2016年05月02日

母と子の剣道日誌(72)私の「剣友」たち

私の所属している会は、パパママ剣士の多い会です。
親子で剣道をやっている人が、おそらく当市の剣道団体の中では一番多いのではないでしょうか。

しかも、ほとんどの方が全くの初心者、もしくはリバ剣(子供の時やっていて、ひさしぶりに再開した人)です。
ずっと子供の頃から続けている…という方とは、やはり実力の差がありますが、それだけに、パパ剣士さんたちは「剣道にはまっちゃったから、好きだから」続けている方が多いのです。
ただ、ママ剣士さんたちは、「子供がやっているから一緒に」という方がほとんどで、私みたいな「剣道バカ」な方はほぼいないのですが…。


パパ剣士さんたちは、一般男性のレベルからいくと”ほどほど”というところなのでしょうが、私から見ると十分上手くて、強いです。っていうか、私より下手な人はいませんけど…(汗)。
稽古中に「かっこいいなあ〜」と思わず見入ってしまうことも、よくあります(笑)。


パパ剣士さんたちは仕事の都合上、水曜日(夕方から)の稽古にはあまり出て来れず、日曜の稽古に来る方がほとんどです。
日曜日は人がいっぱいいるので、入会当初は誰が誰やら…って感じでしたが、一緒に稽古をするようになって1年が経過し、飲み会などでも話す機会もあり、だいぶ、どんな方達なのかわかってきました。
それぞれ剣風にも個性があり、試合稽古などを見ていても楽しいです。


パパ剣士さんの中でも、私が一番好きな剣風なのが、中学2年男子のお父さん、ENさんです。その上にも高校生のお兄さんがいて剣道を続けていますが、その子が入会した後から剣道を始めたようです。
中学2年のお子さんは、剣道とは違う部活に入ったそうで、ほとんど出て来なくなりましたが、ENさんはよくいらしています。

ENさんは男性陣の中でも一番背が高くて、一緒に組むと面を入れるのが大変なんですが…
構えがすっとしていて姿勢が良く、品のある剣風です。
物静かに淡々と防具をつけている姿が端正で、武士の風格を感じます(^^)


私にもよくアドバイスをして下さるのですが、いつも言葉を選んで相手が不快にならないよう考えていて、ただの注意ではなくて「良くなってほしくて言ってくれている」のだな、というのがわかります。
いつもにこやかにしていていますが、稽古中にふざけている子供にはピシッと注意していたりします。
そのバランスがとてもいい感じで「理想の上司」ってところでしょうか?(^^)
私より年上ですが、精神的には若々しくて、でも落ち着きもあり「ロマンスグレー」という単語が似合いそうな方です(笑)。

昨年、私が忘年会係だった時に、ENさんは2次会の手配をぱぱっと素早くしてくれて、店の人と食事の内容や会費の交渉までしていて
「なんて手慣れてるの!?」
と感心したのですが、後から知ったのですがビール会社にお勤めだったという。
なるほど、だから飲み会慣れしているのかと思いました…。(笑)



稽古以外ではあまりお話をした事はないのですが、「アスリート」という呼称が良く似合いそうな方なのがHSさん
初対面の印象では「見た目がおやじっぽい」(すみません)と思いましたが…面をつけたその姿の凛々しさに驚きました。なんでも、ずっとフェンシングをされていたのだそうです。
どうりで、構えが只者ではないわけです。筋肉もモリモリついています。(笑)
パパ剣士さんの中では、一番パワータイプというか、動きも技のスピードも速く、ズバッと斬り込むような剣遣いをされる方です。

HSさんのお子さん、UM君は身長が高いのですが、お父さんの体型にはあまり似ておらず、太めです。でも幼稚園から剣道をしているだけあって、けっこう強いのです。そんなに振りが大きいわけではないのに打ちが強くて、面や小手を打たれると「いてっ!」という感じです(笑)。そこはお父さん似なのかなあ。



昨年まで子供のリーダーをしていたRS君(がんばりやです!)のお父さんであるSZさんは、中学時代に剣道をされていたそうですが…子供が剣道を始めるまでは、ほとんど運動していなかったそうです。
奥様いわく「けっこうメタボな体型だった」のだそうで。

ところが、子供の剣道を見ているうちにやりたくなり、はまってしまったそうで…剣道を始めてから、10キロ体重を落としたそうで、今ではその”メタボの面影”は全くありません。私がお会いした時はすでにスリムな体型だったので、以前の話を聞いてびっくりしました。
パパ剣士さんたちの中で、おそらく一番熱心に稽古されているのがSZさんです。休日は市の稽古会や、お子さんと一緒に出げいこなどにもかなり頻繁に行っているようです。


この間先生に「SZさんと、はなずきんさんの稽古の出席率は、異様に高いってみんなに言われてますよ」と。…まあ、そうかもしれません(笑)。
子供の皆勤賞の集計をしていた時にふと数えてみたのですが、私は昨年度の91回の稽古中、76回出席していました。大人では一番出ていたのではないかと思います。先生よりも出てるんじゃないでしょうかね…。

そんなに出てるのに上手くならないの?と思われるかもしれませんが、上手くならないから人よりやらないといけないのです!(^_^.)
すぐ上手くなる人なら、ここまではやらなくて済むのかなあって思いますが。
そもそも私は運動神経以前に、基礎体力というか、筋力が足りてないんですよね。筋肉のつきにくい体質なんだと思います。2年かけて、ようやく人並みになってきたかなという感じです。

次男も全然筋肉つかないんですが…、成長期に入ればちょっとは違うのかなあ?
長男なんか全然運動してないのに、そこそこ筋肉がついていて腹が立ちます(笑)。
主人もそうなんですよねえ…。おなかがバーンと出た超メタボ体型で、運動らしい事は全くしてないのに、筋肉はそれなりについているという。こればかりは遺伝なんでしょうね。


SZさんはお仕事も忙しくて出張も多いようなので、私ほどは当会の稽古にいらしてはいないですが、剣道に対する熱心さなら私のほうが負けるかと思います(^_^.)
ちなみにSZさんのお子さんRS君は、87回出席していました。ほぼ皆勤賞ですよ。うーんさすが親子。

次男と同じ学年のRS君は、今年は中学生です。リーダーは6年生の役目なので、無事リーダーの役目を終え、先日表彰をされました。

先生が賞状を読み上げている間、一瞬RS君の目に涙がにじんだのが見えました…。

リーダーということで、いろいろ大変なことがあったのでしょうが、その1年間の事を思い出したのでしょう。稽古もリーダーもがんばっていたRS君の涙に、ちょっとぐっと来てしまった私でした。



あっ、ちなみにうちの次男は50回しか出てなくて、愕然としましたよ!(笑)
もう〜、半分近く出てないんじゃないの〜。
まあ、それでも辞めてないだけマシ、ってところでしょうか。目標低いなあ。(汗)



昨年はあまりいらしていなかったけれど、最近よく稽古に参加されているOMさん。昨年度の副会長(女性)のダンナ様です。
副会長の引継ぎの話をしていて知ったのですが、前副会長さんは「見るほうの剣道の大ファン」だという事を知りました。お子さんの剣道を見ているうちにはまっちゃったそうです。
ダンナさんがT大学の体育学系出身で、あの有名なTの内選手にも会いに行ってきたのだとかで、お子さんとTの内選手のツーショットの写真も見せていただきました。
前副会長さんの「剣道の好きっぷり」は、私といい勝負かもしれません!(笑)

でも、申し訳ないのですが、OMさんは一見「体育系」には見えないのです〜。よくそう言われる、とご本人も前副会長さんも言っていましたが…。
でも、お仕事はスポーツドクターをされているらしいです。

OMさんはいつでもギャグを飛ばしている方で、微妙に”寒い”時もないわけではないのですが、最近はその外し方も楽しく感じるようになってきました…。夫婦揃ってお酒がお好きなようで、いつも「二日酔いだ〜、バテるわ〜」と言いながら稽古をされています(笑)。

OMさん、一見そんなに強そうに見えないのですが(すみません〜)実際に対峙すると、どっしりとしていて動きのブレが少なくて、いつも打ち負けてしまいます。ちょっとした隙にもギャグを飛ばしながら相手してくれるのですが、打ちこむ時は本気なんですよねえ。(笑)
この間、かろやかな足取りで体育館の中を走っていたので「OMさん、早いですね〜!」と言ったら
「いや私、こう見えてもアスリートですからね?20年前は」
とおっしゃっていました。(笑)

ちなみにOMさんのお子さんTH君(小学4年生)はかなり剣道に対して熱心で、うちとあとひとつ別の会に入っていて、出げいこもしていて、週6日稽古しているそうです!
稽古している本人ももちろん偉いけど、それに付き合っている前副会長さんも凄いなあ〜と思います。私、そんなに子供の送り迎えばっかりするのはめんどくさくて無理です。(笑)

「そんなに剣道が好きなら、前副会長さんも剣道、一緒にやりましょうよ!」と言ったのですが
「いや、好きすぎて、稽古の時に相手に見とれちゃいそうで」と言ってまして…、
いや〜、私もそんな感じなんですけど(笑)。

でもこの間、OMさん(ご主人)の大人稽古が終わるのを待っている時に、竹刀を振りまわしている前副会長さんを、私は見逃しませんでしたよ!(^^)
やっぱり、本当はやりたいのでは…?
女性では私より新人が入って来ないので、ぜひやってほしいのですが!



他にもいろんな方がいらっしゃいますが、みなさん個性的で、剣道に対して真面目で、一緒に稽古していて楽しいなと思います。
強豪剣友会にいて、トップレベルを目指すような方たちとは、剣道に対する想いも姿勢も違うのだと思いますが…

40過ぎから剣道を始めたら、トップレベルなんて狙えるわけないし、狙うつもりもないのでしょうが、みなさん、自分のできる範囲内で一生懸命やろうとしています。
そしてそれに対するN先生も、体力的な無理はさせないけれども、手は抜かないで一生懸命やってほしい、という姿勢で教えています。
これぞ「大人の習い事」なんだなあと思います。
だから私は、今の会の雰囲気はとても居心地がいいのです。


いつも稽古の時はパパ剣士さんたちとはそんなにゆっくり話す機会もなく、たまにある飲み会くらいでしかお話できないのですが、いつも一緒に稽古をがんばっている、という連帯感がどこかにある感じがします。
このくらいの距離感の「剣友」も悪くないな、と思っています。


今度、6月にある市民大会に向けて、大人たちの「出稽古」があります。
「今年こそはパパママ剣士たちに勝たせたい」N先生がセッティングして下さいました。

実は今まで(少なくとも私がいる間は)うちの会としては出稽古をやった事がなかったのですが…
私も、警察の時の子供の出げいこについていった事はありますが、自分が出稽古するのは初めてなんですよ!
楽しみのような、緊張するような。


ただ今の会でひとつだけ残念なのは、ママ剣士では、そこまで剣道に熱心な方がほぼいない事です。
大会なども、みなさんいまひとつ尻込み気味で…。私より強いのになんで〜?って思っちゃいますが…
誰か、剣道大好きなママさんが入ってくれませんかねえ〜?
やっぱり、前副会長さんをそそのかすべきでしょうか?(笑)

posted by はなずきん at 13:57 | Comment(9) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

楽しそうな剣友会ですね〜

うちはもっと、厳しいというか物静かですね。
年齢層が高いのかなぁ。

皆さんかっこいいですが、先日稽古終わりの時、
斜め前に座られている先生の面紐を解く姿の美しさに感動してしまいました。
いつもは、自分の面を取るのに精一杯なのですが、その時は早々に面を外していたので、観察できたんです。(時々、結んだ面紐に髪の毛が絡まって、全く取れなくなるというボケをする時もありまして)

きっと、小学校の時からコツコツと続けてこられた中で、こんな美しい仕草を見つけられたのだろうな、と、積み重ねられた時間の経過を深く感じました。

私も女性の仲間が欲しいです。
他所の稽古場に誘われていますが、高齢の高段者が多いと聞くと、ちょっとためらってしまいます……

はなずきんさんがご近所さんだったら、どんなにいいか…
きっと年中、剣道ラブの話に花を咲かせているに違いないですね〜
Posted by 麻子 at 2016年05月06日 10:48
麻子さん

うちの会は、良く言えば「和気あいあい」
悪く言えば「礼儀がややゆるい」ほうだと思います(笑)。
次男向けにはそういう会のほうがいいかな〜と思って選んだので…。
でも、ちょっと前はもう少し厳しい雰囲気だったそうですよ。

確かにうちは若い方がけっこう多いのかもしれません。
役員なので、みなさんの年齢入りの名簿を見られるのですが…
(スポーツ保険に入るので、年齢が必要なんですよね)
私、保護者の中では最年長に近かったです(汗)。


保護者から先生になられた方も多いので、
先生と生徒、保護者との垣根も低いですね。
でも、そう思って油断していると、ひょんな時に
「やっぱり剣道のしきたりはあるんだ」って感じる事がありますけど(笑)。

「面紐を解くのが美しい」って素晴らしいですね。
私は、スムーズに解こうとするだけでまだ精一杯ですσ(^_^;)
時々変なところを引っ張っちゃって、余計結んじゃったりとか…、

私も「この人の所作はキレイだな〜」って感じる事があります。
そういう方は、やっぱりどこか意識してやっていらっしゃるのでしょうね。
それに加えて、やっぱり何度もやって慣れないと、板につかないですよね。

蹲踞も、「剣の抜き方」とか「抜く速さ、座る速さ」などが人によって微妙に違いますよね。
「どうするとカッコよく見えるのかな〜」って時々研究しています(笑)。
男性と女性でも「何がカッコイイか」が微妙に違いますよね〜。

>きっと年中、剣道ラブの話に花を咲かせているに違いないですね〜

先日、主人に「最近おまえ、剣道の話ばっかりだよね〜」って言われました(笑)
だって他に話せる人がいないんですよ〜!
せめてここでお話しましょうね〜(^^)/
Posted by はなずきん at 2016年05月06日 15:25
はなずきん さん(^_^)

私も面紐を解く時間は、とても緊張します。
かえって結んじゃったり!ありますあります。固結びになっちゃったり…めちゃめちゃ焦ります…
大人稽古の時間は、皆さん手際よくさっさと解いてしまうので、ただでさえ遅い私が、トラブってしまったら、目も当てられないことになる!と、もうドキドキです。

先日の稽古の時、勇気を出して、自分から高段の先生に稽古をつけて頂きました。その先生は、物言いがとても優しく、相手の良いところを上手に引き出しながら、間違っているところを指導して下さるので、安心感がある先生なんです。
なので、あえて、足がどうの手がどうのを考えず、本能に任せてみました。
そうしたら、稽古の終わりに「今日は素晴らしかったですよ。やろうとしていることも、攻めも良かったです」と褒めて頂くことができました(^_^)
ただ、剣先が後からゆっくり到着するのがもったいない、ということで、今研究中です。竹刀が重過ぎるんでしょうかねえ。

『攻め』ってどうすることなのか、ちょっとつかめてきたような気がします。
そしたら、剣道ラブが、さらに重症になって、剣道中毒になってきてしまいました(^_^;)
Posted by 麻子 at 2016年05月10日 13:54
麻子さん

面紐を解く時、子供稽古の時は、
必ず遅い子がいるので安心(?)なんですけどね〜。
大人稽古の時は緊張しますね(笑)


麻子さんのところも、良い先生がいらっしゃるのですね〜。
「師匠」と呼ぶのにふさわしいようなお方でしょうか。

剣先の話、あちらでも相談されてましたが、
打ち終わりの手の絞りが甘いのかも?
私もよくそう言われるんです…。

あ、某会の稽古会の時に、いい事聞いたんですよ!
最後に「右手の人差し指で相手をぴっと指さすような感じ」を意識すると、
最後の振り切りがしっかりできるんだそうです。
私はやってみて「なるほど!」って思って、気を付けてみてます。
一度お試しください♪

「攻め」がつかめてきた麻子さん、手ごわいですね〜?(笑)
私、対戦したら負けそうです〜。
Posted by はなずきん at 2016年05月10日 17:42
はなずきん さん

>子供稽古の時は遅い子がいて安心

そうですね!なのに、先日は面紐に髪の毛が絡まって、子供より遅くなりかけて、本気で焦りました(^_^;)

良い先生はたくさんいらしゃいます。

心から熱心に教えて下さる先生もいるし、私より若くてイケメンなのに(なのにってこともないかしら)すごく気がまわる先生もいて、私の弱気なところを汲んで声をかけて下さったり。
見てないようで見てくれている先生や。

ありがたいですよね。

>最後に「右手の人差し指で相手をぴっと指さすような感じ」

あ、これ面白いですね。
ぜひやってみたいと思います(^_^)
ありがとうございます。

私の今目下の悩みは他にもあって、元立ちの時、子供達に何て声をかけるべきか?なんです。
私自身がまだ指導して頂いている立場で、子供達に何か言うことはできないし、でも、黙って受け元立ちロボみたいなのでいいのかなと思ったり…

はなずきんさんは、元立ちの時どうなさってますか?
Posted by 麻子 at 2016年05月11日 08:19
麻子さん

>良い先生はたくさんいらしゃいます。

うちの会もそうですが、良い先生が良い先生を呼んで、いい人が集まるような気がします。


元立ちの時のことですが…
確かに、私もちょっと前までは、自分もできてないのに注意していいのかな?って思って、結局言えない事が多かったですね。
私より絶対上手い!って子も何人もいましたし。
特に小学校5〜6年くらいの子が、思春期になりかけで声かけづらいというか、微妙なあたりですよね〜

でも最近は、前よりは声をかける事が多くなったです。

上手い子には「あとちょっとここを直したらもっといいのに」って事を。
まだ基本ができてない子には「まずほめられる所をほめて、ちょっと注意」って感じですかね。

私ができてないことでも(汗)、先生に言われた事を子供ができてなかったら言います。
ただ、私も相手するのが精いっぱいで、子供ができてるのかできてないのか判断できない事も多々ありますが(笑)

あと、ここはよくできてるな!と思ったらそのまま言ってます。というか、わざわざ後から言いに行ったりするし、親御さんにも言ったりしてます。親→子経由で伝わって、この人は私をほめてくれてるんだ、って思ってくれてると、注意も言いやすいですよね。

あと稽古外の時に、雑談的な事もちょくちょく話しかけたりしています。
私、本来は人の顔や名前を覚えるのが超苦手で、新人の子は時々間違えそうになるので、子供のデータ(名前や学年、小学校名など)をスマホに入れておいて、「あれ、誰だっけ?」って思ったら見られるようにしています。

あとふだんから「声だせ〜」とか、スキルに関係なく言えそうな事も言うようにしています(笑)それで自分が何かを言うきっかけを作っているような感じですかね。

とは言っても、ちょっとシャイな子にはなかなか言いづらいですよね〜
注意されてへこんじゃうナイーブな子もいるし、私も日々試行錯誤しながらって感じです。
Posted by はなずきん at 2016年05月11日 11:03
麻子さん

さっき書き損ねましたが
「元立ちロボ」に受けてしまいました(笑)

私、そんなロボットがいたら欲しい〜!
(自分が下手でも心置きなく付き合ってもらえそうなので)
Posted by はなずきん at 2016年05月11日 11:09
はなずきん さん

私も欲しいなあ笑

でも、次回は、ちょっと声を出すロボになろうと思います(^_^)
Posted by 麻子 at 2016年05月16日 11:08
麻子さん

最近のロボットはよくしゃべりますからね!
ペッパー君ほどは無理ですかね?(笑)

でも、人に注意するようになると、前より気を付けて見るようにはなるし、自分が習う時も、より真剣に聞くようになりますよね。子供に間違った事言ってけげんな顔されても困るので…。
自分の勉強にもなるので、おすすめです。
Posted by はなずきん at 2016年05月16日 14:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: