。
もともと厳選して買った服なので、少し傷んでいるくらいで気分が上がらないわけではありません。
まだ愛着もあるものだし、もう少し着てから捨てたいと考えて部屋着にしていたのです。

部屋着専用の服は、どんなに可愛くて新品でも、やっぱり「リラックス感」があるので、人前にそれを着て出ていくのは気がひけます。
私は専業主婦なので、家で過ごす時間が長く、宅急便や簡単な来客の対応なども部屋着ですることになるのですが、元々が外着のものを着ていたほうが、ちょこっと外に出るくらいの対応がしやすいのです。



部屋着に関しては「フランス人は…」や「服を買うなら、捨てなさい」の意見は、私にはあてはまっていないので、現状通り「外着で着られなくなったものを部屋着に回す」ことでいいと思いました。



しかし、服を買ったばかりの新品の状態から、「お出かけには着ていくにはちょっと…」というレベルになるのは案外早いのですが、部屋着にしてから「これは捨てないといけない」という「くたくた」なレベルに来るまでは、案外長いのです。
だから、必然的に部屋着の数がけっこう増えてしまっていました。

私はお出かけ服を着ている時よりも、部屋着を着ている時間のほうが多いので、数もそこそこ必要ではあるのですが…それにしてもこの時点では「多すぎる」という感じがしました。

まだどれも部屋では十分着られるものだから…という基準で取っておいたので、部屋着を入れている引出しがぎゅうぎゅうになってしまっていました。
部屋着の枚数が多くなっているのでそれぞれを着る回数も少なくなっていて、なおさら、服が傷まないので減っていかないのです(笑)。


今回、あらためて手持ちの服をチェックしてみたことで「部屋着の枚数はこんなに多くはいらない」ということに気づきました。
たんすの引出しの中がぎゅうぎゅうになっていたせいで、入っているものが把握しづらく、そして取り出しづらかったのです。

なので、傷みがやや進んでいるものをまず捨てて…
さらに残りの服の中でも特に使い勝手のいいもの、デザインが気に入っているものだけを、必要と思われる数だけ残しました。

これでだいぶ部屋着の数が減り、今までの2/3くらいの量になりました。
外に着ていく服だけでなく、部屋着も「厳選」が必要だったのです。



そして、外に着ていく服のほうですが…

私は「着回し」を考えて、インナーの色バリエーションをたくさん持っていました。
例えばタートルネックのカットソーは冬場はほとんど毎日着ていることもあり、8種類くらいの色柄のものを持っていたのです。
種類を揃えるために安いものを買っていたので、傷むのも早くて…ひとつのカットソーがワンシーズン持つかどうか、という感じだったので、毎年何枚も買い替えていました。

でも、コーディネイトに”微妙”な差をつけるのは、ただの自己満足ではないだろうか…、
たくさんの色柄を持っていても、それに見合う効果はない、と思い直し、似たような服のダブりは数を絞ることにしました。
そして、傷んで買い替える時には、今までよりは高い、丈夫なものを選ぶことにしたのです。



あと、以前から「昨年は似合っていたけど、今年着てみたらビミョー」な服はソッコーでゴミ袋行きにしていましたが…
今年、寒くなってから、昨年着ていた冬物を出してみたら、なんと半分くらいの服が似合わなくなっていたのです!昨年買ったものはまだギリギリセーフなのですが、おととしより前に買ったものはほぼ似合いません。

レースなどの甘さのある服、Aラインの服などはほぼ全滅、という感じでした。
あとアメカジ色が強いものも、子供っぽく見えてあまり合わなくなりました。
そして明るい色柄のものよりも、暗い色のほうがしっくり来る感じです。
最近、顔の肉が落ちたのと、髪型がショートに近くなったからでしょうか。




なので、最初は「今までの手持ちの服は大事に着つつ、新しい服をあまり買わないようにして数を絞っていく」つもりだったのですが…
”今年、似合わなくなった”と感じるものを着てみると「若づくりしているイタいおばさん」に見えてしまうんです(笑)。

そう感じるものはたいがい「お出かけ服」だったので(お出かけ服のほうが可愛い系統が多かったのです)、まだそんなに傷んでもいなくて、服としての実用寿命は十分残っているものだったのですが、「今年はこれを着て外には出られない」と思いました。
処分する前に部屋着にしようかと思ったのですが、自分で鏡を見てがっかり、ってくらい似合っていなかったので、結局部屋着にもせず、けっこうな数の服を一気に処分しました。


あまりたくさんの服を持っていると、こんな風に急激に今までの服が似合わなくなった時に、一気に処分する服も多くなるので無駄だなあ、と思いました。


これからは「服を買うなら、捨てなさい」で推奨していた
「その時に似合うものを少数、着たいその時にさんざん着倒して、傷んだら新しいものを買う」
パターンで行くほうが良さそうな気がします。

そのほうが「今の自分に合うもの」をいつも新鮮な気分で着られそうですよね!


(後編に続きます)
posted by はなずきん at 11:46 | Comment(4) | ミニマリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

この『捨てる』というテーマは、永遠の課題ですね〜

私も、こんな風にシンプルな家に住んで〜みたいな憧れがあるのですが、まあ抵抗勢力が多くて(^_^;)

夫はもちろんなのですが、長男が、まあすごく抵抗するんですよ。
なので、長男が独立してくれれば、うちはもっと綺麗になるだろうな、と諦めています。
Posted by 麻子 at 2016年12月16日 20:05
麻子さん

家族がいる限り、自分の理想のシンプルな状態までにするのは、ちょっと無理ですよね〜。
雑誌に出てくるようなすっきりした家は、家族が協力的なんだな〜といつも思います(笑)


自分のものだけでも減らしてみると、けっこうすっきりしますよ!
しかし重要なのは「捨てる」だけじゃなくて「その後、増やさない」ことだなあ、と思っています。
Posted by はなずきん at 2016年12月16日 20:49
はなずきん さん

そうなんですよね。
実は、私も、最近自分の服を整理したところです。

はなずきんさんは部屋着が多かったんですね。
私は、着なくなった服が多かったです。
というのも、ここ最近、着たい服のテイストがだいぶ変わってしまったので。
独身時代のワンピースとか出てきましたが、やはりウエストがキッツキツでした(^_^;)

整理すると、やっぱりスッキリしますね。
今は、本の整理をし始めていますが、これがなかなか遅々として進みませんね〜ついつい読んじゃったり、もう一回読もうとかしちゃうので。

はなずきんさんは、かなりおしゃれなんですね。今度、電脳剣士の会でお会いする時が楽しみです(^_^)
Posted by 麻子 at 2016年12月17日 20:58
麻子さん

最近、記事の順番がごちゃごちゃになっていたので、ちょっと整理しなおしました。場所が入れ替わっていてすみません(^_^.)

自分に似合う服が変わることもありますが、
着たい服が変わっていってしまうことも時々ありますよね。

え、独身時代のワンピースがありましたか?(笑)
それはさすがに…サイズが入ったとしても、もう着ませんよねえ。

私…、お洒落に気を遣ってはいますが、結果的にそんなにお洒落かどうかは…(笑)あまり期待しないでくださいね〜
(会うハードルを上げてしまったような…)

麻子さんこそ、お洒落な人だと思っていますよ(^^)
(こちらもハードル上げてみました(笑)
Posted by はなずきん at 2016年12月18日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: