2016年10月01日

母と子の剣道日誌(109)やっぱり楽しかった、市民大会(その5)男性4段以上の部は…

母と子の剣道日誌(108)やっぱり楽しかった、市民大会(その4)男性三段以下の部、まさかの!?から続いています。


私の試合が午後の部の一番最初にあったもので、お腹が重くなりすぎないよう、お昼のお弁当は半分残していました。
でも、おなかはすいていたので、自分の試合が終わったら残り半分を食べようと思っていました。

女子の部では、自分の試合が終わってからもNIさんが決勝まで行っていたので目が離せず、男性の三段以下の部でもOMさんが勝ち進んでいたのを見ていたので時間の余裕がなく、そしてまたすぐ男性四段以上の部が始まってしまい…
四段以上の部も見たい試合目白押しで、いったいいつお弁当の残りを食べればいいのか…、と悩みながらの観戦です(^_^.)
#私、食い意地が張ってるもので、どうしても食べられない時以外は「食べない」という選択肢はありません(笑))


さて、一般男性の四段以上の部が始まりました。

四段以上の部の出場者は6人ですが、うち4人は当会の指導者(先生)です。
そして残りのふたりの「生徒」のうち、W君(四段)は当会では唯一の現役大学生です。
いや、実はあと一人、大学4年生の男性がいるのですが、就職活動などで忙しいようで全く出てきておらず、私はほとんど稽古するのを見たことがありません。
W君は大学では剣道部には入っていないそうですが、なかなかの腕前で、当会の「生徒」の中では彼が一番上手くて強いかもしれません。

W君は一回戦を難なく勝ち進み、二回戦目は、昨年の個人戦では優勝をしている強豪N剣友会の二刀流剣士MRさんとの試合です。
私がMRさんのファンなのもあり、この試合は見逃せません!
ワクワクしながら観戦です♪


W君とMRさんの試合、両者なかなか譲りません。
お互いが一本を取った状態で、延長戦に入りました。
W君はかなり上手いとは思っていましたが、前回優勝のMRさん相手にここまでやるとは!

もともとの試合時間は3分なのですが、延長になると、どちらかが一本取らないと終わりません。
そうこうしているうちに、試合時間は5分を越えました。

と…、向こうの試合場で、警察官のMK先生の試合が始まっています!
み、見たい〜!でも、こっちの試合も最後まで見たい〜!
仕方ないので、目の前のW君対MRさんの試合を動画撮影しながら、自分の目ではMK先生の試合のほうを見ているという、器用なことをしていました(笑)。


とうとうW君の試合時間は10分になり…ふたりともけっこう動くタイプなのですが、両者ともにさすがに疲れが見えてきたかな…と思った頃、居ついてしまったW君の面をMRさんがとらえました!
試合終了です。

残念ながらW君は負けてしまいましたが、昨年の優勝者にここまで互角に戦うとは、やるなあって感じです。
試合が終わって戻ってきた二人とも、顔を真っ赤にしてさすがに苦しそうでした。
「試合時間、10分超えてましたよ!」と声をかけたら、MRさんが「ええーー、そりゃ疲れるわけだ」と言ってました。

実はこの後、MRさんは二回戦で負けてしまったのです。昨年の優勝者が二回戦で負けてしまうとは…
みんな「W君が疲れさせたせいじゃないの?」と言っていました(笑)



さて、その間、MK先生は一回戦を勝っていましたが、一本取られて取り返して、その後一本取っての勝利です。
私はMK先生にはかなり期待していて、もっとスイスイ勝つだろう、と思っていたので、意外に苦戦している?という印象でした。


そして初エントリーの「若き消防士」MFさんの試合が始まりました。
MFさんは小さい頃からずっと剣道をやっているそうで、四段を持っています。
ちょっと前までは、職場の剣道部でバリバリやっていたそうなのですが、今は119番を受ける部署に異動してしまい、そこには剣道部がないのでしばらく稽古をしていないのだそうです。

そこで子供を当会に入れて、自分でもやることにしたのだそうですが、仕事が忙しくて、ほとんど稽古には出られておらず…お子さんを連れては来るのですが、子供稽古が終わると仕事があるといってすぐ帰られてしまうので、ほぼ毎回稽古に出席している私でもMFさんが稽古するのは数回しか見た事がありません。
まして、試合なんて見るのは、私以外の当会のみなさんも初めてだと言っていました。



MFさんの初戦の相手は、強豪N剣友会の方でした。
どちらもなかなか一本が入りません。
もうすぐ試合時間が3分になろうという時、相手の方がMFさんに「突き」を入れてきました。それは決まらなかったのですが、MFさんはその後すぐに「突き」をやり返したのです!

その様子を見ていた「理想の上司」EBさんいわく「あれは、突きをやられて腹が立ってやり返したんですよ。負けず嫌いだな〜、MFさん(^_^.)」と。
実際、後で聞いてみたらやっぱりそうだったということでした。
MFさん、ふだんはにこやかなんですが、勝負ではけっこう怒りっぽい方のようです(笑)

「突き」を入れられる、ということは、ど真ん中が空いている…つまり油断しているということで、他の技を入れられるよりも腹が立つようなんですよね。

結局この試合は延長になり、試合時間が6分を過ぎたところで、MFさんは面を取られて負けてしまいました。残念!



さて…「現役警察官」MK先生の二回戦の相手は、強豪N剣友会の方です。
しかしMK先生は調子が出てきたのか、この試合は二本取ってすんなり勝っていました!

そして三回戦の相手は前回準優勝された方です。
これはお互い一本も取らずに延長戦になり、そこから面を決めて勝利です。
この時点で銅メダルが確定しました!


さて…ここまで目が離せず、お弁当を食べずに見ていた私ですが…
MK先生の次の準決勝の試合は、すぐにはできないようです。
トーナメントで対戦する相手がいる片方のグループの試合が進んでいなかったからです。


次のMK先生の試合は、幸い私たちの控場所のすぐ近くの試合場です。
よし!お弁当の残りを食べるなら今しかない!と思いました。
MK先生の試合が始まったら見えるような場所で(でも、目立たないように隅っこで座って)私はお弁当の残りを食べ始めました。


そして私がまだ食べている時に、準決勝が始まってしまいました。
MK先生が勝つだろうというつもりで、次の試合はしっかり見ようと、準決勝を観戦しつつお弁当を食べ終わったのですが…
残念ながら、この試合、MK先生が負けてしまったのです。


戻ってきたMK先生は、悔しそうに
「負けちゃってすみません。ひさしぶりなんで、今回はこのくらいで勘弁してください」と言っていました。
それを聞いていたMK先生の息子さんKT君は
「お父さん、どんどん勝つって言ったのに、負けちゃったじゃん!」
と不満そうです。
#KT君は初心者で、まだ試合には出ていません。


いやいや、でも、十分勝っていただきました…。
一般男性のレベルが高い当市で銅メダル獲得はけっこう大変なことですから。
男性は強豪N剣友会以外の方でも、けっこう強い方が多いのですよ!
でも、次回はもっと期待しちゃいますが(^^)


大人の部では、女性三段以下、男性三段以下、男性四段以下でメダルがもらえたのです。
しかもひとつは「金」ですから、今回はかなり華やかな戦績です♪
自分が勝ったわけではないですが(笑)表彰式で、我が会の名前が読み上げられるのは嬉しいものですね!


自分の戦績はイマイチでしたが、当会のみなさんの活躍で、とても楽しかった秋季市民大会となりました。


(まだ、つづきます!)

posted by はなずきん at 01:12 | Comment(0) | 親子で剣道3剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: