2016年06月09日

母と子の剣道日誌(80)二回目の1級審査。(その6)「お待ちしていました」の理由(わけ)

母と子の剣道日誌(75)二回目の1級審査。(その1)事前にゴタゴタありすぎ!
母と子の剣道日誌(76)二回目の1級審査。(その2)審査開始までにも、いろいろと。
母と子の剣道日誌(77)二回目の1級審査。(その3)いよいよ、審査開始
母と子の剣道日誌(78)二回目の1級審査。(その4)一次審査&二次審査
母と子の剣道日誌(79)二回目の1級審査。(その5)結果発表と、みんなの反応と。
から続いています。



ところで、帰り際に駐車場で、うちの会の先生に聞いたのですが…

どうやら、前回私が「1級審査をギリギリで落ちた」という事が、市剣連内で話題になっていた、のだそうです。そりゃまあ、この年で初心者で始めたうえに、1級審査を落ちる人なんてほとんどいないでしょうから、目立ったのでしょうけれど…。
そんな理由で有名人になってるとしたら、あんまり嬉しくないですが…(笑)

私が落ちた審査の時の審査員だった先生から、うちの剣友会の先生に
「あとほんの少しで合格だったのだけど、審査で当たった相手が強くて有効打突が入らなかったのでしょう。運が悪かったですね。今度こそ合格させたいので、ぜひ受審させてください。
落ちた事で剣道をやめたりしないよう、気持ちのフォローもしてあげてください。」
と頼まれていたのだそうです…。
うちの会の先生は、今回の審査が終わるまで、この内容は私には伝えないほうがいいと思って言わなかったのでしょうね。

そもそも1級を2回受審する人なんて、数えるほどしかいないのですが…
(普通、めったに落ちませんから(笑))
それだけに、私はしっかり剣連の方々に覚えられていたようなのです。
あと少しで合格しそう、という人を落としたからには、また受審しにきてくれないと困る、と思われていたのでしょうか。

ああ、それで受付の時に
「お待ちしていました」
と言われたんだ…!


やっと、謎が解けました。





いや、それにしても、審査が終わったらどっと疲れが出ました…、
立ち合いなんて1回につきほんの1分くらいだったのに、なぜか上腕が筋肉痛になっていました。
緊張して、変なところに力が入っていたのでしょうか…。

審査が終わってみてはじめて、だいぶ心が軽くなっている、ということに気づきました。
やっぱり、今度は落ちるわけにはいかない、というプレッシャーがかなりかかっていたんですね…、


来週は市の大会があるのですが、このプレッシャーに比べたら、試合くらいどうってことないや、って気になっています(笑)
私はある意味負けても当たり前なので、大会のほうはそんなにプレッシャーはない…と思います(笑)。でも、ぜひ勝ちたいですけどね!


内容はともかく、合格したことには、心からほっとしました〜。


そういえば、1級に合格したから、次回の形稽古から「日本剣道形」をやらせてもらえるのですね。
正直なところ、前回1級を落ちた後に「木刀による剣道基本技稽古法」を剣友会の稽古でやっている時は、微妙に恥ずかしかったというか情けなかったというか…。
一緒にやっているのは全員子供で、他の大人は全員「日本剣道形」をやっているのに、私だけ「1級落ちました」と宣言しているようなものですからね…。

でも、恥ずかしかろうがなんだろうが、1級に合格するまではしっかりやらなければいけないんだ、と、その気持ちを脇に置いて形稽古に参加していました。

一足先に1級に受かった次男が「日本剣道形」をやっているのを見て「いいなー」と指をくわえて見ていたので、憧れの練習です…!
6月末に三段以下の審査会があるので(私はそれは受けられませんが)1級以上の人は(もはや、うちの会の大人で級を持ってない人はいないです)しばらくその稽古をやるはずですから…楽しみです!



昨日、私が合格してから初めての稽古がありました。
いろんな方に「おめでとう」と言っていただけました。
大人を指導いただいているN先生にも、ずっと私のことを気にかけて下さっていた会長Y先生にも、ご報告に行きました。
ふたりともすでにご存じで「当然でしょう」みたいな事を言ってくださいました。

N先生は
「今で充分秋の初段も受かりますよ。今日からもう練習しましょう」
と笑いながらおっしゃていました。

Y先生は
「前回も受かるレベルだったと思うけれど、落ちた事で辛い思いをしたり、それで必死になってやった事はこの先のためのいい経験になったと思うよ。これからもがんばりなさい。」
と言って下さいました。

そう、落ちたことでものすごいプレッシャーはあったけど…
それでもがんばろうとしていた気持ち、必死に稽古した事はきっとプラスになったはずです。
今すぐには、結果は出ないかもしれませんが…まだまだ、がんばろう。



「二回目の1級審査。」はこれにて、完結です。
ただ、審査の後の別の話もありまして…まだ、話は続きます(笑)
posted by はなずきん at 03:03 | Comment(0) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: