2016年06月13日

母と子の剣道日誌(85)戦い済んで、日が暮れて…

大会が終わりました。

私の試合は、あっけなく終わってしまいました。
なにせ相手は強豪N剣友会の、都レベルの大会に出るような方でしたから。

私はいつも打ちにいってはあっという間に打たれちゃうので、
今回は、ちょっと待ってみようかな…と思ったのですが、
全然攻める機会がつかめないまま、打たれて終わりでした(笑)。
試合時間、1分くらいしかなかったんじゃないですかねえ〜。

今回は試合前の緊張はあまりありませんでした。
負けた事自体は悔しくないのですが、あまりに何もできなかったので、もっとやりたかったなあ…。
疲れる暇さえありませんでしたよ〜(笑)


でも、大会自体はすごく楽しかったのです。
懐かしい警察のメンバーにも会えましたし。(私をいつも睨む意地悪な人はいませんでした!良かった〜)。
でも、警察ではお隣で稽古していた、私の憧れのK郎君の妹さん、小学3年生の泣き虫Rちゃんに「誰?」って言われてしまいました(笑)
2年間一緒に稽古してたのに、1年も会ってなかったら忘れられちゃうのか…、さすが子供。

ちなみに今年K郎君は高校生になったのですが、剣道の強い某私立高校に進学したそうです。
って、この間出稽古で行ったところでしたよ。私達が行ったのは、同じ大学の道場でしたが。
どんな剣道青年になったのか、見たいなあ…。


あと、警察で一緒だった、うちの次男の元同級生RM君は、剣道部のある市立中学に入学しました。
市の代表に選ばれるくらいのRM君は卒業式でも卒業アルバムでも、将来の目標を「剣道日本一になること」って断言してたんですよ。やる気があって素晴らしいです♪
なので学区通りの中学に行った次男とは学校が違ってしまい、大会でひさしぶりに会ったのですが…
なんでも4月に足指を剣道で骨折して、ずっと剣道部にも出られてなかったそうなんですよ!なのに大会に出て来てて…大丈夫?って思いましたが…大丈夫だったのかな(笑)
残念ながら試合は見られなかったのですが、前より背も伸びて、精悍な感じになっていてカッコ良かったなあ。



今回は私は大会の係(スコア付け)をやっていたのと、自分の試合もあったので、あまり他の人の試合が見られなかったのはちょっと残念だったのですが、同じ会場の係の別の会の方とも少し親しくなれて良かったです。


あと、一番楽しみにしていた二刀流剣士MRさんの試合が、自分の係の会場で行われたので堪能しました〜(笑)。
MRさんのチームは残念ながら準優勝だったのですが(優勝できなくて残念、っていうレベルなんですよね)、いやー、もう、見ていて楽しくて…というか入れこみすぎてドキドキして、苦しいくらいでして。
見ているだけでもアドレナリン出てるな〜と思います。(笑)
しっかり試合の動画を撮ってきたので、家でも堪能させていただきます♪
二刀流独特の構えが、ほんと、カッコイイんですよねえ〜。
でも、やっぱり直接見ている時のほうが緊張感のある空気が伝わってきていいのですが…。


それ以外の男子の試合も、かなり迫力がありまして。
係をしていながらも、自分の試合より緊張して、手に汗握って食い入るように見てしまいました。
以前より、私の剣道への入れこみ度が上がってきたせいでしょうか…?



ところで、うちの会のパパさん剣士たちは…、
大会後に「瞬殺反省会」(という名の飲み会)をすることになりまして…(笑)

まあ、つまりあまりみなさん、芳しくない成績だったのです。
団体戦だと、段位関係なく組みますから、かなり強い相手と当たっちゃうんですよね。
そりゃー、学生時代からずっと剣道続けていた人たちと同レベルになるのは、なかなか難しいですよ。



「瞬殺反省会」には、私も参加しました!(私も瞬殺されましたし!(笑))
他のママさん達も誘われたのですが、みなさんお子さんがいるので来れず、女性は私ひとりでしたが…
(私は最初から、飲み会があるかな?と思って、夕飯は子供が食べられそうなものを準備しておいたのです)
いやー、これが楽しかったのなんのって。

夜6時過ぎから会がスタートして、8時半くらいに次の場所に移って、10時半頃まで飲んでいたのですが…
その間、みなさんず〜っと剣道の話をしてました!(笑)

私は剣道の話がしたくてしょうがなかったので、このうえなく楽しかったです。
もっともっと話したかったくらいですが。


「瞬殺反省会」メンバーは、男子団体戦に出た10人のうちの8人プラス私でした。

先日「母と子の剣道日誌(72)私の「剣友」たち」でご紹介した「理想の上司EBさん」「アスリートHSさん」「稽古中毒SZさん」「ギャグ炸裂OMさん」はもちろんいらしていましたが…

あとはSN先生、A先生と。
あとブログに書いたことがありませんでしたが、現在、先生では出席率ナンバーワンの壮年剣士、SG先生。


そして期待の新星、IDさん。
IDさんのお子さんは、小学生の男の子の兄弟です。今年初め(1月頃)から当会に入っていました。
(その上にもお姉ちゃんがいますが、剣道はやらないそうです)

IDさんは高校の時に剣道をやっていて、二段まで持っているのですが、自分は「子供のお付き合い程度」で、そんなに一生懸命やるつもりはなかったそうです。
私から見ても、最初のうちは「そんなに熱心ではなさそう」って感じでした。

が…、大人稽古に出ているうちに、当会の熱心なパパ剣士さん達に影響されて、だんだん楽しくなってきたそうなんですよね。
そういえば最近は、IDさんは日曜日の大人稽古の出席率も良くなったし、水曜日の夜の自由稽古の時間にも時々いらしてるなあ、と私も思っていました。でも、大会に団体の一員としてエントリーされたからしっかりやらないと、と思っているのかな〜くらいの認識だったのですが…。
ところが、昨日の飲み会では「水曜日にどうしても出たくて、月火の仕事を一生懸命がんばって、水曜日は早く帰って参加するようにしているんです」と言っていたのです。

そ、そうだったのか!
そんなにやる気になってたんですね〜!

大会では、数十年ぶりの試合というわりには、かなり善戦してるなあと思って見ていたのですが…
でも、負けてしまったのですが「それがすっごく悔しくて」とおっしゃっていました。
うんうん、いいなあ、この「悔しさ」。
本気でやっていたからこそ、悔しいんですよね。

「なんでもっと、学生の時にやっておかなかったのかなあ、って今さら思いますよ」というIDさんに、
SZさんが「いや、今だからこれだけやりたくなるんでしょ。俺も学生の時は、やらされてる感ハンパなかったですからね」と。

IDさんは優しげな…正直言うと少し頼りなさげな(すみません)パパさんで、やんちゃな兄弟ふたりにも怒っているのをあまり見た事がないのですが、いざ稽古で対峙するとけっこう迫力があって上手くて、ちょっとイメージが変わったんですよね。
しっかり基本ができてる、いい剣道をされてるなと思っていました。
そんなにやる気になってたなんて…「剣道馬鹿仲間」が増えて、嬉しいです!


昨日の飲み会では「みんな、こんな年から初めて、こんなに入れこんでやってるなんて、異常だよね」とSN先生が笑っていました。
「みんな、ほんと個性的だよね。こんなに楽しく剣道をやってくれるなんて、俺も嬉しいよ」ともおっしゃっていました。


私が「剣道をしているみなさん、ほんとカッコイイですよ!私は、剣道をしているだけで評価アップ。稽古着着てるともっと評価アップ。高段者だともっと評価アップなんですよ(笑)」と言ったら、みなさんに「えー、本当ですか?なんで!?」と言われました(笑)



そうそう、憧れの八段剣士、YN先生の話が出たのですが…
なんと昔、子供が小さい頃は、当会に子供を連れて出稽古に来ていたそうです。
自分とは違う先生に鍛えて欲しかった、ということだったらしく。
その子は今、めちゃくちゃ強い大学生になっていて、昨日もチームで優勝していました。

だからSN先生は、YN先生とまあまあ親しいらしいのです。
私が「YN先生の話を聞きたいです!お願いします!」と頼み込んだので、いつかお会いさせていただけるかもしれません(笑)。




役員の仕事が(精神的に)大変なのは確かなのですが(汗)
こんな楽しい会をやめるなんて、私にはできそうにありません。
剣道馬鹿のパパさんたち、本当にみなさんいい人ばかりなんです。
一緒に剣道できてよかったなあ、と思います。

それはそれ、これはこれ、で、割り切って役員の仕事を全うし、私はここで剣道を続けたいな、と思った「瞬殺反省会」なのでした…。


posted by はなずきん at 09:32 | Comment(10) | 親子で剣道3剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

大会、お疲れ様でした。
初めから強豪チームが相手とは。

それでも、私からすると、団体戦に出られるなんて、ほんと羨ましいです。ていうか、そもそも、大会にも。

今年の夏に初段の審査があるので、そこでの実技試験で、私がどの程度のパフォーマンスが出来るか、自分でも確認した上で、いけそうだったら、「秋の大会に出たい〜〜」と主張してみようかと思っています。

瞬殺反省会、ネーミングといい、楽しそうですね〜
私も、去年忘年会に出た時、ずっと剣道の話ばかり出来る集まりがこんなに楽しいものか〜と思いました。

役員のお仕事は今年1年ですか?
それが終わったら、のびのびと剣道ができそうですね。
うちの会も、去年の役員さんと今年の役員さんとの間で、いろんなことがあるようです。きっと、そういう揉め事のようなものも、ずっと受け継がれてきたものなのかもしれませんね。

私の昨日の稽古ですが、うちの会の男性陣は、私をいつまでも基本稽古しか出来ないと思っている方と、早く独り立ち?させようと思っている方の2種類に分けられるようで、昨日稽古をつけてくれた先生は、前者の方ばかりでした(^_^;)

ですが、その基本稽古中に「面返し胴やりたいんです。竹ノ内選手もやってるし〜」と言うと「あれは年寄りの技だよ」と言われてしまい、ちょっとやる気が減ってしまいました……
なので、私の得意技は何にしようかなあ〜と、また考え直しです。
なんか、相手の度肝を抜くような技はないですかねえ(^_^)

Posted by 麻子 at 2016年06月13日 17:24
麻子さん

当市では、女子団体が組める(人数がいる)剣友会自体が少ないので、
団体戦の時は、よくN剣友会と当たっちゃうのですよ〜(汗)
女子の人数だけならうちも同じくらいなんですけど、レベルが違う!(笑)

そこと当たってしまったメンバーはみな負けてしまったのですが…
「出る事に意義があるんだよね〜」と苦笑してました。

麻子さんのところ、秋は個人戦なんですね。
初段取るってレベルなら、試合に出てもいいはずですよ!?
多少レベルが達してなくても、試合に出ていかないと上手くなりません!って言っちゃっていいかと。
いや、本当にそうですから。
公式戦に出る事で今までとは何か意識が変わると思いますよ。
例え「瞬殺」になったとしても、出たほうがいいですよ(笑)

でも、お話聞く限り、麻子さんは私よりセンスも実力もありそうですけどねえ。

「面返し胴は年寄りの技」って初めて聞きました…、そうなの??
でも、得意技にするかどうかはともかく、できたほうがいいですよねえ。
「相手の度肝を抜くような技」って…、そんなのを求めていらっしゃるんですね(笑)
度肝は抜けないかもしれないけど、かつぎ面とかどうですか?私はわざとらしくなっちゃって全然上手くできませんが。


私の役員の仕事は一年です。前の年の方に聞いたら、やっぱりいろいろ叱られたそうです(汗)。お母さん達の習い事じゃないんだから、そんなところ、受け継いでいかなくてもいいのにな〜と思いますが…。
私は最初は会のためになるのなら、もう一回やってもいいくらいに思っていたんですが、すっかりやる気なくなりました。まあ、最低限やることやって卒業します(笑)
Posted by はなずきん at 2016年06月14日 06:50
はなずきんさん

女子団体が組めるだけ、すごいですって。
うちの市は大人の女子団体、組めるところあるかなぁ?という感じですよ。

それじゃあ、おんなじチームに当たりやすくなりますね〜
そのチーム、弱点とかないのでしょうか?
なんか悔しいですね〜

秋は、そんなわけで、団体戦もありますが、女性が……実質私しかいないので……
出るなら、個人戦なんです。

私って、どうも弱っちい印象が男性方にはあるようで、初段に受かりでもしないと、大会なんて言い出せそうにないんです(^_^;)

「で。あなたは初段を受けるんですか?笑」って感じなので……

うう。ちゃんと受かって見返したい…
でも、踊りは覚えられるんですけど、形がなかなか覚えられないんですよね。音楽がないからでしょうかねえ笑

>面返し胴は年寄りの技

どうなんでしょう?
私の一番師匠(笑)がそう言っていたもので、それ以上「やる!」と言い張れないものがありまして。

せっかくなら、なんか面白いことやりたくなっちゃうんです〜(^_^)
ほんとは、巻き技とか試してみたいですけど、あれって高段の先生にやったら失礼なんですよね?

かつぎ技!こないだ、自己流かつぎ技を出してみたら「面を打つときは、竹刀を真っ直ぐ振りなさい」と注意されてしまいました……

役員のお仕事って、こういうサークルに限らず、学校でも、改善とか改良したくても、前任者との絡みなどからなかなか出来ないこと多いですよね。女の世界は怖いというか……
そうやって、現状維持が続いていくんでしょうねえ。
お疲れ様ですm(_ _)m
Posted by 麻子 at 2016年06月14日 11:48
麻子さん

>そのチーム、弱点とかないのでしょうか?

相手は「先生の奥さん」とか「娘さん」とか、
学生時代からずっと続けてる方ですからね〜
たかだか剣道始めて数年のお母さんが勝てるレベルではないかと…、

みんな「ああいうレベルの人は、市大会なんかに出て来ないで欲しいですよね〜」と嘆いておりますが、そうすると、対戦相手もいない感じ?(笑)
まあ、しかたないですよね〜。


>私って、どうも弱っちい印象が男性方にはあるようで、

だとしても、やらないとなおさら強くなりませんっ!
本人が尻込みしてる…とかならともかく、出る気あるんですから〜
試合慣れするという意味だけでも、とにかく出る事が大事だと思います。


>うう。ちゃんと受かって見返したい…

一発合格して、見返してやりましょう!(笑)

>巻き技とか試してみたいですけど

先生にやるのはやめたほうがいいでしょうねえ〜。
決まるとカッコイイですけどね〜(^^)

>「面を打つときは、竹刀を真っ直ぐ振りなさい」

あ、これも先生にはやらないほうが…(笑)
私も今の剣友会では教わったことないですよ。やや邪道っぽいのかも。
私は警察の先生が、上手い子達に教えてたのをマネしてたのです。

>女の世界は怖いというか……

ですよね〜…、私、そういう部分、全然女っぽくないんで…、
全くついていけません。
とりあえず「去年と違う事はやらない」方針でいきます(+_+)
Posted by はなずきん at 2016年06月14日 15:14
はなずきんさん

やっぱり、作戦だけでは、経験に勝てないのでしょうか?
なんか、悔しいなあ。
知略で勝てないものでしょうかね〜(と、いつか試合に出るかもしれない自分のためにも思ってしまいます。)

試合に出る……う〜ん。今言い出したら、ほぼ確実に笑われそうです。先ずは初段合格を目指さなくちゃですね。

はなずきんさんのところは、個人戦とかだと高校生とか大学生と当たるんですか?

一発合格……ううう。ぜひとも、そうしたいものですが………
と思い、さっき日本剣道形の一人稽古をせっせとやっておりました。

でも、なんていうか、一級の時よりも、剣道の理屈みたいなものが少しわかってきたのか、ここで何故右足を引くのかとかが納得して覚えられるようになった気がします。

巻き技とか担ぎ技とか、やっぱり先生にやってはダメなんですね〜
担ぎ面は、一本にならないとか読んだ気もしますが…

まあ、役員のお仕事は……触らぬ神になんとか、ですね〜
お疲れ様です。

Posted by 麻子 at 2016年06月14日 18:46
麻子さん


>知略で勝てないものでしょうかね〜

いや、知略も相手のほうがはるかに上手かと…(^_^.)
こなしている場数が違いすぎますよ〜。

>個人戦とかだと高校生とか大学生と当たるんですか?

個人戦の場合、高校生以上の女子は「三段以下」と「四段以上」に分かれているだけです。つまり、高校生や大学生とも当たります。
去年はたぶん、二回戦の相手は高校生だったかと。

ちなみに団体戦も高校生と当たります。
今回の女子のチームは、N剣友会3つ、うちが3つ、別の剣友会が2つ、高校が2校、となっていました。
他にも剣友会はそこそこの数があるのですが、女子で団体戦が組めるところはこのくらいしかないのでしょう。

>でも、なんていうか、一級の時よりも、剣道の理屈みたいなものが少しわかってきたのか、

そうなんですか〜。
審査の後はすぐ大会だったもので、まだ形、全然やってないんですよね。
早くやりたいです〜。

>担ぎ面は、一本にならないとか読んだ気もしますが…

大人だと、きれいに決まらないと取ってもらいづらいかもですね。
でも、香田先生も教えてるみたいですよ?↓
http://www.kendoujyoutatu.info/02/0043.html

ただこれ、あくまでも「たまに使うと」効果がある技であって…
同じ相手に何度も使えないですよね(笑)
それにあまり正統派でない、と思われているようですよね。

しかし、麻子さんと話していると終わりがありませんね〜
本当に今度お会いしたいです!(^^)
Posted by はなずきん at 2016年06月15日 00:21
はなずきんさん

そっかあ。
知略は、やはり場数を踏んでこそなんでしょうかねえ。
う〜ん。悔しい。
となると、我々は、人生経験という『場数』で勝負するしかないですね〜

個人戦、やっぱり高校生や大学生と当たるんですね。
学生って速いですよね。以前T大学で講習会を受けた時、面を打たれても、さっぱり見えなかったですもん。
若い上に、ほぼ毎日稽古してるんですもんね〜
いいなあ。
大人の剣道部って毎日稽古してるとこ、ないでしょうか?笑

まあいずれにしても、女子の団体チームが組めるなんて、うらやましいです。なんか青春って感じですよね、団体戦って。
今年は、自分が出なくても、うちの会の男性陣を応援に行こうかなあ。

日本剣道形は、三本目の打ち太刀の足捌きが、私には難しいです(^_^;)

構えとか、面白いのないでしょうかね〜
霞の構えとか、牙突の構えとか、やっちゃダメなんですよね。
霞の構えは、六三四の剣で、誰かがやってましたけど。

担ぎ技は、たまに使うものなんですか。香田先生も教えていらっしゃるんですね。DVD買いたくなりますね〜
あ〜あ、T大学の講習会、また行ってみたいなあ。
今なら、こないだより、有益な稽古になっていたと思うんですよね〜

関係ないですが、いつかの全日本選手権で、小手を5連続で打ったら、とうとう最後は決まったみたいなのがありました。そこまでしつこく同じ技を打たないと思う心理を利用したものでしょうか。
私、今度の稽古で、試しにやってみようかなあと思いました笑

本当に、話は尽きませんね〜(ってしつこく何回もコメントしちゃってごめんなさい)
もうお会いするなら、朝からとか、一泊でもしないと無理かなあ(^_^)
Posted by 麻子 at 2016年06月16日 09:03
麻子さん

>大人の剣道部って毎日稽古してるとこ、ないでしょうか?笑

警察とか?(笑)
いやー、とても入れるレベルではないですが。

剣道を職業的にやっている人以外では、大人では毎日稽古しているところはほぼないような気がしますねえ。
専用の道場でもない限り、場所が確保できませんしねえ。

私も、気分的には毎日やりたいですが、
時間も体力もついていけない…でしょうね。


>なんか青春って感じですよね、団体戦って。

そうですね〜、ママ剣士さんの半分くらいは「数合わせ」で出ている感じなので、そこまでは盛り上がらないんですよね。
男性のほうはそんな雰囲気があるので、ウラヤマシイのですが。

合宿はまさに青春ですよ!
警察の時に出たのですが、中学の部活の合宿を思い出しました。
今年は合宿に参加するので、楽しみなんです。


>霞の構えとか、牙突の構えとか、やっちゃダメなんですよね。

今調べてみたのですが、霞の構えはやってもいいみたいですよ。
剣道の「霞の構え」にはちょっとびっくりの由来が…。
http://ichinikai.com/bbs4/882491937213675.html

動画もありましたよ〜
https://www.youtube.com/watch?v=6ZdqOK_DzUI

上段対策には有効みたいですが…
初心者がやっても、片手なので腕の力が必要だし、
あまりメリットはなさそうな気がします。
突然初心者がこんな構えしたら、相手はびっくりはするでしょうけどね〜。(^^)

>霞の構えは、六三四の剣で、誰かがやってましたけど。

調べてみたら、六三四の上段に対して、修羅がやった構えでした。


ところで…ちょっと前に先生が「はなずきんさんは背も高いし、上段なら引きつける癖が出なくて上段だと生かせるんじゃないですか?」って言って、少しだけやらされたのですが…その時は「無理無理〜」って思って、あまり熱心でなかったのですが…とりあえず、片手面を打つほど腕力も足りないので、無理でしたが(笑)
でも最近になってまたちょっとやってみたくなってるのです。

実は家で密かに練習してるのですが、片手で打とうと思うと腕力つけないとと思って…素振りしすぎて肩が痛いです(^_^.)
うーん、まだまだ道のりは遠いです。


>本当に、話は尽きませんね〜(ってしつこく何回もコメントしちゃってごめんなさい)

いえいえ、私もブログに書いたほうがいいんじゃないかってくらいお返事書いてますが…(笑)

>もうお会いするなら、朝からとか、一泊でもしないと無理かなあ(^_^)

一晩中語り合えそうですよねえ〜。
傍から見ると、この人たち何!?って感じでしょうね(笑)
Posted by はなずきん at 2016年06月16日 12:20
はなずきんさん

霞の構えの動画を教えて下さって、ありがとうございます!
ですけど、どっちの人が霞の構えなんでしょうか?左の方?
片手で構えるんでしょうか??
というわけで、あちらの方で質問してみていますm(_ _)m
Posted by 麻子 at 2016年06月20日 18:03
麻子さん

右の方は上段ですよね。
左の方が霞の構えだと思っていたのですが(霞の構え、の検索でひっかかったのです)あらためて見てみるとちょっと違うのかな?

基本は相手の顔というか、小手あたりに剣先を向けるもののようなんですが…
また片手なのか、両手なのか、どちらでもいいのか…もよくわかりません。
六三四の剣では左手で、相手のほうに剣先を向けていました。

掲示板で回答してもらえそうなので、それをお待ちしてますね。
Posted by はなずきん at 2016年06月20日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: