2016年03月14日

母と子の剣道日誌(67)いよいよ副会長に

先日、当剣友会の総会がありまして…
いよいよ私が、新役員の副会長となりました。

次男が剣道を始めたのは小学校3年の時で、それから丸4年たちますが、会を転々としていたせいで、私が剣道の会の役員をやるのは初めてです。

総会では先生たちからもいろいろお話があり、今後の指導の方針について聞いたりしました。
直すべきところ、変えていくべきところはもちろんあります。ここでは新米の私から見ても、稽古や運営について「ここはこうしたらいいのにな」と思うことはけっこうあります。
でも、先生と保護者、剣道をやっている、やっていないという立場などに関係なく、総会では思う事を忌憚なく話せる場だったので、やっぱり今の会は居心地がいいなあと思いました。

もちろん、剣道の指導方針は先生たちが決めるものであって、保護者が横から口を出す事はあってはならないのですが、こうしてほしいという希望を伝えることはできるのです。

以前いた会は、先生は絶対で、保護者からはいろんな事を言いづらい…感じでした。
言ったところで、結局先生に言いくるめられて終わりというか(笑)あまり意見が通ったことはなかったです。
保護者同士の間にもなんとなく溝があり、古株の人と、新しい人との間の意思疎通はあまりできてない感じがありました。

それに比べると、今の会は本当に和気あいあいとしていています。(以前からこうだったわけではないようですが…)それでいて、剣道は真剣にやるもの、先生たちは子供たちが伸びるように指導したい、という思いがしっかりあるのが伝わってきます。

保護者にも意地悪な人などいなくて、剣道をやっている方は真剣にかつ楽しんで自分自身も剣道を学び、子供への準指導者として相手をしています。
剣道をしている保護者も、していない保護者も、みんなで協力して会の運営にあたっています。

ただ、現在メイン指導をされている先生が優しいためか、ちょっと礼儀がゆるくなってしまっている部分があり、上の立場の先生からその事についてご意見もあったようで、稽古については「兜の緒を締め直す」方向になるようです。
私もその点については、そのほうがいいだろうと感じていました。



また総会で、一番子供さんの入会が新しい保護者の方から出た意見は「剣道がわからない保護者として、どういうスタンスで子供に接すればいいのかわからなかった。保護者も子供もいつ何をすればいいのかもよくわからなかったが、今回の総会でやっと少し見えてきた」ということでした。

私も以前から、どの会でも感じていたことですが、どうも剣道の会では「剣道初心者(とその保護者)が、何がわからないのかわかってない」ところが多いと思います。
いや、剣道に限らず、運営の責任がどこにあるかはっきりしないような習い事の会では、そうなりがちな気がします。

私自身がそう感じていたので、「少年剣道に入会する前に」という記事を書いたのですが…
やっぱり今の会でもそのように感じる保護者がいたのだなと思いました。

私も、今の会も、初心者に対してフォローが足りてないんじゃないかな?と心配があったのですが、私自身がここの会に入って日が浅かったり、役職もない立場で、しかも自分が稽古に参加しているので、初心者の保護者にいろいろと説明してあげることもできなかったのです。
今の会でも、大会に参加する時に何を用意すればいいかとか、審査の時はどういう事をやるのかとか、そういうことについて事前の説明はほとんどなかったのではないかと思います。

もっと、剣道や当会を知らない保護者にも、剣道はどういうものなのか、何を準備すればいいのか、どういう行事があるのか…など、入る前や、入ってからもいろいろと説明すべきことはあると思うのです。

また大人会員と子供会員とは微妙に扱いが違い、登録事務などを担当している方も違うのですが、最初はその役割分担がどうなっているのかよくわからず、誰に何を聞いたらいいのかも、私の中では漠然としていました。
稽古場所がいつもと変わっている時に、地図を見て行ったはいいがどこに車を停めるのかもいまいちわからず、名簿ももらっていなかった(途中入会だったので、渡すのを忘れていたようです)ので責任者の連絡先もわからず、困ったこともありました。
なので誰がどういう仕事をしているのか、誰に何を聞けばいいのか、どこに連絡すればいいのか…という事ももっと最初のほうで教えて欲しかったと思いました。


総会では、新しい保護者からの要望で、入会の時に配られる案内書を改訂することになったので、こういう意見が出て良かったなあと思いました。当会に入会した時点で、剣道についてある程度わかっている私ですら、あの文書は不親切でよくわからない部分があるなあ、と思っていましたから。

着装や防具のつけ方、しまい方などについても、統一した教え方をしていなかった(というか、本の図解のコピーだけ渡してほぼ終わりだった)ので、あれじゃ新しく剣道を始めた人にはわからないだろうな…と思っていましたが…
その点についても先生たちの間から意見が出たようで、今後は定期的にきちんと教えていくということになりました。

また、今、会員への連絡にメールを使っているのですが、けっこうな人数がいるのに、ひとつひとつアドレスを入力して送信しているのだそうです。なんでもまだメールを連絡に使うようになって3年くらいだそうで…、やや時代遅れ?(笑)
受信確認などもしづらいので、連絡漏れがあったりもしたようです。
一回メールアドレスを登録すれば、一斉に複数の人にメールを送信できる「メーリングリスト」などを利用すれば、そのあたりはだいぶ省力化できそうなので、それも変えていきたいところです。


いろんな問題はありつつも、こういう意見交換ができるのが今の会のいいところです。
私が感じていること、他の保護者が感じていること、いろんな意見を聞いて、さらに良い方向に変えていけたらいいなと思っています。

今までは、先生たちと話す機会は、剣道の稽古以外のことではあまりなかったのですが…
(いつも稽古の後はすぐ体育館を出なければいけないものですから)
副会長と言う立場になったからには、先生たちと話す機会は否が応でも増えてきます。そうなれば私が感じてきたことも伝えていけるかなあ、ということにちょっと期待しています。

しかし、副会長という名前でも、実態は「なんでも雑用屋」さんに近いのです。
これから忙しくなってくると思いますが、けっこう「やる気」になっている私でした。
なんだかんだで、こういう仕事が好きなんでしょうね、私。
posted by はなずきん at 00:04 | Comment(2) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

副会長、就任おめでとうございます(^_^) (なのかな?)

お忙しくなるのですね。

うちの会でも、役員の方はいろいろと忙しく動かれていますね。

私は、先生でもなく、母集団にも入らない、全くの中立の存在です(^_^)
ですが、だからか、連絡が来ないこともよくあり(^_^;)
稽古がお休みとか知らずに、行ってしまうこともあります……

はなずきんさんの剣道ライフが、ますます充実するといいですね(^_^)
Posted by 麻子 at 2016年03月14日 17:48
麻子さん

さっそく会員の方からどんどんメールが届いています(^_^.)

麻子さんのところも連絡漏れがあるのですね。
私はそういうのはあってはいけない、と考えているのですが、わりとみなさんアバウトで…、

連絡が漏れた原因なんか追求せず、ずっとそのままのシステムで運用しているので、案の定時々連絡が行ってない方がいたりして(そうなるのはたいてい新しい方になりますよね…だからよけい気になります)、私はやきもきしてました。

例え稽古に全然来てない人でも、稽古や行事日程の連絡が来ないなんて事はないようにしたいものです。
学校なんかはそうなってますから、そうできるといいのですが。

私が細かいんでしょうかね〜??どうも私はそういうの、気になってしょうがないんです。
私がやっている間にシステムを確立して次に引き継ぎたいです。
Posted by はなずきん at 2016年03月14日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: