2016年11月17日

母と子の剣道日誌(118)どうなるの!?創立記念大会(その7)懇親会、大成功。

母と子の剣道日誌(117)どうなるの!?創立記念大会(その7)白熱の大人男子試合より続いています。


次男とふたり、懇親会の会場であるアミューズメント施設に着いたのは、懇親会開始の一時間前。
あと、役員のSWさん、事務局のIZさん、チケットを配ってもらう担当のNT君が集まりました。
まずは、私たちが会場準備をするために、会場であるレストランに入るのですが、そのためにはチケットを受け取らなければいけません。

施設の担当の方を電話で呼び、入口まで来てもらってチケットを受け取り、中に入ります。
この日は日曜日だったので、アミューズメント施設の外も中もけっこうお客さんがいて賑やかです。


施設の中を通り、レストランまでたどり着きました。
入口には、当会の創立記念パーティーと書いた看板が出ています。
てっきり会の名前だけ書いてあるのかと思ったら、しっかりこの施設のキャラクターたちの絵まで入っていてかなり可愛い看板でした(笑)。


まずは受付を作ります。
作っておいた名札を置き、受付名簿、手拭い、プログラム、集金グッズを用意しました。
あと、当会の旗を会場に飾らせてもらいました。

ところで、懇親会でも司会を務めるSZ先生が、なかなか来ないな…と思っていたら、けっこう遅くなってからやってきました。
SZ先生が遅いのはわりといつものことなのですが(笑)、今回はちょっと事情があったようです。

創立記念大会でA先生が撮ったスナップ写真を編集してスライドで流す予定だったのですが、A先生が写真の選別に時間がかかったとかで、ギリギリまでその編集作業をしていたそうなのです。
そういえば、記念大会が終わって武道館から帰る時、A先生がぽつんと残ってノーパソに向かって必死に作業していましたが…あれは、写真を選んでいたのですね。

後でA先生に聞いたのですが、スライドで見せる枚数も限られているので、できるだけいい写真を使って欲しくて、必死に吟味していたそうです。
「SZ先生にはご迷惑をおかけしちゃいました…」と恐縮していましたが、写真が趣味のA先生なので、適当に選ぶという妥協はできなかったのでしょうね。(笑)


さて、そうこうしているうちに参加者も続々とやってきました。
SN先生にご来賓の方を席に案内していただきます。

が、パーティーの開始時間になっても、まだ来ていない方がいました。
チケットを配っているNT君は、施設の外でゲストが来るのを待っているのですが…
チケットがないと入れないので、まだ来ていない方には、施設に来た時に連絡をしてもらわないといけません。

しかしこちらの持っている名簿には、ゲストの自宅の電話番号はあっても、携帯番号まではわからないのです。なんとか、すでに来ているお客さんから連絡を取ってもらい、会場前に着いたら連絡を入れてもらうということで、外で待っていたNT君に戻ってきてもらうことができました。


いよいよ、懇親会開始です!


飲み物が配られ、開会の言葉のあと、まずは乾杯をしました。
乾杯の音頭は、当会創設の頃からいらっしゃる(そして私の恩人でもある)前会長のY先生でした。


パーティーはバイキング形式で、料理の置かれたブースに各自取りに行くことになっています。
乾杯の後はまずは「ご歓談」ということで、まずは腹ごしらえです。
大会の後ですから、みんなお腹がすいてますよね。


が、受付をしていたIZさんは、とりあえず会費の計算をしなければならなくて…
料理を食べるどころではなく、お金を数えていました。
本当は数えたお金は手元にあるのも不用心なので、支払ってしまいたかったのですが、最初は全員が揃っていなかったので、ゲストが全員来てから支払いをするということになり…
IZさんは、その間お金が入ったバッグを常に持って歩いていました。


IZさんはパーティー開始後30分位経って、ようやく全員が揃ったので、お金も支払うことができて、料理にもありつけたのですが、
「まずは肉だよね!」と言って、ローストビーフをがっつり食べていました(笑)。



このレストランの食事は、正直あんまり味には期待していなかったのですが、(アミューズメント施設のレストランって微妙なところが多くないですか?)食べてみたらけっこう美味しかったのです!

私は甘党なのでデザートは欠かせないのですが(笑)(食事より先にデザートを決める、というくらいです)ここはデザートもなかなかでした。
バイキングのデザートってやっつけ的なものが多いのですが、ここのは見栄えもわりと良くて、丁寧に作ってありましたね。



ご歓談もひとしきり盛り上がったところで、SZ先生が苦労して編集したDVDの上映です。
今日の大会の写真スライド、昔の当会のイベントの様子などなどが流れました。
ご来賓の方々にとってはかなり懐かしい映像だったのでしょう、話が盛り上がっています。
SZ先生が苦労しただけあり、編集もばっちりです。上映は大成功でした。


それから、来賓のあいさつをいただきます。
ここでも、当会の昔の話などあり…
当会は、もともとは、とある会社の剣道部があり、どうせなら地域の子供にも教えて欲しいという要望があって始めた会なのでした。
ですから、創立当初は子供が多かったのですが、途中では剣道の人気が落ちて、かなり会員数が落ち込んだこともあったそうです。
その時々で少しずつ形を変えながらも、42年も当会が続いてきたことはスゴイなあと思いました。


来賓の方も、先生も、保護者も、子供たちも、みんなパーティーを楽しんでいるようです。

来賓の方々は、私たちにとってはほぼ知らない人ばかりでしたが、先生たち同士は、ひさしぶりに会ってかなり話がはずんでいるようでした。
会の創立に関わった方も何人かいらしていたのですが…つまり、42年前からの知り合いってことですよね。私なんて、その頃、まだ幼稚園生ですよ…?


SZ先生も「おつかれ〜」と私とIZさんのテーブルにお酌に来て下さいました。
今回の大会、懇親会の準備で一番苦労したであろう、IZさんもほっとした表情でした。
「いろいろ大変だったけど…、記念大会もパーティーもやってよかったですね!」



さて…パーティーも終盤に近づき、いよいよこの施設のキャラの着ぐるみ登場です!
音楽が流れ、着ぐるみ登場。みんな拍手で迎えます。


レストランの前にある舞台で、記念撮影タイムが始まりました。
(もともと着ぐるみショーをやる舞台なのでしょう)

その着ぐるみは女の子向けのキャラだったので、ご年配の方々は一緒に記念撮影なんてとまどうかな?と思っていたのですが、みなさん案外ノリが良くて(笑)ニコニコと着ぐるみと握手したりしています。

OBの方たち、子供たち、保護者と先生、そして全員で、最後に女性陣と、記念撮影は進んでいきます。
こんな「子供だまし」みたいな事、みんなどれだけ乗ってくれるのかな?
子供たちも女の子は少ないので、男の子の反応はどうだろう?
と思っていたのですが、余った時間で、個人的に記念撮影をする人たちも多数…
男の子たちも、案外喜んで撮ってるじゃないですか。

予想外に盛り上がりを見せていた撮影タイムも終わり、パーティーも閉会です。


二次会へもほとんどの人が参加するようでしたが、我が家は遠いのと、
この1週間後に大人合宿もあり、予算的な問題もあって(笑)、二次会は私と次男は参加しませんでしたが、
二次会もかなり盛り上がったようです。


ああ、やっとすべてが終わりました!
ほんとに、ほっとしました〜。

実際に大会や懇親会をやる前は「大変」な気持ちでいっぱいでしたが、
当会の歴史を感じられて、みなさんにも喜んでもらえて、やった甲斐がありました。



しかし、次の50周年記念大会をやる時には、私はまだ現役側にいるのでしょうか…?
体がついていけるうちは、続けたいものですが(^^)



「どうなるの!?創立記念大会」これにて終幕です。
posted by はなずきん at 21:15 | Comment(0) | 親子で剣道3剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: