2015年12月21日

母と子の剣道日誌(61)剣士の休日…?

先週の日曜日の稽古の時のことです。

子供稽古が終わり、N先生の大人稽古の時間の時でした。
ふたりで組んで、小手→体当たり の練習をしていたのですが…相手の足先が、私の右足の指先に強く当たったのです。
その時組んでいたのは男性の先生で、体格も大きい方でした。「だいじょうぶですか?」と聞かれて、けっこう痛いな〜、とは思ったのですが、このくらいの事は良くあるので「だいじょうぶです」と答えて、そのまま気にせず稽古を続けていました。

剣道ははだしで稽古しているので、足先の軽いケガはよくあります。
稀に、爪をはがしちゃったりするようなケガもありますが…。私はやったことないですが、子供がやっちゃったのは見たことがあります。
私も気が付いたら、足から血が出ていた、なんてことはたまにあります。

武道ですから、小さいケガだったら私はほとんど気にしません。手や足裏のマメが破れたり、防具を外されて打たれた時のアザ、なんてしょっちゅうです。
「剣道は、痣とマメはケガのうちに入らない」なんて言うらしいです。剣道をやっていると、痛い事に慣れっこになるので、少々の事では騒がなくなる気がします(笑)。


さて…足がぶつかった後もそのまま稽古を続けていた私ですが、ぶつけて5分くらい経った頃からだんだん足指が痛くなってきました…。
「ちょっと痛い」じゃなくて「だいぶ痛い」のです。右足で踏み込もうと思っても足指が痛くて踏ん張れません。

うん、これはけっこうぶつけ方がひどかったのかな?と思って、稽古の列から外れ、防具を外して、足を確認してみたら…触ってみるとかなり痛いです。ぶつけた直後より腫れてきています。
剣友会備え付けの救急箱から湿布を出してきて、貼って、残りの稽古は見学をしていました。ちょうど終わり頃だったので、見学していたのは10分くらいでしたが。

帰り、靴をはくのも痛いです。防具をしょって、ちょっとびっこをひいているような感じで車に乗り、家に帰りました。でもせいぜい突き指くらいだろう…と思っていました。
が、夜に湿布を貼り替えるためにはがしてみたら…ぶつけた指全体と、指の付け根が青紫色になって、大きく腫れています。こんなに腫れるようなケガはひさしぶりです。
というか、剣道を始めてから、こんなにわかりやすくケガしたのは初めてかもしれません。マメがむけたり、軽い打撲くらいなら何度もありましたが…。

ネットで調べてみたら、青紫色になって腫れている場合は、骨にヒビなどが入っているかもしれないと書いてありました。しっかりと骨折だったら、我慢できないくらい痛い、ということなので、骨折はしていないだろうなと思いましたが…。


…って、1月に1級審査があるのに、骨まで行ってたらマズイなあ…。
とりあえず、医者に行かなきゃ、ということで、翌日の月曜日、整形外科に行ってきました。
もはやぴったりした靴は痛くてはけません。ちょうど足先に余裕がある形のブーツがあったので、それを履いて行きました。


整形外科で湿布をはがしたら、昨日よりさらに青紫色の内出血の部分が増えています。指だけでなく、その指がついているあたりの、足の甲あたりまで微妙に青紫色です。
先生は患部を見て「もしかしたら、折れてるかもしれませんねえ」と言って、レントゲンを撮ってくるように言いました。


レントゲン室でレントゲン写真を撮り、ふたたび診察です。今は、レントゲン写真もデジタルデータなので、写真の現像の時間とかなくって待ち時間が減って楽になりましたよねえ。

すると…幸いな事に、骨には異常はありませんでした!ヒビも入っていないようです。
先生が、私が痛いという指を持って動かしてみて「痛くありませんか?」と聞いてきたのですが、触られている所はすごく痛いのですが、動かして痛いという感じではありません。
「動かして痛くないのなら、骨のほうはやはり大丈夫そうですね。ひどい打撲というところでしょうか」


あー、よかった。打撲なら、1月の審査までには完治できそうです。
医者では湿布をもらって、来週また来るようにと言われました。


しかし、骨に異常がないとはいえ…やっぱり痛いです。歩くのも痛いので、とてもじゃないけど稽古なんて無理です。まして、審査が近いのに無理して治らなかったら困るので、しばらく稽古も自主練も休むことにしました。


最近の私は、週2回の稽古と、稽古以外の日はランニング、素振りを2日に1回くらいはやっていました。体幹を鍛える筋トレも、ちょっとずつですが毎日やっていました。
足の指一本だけの問題なら、筋トレくらいできるんじゃない?と思われるかもしれませんが、足指って案外、何をしていても使う場所でして…。触るだけでも痛くてあまり動きたくないので、そちらもお休みです。
これらを急に全部なくすなんて…せっかく体力ついてきたのに、また落ちちゃいそうだなあって感じなんですが、致し方ありません。


そういえば私、こちらの剣友会に入った時に、スポーツ保険に加入していました。子供は強制加入で、大人は任意加入でしたが、まあ入っておいたほうがいいだろうな…と加入していました。
たいしたケガではないですが、いちおう医者にもかかったし、こういう傷害保険って使ったことがないので、せっかくなので?使ってみようと思いました。
この話はまた別の機会に書こうと思っています。


さて…
日曜日にケガして、月曜日に医者にかかり。
水曜日と次の日曜日の稽古はお休みしました。この間、自主練も全くやっていません。
「本当はやらなきゃいけないのになあ」「でも、今は休めってことなのかな」となんとなく葛藤しつつも、でも「何もやらないと楽は楽だな…」と思ったりもしました(笑)。

しかし、この間、私は少し体重が増えてしまいました!
ずっとやっていた運動を急にやめて、食事量はそんなに変えてなかったからですよね…、すごく太ったわけではないですが、このペースで増えられたら、この後がタイヘンです(^_^.)
うーん、これは早く再開しなければなあと思いつつ…。



日曜日に、剣友会の方から「保険の書類があるので、できれば今日取りに来てください」と連絡がありました。そこで、子供の稽古が終わる頃の時間にいつもの練習場所(小学校の体育館)に行ったのですが…。


着いた時は、ちょうど子供の稽古の最後の「かかり稽古」をやっているところでした。
大人が8〜10人くらい元立ちになり、子供は元立ちに順番にかかっていきます。だいたい、ひとりの元立ちにつき1分くらいでしょうか。ひとり終わったら、その隣に行ってまたすぐにかかります。元立ちを全員相手し終わったら、最後に「切り返し」をしてやっと終わりです。

子供のほうは、ほぼ切れ目なく、ずっとかかっていかなければならないので、大変きつい稽古です。うちの息子はこれが大嫌いで、日曜日の稽古に出たがらないのですが(笑)。
かくいう私も、とてもじゃないけど、かかるほうにはなりたくありません…体力のある若い大人の方は、たまにかかるほうに入っていたりしますけどね。私だったら、5人くらい相手したら、もう立ちあがれなくなる気がしますが(笑)

でも、こういう事をやらないと「いざ」という時の力が出ないのですよね…。
これをこなせている子は、やっぱりふんばりが効くという感じがしますよ。


いつも私は元立ちになっているので、外からこの稽古を眺めたことがほとんどありませんでした。
というかそもそも、大人も混じっている稽古を、自分が「眺める」立場になった事がないというか…。


一生懸命かかっていく子供たち。
気合い声、竹刀で打ちかかる音。
先生の指示する声、相手する大人たち。


「剣道の稽古中の音」を聞いていて、たった一週間のブランクなのに「懐かしいなあ」って思いました。
ふだんでも、用事などで1〜2週間来れない事もたまにはあるのですが、今回は「足以外は元気で、用事もないのに」来られなかったからでしょうね。


やっぱり剣道の稽古は、見ていても気持ちいい空気だなあ…と想いながら眺めていたら、なんだか体がうずうずしてきまして…つい、そばに置いてあった木刀を持って、素振りしてしまいました(笑)
でも、踏み込むとやっぱりまだ、足が痛いですけど。

そういえば、子供の試合はよく動画に撮っていますが、稽古風景を動画に撮った事はなかったなあ。いつも自分が中にいるんだから当然なのですが。
こんな機会めったにないかも、と、iphoneを出してきて、稽古の様子をしばらく撮影していましたが…。



ああ、やっぱり、眺めてるだけじゃつまらないなあ。私もやりたいな。
…そうか、こんな気持ちで、私は剣道を始めてしまったんだったっけ。





子供が警察で習い始めて見学をしていた時、もう、本当にやりたくてしょうがなくなっちゃって…見学しながら、体がうずうずしていた事を思い出しました。
それで無謀にも、剣道未経験どころかほとんどスポーツ経験がなく、当時45歳なのに剣道を始めてしまったわけですが。

実際に始めてみたら、自分の下手さ加減を痛感して、先生にも怒られるばっかりで、たまに「見学だけのほうが良かったのか」なんて思う事もありましたが…
やっぱりあのまま眺めているだけなんて、私には無理だったに違いありません。


こんなにすっかり休んだら、それに慣れて、やる気なくなっちゃうかも…?なんて少し心配していたのですが、むしろ逆でした。やっぱり私、剣道がやりたいんだなと、改めて思いました。


そう考えているうちに、かかり稽古が終わり、全員で蹲踞をして、最後の整列をして、黙想が始まりました。


黙想の時間は、見学の大人たちも一緒に黙想をします。
本来は私もやるべきでしたが…、この日はこのまま、動画を撮らせてもらうことにしました。私の大好きな「黙想」の光景を残しておきたいと思ったのです。
自分が黙想しないでその光景を外から眺めていることってなかったなあ。後ろから見るとこんな感じなのかあ、って思いながら、撮影をしていました。


黙想が終わり、礼をして、先生の話を聞いて…それも全部、動画におさめました。
うん、やっぱり、剣道はこの時間があってこそです。こんなことでもなければ、自分の剣友会の稽古風景の動画を撮ることなどなかったと思うので、ちょうどよかったのかも、と思いました。


私は、技術的にはなかなか進歩しないので、こんなに下手なのにやる意味はあるのか…なんてよく思ってしまうのですが、やっぱり、剣道の稽古自体が好きなんですよね。
それをあらためて実感した「剣士の休日」でした…。


とはいえ、次の水曜日はもともと稽古はお休みする予定で…そうでなくても、ちょっとこの足ではきつそうですが。
しかし次の日曜日、稽古納めには出たいと思っています。素振りくらいなら参加できそうですから。


昨日、ひさしぶりに、家の近くをいつもよりかなりゆっくりランニングをして、踏み込まないような素振りと、形の練習をやりました。切り返しをゆっくりやろうとしたら、足がうまく動かずこけそうになったので、まだ普通の稽古は無理そうです。でもやっぱり、体を動かすのは気持ちいいです。

痛い部分を微妙にかばってしまっているのか、今朝は違う場所の足の筋が微妙に痛くなっちゃいましたが…次の稽古まで、体力を落とさないように、

…そして、体重をこれ以上増やさないようにしたいと思いました(^^)

posted by はなずきん at 14:32 | Comment(7) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきんさん

大丈夫ですか!?
折れていなくてよかったですが、腫れたり痛かったりと大変ですね(>_<)

足指、かなり重要ですよね。
うちの子は立つのがうまくないのですが、やはり足指をうまく使えていないのも原因の一つと言われています。

正座は出来ますか?
出来るとすれば、手の内を鍛える素振りというのがあり、正座で出来るんです。
youtubeにあったかと思います。

お大事になさって下さいね〜
Posted by 麻子 at 2015年12月22日 05:42
おはようございます。
三七式ヨシです。
おかげんいかがですか。

そろそろ、稽古納の時期ですね。

クリスマス・イブです。

サンタさんが早く治してくださいますように。
Posted by 三七式ヨシ at 2015年12月24日 07:57
麻子さん、三七式ヨシさん

ご心配いただきありがとうございます。
腫れはだいぶ引いたのですが、まだ普通に走るのは厳しいです。
足指がうまく使えないおかげで、下手に動くとそこにつながっている筋のほうが痛くなっちゃうんですよね。
正座は、ちょうどその指が下に来るのでちと厳しいのですよね…。

できる範囲内で自主練しようと思っていたら、
他の事で忙しくなってしまい、結局あまり運動できていません…。

でも、前進後退素振りや形稽古くらいならできるので、あさっての稽古納めには出ようと思っています。

サンタさんはケガも治してくれるのでしょうか?
そうだったらいいな〜と思いました。
お気遣い、嬉しいです(^^)
Posted by はなずきん at 2015年12月25日 22:06
はなずきんさん

そうでしたか…
本当に、お大事にして下さいね。
どうでしょう?サンタさんは痛いのを持って行ってくれましたか?
もし、持って行ってくれていたら、サンタクロースは今頃、『散々苦労す』になっていることでしょうね(^_^)

事件というのも気になりますが…どうか、いい事件でありますように。
Posted by 麻子 at 2015年12月26日 05:36
麻子さん

足のほうはだいぶマシになってきまして、先日の稽古納めには出てきました。
まだ踏込みが難しいので、面付けしての稽古はできませんでしたが、やっぱり稽古はいいです〜。

「いい事件」…いや、それは事件ではないでしょう(笑)



Posted by はなずきん at 2015年12月29日 01:31
はなずきんさん

その後、お怪我はいかがですか?

なんと!私も昨夜、左足の指を怪我してしまいました(>_<)
お風呂場で、浴槽の縁に、強烈な空手キックをお見舞いしてしまいまして、足の指から今まで聞いたことのない「バキッ!!」という音がしました。

その後は、はなずきんさんとそっくりの状況です。
お医者さんが「これは折れてるね〜」と言っていたのにレントゲンを撮ったら奇跡的に何ともなっていませんでした。
隣の指にテーピングで固定するだけでした。

剣士のくせに、剣道ではないところで怪我をするとはトホホです……

でも、お互い、剣道しているおかげで、この程度で済んだのかも!?

私も1月の稽古は間に合うと言われたので、ホッとしています。

お互い、新年の稽古は、大丈夫そうですね〜

では、よいお年をお迎えください(^_−)−☆
Posted by 麻子 at 2015年12月31日 09:18
麻子さん

あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお話できて楽しかったです!
今年もよろしくお願い致します。

麻子さんもケガされてしまったのですね〜。
今、けっこう痛いでしょう…?
どうかお大事になさってください。

私のほうは、まだ触ると痛いですが、
だいぶマシにはなってきました。
審査までに全快してくれるといいのですが。

今年もお互い、いっそう精進したいですね(^^)
Posted by はなずきん at 2016年01月01日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: