2020年12月31日

年末のごあいさつ

剣道のことも仕事のことも、いろいろ書きたいことがあるのですが、忙しくてなかなか書けず…
そうこうしているうちに、大みそかになってしまいました。

実は今日も仕事をしてきたのです(笑)
そして、1月2日からまた仕事です…。
コロナ拡大中なのにお客さん、さっぱり減りません…
いつも忙しいです…。


剣道のほうは、12月からやっと古巣の小学校に戻れまして…
子供たちの指導も始まり、そのことも書きたいのですけど〜
っていうか途中まで書いたのですが、書き終わっていません(^^;


今年の前半はコロナ休暇を満喫していた私ですが…
後半は仕事を始めたおかげで、かなり忙しかったです。

仕事を始める前は、更年期&コロナ太りで、人生最高体重を記録していたのですが…
仕事を始めて4か月で5キロ痩せまして、この年齢相応の理想的な状態になっています。

汗をかきつつ歩いているせいか、肌つやも良くなりまして、足も細くなって…見た目も若返った気がします。自分で言うのもなんですが、ジーンズが決まる体形になりましたよ(笑)

剣道より、仕事のほうが痩せるんですね…、、、(笑)


仕事のほうは、フロアのほうはほぼ、こなせるようにはなってきました。
来年はたぶん…ドリンク作りを教えてもらえるかと思います。
ドリンクを作れるようになれば、まあ一人前でしょうか?


今年は私はいろんなことがありまして…変革の一年でした。
人生、まだまだ、いろんなことがありそうです…。

みなさまの来年が、よい1年になりますように。
社交辞令でなく、本当にそう思います(こんな時だからこそ)。


来年は…もうちょっと、ブログ書きたいです(笑)


最後に、本日の一枚…いや二枚です。

私が最近購入したものですが…これはただの富士山の置物ではありません。
IMG_0278_1.JPG

実は、セラミック珈琲フィルターでした〜!
IMG_0281_1.JPG
ちょっとお高いんですが…あまりに私向きな商品なので、つい(笑)
洗ってても、可愛いです…♡

【特典付】COFIL fuji コフィル 富士山 セラミックフィルター 波佐見焼
【特典付】COFIL fuji コフィル 富士山 セラミックフィルター 波佐見焼


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:53 | Comment(2) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

母だけの剣道日誌(196)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その4)3回目の治療〜現在の状態

母だけの剣道日誌(195)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その3)治療を終え、家に帰ってから… より、続いています。

続きの話なのに、更新の間が空いてしまい、すみません…、

さて、先週の金曜日(受傷後5日目)に、3回目の治療に行ってきました。
これで肉離れの治療の施術は終わりです。

最初に現在の状況を聞かれました。
通常の平地の歩行なら、ふだん通りほどの歩幅ではありませんが、ほぼ普通に歩けるようになっていました。

施術の最初に、身体のゆがみをチェックされましたが…特に問題はありませんでした。
そして、前回と同じような、身体のあちこちをさすったりゆらしたり、曲げたりという感じで施術されました。

階段の歩行については、ゆっくりならそんなに問題はなかったのですが…整体院で少し段差が大きいところを右足から降りた時、ちょっと「痛っ」って感じがありました。
それは、右足のアキレス腱の部分が、少し曲がっているからだと言われて…それを治す施術をしました。

治療後に、普通に歩いてみたら、来た時よりもしっかり歩けるようになっていました。
「最初の痛みを100としたら、現在の痛みはどのくらいですか?」と聞かれたのですが
「ほぼ、0に近いです」と、答えました。
受傷部分になんとな〜く違和感がないわけではないのですが、急な動きをしない限りは「痛い」と感じることは、ほぼなくなっていました。


治療後に、今後のメンテナンスをどうしたらいいか…という話を聞きました。

まずは、予防的措置として、毎日お風呂にゆっくり(15分以上)浸かる、水を飲む、睡眠を取るなどのことは続けたほうがいいと。
疲れた時はその日のうちにお風呂に入ってちゃんと疲れを取って溜めないようにする、のが大事だそうです。

あと、ストレッチもやるといいそうです。
ふくらはぎと、それにつながっている腿裏、お尻のあたりを伸ばすといいということでした。


そして、筋肉が張っている場合にやるといいという、施術でもしてもらっている「さすり方」を教わりました。
「指撫法(しぶほう)」というのだそうです。

手の指の4本の、指の腹を使って…ごくごく軽く筋肉に当てて、筋肉の始点から終点まで、筋肉の流れにそって、一方向にさすります。
かなり軽いタッチで、「さわさわ」する程度の圧です。
原則的には「上から下にさする」のですが、自分の足をさする場合はそれは難しいので、「下から上」でいいと言われました。
これを、ひとつの筋肉につき、2分間行うそうです。(けっこう長いですね…)

ふくらはぎであれば、右の腓腹筋、左の腓腹筋、脛の前脛骨筋、長趾伸筋をそれぞれやるといいと言われました。
さする時は、筋肉の構造がわかっていたほうがいい…と言われたので、筋肉の構造の解説本を買ってしまいました(笑)
どの筋肉が、どこにつながっているのか…ということは知っていたほうがいいと、前から感じていたのですよね。

プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典 - 荒川 裕志, 石井 直方
プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典 - 荒川 裕志, 石井 直方

ただ、この「指撫法」…自分でやって、効果を感じるかというと…どうなんだろう?(^^;
やってはみたのですが、そんなに劇的な効果は感じてないです(笑)。まだそこまで足を酷使しているような状態ではないので、はっきりとわからないのですが…。


そして、今現在(受傷後、13日目)の私の足の状態ですが…家の階段をかけ上れるくらいには回復しています。
お風呂掃除のような、しゃがむ動作をすると右ふくらはぎが痛いですが、それ以外の時はほぼ痛みは感じません。
今日、仕事も5時間連続で入りましたが、特に問題はありませんでした。
明日は稽古がありますが(受傷以来、出ていませんでした)素振りや形をする程度なら大丈夫そうです。


今回はだいぶ、予想よりも治りが早い感じがするのですが…
いくつか要因があったのではないかと自分で感じています。


まず、肉離れの程度そのものが、そこまでひどくはなかったのではないかということ。
受傷後、まったく歩けないというほどでもなく、後日にも内出血が見られませんでしたので。

それから、受傷直後の手当てが適切だったのではないかということ。
異常を感じた時点ですぐに稽古をやめ、そのあともできるだけ動かさないようにしていたこと、家に帰ってからアイシングを何度か繰り返したことがそうです。

そして、受傷の翌日に「ゆらし療法」を行ったこと。
断裂した筋肉を寄せてくっつけてもらったこと、周囲の筋肉の緊張も取ってもらったことで、痛みも軽減したように思います。
受傷後の早い段階でこの治療を行ったため、ダメージが最小限で済んだのではないでしょうか。

そして、極力温める、水を飲む、適度に動かす、睡眠をとる、という家での治療を積極的に行ったこと。
仕事を休んでいたこともあり、わりと家での治療にも専念できたのです。


とまあ、いろんな要因がからんでいたわけですが…
やはりもっとも治癒に貢献したのは「ゆらし療法」を行ったことではないかと思います。
以前のような「湿布を貼ってしばらく安静、その後はほぼ放置」だったら…ここまで早くは回復しなかったのではないかと。

私も今まで、こんな治療法があることを知りませんでしたが…効果を目の当たりにして、みなさんにもぜひお勧めしたいと感じました。
肉離れなんて起こさないに越したことはありませんが…もし、なってしまったら、お試しになってみてはいかがでしょうか。
ゆらし療法は、肉離れだけでなく、身体の痛みや、スポーツ障害全般に効果がある治療法ではないかと思います。


そして、肉離れを起こさないために重要なのは「疲れを溜めないこと」。
私は仕事の頻度を減らしてもらいましたが、毎日お風呂でしっかり温める、睡眠をしっかり取る、水分を取る…
疲れがひどい場合は、プロの力も借りたりして、筋肉をほぐしておくこと。
こういうことも大切なのではないかと思いました。

「やっちまいました…2回目の肉離れ。」の話は、これで終わりです。


最後に、本日の一枚です。

これ、可愛いですよね…、欲しいけど、使い道がないです(笑)
IMG_0199_1.JPG

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 17:50 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

母だけの剣道日誌(195)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その3)治療を終え、家に帰ってから…

母だけの剣道日誌(194)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その2)「ゆらし」治療の様子 より、続いています。

さて、治療後家に帰ってからは、少し疲れたので、しばらく休んでいましたが…

その後の夕ご飯は、私が作りました。つまり、立って料理をする程度なら問題なくなったのです。

先生からは、お風呂に何度も入ったほうがいいと言われましたが、そんなに何回もお風呂を沸かせないので、足湯をしたり、電子レンジであっためる湯たんぽで足を温めたりしました。
足湯もそれなりに全身を温める効果はありましたが、やっぱりお風呂で温まると、格段に全身の血行が良くなった感じがしましたね。
(半身浴よりも、できれば全身浴のほうがいいと言われました。)

我が家はいつも夕飯後にお風呂に入ります。いつもだったら、私が一番最後になることが多いのですが…
この日は、沸かしたらまず私が入り、そのあとに子供たちが入り、寝る前にさらに私がもう1回湯船に浸かって温める…というような感じで2回入ってみました。
お風呂に入ったあとには、だいぶ足が軽くなった感じがしました。

あと、勧められた「太ももねじり」とか「ジグリング」などの運動も、時々していました。

私は最近、少量の晩酌をするのですが…「お酒は飲んでもいいのだろうか?」と思い、整体院の先生にLINEで聞いてみたら、
「少量なら問題ありません。無理に我慢してストレスをためるとかえってよくないので、飲んでもいいです」
と、言われました。
なのでこの日も遠慮なく、少しだけいただきました(笑)

ここの整体院はLINEでいつでもわからないことは質問できて、数時間のうちに返事が返ってくるので、親切だな〜と思いました。


翌朝(受傷後2日目)に起きた時は、寝る前よりも、少し歩幅を広げて歩けるようになっていました。

最初に治療に行った時に、次の施術は2日後〜5日以内くらいがおすすめ、と言われたのですが、2日後は整体院のお休みの日だったので…
1日後(翌日)に行くことにしました。

この日は自分で運転していったのですが…行きは、アクセルを踏むのは問題なかったのですが、ブレーキを踏む動作が少し辛いと感じました。
信号待ちの時などにずっとブレーキを踏んでいるのは少し疲れるので、左足でブレーキを踏んでいました。

2回目の治療なので、初診の時のような説明はなく、現在の状態を確認されてから施術に入りました。
最初に身体の歪みのチェックをされましたが、昨日治療したばかりということもあり、まだ歪みは出ていませんでした。
なので、すぐに肉離れ部分の治療に入りました。

たぶん、筋肉の緊張を解いているのだと思いますが、足をゆらしたり、さすったり…、という感じの施術です。
仰向け、うつ伏せの両方で30分くらい施術をしました。
内容的には、おそらく一回目とそんなに差はなかった…と思います。

それが終わってから「階段は上り下りしましたか?」と聞かれたのですが
「上りはゆっくりなら大丈夫だったけれど、下りの時に右足をつくのがちょっと痛い」
と言ったら、階段の上り下りの時の足の運び方を教えてもらいました。

まずは、先生がふくらはぎを押さえた状態で、低い段差を上ったり下りたりします。
基本は、平地を歩く時と同じ「べた足」で着地するようにするのですが、左足を先におろすときに、上に残った右足が少し痛いと感じる時は、意識的に右足のかかとを上げるようにするといいということでした。
ふだんは、階段を下りる時に残った足のかかとを上げるという動作は自然にできているそうなのですが、痛みがあるのでかかとが上がらなくなっていて、よけい突っ張って痛く感じてしまうのだそうです。

2回目の施術が終わった後は、平地であれば、右足と左足を交互に出して歩けるようになりました。
帰りの運転では、行きに比べたら、ブレーキを踏むのはそんなに辛くない感じになりました。


ふくらはぎの血流が良くなると、だるさが出ることがある、と聞いていたのですが…道路が混んでいて、運転が長時間になってしまったせいもあったのか、帰ってから少しだるいと感じたので、昼寝をしました。
11月は仕事やそれ以外のことで、ほとんど休んでいなかったのですが、急に仕事を休んだので気が抜けてその疲れが出たというのもあるのかもしれないと思いましたが…

2時間ほど寝たのにまだだるい感じがしたので、LINEで
「こういうだるい時はどう過ごすのがいいでしょうか?」
と先生に聞いたところ、ゆっくり休むのがいいということでした。アロマや、リラックス効果のある音楽を聴いたりするのもおすすめと言われました。

この日の施術後はまだちょこまか歩く感じではありましたが、ほとんど痛みがないので、うっかり普通に歩こうとして「痛っ!」ってなってしまうことがありました。それだけ普通に近づいてきたってことではないかと思いましたね…。

この日はだるさが続いていたこともあり、また「2度風呂」をしてから、早めに寝るようにしました。
かなりひさしぶりに、けっこうゆっくり寝た気がします…。

翌朝(受傷後、3日目)起きた時には、だいぶ歩幅を広げて歩けるようになっていました。
ふだんの私はかなり歩幅が広く、女性としては早歩きのほうだと思います。
さすがにその状態と同じようには歩けませんでしたが、わりとゆっくり歩いている女性、くらいのスピードで歩けるようにはなりました。

階段も、その前の日までは手すりにつかまって歩いていたのですが…
この日は、ゆっくりなら普通に登れるようになっていました。

この日は、次男の服を買わなければいけなかったので、近くのショッピングセンターまで車で行って…1時間程度、歩いて買い物をしていました。私自身が服の試着などもしましたが、服を脱ぎ着するのにもさして問題は感じませんでした。
平地の歩行なら「小幅なら大丈夫」、坂道だと「ちょっとキツイけど、小幅なら」という感じでしたね。


その翌日(受傷後4日目=今日)ですが、美容院に行きました。
美容院までは車で送ってもらったのですが、帰りは自力で歩いてきました。前日もショッピングで歩いてはいたものの、こうやって「ただ歩き続ける」動作をある程度したのは、受傷後は初めてでした。

家までは20分くらいの距離なのですが、ふだんよりは小幅にしか歩けなかったものの、そんなに問題は感じませんでした。坂道を上るのは少しきつかったですが、下りはむしろ勢いがつくので楽でしたね。
とっさにぱっと動く、とか、「走れ」と言われたら、ちょっと無理なんですけど(笑)

その後も車で何か所か外出して、歩いたりしていましたが…
日常的な用をこなすくらいなら、ほぼ問題はないレベルでした。

そして、今日も足湯を2回くらいして、お風呂にもゆっくり浸かりました。
15分間湯船に浸かっている、というのは案外長くて…お風呂から出てしばらくしても、まだ体がぽかぽかしていました。
ふだん、お風呂に入ってる時って…、たぶん、連続では10分くらいしか浸かっていなかったのでしょうね。洗う前と後で合計したら、15分くらいは入っていたと思いますが…。

さて、明日も整体院に行ってきますので…
また、経過をご報告したいと思います…。

(続く)

最後に、本日の一枚です。

2020/09/18 5:54 大原富士宮ビガークラブ より。
IMG_0158.JPG
ちょっと前の写真ですが…笠雲も、富士山を取り巻く雲も、ぐるぐると渦巻いていて、迫力ですね〜。
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:23 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

母だけの剣道日誌(194)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その2)「ゆらし」治療の様子

母だけの剣道日誌(193)やっちまいました…2回目の肉離れ。(その1)原因は…、仕事で歩きすぎ!? より、続いています。

整体院に行くまでの車の運転は、できないことはないと思ったのですが、治療前にあまり足を動かすのは良くないと思い、ダンナにお願いしました。

私が「ゆらし」の治療を受けに整体院に行った時の状態は…
いちおう自力で歩けるものの、左足をまず前に出して、そのあと右足をひきつけるような歩き方でした。
先生からも聞かれたことですが、昨日に比べて、そんなに痛みは変わっていませんでした。


まず、治療の最初に「ゆらし」の治療法についての説明がありました。

筋肉の構造や、肉離れとはどういうことなのか、それをどのようにして治療するのか、など、イラストが描いている紙を見せてもらいながら説明されました。その内容を、ざっくり解説しますと…

普通、肉離れの治療って…普通の整形外科に行った場合はほぼ「放置」で、自然治癒を待つ…という感じかと思います。
湿布を出されて、必要であればテーピングをして…という程度ですね。(筋肉のしこりを取るために電気治療などを行う場合もあるようです)
自然治癒だと、断裂した部分の組織が再生はするのですが、もともとの筋肉より固くなってしまいます。実際、私も前回はしばらく、治癒した後も長い間違和感が残っていました。

しかしこの「ゆらし」の治療だと、断裂した筋肉をまず「寄せてくっつける」ということをします。
それによって損傷した部分の組織に栄養が届き、回復を早めるのだそうです。
それで再生した組織は固くなるなどの違和感がないとのことでした。

また、一般的な肉離れの治療だと「冷やす」「安静にする」という感じなのですが…
この「ゆらし」治療では、それとはほぼ逆で、受傷直後以外は「あたためる」「できるだけ動かす」ほうが良いのです。
(受傷直後は、出血を抑えるためにアイシングしたほうがいいそうです)

そのためにはまず「痛みを取り除く」ことをします。
損傷して、緊張してしまっている筋肉を緩めることで、痛みは軽減するのだそうです。
「痛い」と感じると、身体が防御反応を起こして固くなってしまうので、治療は「痛いと感じるようなことはしない」というのが基本です。
「もし痛かったら、すぐに言ってくださいね!」と言われました。


そして、いよいよ施術ですが…広いベッドのような台で、寝た状態で行いました。
まずは、身体全体(特に骨盤)の左右のゆがみがないかチェックして、歪んでいるようならまずそれを治します。
歪みが原因で、身体に緊張が発生してしまい、それで筋肉に負荷がかかったりするからです。

私はだいぶ、「右下がり」の状態になっていたようです。
そういえば、仕事の時に履いているズボンが少し大きめで(元から少し余裕があったのですが、痩せたおかげでよけい大きくなってしまったようです)、裾を少し引きずってしまっていたので上げたのですけど…引きずっていたのは右側だけだったのです。
仕事の時、ギャルソンエプロン(腰巻タイプのエプロン)のあたりに、無線の機器とか、いろいろつけているのですけど…主に右側につけているので、それがもしかして関係あったのかもしれません…。

今回、剣道ではあまり使わない「右足」のほうがケガしたのも…、仕事のせいだったのかと思います。
(以前肉離れした時は、左のふくらはぎでした。左足でぐっと踏み切る時に起こしやすいのですよね…)

施術で、具体的に何をどうされたのかは、あまり覚えてないのですが…(笑)
身体のあちこちをさすったり、曲げたり引っ張ったり、ゆらしたり…というような感じでした。

そして、左右の歪みを取る施術が終わったら…
いよいよ、肉離れ部分の治療です。

受傷した部分は、最初に確認はされていますが…
あらためて、少しずつ触りながら、場所を特定していきました。
私が痛かったのは、右ふくらはぎのやや内側の、骨に近い部分でした。わりと狭い範囲だったようです。

内出血があるかどうかも確認されましたが、私は見えるような内出血は起こしていませんでした。
しばらく経ってから、足の下のほうに内出血が溜まることがあるかもしれない、と言われましたが、3日後の今でもそれはないようなので、断裂した部分はそんなに広範囲ではなかったようです。

受傷範囲を特定したら、足の筋肉をほぐすような治療をされました。
私のふくらはぎは、肉離れを起こすくらい疲労していたのですから、相当張っていたと思うのですが…治療後はけっこう「ふにゃふにゃ」になっていましたね…。

それと、ゆらし療法の、肉離れの治療の特徴である「受傷部分を寄せてくっつける」治療をしました。
先生が手で、受傷部分を(たぶん、筋繊維の流れに沿って)ぎゅーっと包み込むように寄せて押さえている感じでした。

もちろん、専門的な知識がないとうまく施術できないのでしょうが…
ただ、されているだけだと「えっ、それだけでくっつくの!?」というくらいの動作でしたね(笑)

それが終わった後は、ベッドに座って…
先生が足首のあたりを私に向かって押すので、それに反発するような方向に力を入れる。
先生が手を放したら、そこでぱっと力を抜くようにと。
これを、足を置く角度を変えながら、何度かやりました。

今度は、同じようなことを「立って」行います。
この時には、私はすでに「両足に体重をかけて立つ」ことが、できるようになっていました!

その次には、実際に歩く(足踏みする)動作を、小幅からだんだん幅を広げるような形でやっていきます。
最初は、先生がふくらはぎを抑えた状態でやってみて…それができたら、抑えないでやる、というような感じで。

これで、この日の施術は終わりでした。
説明が30分、施術で1時間、といったところでしょうか。

私は整体院に来た時には、右足を引きずって歩いていて、まっすぐ立つことができていなかったのですが…(左足に体重をかけた状態でないと、立てなかった)
帰る時には、両足に体重をかけて立つことができて、小幅にですが、歩くことができるようになっていました。



前回に肉離れした時は、受傷した日は合宿先だったので、翌日家に帰り、その次の日に整形外科に行ったと思いますが…
たしかその時点でも、足をひきずって歩いていたと思います。それに比べると、回復はかなり早いかと…。


治療後の注意としては…
治癒を促すために、自宅でやってほしいこととして、次のようなことを言われました。


@血行をよくするため、お風呂にできるだけ入る。
38-40度のぬるめのお湯で、全身でつかるようにして、1回につき15分以上。
回数はできるだけ多いほうがいいけれど、最低でも1日2回は入ってほしいと言われました。

A「水」をできるだけ飲む
血流と代謝をよくするため。お茶などよりもただの水が良い。

B睡眠をできるだけ取る
睡眠中に内臓を休ませることで、身体の回復力が上がるそうです。7時間を目安に睡眠をとるといいそうです。

C押す、揉む、叩くをしない
力を強く加えると筋肉が緊張してしまうため。

Dできる範囲内(痛くない程度)に歩くこと。
動くことで血流が促進され、回復を早めるそうです。痛いと感じる動きはしないこと、疲れたら無理せず休みます。

E湿布、テーピングなどはしない
冷湿布は患部を冷やしてしまうので、しない。
テーピングも血行を悪くするので、しないでくださいと言われました。

F回復を早める運動として…
「貧乏ゆすり」(ジグリング)「太ももねじり」というのをやるといいそうです。
ジグリングは、血流をよくするためです。
太ももねじりは、痛い場所をかばって歩くことで太ももの筋肉が緊張してしまうので、それを和らげるためにします。



あと、まだ痛みがある時に、歩く時の注意として…
「べた足で歩く」ように言われました。
踏み出す時に、足裏全体をつくような感じです。
(治療の最後に、この歩き方の練習もしました)

また、普通の歩行だと、踏み出す時にあまり膝は曲げませんが…
痛みを感じる時は、膝を上に引き上げるようにしてから、前に踏み出すようにするといいそうです。
足踏みをするような感じですね。痛みを感じなくなったら、普通の歩行でいいそうです。

と、いうわけで…、治療を終えて、私は家に帰ったのでした…

(つづく!)

最後に、本日の一枚です。

2020/12/02 6:18 忍野村カメラ より。
今日の富士山…、12月にしては雪が少ないですよね…。
もう少し雪が降って「富士山らしく」なってほしいところです(笑)
IMG_0155.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 18:38 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする