2016年01月11日

母と子の剣道日誌(62)1級審査を受けてきました

もう、いきなり書いちゃいましょう。
実は、1級審査、落ちてしまったのです。

正直、落ちるとは思っていませんでした…。
確かに私はまだ全然上手とは言えませんが、1級は「基本ができていれば受かる」と言われているので…。

うちの次男(6年)が6月に1級を受験した時は、体育教師の卵の学生たちが何人も受験していました。
その方たちは、剣道1級を取るために数か月稽古しただけなので、基本の部分でもけっこう怪しい感じではあったのですが…その時は「全員合格」だったのです。

なので、あの人たちが受かるなら、私が受からないってことはないだろう、と思っていました。
とはいえ、適当にやっても受かるだろう、となめてかかっていたわけではなく、私なりに十分な対策をして臨んだつもりだったのですが…。



今回、受験したのは、6月に比べてだいぶ少なく12人だけで、私は最年長でした。
ほとんどが小学生、中学生で、あとは20歳の男性がいました。
女性の大人の受験者は、同じ剣友会のSWさんだけでした。

その中で不合格だったのは、私ともうひとりの小学生だけでした。
その子もあまり上手いとは言えない子でしたが、立会いの途中で垂が取れてしまうというやや致命的なミスがあったので、あれは不合格になっても仕方ないかな…という感じでしたが…。
とはいえ、他の小学生は全員合格なのにその子は落ちてしまったので、相当がっくりしていてちょっとかわいそうでした。

私は、立会いの時にいまいち相手に当たらなかったものの、礼法の間違いや着装の乱れ、切り返しなどにはミスはありませんでした。



審査の後、審査員の先生から不合格の理由を伺いました。
理由は、切り返しの後の立ち会いで、有効打突がなかったから、ということでした。
自分がかかる側、受ける側、2回の立会いがあったのですが、
1回目の時は1回面が入ったが、2回目は1回も有効打突がなかった、と言われました。
切り返しや着装など、他の面では問題はなかったそうです。
稽古不足なので、もっと稽古してください。きちんと稽古を続ければ次回は受かるでしょう、と言われました。



ちょっと言い訳をさせていただくと、
審査の直前の稽古で、先生から「当たらなくても大丈夫、きちんと面を打つ形をして抜ければ1級はOKです」と言われていたのです。
「審査は試合じゃないので、当てにいこうとするより、基本を守って面を打ったほうがいいです」とも。

だから、私もそのつもりで、無理に隙を狙ったりせず、稽古のような感じで相手に面を打ちこんでいました。
2回目の相手はおそらく中学生だったのですが、確かになかなか当てる事はできていませんでした。

有効打突を取らないといけなかったんですか…、
そうと知っていたら、もう少し立会いの仕方も考えたのですが。
なんか、先生の言ってたことと違う!と思いましたが…

もちろん、もっと実力があれば「試験対策」なんてしないでも受かるのでしょうが…



今回は、本当になんだかついていませんでした。
まず、12月にケガして、1か月近くまともに稽古できなかったこと。
体力をつけるためにやっていた自主練も、ずっとできなかったのです。
もちろん立会いのような稽古もほぼやっていませんでした。
すごくやる気でやっていたのに、ケガのおかげで1か月間、
十分に体力作りと稽古ができなかったのです。

とはいえ、ケガがよくなってきたらゆっくりランニングもしていましたし、
形稽古は多少足が痛くてもできるので、かなり何度も復習しました。
うっかり間違えてしまう事はたまにありましたが、動作としてはきちんとできていたのです。
剣友会の稽古も、稽古納めと稽古始めは、面を付ける以外の稽古は出ていました。

が、審査直前になって、治りかけていた足指をまた家でぶつけてしまい…またもや微妙に悪化。
今日はテーピングでがちがちに固めて挑み、そんなに大きな影響はなかったですが、
よりによって、審査3日前に悪化させなくてもって感じです。

そのうえ、審査2日前にはやや風邪気味で…、
寒気がする、少し下り気味、食欲なし、の状態で、一日家で寝ていました。
審査前日は稽古があったのですが、最初から参加せず、審査向けの稽古だけしてきました。
それでなんとか体調は上向きになったので、当日朝、チオビタを飲んで(笑)審査に挑んだわけですが…。


審査では着装や礼法の間違いなどの大きなミスはなかったので、
確かに実力も十分とは言えなかったかもしれませんが、6月に受けていたなら合格できたはずです。
見学していた保護者の方も、先生も、私の不合格には首をひねっていました。


今回、形稽古はかなりしっかりやっていたので、やらせてほしかったです。
(実技で不合格だと、形稽古の審査はやらせてもらえないのです)

閉会式の時の「講評」では、「形稽古を受けた人は全員合格としましたが、打突部位をとらえておらず、十分にできていたとは言えない人もいた」とか、「切り返しで、きちんと相手の面をとらえていない人が何人かいた」と言われていて、そこは注意をされても、合格させてもらえるんだ…、となんだか複雑な気分でした。
おそらく私、そのあたりはしっかりできていたと思うのですが…。

やっぱり今回の審査は「有効打突」がポイントだったのでしょうか。
うちの剣友会の先生は、みんな口を揃えて「1級は基本ができてればいい、当たらなくてもなんとかなる」と言っていたのですが…、今回は審査基準が違ったってことですよねえ。


なんだろう、いったいこれは何の試練なんだろう…と考えざるを得ません。
自分の実力不足は十分把握していて、それを補うために一生懸命稽古していたのに、
ケガで稽古はできなくなるわ、風邪気味にはなるわ、審査で考えていたポイントが違ったし、今回の審査は厳しいしって感じで…。
ほんと、ついてなかったんでしょうねえ。



なんかもう、全部投げ出したいような気分にもなりますが(笑)
これも試練なんでしょうかねえ〜。

次回の6月の審査では、例の学生さん達も受験するので、今度は受からないということはないでしょうが…
いくら一生懸命やっていても、これからもケガや病気やさまざまな用事で稽古できなかったりすることもあって、順調に上手くなってくれるとは限らないわけで…。
う〜ん、これからの道のりも厳しそうだなあ、とつくづく思ってしまった今回の審査なのでした。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 13:35 | Comment(11) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさんこんばんは。
三七式ヨシです。
一級審査残念でした。
私も三段までの審査員になることがありますが、その場に居合わせなかったので、審査時点の状況がよくわからず、思い込みを書いてしまうことをご容赦ください。
こちらでは、段級審査の審査員の基準はかなりあいまいで、個々の審査員に合否ラインの設定は任せられています。
かなりの部分が、審査員の経験(自分の修行を元に)と他の審査会場での審査結果(これまでの)を鑑みながら判断されます。
従って、はなずきんさんが合否について相談された方々だったら○がついていたのでしょうが、当日の審査員の合格基準には満たされていなかったとしか言いようがありません。
体育の先生方については、同時に受けても合格されたかは疑問が残ります。
彼らは、職業として生徒を指導させねばならず、時間的制約もあり、ハンデキャップを背負っているため、はなずきんさんのように剣道修行者とは少し毛色が違ってます。
審査の基準は、個々の審査員の、この段級位ならこれが出来なくてはというラインに対し、減点法で合否判断されると思ってください。
また、厳しいようですが、審査員によってはけがをしたことに対し、よく我慢して審査を受けたという加点ではなく、審査を前にして不注意なと減反対象にされる方もなくはないと思われます。

3月になると、私もこちらで中央審査の予備審査会に出ます。
前回の六段審査の時の第1回目は「準備が出来ていない。」と酷評されました。
原因は稽古着袴が、普段の稽古の時のもので、かなり色あせていたせいでした。

その辺は改善して、初回の審査でのお一人目のお相手が、大阪府の代表をさてたこともある女性剣士で、出小手二本を頂戴し、お二人目はお一人目の分まで取り返そうとしてあせって失敗。
二回目、三回目もなにがなんだかわからないうちの立ち合いが終わり…

四回目の受信前には、もっと有効打突にこだわったほうが良いのだろうかとか、合面狙いにしてみようかと悩みました。

結果、立ち合いは、なるようにしかならんと開き直り、審査員によく見せようとその場で繕わないこと、礼法をそれまで以上に注意して行い、審査会場では審査員よりお相手に集中することを心がけました。
実際の立ち合いでは、有効打突を取る取られるより攻め合いに集中するようにし、よい機会をとらえることが出来ました。

半年後、受かるかどうかを心配するより、はなずきんさんの修行の成果(私はここまでできます的に)を見て頂くことだけ考えて審査に向かってください。
全審査員の琴線を鳴らし、合格できることを願っています。

私も自分の審査で丸がつくよう、仕事やプライべとと折り合いを着けながら頑張ろうと思っています(汗)
その前の予備審査に戦々恐々しています(泣)

追伸
正月元旦に義父があちらに向けて旅立つという事件があり、初七日を終えるまではと書き込みを控えていました。
Posted by 三七式ヨシ at 2016年01月11日 20:50
三七式ヨシさん

コメントありがとうございます。
ご不幸がありましたこと、お悔み申し上げます。

私が「100%合格する」ラインではなかったのは、自分でもわかっていました。稽古でも試合でも、有効打突がなかなか取れない事が多いというのは事実だからです。おそらく、姿勢や打ち方の問題で、相手より打つのが遅かったり、相手の隙を見ることができていないのだと思います。

そういう意味では落ちてもしょうがない部分もあるのですが、あまりに6月と1月の審査基準が違うのに愕然としてしまいました。
6月はその人たち以外にも「明らかに私よりもできてない」と思われる方も数名いましたが、全員合格だったからです。


今回は、審査員の先生に「有効打突が出せなかった」という以外には、大きな問題はなかったと言われました。おそらくあと1本取っていれば、なんとか合格できたのかと思います。
今回に限って言えば、基本通りにやる事よりも、がんばって有効打突を狙ったほうが良かったのかもしれません。


私は剣道をやっていて今までそんなに大きなけがもしてないし、風邪もそんなにひかないのに、なんでこんな時によりによって、という感じなのです。やっぱり何か「ツキがなかった」のでしょうね。

今度の審査は万全の態勢で挑めるよう気を付けたいと思います…。

三七式ヨシさんも、予備審査、がんばってください。
Posted by はなずきん at 2016年01月11日 22:27
はなずきんさん

ええ〜!?
ひどい話ですねえ。
私も、極端な話、当たらなくてもいいんだよ、基本が出来ているかを見るんだから、と言われていました。
そして、実技の時、そのように打突をしていましたが、1分というには長い気がしました。で、私が相手に、面を打ったところ、「やめ」がかかりました。他の人の時も、長いなあと思うと、どちらかの打突が入ったところで、「やめ」がかかることがありました。
有効打突が入るのを待ってくれたのかもしれません。
はなずきんさんのところは、待ってくれないところだったのかもしれませんね。

今日は特別寒いですね。こう寒いと、治る怪我もなかなか良くなりませんね。私も年末にぶつけたところが、今日急に痛む気がします。

お母様はいかがですか?

風邪など引かれませんように。
Posted by 麻子 at 2016年01月12日 20:39
麻子さん

1級受験に際して、ネットでもいろいろ調べたのですが、
「きちんと着装や礼法ができていて、声が出ていて、基本通り振れればいい」「当たるかどうかが問題ではない」という意見が大半だったんですよね…、

私の場合「無理に当てようとする」と基本通りにできない気がしたのと、先生が「勝ちに行こうとしないで、基本の面だけ打ってください」と言っていたので、基本重視でやったのですが…
結果的には、今回の審査基準は「立会いで有効打突が入ったかどうかのみ」に近い気がします。
声があまり出てない人もいましたし、講評では「切り返しが、ただ早いだけできちんとできてない人がけっこういた」とは注意はされたけど、その人たちは合格していましたから。

ただ今回の審査員からは「2回目の立会いでは、有効打突が入らないかと待っていた」とは言われました。実際、ふたりめの立会いは長かったのですが、このままでは取れないだろうと判断されたのだと思います。
私は絶対有効打突を取ろう、というつもりではなかったので当然といえば当然なのですが。

今思うと、6月の時も、それなりにできている子については「やめ」がかかったのは有効打突が入ってからだったかもしれません。
いっぽう全然有効打突が入ってない(というか、竹刀が振れてないレベル)でも合格していましたけれども。

次回は、今回の結果を踏まえて、十分な力をつけて挑みたいと思います。
それには早くケガをなおさないといけないですね!

母のほうはかなり順調に回復しています。
歩行器を使って歩けるようになってるので、想像していたより早く普通の生活に戻れるかもしれません。
とはいえ、あと何か月かは後のことですが。
骨折したとはいえ、ウォーキングや毎日の牛乳が役に立っていたのでしょうか(笑)

麻子さんも、試験まで体調を崩されないよう、お気を付けください。
Posted by はなずきん at 2016年01月13日 00:45
はなずきんさん

毎日寒くて、新しい怪我が痛みますねえ(>_<)

お母様もよろしいとのこと、良かったです。ウォーキングやカルシウム、大いに関係あるんじゃないでしょうか?

ところで、私の剣道ライフに大きくブレーキがかかってしまいました(T_T)
いつも、体育館で稽古しているのですが、そこが急に補修工事に入ってしまって。2月末までかかるらしいのです(^_^;)
3月に昇段審査が予定されていますが、とても受けられそうにありません。8月になりそうですね。

だいたい、2ヶ月も稽古がなかったら、身体が剣道を忘れてしまいそうです。
何とか、自主練しなくちゃです。
Posted by 麻子 at 2016年01月18日 07:48
麻子さん、こんにちは。

稽古が二か月休みとは、体がなまっちゃいますね〜。
他に場所取ったりとかはしないのでしょうか?
3月はうちの剣友会も卒業式がらみで体育館が使えず、
例年あちこち放浪するようなのですが…。

昇段審査まであと3か月ないのにそんなにお休みではキツイですね。
しかし、そうでなくても準備が3か月ではちょっと短いのでは?
むしろ8月のほうが余裕を持って受けられるかもしれませんね。

ところで、掲示板のほうにも書いたのですが、
私、来年度(4月から)剣友会の副会長になることが決まりました。

副会長といっても偉いわけではなく(笑)
場所取りやスケジュール調整がメインの仕事の雑用係なのですが…。

役員未経験のお母さんがもうあまりいないので、
新しい人にやってほしいと回ってきた次第です。

次男のせいで(笑)あちこち渡り歩いてきたので、
剣道で役員をやるのは初めてなんですよね。
これもいい経験かなと思っています。

でも4月からかなり忙しくなりそうです。
6月に1級を取れたとしても、今年は初段を受ける余裕がないかもしれません。準備できてなくてもダメもとで受けるかもしれませんが。(1回受ければ様子がわかりますしね)
ブログもあんまり更新できないかもしれません〜。
私が更新してなくても、書き込みに来てくださいね(笑)
Posted by はなずきん at 2016年01月18日 13:19
はなずきんさん

こんにちは〜(^_^)

他の場所……実はあるのですが、それが、子どもの部活と合同で行うらしいのです。それは恥ずかしいし、場所も狭いし、なので、私は行かないでおこうと思ってます(^_^;)

なので、3月の審査は諦めようかと思います。稽古を積み重ねての、初段だと思いますので。

副会長!それは忙しくなりそうですね!
はなずきんさんご自身の稽古には影響ないのですか?
私は、子どもと一緒に入っていないので、そういう役員は回ってきません。普段のイベントも、私は男衆のチームですし(^_^;)

無理なさらないようにして下さいね〜(^_^)
Posted by 麻子 at 2016年01月22日 13:45
麻子さん

副会長をすると、自分の稽古の時間は削られると思います。
稽古中以外に打ち合わせする時間はあまりないので。
でも他のママさん剣士達も、そうやって役をされていたようです。

ママさんから選ぶ役員は副会長、書記、会計の3人なのですが、役員未経験の人は5人。うち2人は子供が入ったばかりなので該当せず、必然的に残りの3人が役員となったのです。
私と、先日一級を一緒に受けたSさん、あと子供が6年生のママさん(剣士ではない)の3人です。

次男は剣道を始めてから今年で4年目なのに、会を転々としていたせいで、私は一度も役員をやった事がないんです。
先生ともたくさん話せたり、大会で係員をやったりと、いろいろ詳しくなりそうですし、一回はやってみたいと思っていたので、やる事自体は楽しみにしています。かなり忙しそうではありますが。

私自身も、技以前に体力も筋力もまだまだ、なので、今年は焦らず基礎の稽古に取り組んだほうがいいのかもしれません。

麻子さんは、審査は8月にされるのですね。
私は次の1級審査に合格しても初段を受けられるのは11月です。
お互い、今度は「稽古十分」な状態で受けたいですね(^^)
Posted by はなずきん at 2016年01月22日 22:00
はなずきんさん、麻子さんこんにちは。

段級審査に向け、目標をもって稽古できるのはとても良いことですね。

てなことを書き込んでいる私も、11月の名古屋行きが迫ってきつつあります。

初段以上の審査は、たいていのところで剣道形が審査項目に入るのではないでしょうか。

私が受けたころは、初段は太刀の三本目、二段で五本、三段が七本、四段以上で小太刀でしたが、現在は初段から太刀七本となっています。

勉強不足で、小太刀を間違え、四段審査の一回目は実技が受かり、形だけ再受験しました。

リバ剣のため、四段受験は三十後半(20年前)で、まだnet動画を見るなんてことはできず、もっぱらビデオを見ながら玄関先の板の間で自主練しましたっけ。

形は、他の実技より審査員が目に入り(面を着けていると視界が狭い)、評価が気になって、形の順番が飛んでしまいがちになります。

道場で指導を頂きながら、イメージトレーニングを含め、考えなくても体が動くぐらにしっかり数をこなして下さい。

私の住む鳥取市には、久松山(きゅうしょうざん)という270mほどの城山があります。

今はお城の建物はありませんが、石垣が残っています。

この城は、織田信長が天下統一を目指しているときに、毛利藩の吉川経家が立てこもり、羽柴(豊臣)秀吉に兵糧攻めにあったところです。

その顕彰・慰霊のため、毎年11月の初めごろ、「吉川経家大会」と銘打って、吉川経家の地元である山口県の岩国市からも参加がある剣道大会が催されます。

例年、開会式後に剣道形と居合の演武があり、今年は私ともう一人で刃引きによる演武を行うことになりました。

七段審査が11月の14日土曜のようなので、実技が受かれば、演武用の形稽古が生きそうです。
Posted by 三七式ヨシ at 2016年01月24日 15:03
こんばんは。

三七式ヨシです。

お詫びと訂正です。

11月14日の名古屋の審査は昨年の実績でした。

今年はまだ発表されていませんが、11月12日の土曜日と思います。
Posted by 三七式ヨシ at 2016年01月26日 00:15
三七式ヨシさん

お返事が遅くなってすみません。
日本剣道形、とてもやりたいのですが、1級合格しないとやらせてもらえないのです(^_^.)
木刀による基本技稽古法のほうは、今回はかなりしっかりやったのですが、サボっていると忘れてしまいそうなので、ちょこちょこ復習しなければと思っています。

三七式ヨシさん、演武をされるのですね。
しかも真剣とはカッコイイですね!がんばってください。
近くなら拝見しに行きたいですが、鳥取は遠いですね…
Posted by はなずきん at 2016年01月29日 16:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: