2016年01月05日

英語が話せるようになりたい!

あけましておめでとうございます。
いつも読んでくださっている方、ありがとうございます。

先日も書いた通り、母が入院しておりまして、更新頻度が落ちるかもしれませんが…
今年もよろしくお願いします。

ところで、タイトルの「英語が話せるようになりたい」についてですが…
何度か書いていますが、主人の妹のダンナさんはアメリカ人なのです。

義妹をSちゃんとしておきましょう。
大人相手には、わりと堅めの言葉を話す私は、大人を「ちゃん」づけで呼ぶことはほとんどないのですが…。
主人の妹は主人と7歳離れている(私とは8歳になります)うえに、私が最初に出会った時は彼女はまだ小学生だったのです!
だからその時の呼び名のまま「ちゃん」づけになっているというわけです。

Sちゃんは、高校の時にホームステイでアメリカに行きました。
それでアメリカが大好きになったのでしょう、留学でアメリカの大学に進学しました。
その時にSちゃんのダンナさん(Aさんとしましょう)と知り合ったそうです。(付き合ってはいなかったはず)

Sちゃんは大学を卒業して日本に戻ってきて、日本で就職しましたが…
Sちゃんが気になっていたAさんはメールや手紙でSちゃんに熱烈にアプローチ。日本にまで来たりしてアタックをして、結婚したいという話になっていたようなのですが…。

まだSちゃんが就職して間もなかった事もあり、義母(ダンナとSちゃんのお母さんです)はSちゃんの結婚…というか交際そのものにもあまりいい顔をしていなかったようです。
義母に話が通りそうにない、と思ったSちゃんは、私達にも相談なく、書き置きを残してアメリカに行ってしまいました。

それからまもなく結婚をしたようなのですが、Sちゃんは全く音信不通になってしまい、しばらくどうしているのかさっぱりわかりませんでした…。まあ、いわゆる駆け落ちですね(笑)。

それから10年近く、Sちゃんとは連絡が取れず。
お義母さんはずっとそのことをかなり気にしていて、気にしすぎて具合が悪くなるくらいだったのですが、それだけに「娘はいなかったのだ」と思い込むようにして、忘れることで心の平安を保っていたようです。

数年前に主人がSちゃんをFacebookで見つけて連絡をして、それからメールなどで少しやりとりするようになりました。
私も「一回でいいから、孫を連れて日本に来てお義母さんに顔を見せたほうがいいよ」とアドバイスをしましたが、それから数年はSちゃんが来る気配はありませんでした。

Sちゃんはどうも、アメリカに行った当初は、自分の実家の状況がどうなっているのか、ほとんど説明をしていなかったらしいのです。
Aさんの両親やAさんは、家出同然で実家から出てきたという事を後から知ってびっくりして、日本に行って義母と話してきたほうがいい、と何度も勧めたらしいのですが、義母の反応が怖かったSちゃんは踏み切ることができなかったようです。

しかし、なんとしても義母に謝りたい、会いたい、そして親戚として付き合えるようにしたい、と考えていたAさんは、うちや実家とSちゃんが連絡が取れるようになってから、日本での仕事を探していたようです。
そして、米軍の横田基地で仕事ができることになり、日本に引っ越してきたというわけですが、そうできるようになるまで、Aさんはだいぶ努力をして日本での仕事を得たようです。


日本にSちゃん家族が戻ってきた当初の義母の反応は「喜び」ではなく「怒り」そして「とまどい」でした。
娘はいないもの、と割り切ることでなんとか生活してきたのに、どうして今帰ってきたのか…。
その感情を消化するまでに時間がかかり、しばらくは会うことすらもできませんでした。

私はSちゃんのした事は「困ったことだなあ」とは思ってはいましたが、怒っていたわけではないので…(主人は怒っていたようですが。)
これから親戚として付き合えるのなら、義母にとってもそのほうがいいに決まってる、と思ったので、Sちゃん家族が日本に来てからは頻繁に会ったり連絡を取ったりしていました。

しばらくして、ようやく義母がSちゃん、Aさん、息子のK君と会ってからは「孫馬鹿」な義母の感情はだいぶ緩んだようで…。(うちの子供たちも、目に入れても痛くないほどかわいがってもらいましたので)
そして何よりAさんがとても真面目で誠実な人だったので、義母はだいぶ安心したようです。

Sちゃんは「今まで親戚らしい事ができなかったんだから」と言って、よくうちの子供を家に呼んで遊ばせてくれたり、横田基地の中に連れていったりしてくれました。
今年はハロウィンもクリスマスも、Sちゃんの家で「アメリカ流」に過ごしました。
お正月は義母の家で、うちとSちゃん家族が集まって「日本のお正月」をしました。

こうやって、親戚みんなで一緒に行事をすることができるようになって、本当に良かったなと思いました。



…とまあ、こんな経緯で、Sちゃん家族とうちの家族が交流しているわけですが…。

自慢じゃありませんが、私、英会話はほぼできません。
学校の英語も決して得意なほうではありませんでした。
英単語だけならわりと頭に入っているのですが、文章を組み立てることができないのです。

新婚旅行でグアムに行った時や、Sちゃんが留学中にアメリカに遊びに行った時なども、私はほとんど会話ができず、現地の人に交渉をする時は、ほぼ主人に話をしてもらったのです。

それから、英会話はできたほうがいいだろうな…とはずっと思っていましたが、海外旅行に行くようなお金もない我が家では(笑)ほとんど使う機会がないのに覚えても、どうせ忘れるだろう…という気がして、自分から勉強しようという気にはなりませんでした。



Sちゃんはバイリンガルですが、Aさんも息子のK君も、英語しか話せません。
Aさんとも本当はいろいろ話をしてみたいのですが、私には簡単な会話すら難しく、私は単語を並べたり検索した画像を見せてジェスチャーしてるだけ…って感じです。

Aさんは、私の思うアメリカ人のイメージより、だいぶシャイな人です。
ぐいぐい話しかけてきたりしないので、間にSちゃんがいて通訳してくれないと、ほとんど会話になりません。


英語が苦手だった(今でもそんなに得意ではないですが)長男は、案外臆さずAさんと話していて、単語を断片的につないだ会話をしているだけですが、それなりにコミュニケーションが取れています。
Aさんは長男が好きらしく、長男もAさんに好意を持っているようで、会話がそんなに成立していないわりには仲が良いのです。
長男は英文法が苦手で、以前は「英語なんて何の役に立つんだ」と勉強する気がほとんどなかったのですが、最近ヒアリングは得意になったようです。Sちゃんち夫婦も子供とも、もちろん英語で会話しているので、ただ家に滞在しているだけでも英語に耳が慣れるんでしょうねえ。おかげで英語の成績もちょっと上がりましたよ。
なので、Sちゃん宅に遊びに行くことを、我が家では「基地前留学」と呼んでいます(笑)。
長男は冬休みの英語の宿題は、Sちゃん宅にお邪魔して、Sちゃんに教えてもらいながらやったのですよ。



もともとあまり他人と話さない次男、英語はまだ自分には話せないと決めてかかっている長女は、Aさんとはあまり話せていないようですが…。


うちの主人はというと、昔から映画が好きで洋画を良く見ていたり、小学生の時からバンドを組んでビートルズを歌っていたりして(どういう小学生?)、発音は悪くないし、ヒアリングの能力もそこそこあります。
ただし単語力はあんまりないのですが、少ない語彙でもなんとか文章らしいものを話すことはできていて、Aさんとも簡単な会話ができています。
主人は西部劇が好きで、世界史もわりと詳しく、アメリカ文化も好きなものが多く、歴史的な経緯もけっこう理解しているせいなのか、Aさんともわりと話がはずんでいる…ように見えます。
主人が案内してふたりで新宿にお酒を飲みに行ったくらいなので、なんとか会話はできているのでしょう。

ただ、もっと自分の思っている事をきちんと話せるようになりたい、と主人は感じているようで、ネットでよく見かける英会話の教材が気になる、とか言っていましたが。



私はというと、英単語はまあまあ知っているし、なんと言っているのかだいたい聞き取れるのですが、
いざ話そうと思うと、全然言いたい事が文章にならないし、ヒアリングのほうも、聞き取れていても文章としては意味がわからないものがほとんどなのです。

最初のうちは「まあ、仕方ないか…」と思っていましたが、何度も会っているうちに、Sちゃんの通訳がないとAさんとはほとんど何も話せないのが悔しいというか、ストレスというか…。
Aさんのほうも、私や主人とSちゃんの日本語の会話がわからず、ちょっとつまらなそうというか、寂しそうにしている事も多く、私ももうちょっと英語が話せればいいのになあ、と感じるようになりました。


中学から大学2年まで英語を学んでいて、実は英語専門の塾まで行っていて(汗)、全然英語の下地がないわけじゃないのに、実地にはその知識が全然役立たないのが歯がゆくてしょうがありません。
いくら英語が苦手な私でもそこそこ勉強はしてきて、日本にいたって断片的に英語を聞いたり見たりする機会はあったわけなので、字に書いてある文章なら、まあまあ読解できないことはないのです。

変な言い方ですが、Aさんの日本語力に比べれば(Aさんは日本語の勉強をしてはいるのですが「ダイジョウブ」「アリガトウ」とか、まだごく簡単な事しか話せません)、私の英語の知識はそれに比べたらはるかに上のはずなのに…
なんで全然「文章として」口に出して話すことができないのだろうか。


主人は私が「英語コンプレックスがあるから話さないのだろう」と勝手に思い込んでいたらしく、私が英語が話せないのは、間違った事を話してはいけないとか、発音が悪いのを気にしているとか、そういう理由なんだろうと感じていたらしいのですが、そういうわけではないのです。
ちなみに私の発音はそんなに悪いわけでもないので(良くもありませんが)そこが自信がなくて話さない、なんて事は今までにもなかったのです。子供に英語を教える時はごく普通に読んでましたし、なんで主人にそう思い込まれてたのか。

ただ単に、本当に話したいことが英語の文章になって出てこないのです。映画などでわりと英会話を聞きなれている主人にはそういう想像がつかなかったのかもしれませんが…。私は「英語の会話」を聞いたり、それを実際に口に出したりする機会が圧倒的に少なかったからなんでしょうね。


そこでとりあえず、簡単な日常英会話の本を買ってみました。
それを読んでみて感じたのは「私が習ってきた英語と、今アメリカで話されている日常会話の間には、相当の隔たりがある」ということでした。
簡単な文章の言い回しでも、私が聞いたことがないようなものがとっても多いのです。私が知っているような言い回しは、「固い言い方なので今は使わない」ようなものがほとんどのようです。
そこで、英会話の本から、自分が使いそうなフレーズや文章を書きだして、「単語帳アプリ」にメモッたりして覚えようとしましたが…

それでもいざ話すとなると、やっぱり文章が出てこないのです。
文章を見ていても完全に暗記しているわけではないので、話そうと思った時にいちいちアプリや本を見ないといけないので、結局全然会話に使えません。
私は家にいる時もほぼ家事をしていて「本を見ながら勉強」するような時間はあまりないので、本を読まないといけないのでは勉強の効率も悪いのです。
これは勉強の仕方を少し変えないといけない、と思いました。


そこで、簡単な文章でいいので、とにかく文章のやりとりをまるごと覚えることにしました。
今はYoutubeの「10日でマスター!基礎英会話【英語リスニング聞き流し】」というのを、家事をしながら流して、それを覚えるようにしています。

これは、日本語の後に英語が流れる(画面には英語の文章が出ている)ようになっているので、最初はとにかく英語の「後」に画面を見ながら、マネして言う。
何度もそれを繰り返して、なんとなく頭に入ってきたら、今度はできるだけ画面を見ずに、英語と「一緒に」覚えている事を言ってみる。
そして最後に、動画を流さず、日本語を見るだけで(自分でノートに書いています)英語がすらっと出てくるようになるまで、徹底的に繰り返して言うようにしました。

ひとつの動画の中に、16個の会話のセンテンスが入っているのですが、最初にこれをやった時は、家事をやりながらですが…覚え込むのに半日以上かかりました。
でも、次の動画のセンテンスを覚えた時は、同じ個数ですが数時間しかかかりませんでした。
最初の動画のセンテンスを覚える過程で、ある程度、単語を並べる順番というか、言い回しが頭に入ってきたので、2回目の時は覚えやすかったのだと思います。
うん、このやり方は(とりあえず今は)いいかも!と思っています。
あ、でもまだ実際にAさん相手には話してないので(私がYoutubeで英会話を覚えてから会ってないので)…本当に使えるのかどうかわかりませんけど。

まだ覚えたのはごく簡単な会話だけですが、これをとっかかりに少しはステップアップしていけるといいなあ。



しかし、私がこんなに英会話の勉強をしたのは、生まれて初めてかもしれません(笑)
Aさんの仕事は期間限定で、数年すればアメリカに戻ってしまうため、今のうちになんとか簡単な会話くらいはできるようになっておきたいな、と思っています。
でもまだ全然、私の英語力はアメリカの幼稚園児レベルにも達してない気がします…。
せめて小学生レベルくらいには話せるようになりたいな。



というわけで、今年は剣道も英語も、の「文武両道」で行きたいです!

そういえば、「芸武両道」のはずの三線はどうしたのかって…?すみません、けっこうお休み中です(汗)
ときたま弾いてはいるのですが、やっぱりひとりだとなかなか弾きませんねえ。サークルとかがあるといいのですが、どうもうちの近くにはないようです。

とりあえず当面は、期間限定の英語のほうに集中したいですね!
posted by はなずきん at 02:03 | Comment(6) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

基地前留学!
いいですねえ(^_^)

外国語って、読み書きは学校時代の勉強で何とかなりますし、ヒアリングは洋楽や洋画で練習出来ますけど、喋りはなかなか難しいですよね〜

以前ウィーンに国際電話をかけたときは、本当に四苦八苦しました(^_^;) 丁寧に喋ったつもりが、「too slow(♯`∧´)」と怒られてしまいました。

でも、何故か、私って、街中で外国人によく話しかけられるんです。
先日も、日暮里駅の陸橋で、寝台特急カシオペアを待っていたら、カシオペアや新幹線について、長々と聞かれたり。駅では、迷子の外国人に尋ねられたり。

何とか単語を繋いでるような感じですけども…
ただ、数を重ねると、慣れてきますね(*^_^*)

はなずきんさんも、文武芸両道を目指しているんですね。
私も、今大学三年生なので、同じように、文武芸両道を目指しています(^_^)

お互い、頑張りましょうね〜

Posted by 麻子 at 2016年01月06日 00:12
追伸

そういえば、武士道シックスティーンのコミック版、読みました!
最後の、「(友達だって)知ってたよ」のセリフに泣きました。
レンタルでしたけど、自分で買おうかなと思いましたよ〜
Posted by 麻子 at 2016年01月06日 17:43
麻子さん

審査の話に書きましたが、ゴタゴタとしていてレスが遅くなってしまい、すみません。

麻子さんは「なんとか喋れる」方なのですね〜。
きっとその気になればもっといけるのでしょうけれども。
しかし、しゃべりが遅くて怒られるって、外国人相手に厳しいですねえ(笑)

私は「文章丸ごと暗記」をやるようになって、やっとなんとか少し文章が出てくるようになった気がします。
でも、まだほんのとっかかりなので、もうちょっとがんばりたいです。


麻子さんは大学生なのですか!しかももう3年!
剣道も大学も、で大変ですねえ。お互いがんばりましょう。

武士道シックスティーンの漫画版、なかなかいいでしょう?
小説版よりも主人公ふたりに感情移入できる感じがします。
あれは持っていて時々読みかえすといいですよ〜。
Posted by はなずきん at 2016年01月11日 13:52
はなずきんさん

そうですね!
コミック、買おうと思いました(^_^)

大学は編入して3年生からなので、実質はまだ1年生なんです(^_^;)
2週間後に試験を控えているのですが、年末年始は全く勉強できなかったので、大ピンチです(>_<)
Posted by 麻子 at 2016年01月12日 20:43
すみません。途中で書き込むを押してしまいました(^_^;)

丸暗記!すごいですね。私、暗記がと〜っても苦手で…
私は、英語は、専らマイケル・ジャクソン、マドンナに教えてもらいました(^_^)

ところで、Eテレのニュースで英会話という番組が面白いですよ〜
Posted by 麻子 at 2016年01月12日 20:47
麻子さん

もうすぐ試験ですか〜。私は大学の試験なんて、もう受けたくないですね〜(笑)
ラストスパート、がんばってください!

私は「丸暗記」はけっこうできるのですが、
一夜漬けでそれをやると、テストが終わった途端にきれいさっぱり忘れてしまい…
学校の試験前に覚えたことは、すっかり忘れています(笑)

だから今回は、短期記憶から長期記憶にきちんと移行するように、何度も繰り返し復習してます。
昔に比べるとだいぶ覚えが悪くなりましたが…(^_^.)

歌で英語、とか、映画で英語、とかカッコイイじゃないですか!
私はそこまで洋楽を聞きこんでないなあ〜。

ニュースで英会話、見たことないのですが、
HPを見たら単語が難しくて…、
今「日常会話」で精一杯の私にはレベル高すぎです(^_^.)
テレビで見ると面白いのかもしれませんねえ。
Posted by はなずきん at 2016年01月13日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: