2021年01月05日

母だけの剣道日誌(199)帰ってきた私たち、帰ってきた子供たち(後編)成長したHKくん、変わらないYTくん

母だけの剣道日誌(198)帰ってきた私たち、帰ってきた子供たち(中編)YTくん、寒さにめげる…、、 より、続いています。

せっかく古巣の小学校に戻ってきたと思ったら…また、緊急事態宣言が出るようですね。稽古、できなくなっちゃうのかな…(現在、当会の役員で検討中です)
それはさておき、前回の話の続きです。


「ぐずぐずモード」からやっと稽古に戻ってきたYTくんは、すり足の練習に加わりました。しかし、YTくんにとってはすり足の練習はつまらないらしく…「面、面、がしたい〜」と言っています。

なので、そのあとは、私とIZさんが打ち込み用の竹刀を持って、「面」を打ちこませたのですが…。

いちおう、それらしいこと…はしていますが、勝手に指示してないことをしたり、合間に竹刀を振り回したり、地面に叩きつけたりしています…。もちろん竹刀の扱いについて注意はしていますが、直すのはその場だけですぐまた戻ります(^^;
わりとしっかり、先生の言うことをやろうとしているHKくんとは対照的です。
(でも、二人ともときどき「全集中、水の呼吸、一の形!」とか言って遊んではいましたが(笑))


以前のHKくんは、YTくんとそんなに稽古の態度に大きな差があったわけではなく、ふざけることも多かったのですけど…
コロナ再開後のIZさんの稽古の時は、わりと真面目に取り組んでいてびっくりしました。返事もしっかりしてるし、声も出してるし、動作も前よりそれらしくなってきましたし…。


IZさんは、HKくんが年中さんの頃からずっと指導をしていますが…
本当、最初の頃は「剣道の稽古」とは呼べないようなことしかできてなかったのです。年長さんになっていた昨年は、多少はそれらしくはなっていましたが、コロナ休みの間にすっかり忘れてしまったかと思っていました。

「今まで、ただ遊んでいるだけのように見えたけど、ちゃんと覚えてたんだ…
がんばって教えてきてよかった…」


と、IZさんは本気で感動していましたね…。

IZさんが三段を取って「先生」となり、初心者指導を始めたのは、私が入会した5年前のことでした。でも幼児を指導するのはHKくんが初めてで、どうやって教えたものかとだいぶ悩んでいたのですよね。
それがこうやって、ある程度の結果を生んだのが見えたわけですから…それは、感無量だろうなあと思いました。


「幼児モード」から「小学生モード」に切り替わっているHKくん。
いまだ「幼児モード」からさほど成長していないYTくん。

同じ小学校1年生ですし、どちらも「鬼滅の刃」が好きですけど(笑)、けっこうくっきり違いが出ていて、面白いなあと思いました。

あとでYTくんのお父さんに聞いたら…
「(鬼滅の刃効果で)行く前はめっちゃやる気だったんですけど…」
だ、そうなんですけど…実際の「修行の厳しさ」には、全然耐えられないようですよね。
でも、当会の初心者稽古は厳しいってほどじゃないので、ただ寒かっただけだと思いますけど(笑)


HKくんのお母さんも後から来ていたので、稽古終わったあとに
「HKくん、本当に成長しましたよね!」
と、IZさんとふたりでほめちぎっていましたら

「いや、家では全然言うこと聞かないんですよ?
いつも、こんな風だといいんですけど…」


と、お母さんは言っていましたが…。
(そういえば、うちの次男も稽古の時だけちゃんとやってて、家では全然でしたね…)


そういえば、小学校1年男子はふたりとも「長男」でしたね…
(HKくんは一人っ子で、YTくんは1歳の弟がいます)
※鬼滅の刃の主人公は、やたらと「俺は長男だからがんばれた」とか言うのです(笑)


ちなみに、翌週の日曜の稽古は、初めて1年生が3人揃ったんですけど…
やっぱりYTくんは途中で「べそべそモード」になってしまい、しばらく稽古を抜けていました。
それも、相当、ささいな理由で…。YTくんは、自分がちょっとでも人に対して引けを取ってしまった、と感じると、急に「投げ出しモード」になっちゃうんですよね。
ある意味負けず嫌いともいえますが、「なにくそ」とはならないんですよね(笑)

YTくんの豆腐メンタルをいかに引っ張っていくか…
そこが今後の指導の、大きな課題になりそうです(笑)


そして、当会はこの3人以外の小学生がいないので…
「自分たちが防具をつけた稽古」のイメージが湧きづらそうなのですよね。

身近に「自分よりちょっとできる先輩」がいれば、「ああいう風になりたい」とか思えるかもしれませんけど…
「ミニ大会」に出られれば、他の会には小学生がいっぱいいるので…少しは防具付け後のイメージが持てるかもしれませんが…コロナのことがあるので、「ミニ大会」の開催は当分、難しそうです。

彼らが防具をつけられるようになるのは、いつのことなのか…まだ当分先、な気はしますが…。
今はまだ、稽古に楽しく来てもらえればいいかな、と思っています。


そして、私のスキルはまだ全然「指導補助」の域を出ていませんが…
今年はしっかり、IZさんの稽古から指導の方法を学んでいきたいです。
IZさんがいなくても、言うことを聞かせられるように…、(笑)


最後に、本日の一枚です。

2021/1/2 6:14 河口湖北岸カメラ より。
富士山はいつ見てもいいですが、冬の早朝の富士の美しさは格別ですね…。12月に比べると冠雪もだいぶ増えました!
IMG_0294.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 12:31 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする