2021年01月03日

母だけの剣道日誌(198)帰ってきた私たち、帰ってきた子供たち(中編)YTくん、寒さにめげる…、、

母だけの剣道日誌(197)帰ってきた私たち、帰ってきた子供たち(前編)ひさしぶりの、小学1年3人組 より、続いています…。


小学校に戻ってきて、最初の日曜日の稽古は…
HKくんと、YTくんのふたりが来ていました。(HKちゃんは家の都合でお休みでした)

私はいつも、稽古場所の小学校には、稽古開始時間より少し早めに行っていまして…たいがい私が一番乗りなのですが、この日は、小学生ふたりが先に来ていたのです。
しかも…HKくんは、お母さんとではなく、一人で来ていました!

まあ、家はすぐ近くで…通っている小学校もここなので、一人で来られるのは当然と言えば当然かもしれませんが…でも、昨年の状態から考えたら、びっくりですよ!

体育館に到着してから、私はいろいろと稽古の準備をしていたのですが…
HKくんは、何もお願いしてないのに、物を運ぶのを進んで手伝ってくれたのです。今までそんなことはほとんどなかったので…おお、なんかやる気だな!?と思ったのですが…
そしてYTくんは、お父さんに言われてモップをかけてくれました。これは、前からそうでしたが…。


まもなくIZさんと、メイン指導のSN先生がやってきまして…
IZさんは、子供たちに「ひさしぶりだね〜!!」と言いながら、ハグしていましたよ〜。

さて、いよいよ稽古開始です。まずはランニングから…。

当会は、以前に先生が創作した、「子供稽古オリジナルのランニング用のかけ声」があります。(もう、それを考えた先生はいらっしゃいませんが…)
先頭を走っている小学生のリーダーが先に声を出して、それに合わせて後ろを走っている子供や大人が合いの手を入れるような感じです。
昨年はすでに小学生がいなかったので…、中学生がいる時は中学生、いない時は大人の先生がリーダーのかけ声をかけて走っていましたが…以前年長さんだった彼らは、走っている最中もふざけてしまうことが多くて…かけ声を出すことはほとんどできていませんでした。

ちなみに、この前の水曜日のSZ先生は…「みんな3周走れ〜」と言って、適当に走らせただけでしたが…
IZさんは、子供を呼んで並ばせてから…まず最初に、注意をしました。

「走っている時は、並んで走ること。
それから、先に走っている私を追い越さないこと。
走っている時に、私がかけ声をかけるので、そのあとに続いて、はなずきん先生と一緒に声を出すこと。
いいですか、わかりましたか?」


子供たちにちゃんと「はい!」と返事をさせてから…ランニング、開始です。

すると、小学男子二人は…、走り方こそ適当だったものの(なんか、妙な動作をしていましたが…)、先生を追い越すことなく、かけ声もまあまあ出して走れたのですよ!
YTくんのほうは、かけ声はだいぶ適当でしたが…以前はすぐに一人で先に走って行ったり、コースを外れて走ったりしてたのですが、この時は一応一緒に走れていました。
そして、HKくんのほうは…かけ声もわりとしっかり出していましたし、最後の「ダッシュ3周!」の時も、真面目に走っていました。


そして次は、正座をして黙想です。
メイン指導のSN先生、IZさんが上座に座りまして…私は子供のそばで指導するために、子供たちと同じ側に座りました。
ひさしぶりなので、木刀の持ち方や、正座の仕方など、子どもはほぼ忘れていて、何度も注意して直しました。

この時は私が、正座〜黙想のかけ声をしました。
私がやることなんてめったにないので…ちょっと嬉しかったのですが…ごく最近の稽古まで(コロナのせいで)座礼をしていなかったので、掛け声を微妙に忘れてて、焦りました(笑)

次は、準備体操と素振りです。
この時は、先生含めて5人しかいなかったので、円陣になりました。

木刀を置いて、IZさんが声をかけて、準備運動をします。ひさしぶりなので、できるかな〜?と思いましたが、ほぼ、できていました。小学校の体育で似たようなことをやってるから…なのかな?
ストレッチも、以前は「どこを伸ばすのか」とか、いまひとつわかってなかったのですが…前よりは理解している感じがしましたね。
このあたりで私は「小学生になると、やっぱりちょっとは違うな…?」と感じつつありました…。

このあと、木刀を持って素振りです。
さすがにいろいろなことを、忘れてはいましたが…(常に右足が前、とか…)
HKくんのほうは、やっているうちに思い出したみたいで…なんか、前よりいい感じの振り&構えになってますよ!?

ところが、YTくんのほうは…このあたりで、すごく寒くて我慢できなくなってきたようです…。
なにしろこの時、私が9時に体育館に来た時の中の気温は「0度」。
昨年はここまで寒い日がなかったので、YTくんにとっては、この足の冷たさは初めてに近いでしょう。

しかも、コロナで換気のために窓を開けていて、ぴゅーっと寒風まで吹き込んできますからね…。外の日差しは暖かかったですが、体育館の中はまだ全然温まっていませんでした。

YTくんは正座の時から、足が冷たい〜とごちゃごちゃ言っていましたが…準備体操の時点でもう、足の冷たさに気を取られてそわそわしちゃって、ちょっと涙目になってます。
「あっちに行きたい…」と見学の父母のほうを見てばかりで、何を注意しても、もう耳に入らない感じですよ…。

なんとかなだめすかして、素振りは最後までやりましたが…素振りが終わった途端に、見学の父母がいるほうに向かってまっしぐらです(笑)
見学の父母たちは、体育館のマットの上にホットカーペットを敷いて、電気ストーブをつけて座っているのですが…(見学の人のほうが動かないから寒いのですよ〜!!)さっそくホットカーペットに張り付いて、足をストーブに向けて必死に温まろうとするYTくん。

水分補給の休憩をはさんで、子供稽古を開始することにしたのですが…YTくんは寒さにめげてしまって、ホットカーペットから離れません(笑)
YTくんは、こういうモードに入ってしまうと…誰がなだめすかしても、当分の間、復活できないのですよね。

IZさんはYTくんのことはあきらめて、HKくんひとりを相手に稽古を始めました。私も「生徒側」にいるので、私とHKくんが一緒にやるような感じでしたが。


ひさしぶりの稽古ということもあり、まずはすり足の練習からです。
竹刀を構えて、「えい!やあ!」という声を出しながら前に進んだり、それを少しスピードアップさせたりという感じで。

この稽古の時点でもう、HK君が、以前より
「先生からの言葉が頭に入るようになっている」
のがわかりました。
以前は、先生に言われた注意事項も、聞いてるんだか聞いていないんだか…みたいな感じだったのですが、この日は言われたことをちゃんとやろうとしているのがわかりました。
しばらくしたらまた戻ってしまったり、というのはもちろんあります
が…でも、言われた時だけでもちゃんとやろうとしている、だけでも、以前と相当違います!

1年生になったからなのか、「鬼滅の刃」効果なのかわかりませんが…ちゃんとやろうとしている意気込みがわかるのですよね。
ときどきスイッチが外れてふざけたりはしますけど…「修行だよ!」って言うと「はっ」とするような感じはあります(笑)

HK君は、保育園時代は年齢よりも少し幼い感じで(男の子ってそんな感じの子も多いですけど…)本当に「幼児だな〜」って感じだったのですが…「子供っぽく」なってきましたよ。

IZさんとふたりで
「HKくん、すごく成長しましたよね!?」
と言いながら、稽古を続けていましたら…やっとぐずぐず状態から復活したYTくんが、稽古に戻ってきました(笑)


(さらに、続きます!)


最後に、本日の一枚です。

富士山食器が増えたので、ふとうちにあるものを並べてみました…
IMG_E0288_1.JPG

これもあったのを忘れてましたが(笑)
IMG_0292_1.JPG

私の富士山愛は、今年も留まることを知らないようです(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 10:22 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする