2015年10月05日

母と子の剣道日誌(49)私の「運動部アレルギー」は治った?

最近、剣道関係の記事が多いですが…
それだけ今、稽古が楽しい、ということでしょうね。

西表島もぶどうの丘も、旅行記が途中で止まっちゃっていてすみません(汗)
続きを書く気はあるのですが…
やっぱり文章は、頭の中に書きたい事がある時に書かないとなかなか進みませんね。


さて…
今日の稽古はややきつめの内容で、最後のほうは足が動かないくらいでしたが…
朝から昼にかけての稽古でしたが、けっこう疲れたので、
帰ってからちょっと昼寝をしましたが、今でもなんとなく、足と肩と背中の筋肉がバリバリしてます(笑)

なのに、この疲労感がとても気持ちいいと感じるのです。

不思議ですよね…
自分がやりたくない事をやった時は、ぐったりと疲れてしまうのに、
やりたくてやった事だと、体は疲れているのに気持ちいいのですから。
疲労やその痛みがある事で「自分ががんばったなあ」という気がするからなんでしょうか。



私、もともと、体育会系のノリはあまり好きではありませんでした。
運動経験は、中学校の部活のバレーボール部と、友達につられて3年生の1年間だけやった卓球部くらい。
私は背が高かったので、入学時にバレーボール部に勧誘されたのですが、小学校の時もさして運動が得意というわけではなかった私が、なぜバレーボール部に入ることにしたのか…。
よく覚えてないのですが、なんか、新しい事をやってみたかったんですかねえ。


私は、バレーボール部の活動はそれなりにきちんとやっていました。
決してそんなに強い部ではなかったし、私もそんなに上手かったわけではありませんが…
毎日ではなかったと思いますが、週に何回か放課後に練習があり、朝練や昼休み時間にも練習をしたりもしていました。夏合宿もあったし、公式試合にも出ていました。

部内の人間関係はそんなに悪かったわけではありませんが、やはり運動部ですから「先輩の言うことは絶対」な雰囲気はあり、ややシゴキ的な事もありました。(今思うとたいした事ではない気がしますが…)
もともと文系人間の私は、そういう「やや理不尽な上下関係」にはあまりなじめませんでした…。

3年生になって、私は部長になりました。
なんで部長になったのかの経緯もよく覚えていませんが、部員数も少ない中でそれなりに真面目にやっていたのと、人の上に立つこと自体はそんなに苦ではない性格だったからでしょうか。

しかし、部長になって間もなく、私はバレーボール部を辞めてしまいました。
これまた理由をはっきりと覚えていないのですが…
運動部ですから「上からされた事は、(理不尽な事であっても)下にもしないと」みたいな空気があって…他の3年生はそういう風に後輩に接していたのだと思いますが、私はそれが嫌だったのだと思います。
今の私が見たら「引退まであとちょっとなんだから、続ければよかったのに!」って思うでしょうが、当時はそれが耐えられないくらい、とても苦痛だったのでしょうね。

それから卓球部に入りましたが、仲のいい友達が何人もいたし、そんなに上下関係の厳しい部ではなかったので、3年生の間(といっても受験があったので、前半だけですが)はそれなりに楽しく練習していました。
また、2年生の時から、絵画部という美術部のような漫研のような部にかけもちで入っていて、そちらはとても楽しく卒業まで活動していました。


私はそこから「運動部アレルギー」になってしまい…
運動そのものは嫌いではなかったのですが「理不尽な上下関係のあるような組織には入りたくない」と思って、その後高校でも大学でも、文科系の部にしか入りませんでした。

また私はスポーツ観戦もさして興味がなくて、オリンピックすらあまり見ていなかったりします。
どんな競技も見ればそれなりに面白いのですが、そこから入り込めないんですよね。
もともと、なんでもメジャーなものには興味が出ない私なので(なぜか、世間が熱狂していると冷めてしまうのです)話題になっているものほど、疎遠だったりしますが。



そんな私が、息子が習っていた警察の剣道の「理不尽な上下関係」や「スポ根的な空気」になぜか納得し、むしろその雰囲気がいい!と思って、自分まで始めてしまったのだから不思議です。
ただ先生の性格が、知るにつれちょっと理不尽すぎる(というか適当すぎる?)部分もあって、やっぱりそこはなじめなかったのですが。


でも、これがただの「スポーツ」だったら、ここまで好きにならなかったでしょうね。
やはり「武道」だから、その文化的な側面と礼儀を重視するところ、厳しい雰囲気、に魅かれたのだと思います。
それに剣道は、メジャーマイナーというか、誰でも競技自体は知っているけど、実際どういうものなのかは案外知られていない、というところが、私にとってはいいのかなと思います。


で、自分でやっているうちに、ややアレルギーのあったスポ根的なノリも好きになってきてしまい…
自分ってこんな人間だったんだ、とちょっとびっくりしました。


今は稽古自体がわりとキツイので、家では体を休めなければいけないと思ってあまりやっていないのですが、警察で始めた頃はほぼ毎日、素振りを家でしていましたからねえ。
旅行先にまで竹刀を持って行ってやっていたくらいです(笑)

体を動かしてなんだかすっきりするのがいいんでしょうね。
でもこれが、ただのランニングとかだったらここまで楽しくないだろうなあ。
素振りそのものがカッコ良くて好きだから、なのだと思います。
家でやる時も、最初と最後に蹲踞の練習は必ずします。


今の剣友会は、先生も生徒も保護者も、いい人ばかりなんですよね。
「上下関係」はあっても「理不尽な上下関係」はない、と言っていいと思います。
中学3年から、45歳になるまでずっと「運動部嫌い」でしたが、ここではそんな事は感じないです。
「運動部アレルギー」もこれでだいぶ、解消されたのでしょうか(笑)



しかし、ほんとになんだか、今日は疲れているのがいい気分なのです。
稽古の後のご飯は美味しいし、
稽古の後のお風呂は気持ちいい!ですしね。

内容的には、決してそんなに上手くできていたわけではないのですが…それでも楽しかったのです。
直すことも、覚える事もいっぱいあって、私はそれが少しずつしか身に付かないのですが、
それだけに、一回一回の稽古を大事に、そしてそれを継続していきたいと思っています。

今回はなんだかとりとめのない内容になってしまいましたが…
このなんだか嬉しい気持ちを、書きたかったんですよね。

次の稽古も、がんばろうっ!
タグ:剣道
posted by はなずきん at 00:08 | Comment(12) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなずきん さん

全体的に、心地よい疲労感にほろ酔いな感じが出ていますね〜
お気持ち、とってもよくわかります!
稽古に行く前は、人間関係を思うと憂鬱な気持ちで行くことが多いのですが、帰ってくる時は爽快な疲れでちょっとハイな気分になれますね。

文章から拝察しても、はなずきんさんが文科系なのはよくわかります。
でも、アウトドアや剣道がお好きなんですね!私に似てますね〜

私も、中学時代に球技の部活で失敗して以来、自分 ≠ 体育会系 と決め込んできた節があります。高校、大学は、音楽系の部活やサークルに入りました。

でも、なんでですかね〜子育ての中で、人間としての純粋な身体を動かしたい欲求に目覚めたのか、残り少ない人生だから動かなくちゃと焦る気持ちなのか(笑)わかりませんが、『身体動かす族』になってきました。

剣道って、ママさんたちがする他のスポーツ、例えば、テニスやバレーボールとかと違って、そこに伝統とか精神とかがより重んじられているように思います。(他のスポーツが伝統や精神を軽んじているというわけではないですが)
だから、そこが、もともと文科系であったはなずきんさんや私のような人々を魅了するところなのかなあ…勝つことだけというか、勝つことより?美しさを大切にするような?一種の芸術性みたいな?

話は変わりますが…

あちらにも、早速コメント下さりありがとうございます。
あちらには、あまりかけないので、こちらに書かせて頂いていいですか?

その先生は、学校の部活に来て下さっているのですが、うちの子の代の男子が部活をサボってばかりいるので、ウンザリされているようなんですね。うちの子は学校さえ行けば真面目に部活に行っているのですが、体調を崩しやすく、学校をよくお休みしてしまって、だから部活にも行けないことが多いので、サボり認定されているのかもしれません。説明はしたんですけど…

あと、先日一度書きましたが、私に稽古をつけてくださることで、先生同士がもめていました。その一人なんです。で、もう一人の先生が、私に何から何まで下さった方で、私の持ち物はみんなその先生のネームが入っています。なので、「〇〇先生のお嬢さんですか?」と聞かれるくらいで。
今まで、争うように稽古をつけてくださっていたのですが、派手ママさんが入ったら、前述の先生は私に嫌味を言ったり、打ちがとても痛くしたりするようになったんです、たぶん。
「〇〇さんはそんなにお腹を出してない」とか「〇〇さんに比べてあんたは身体が硬すぎる」とか露骨に比べるようなことを言ってきたり。柔軟は、ゆっくり身体を温めようと、温存しながらやっていただけなのに。派手ママも、調子に乗って「私、身体が柔らかいんです」とか言っちゃって。実は、私も余裕で届くんですけどね。

その頃から、稽古後の挨拶の受けが、ぞんざいになってきたような気がします。
なので、心当たりはあるにはあったのですが、一般的な対応として、感じ悪い挨拶の受けに意味があるか確認したいと思い、あちらで質問したのでした。

女二人だと自然と比べてみたりする人がいて、嫌ですね。特に、え〜!比べないでよ〜あんな人と〜というような人と比べられるのは心外です。あ〜あ、露出に引っかかる単純な男は多いんですかね。
Posted by 麻子 at 2015年10月05日 10:25

まず最初に、間違い投稿のほうは消させていただきました。

麻子さんも体育会系嫌いだったのですね。
やっぱり、私と何か共通している要素があるんですね(^^)

やっぱり剣道は「日本のもの」ですから…。
外国から入ってきたスポーツとは、ベースというか目的が違うんですよね。
しかも、他の日本の格闘技よりも、より「武士道精神」が重視されていますし…そのあたりが魅力なんでしょうね。

私は体を動かしたい、というよりは「武士になりたい」なのですが(笑)でも、体を使うのも気持ちいいですよね。
剣道に対してテンションが低かった時期は「これは健康のため、ダイエットのためなんだ」と自分に言い聞かせて行っていた時もあります(^_^.)


ところであちらの掲示板の話ですが…
そういうご事情だったのですね。
要は人間関係のもつれ?でしょうか…。

しかしいい年して子供っぽい先生ですねえ…、
「先生」たるもの、指導にそんなに私情を入れるのはどうかと思いますね。まして礼儀を重視する剣道の指導者なのに…

とはいっても、掲示板など見ているとダメ指導者もそれなりにいるようですが…ずっと「先生」と言われていると、慢心してしまう方もいるのでしょうね。
謙虚で素晴らしい先生もいっぱいいるんですけどねえ。

しかし、そんな方と比較されるのは嫌ですね〜
いっそのこと「ほめ殺し」しちゃったらどうですか?
「うわー、すごい体柔らかいんですね!やっぱり若い方にはかなわないですよ〜、私オバサンですから〜」と口だけでは言っておくとか。(笑)

でも、そんな先生だと早めにわかって良かったのかもしれませんねえ。
周囲からも「あーあ」って思われているかも。
Posted by はなずきん at 2015年10月05日 16:05
すみません。
突然おじゃまします。
すけ、と申します。
なにやら詮索するようなことを書き込んでしまいまして
たいへん失礼しました。
どうぞお気を悪くされないでください。
私、基本的にこういうツールには疎い方でして
ここにコメントを書くことがいいのかも
よくわからないのですが、ご容赦ください。
Posted by すけきよ at 2015年10月06日 00:11
すけきよさん

素早い対応、ありがとうございます<m(__)m>

私のことは、個人的にお教えするのは全く構わないのですが…、
あちらは超有名掲示板で見ている方が多く、情報がどう拡散するかわからないため、あのようなお願いをさせていただきました。

私個人の事ならまだいいのですが、以前所属していた会への文句もけっこう書いているものですから…それが特定されては先生などにも迷惑がかかるかなと。

私、ネット歴はけっこう長くて、15年ほどになるのですが…
その間、いろいろな事がありまして、ネットでの個人情報の開示には慎重になっております。

ネットでは、掲示板などで目立っているだけで何かと叩かれるんです…
私は投稿が多いので、そういう輩に目をつけられているかと思われますので…
そういった事情をご理解いただけますと嬉しいです。

また、こちらにコメントいただくことは問題ないです。
こういう場所は、検索にもあまりひっかかりませんので。

こちらこそ、ぶしつけなお願いで失礼しました。
今後とも変わりなく、お付き合いいただけますようお願いします(^^)
Posted by はなずきん at 2015年10月06日 00:43
はなずきんさん

すみません。お手数をおかけしました m(_ _)m

私も、剣道そのものに関しては、身体を動かす欲求ではない気がします。それに付随する、ランニングとか筋トレは別として。
なんですかね〜あの空気、あの世界観、眠っていた血が呼び起こされるような(笑)日本人として、身体に脈々と流れる血が求めているような…

着物を着た時にも、似たような感じがありますね。

テンションですか…稽古に行く道中は、いつもテンションが very low です…稽古場に近づくほどに、ダウンしていき…って、何しに行ってんの!?って感じですが…行けば楽しくなりますけれども、毎回 low tension を引きずって行っています (T_T)

愚痴をたくさん書いちゃって、すみませんでした。

先生の件は、まあ仕方ないですね。痛くないようにするしか。あと、気にしないようにするしか。他の先生方は、そんなこともなく、落ち着いた方が多いですし。
派手ママは、ほめ殺しですか…いい気になって馬鹿にしてきそうなリスクはありますが、検討しておきます!
Posted by 麻子 at 2015年10月06日 01:57
麻子さん

剣道はあの「空気」がいいんですよねえ。
私も着物好きですが(自分では着られませんが…)、剣道はそれだけでない、ゾクゾクとするような緊張感がいいです。
やっぱり私、武士が好きなんでしょうね…(笑)

しかし、習い事の人間関係は大事ですよね。
私も前の道場の時は、たった一組嫌な親子がいただけで、
かなりテンション下がりましたから。
その人たちが休みだとほっとしたものです〜。

この間、市民大会でひさしぶりに会ったのですが、
あちらが勝手にすごく嫌な顔してまして(^_^.)

それを見て
「ああ、この人にいつも会わなくて済む今は、なんて幸せなんだ…」
と思いました(笑)

当時、愚痴りたくても、同じ会の人って以外と話す機会もなく…
(さすがに道場内では言えませんし)
なんだかモンモンとしてましたよ。
誰がどう思っているかわからないので、
うっかり誰にでも言えなかったというのもありますし。

途中から同じように思ってるママさんと、
道場外でお茶して愚痴れるようになってほっとしたものです。

麻子さんもそんな状況なんだろうな〜と思ってます。
私で良ければお聞きしますので、発散しちゃってくださいね。


あ、それと、ほめ殺しは、本人にじゃなくて
「派手ママさんをほめてくる先生に対して」です。
あちらと比較してほめてこられたら
「そうですよね〜、若い方はピチピチしてて動きがいいですよね〜私はもう年ですから、同じようにはできませんねえ」みたいな感じで流しておけばいいのかなと…。

派手ママさんにやると、確かに調子に乗りそうですよね(^_^.)
Posted by はなずきん at 2015年10月06日 08:37
はなずきん さん

本当に、はなずきんさんは武士がお好きなんですね〜 と言いつつ、私も十二分にその気持ちが分かっちゃいますけど。
時代劇とかでてみたいです。端っこに座ってる芸妓の役でいいので。

人間関係、大事ですね〜
幸い、ママさん集団とは、特に問題なくいるので大丈夫ですけどね。

>誰がどう思っているかわからないので、うっかり誰にでも言えなかったというのもありますし。

そうなんですよね。誰が味方やら敵やら笑
派手ママ(もはや『さん』さえつけたくない…)が、皆さんのご主人に、こっそりお菓子配ったり、下着見せたりしてることを知ったら、ママさん集団、何て思うでしょうかねえ

これからも、ここで愚痴らせて下さいね〜でも、あんまりお聞き苦しくないように気をつけます!

ほめ殺し…おっと、危ない、調子に乗らせるところでした (^_^)

そうそう、ここで『空気』の話の流れで、着物と書いたため、何だか平日なのに急に着たくなって、今日は朝から着物です(*^_^*)

お気に入りのうちの一枚で、紫の大島紬にピンクの半幅帯で買い物に行きました。すると、犬も歩けば棒に当たる、で、ものすごく色のグラデーションが美しい、青紫の着物を、なんと777円でゲットしました!
で、帰ってから喜んで試着したところ、ピンポ〜〜ン!とチャイムが!まだ帯を締めていなかったので、急遽、帯をぐるぐる巻きにして、洗濯バサミでとめて出ました。やれやれでしたあ〜

剣道に話を戻すと、雑誌、剣道時代の11月号、なかなかいいですよ。付録のDVDが、自主練のすごくいい参考になります。私も、先生から頂いたんですけど…良かったら見てみて下さいね〜
Posted by 麻子 at 2015年10月06日 15:21
麻子さん

私はやっぱり、時代劇なら女剣士の役で出てみたいです。
時代劇の女剣士の殺陣ってイマイチなのが多くて…私が女優だったら(?)もっとがんばるのに!って思ってしまいます。

フジテレビで先日、「剣客商売」の新作をやったのですが、ネットの写真で見る限り、私の大好きな「三冬」役の杏さんが全くイメージではなく…、全然強い女剣士に見えないんですよね…
そもそもこの方、顔は和風じゃないし、体型的にも着物自体が似合ってないと思われます。
http://hisamarunosyunneta.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29-4


ところで見学のお母さんたちは、着替えシーンを目にすることはないんでしょうか。体育館内で着替えているんですよね?
お菓子を配る時は、いない隙に配ってる?(笑)

今日は着物でお過ごしなんですか〜優雅ですね♪
しかし777円の着物って!?リサイクル屋さんですか?

剣道時代11月号、アマゾンで買ってきました〜
(ってもちろんまだ、届いていないのです)
DVD見たら感想書きますね!
Posted by はなずきん at 2015年10月06日 16:31
はなずきんさん

やっぱり女剣士ですね〜 (^_^)
私は、一見強くなさそうだけど、いざとなったら剣術が出来る芸妓がいいかな。京都弁で。「なんどすか〜」というような。
現実でも、見た目は強くないのに、剣を交えると強いという剣士を目指しています。

というわけで、二人して、時代劇界に斬り込みますか (^_^)
とりあえず、次回の大河ドラマをターゲットに笑

杏さん、よく着物姿で出てきますけど、いまいちですよね〜棒が着物着ているみたい。顔ももう少し色気がないと。

お母さんたちとは少し離れたところなので、おそらく気づいてないかなと思います。前屈みは、絶対知らないと思います。
お菓子は、わざわざ、お母さん集団がいなくなった大人の稽古の後、再びやってきて、配り回ったんですよ。だから、知らないと思います。めちゃめちゃ派手なネイルの手で、練ったお菓子を、です。

着物好きですね〜毎日着たいです、本当は。でも、そうもいかないので…
777円の着物は、行きつけの呉服屋さんで、6,000円の着物がお客様一枚限りセールをしていたものです。リサイクルショップは、まめに覗くと、掘り出し物に出会えますよ。今日の紫の大島紬は、実は、リサイクルショップでGETしたものです。

DVD、オススメですよん (*^_^*)

Posted by 麻子 at 2015年10月06日 22:06
すみません。連投になり。

書きそびれていたのですが、はなずきんさんがバレー部を選んだのって、もしかして、『アタックナンバーワン』というアニメがきっかけではないですか?
私は中学に上がる前、アニメの影響で、部活はバレー部に入ろうかなぁと思っていました (*^_^*)
Posted by 麻子 at 2015年10月06日 22:14
二人で時代劇界に斬り込み!いいですね!
でも、もしかして私と麻子さんで剣を交えるんですか!?(笑)

派手ママさん、それはやっぱり表ではできない…ということはわかってるんですね…
確信犯なんでしょうねえ〜。

「あの方、お菓子作り上手なんですよね!
みなさん、手作りの差し入れをいただいたんですよ〜」
なんて暴露しちゃってもいいのでは(^_^.)

それと…アタックナンバーワン、ほとんど見たことがないのです。
特にバレーボールに憧れていたというわけではないので、なんで入ったのかが謎なのです。
たぶん、勧誘した先輩の印象が良かったからかな…と思います(^_^.)
Posted by はなずきん at 2015年10月06日 22:44
はなずきんさん

いえ、出来れば、はなずきんさんとはお味方でお願いしたいですよ〜
私、簡単に負けそうですし〜

空手も好きなので、くノ一もいいかなぁ。剣も使えるし、組手もあって。普段は芸妓の仕事、裏の顔は仕事人…「死して屍拾うものなし…」みたいな。

派手ママ、確信犯ですよ〜こないだの遅刻さえ、わざとの可能性も。
男の先生の前では、自分の子にもよその子にも優しい女性を演じちゃって、誰もいないと「ああ?自分でやれ!」ですから ( *`ω´)

>「あの方、お菓子作り上手なんですよね!
みなさん、手作りの差し入れをいただいたんですよ〜」
なんて暴露しちゃってもいいのでは(^_^.)

お主も悪よのう(*_*) でも、いいですね。

アタックナンバーワン、ハズレでしたかあ…
Posted by 麻子 at 2015年10月07日 06:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: